« H24.04.10 宇都宮線沿線(その1) | トップページ | H24.04.13 八王子駅 »

2012年4月10日 (火)

H24.04.10 宇都宮線沿線(その2)

 思わぬ方にお会いして、黒磯の3番線から13時13分発の宇都宮行き(1552M、クモハ211-3032×5/高タカA32編成)で宇都宮まで乗ります。先頭のクハ210に一番乗りしてネットブックでタキ1000の矢羽根色リストを書き出し、半数近くは見た計算で今度のダイヤ改正から4073列車の時刻が繰り下がり、大宮操の停車も余裕があるのでこれからは頑張ってここで見て行こうと思っております。EF65(1000番代)、EF66(100番代)、EF210と休む姿を尻目に出発するとすぐにこの時期恒例でしょうか『北斗星』の客車を連ねた試運転に擦れ違い、賑やかなお父さん達も新幹線の乗換駅・那須塩原で下車してこちらはゆっくり在来線で進み、矢板では札幌貨タからの3054列車に抜かれるので暫く停車。目の前にオフレールステーション(コンテナのトラック代行駅)があり、マルーン塗りの19系コンテナが占めている構内も線路側にはナンバーの部分を横二条のテープが引かれて廃棄扱いとこの頃のコンテナも19D同士の入れ替えが進んで色が同じ故になかなか分かりませんね。先を走るコンテナの3054列車はEH500-5の牽引、コキ104×20の編成でヤマト運輸のUV50A、北海道西濃運輸のU54A、日本フレートライナーのU31A、日通のU47A-38000、UM9A、札幌通運の31フィートと賑やかに積まれ、牽引のEH500はエンジ基調のグループでは珍しい復興ラッピングが入り、5号機は宮城県のものでホーム側はお米の『ひとめぼれ』ですが、反対側は先程も見た31号機と同様『むすび丸』が見られます。後は途中でお客さんを拾う格好で比較的空いている車内も氏家から研修帰りの若いビジネスマン達が賑やかに。宇都宮駅は9番線の到着、構内にはきれいにキハ40やDE10が並ぶ中、『北斗星』カラーのEF81 87の姿も見られました。

 宇都宮駅で小休止してお手洗いの後は自販機でWANDAモーニングショットを買うと汗ばむ陽気になったものの、まだまだホットモードのままです。

 宇都宮から14時37分発の快速・逗子行き(4150Y、クハE231-6049×10/宮ヤマU549編成)で大宮まで乗ります。昔の『ラビット』に相当する電車で小山までは各駅停車で進み、大宮から貨物線〜湘南新宿ラインを走る電車です。途中の駅の様子では雀宮で郷土玩具をイメージしたカラーリングのコミュニティーバスや宇都宮タの構内も午前中に続いて再チェック。例によってEF65やEF210、ホキ800が発着線にたたずんでいる他、構内に居た黒いタキ40000やタキ38000は少し前まで浜五井を拠点にした運用に入っていたなとすぐ分かり、小金井の増結は無く、小山の新幹線の留置線では珍しく真っ平らにE2系の姿を見る事が出来、小山で車窓の反対側(下り線側)を見ると11番線に貨物列車が止まって京葉臨海からの8685列車が止まっていたのでこのまま停車なら儲け物でこの電車も2分停車で躊躇しましたが、ほぼ同じ位の出発でこちらが乗った電車が走り出すと跨線橋の影で番号が見辛くなりましたが、この間の千葉行きで見た顔触れと思って頂ければ幸いです。

←宇都宮タ EF65 1036[JRF色]+タキ43149●+38003+1000-389+43620●+1000-401+43600+43606+43350+43543+1000-304+43575〜以下略

 小山からは快速運転で先の8685列車も前はこちらの方へ来る時に大宮へ向かう所で擦れ違った電車なので2時間は早くなったなと実感し、次回訪れる時は大宮操で4073レ→小山で8685レと回る予定です。古河で先行の普通電車を追い抜き、利根川の鉄橋では宇都宮タ行きのコンテナ列車4093列車に擦れ違うと同和通運のUM12A、全国通運のUM8Aとガレキ輸送のコンテナがちらほらと見られ、栗橋、久喜と連続して東武電車が見られる所の様子では全車は空振り、後者はまた東急8500系(8526×10)や京王の7020系の向こうを張った感じで10030系の更新車を見付け、前に乗った時に新鋭9000系並みに案内ディスプレイが付いたので50000系並みのリフォームを行っていたらおあいこですね。白岡から蓮田で向かう所で根岸からの4091列車に擦れ違うとタキ1000ばかりの10両編成と短く、後で大宮操へ行くと5561列車が見られるのでこの所短い編成が多かった事を思うとノートも少なめに用意するかと思い、東大宮のヤードを見て左手に東武野田線の線路が見えると大宮駅で降りる支度の合図で4番線の到着。

 大宮に着くと丁度八王子へ向かう『むさしの号』が3番線に止まる頃合いで帰りの電車の車中、何処かで擦れ違う事を予想し、高崎線からの上野行きに乗る所が異音や立ち入りで15分程遅れているとの事で到着した15時36分発の上野行き(932M、クハE231-6006×10/宮ヤマU506編成)でさいたま新都心へ。

 さいたま新都心に到着するといつもの様に5763列車に田端操〜宇都宮タの真っ赤なEF65の1118号機が休む中、安中へ行く5781列車も古河行きの電車に被る事無くシャッターを切る事が出来、今日はEF510-506+タキ15600×5+タキ1200×7+トキ25000×6の3形式そろい踏み。

○5763列車…先月の遠征に続いて今回もチェックしましたが、根岸発×6+浮島町発×5と短い編成で根岸発はオールガソリン積み。
△倉賀野
EF210−162
タキ1000-367 JOT/郡山   ↑根岸発 無
タキ1000-438 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-567 JOT/根岸 無
タキ1000-788 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-154 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-435 JOT[E]/根岸 ↓ 無○
タキ1000-456 OT/倉賀野 無
タキ1000-395 OT/宇都宮タ 無○
タキ43269   OT/倉賀野
タキ1000-455 OT/倉賀野 無
タキ43167   OT/西上田
○=タキ1000の制輪子性能向上車

○5561列車…宇都宮線の電車に乗っていた際に先発の4091列車の編成が短く、これも短いだろうと予想したら現車7両の短編成(全てガソリン積み)。慌ててノートのページを準備。大宮操到着が30分程遅くなり、ダイヤ改正前の8685列車のダイヤを流用しています。
△宇都宮タ
EF210−143
タキ1000-502 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-533 JOT[E]/仙台北港 石油類)黒地#
タキ1000-593 JOT/根岸 無
タキ1000-611 JOT/根岸 無
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-641 JOT/仙台北港 無#
タキ1000-863 JOT/根岸 無
#=仙台北港配備車、○=制輪子性能向上車

 この他にも隅田川→盛岡タの3071列車(EF64 1049[広島更新色]+コキ50000×20)が通過するとガレキ輸送用のコンテナが見えるかなと思ったら見られず、目立つ所では芳賀通運のUM12Aや50周年記念のグリーンに塗られた19D-33671がありました。前述通り京葉臨海からの8685列車が繰り上がって見られなくなったので先月訪れた時に比べると物足りなく、こちらも足早に京浜東北線の1・2番線へ。

 さいたま新都心から16時27分発の大船行き(1629C、クハE233-1056×10/宮ウラ156編成)で南浦和まで乗ります。北浦和では先程、黒磯の手前で擦れ違った『北斗星』の客車を連ねた試運転と暫し並走。

 南浦和で時間調整してマスターとは逆に大宮へ向かう『しもうさ号』を見て16時55分発の府中本町行き(1658E、クハ205-12×8/千ケヨM26編成)で府中本町まで乗ります。こうお天気が良いと寝るのもブラインドを下げるのが何処か勿体ない気がする様子でどうも居眠りする気がしませんが、新座タでまたまたグリーンの19Dをキャッチ。

 事前に立てた予定表より若干早い電車になりましたが、○○は急げと帰りの中央線の電車に乗るべく西国分寺は3番線から2番線へ。最初は余裕を見て帰るつもりの我が身も電車が余りに長く止まっていたので17時24分発の高尾行きに飛び乗り、時刻表より2分遅れていたものの、混雑で最大9分遅れとの事でこの所、中央線の電車が定刻に走る事は奇跡に近い様なもので八王子も18時前の到着と駆け足です。

 八王子駅はリニューアルしてガラス張りのブースの窓口で申告して出ると1回体調を崩して損しましたがガッツポーズを構えて親も今晩は出掛けているのでスターバックスの帰りの一杯はサザンスカイタワーのお店ではなく京王プラザホテルのお店で頂いて今日はアイスコーヒーのコロンビア。週末跨ぎでオレンジブリュレ系が少しずつ終わっているのでパートナーさんのお兄ちゃんと情報交換したり、メニューを見ると”SOLD OUT”のシールも。普段は学生や若いサラリーマン風のお客さんが多いこの時間帯もそごうの閉店後は少々、空いた格好となり、帰りのバスも久し振りに甲州街道経由の城山手行きに乗り、追分まで甲州街道を走る陣馬街道〜高尾街道経由の高尾行きは黄色いファンモンバスが先行する格好で進み、黄色いラッピングも目立ち、西八王子の駅入口で降りて少し北口の様子を見てコンビニで夜食を仕入れ、今回の春遠征は目標が大方達成でき、タキ1000の矢羽根もこの夏にはほぼ全車がスッキリした装いになる事が予想されます。

|

« H24.04.10 宇都宮線沿線(その1) | トップページ | H24.04.13 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H24.04.10 宇都宮線沿線(その2):

« H24.04.10 宇都宮線沿線(その1) | トップページ | H24.04.13 八王子駅 »