« H24.03.08 高崎周辺(その1) | トップページ | H24.03.12 八王子駅 »

2012年3月 8日 (木)

H24.03.08 高崎周辺(その2)

 午前中の調査が終わると早速新幹線の乗換え口の脇にある駅弁の売店へ赴き、例によって遠征で来るときは名物の『だるま弁当』を頂き、Suicaで買いました。2番線では『草津』3号の到着を待って良く湘南電車の色の185系に出くわしますが、このほど157系(日光形)をイメージして特急電車のカラーに塗り替えた編成が出回り、何が来るかな?と待ち構えると予想通り、長野原草津口行きが湘南色のクハ185-206×7(宮オオom03編成)、新前橋行きが特急色のクハ185-214×7(宮オオom08編成)で折り返しの『草津』4号も同じ顔触れなので編成の調査の合間に余裕が出来るので倉賀野駅の2番線で撮れるかな?と期待を寄せ、初回から調子付いています。惜しいことに17日のダイヤ改正から165系時代からの慣わしだった吾妻線+水上行きの14両編成の特急も見られる機会が減り、16日までにどの程度出足があるのか気になります。この前後で0番線から下仁田へ向かう上信電鉄の204+304が出発し、4番線の自動販売機で『朝の茶事』のホットを買い、待合室のベンチに腰掛けて少し早いお昼を頂きます。山菜の甘辛さがきついものの、あとは満足なり。食後はまず、4073列車で見る矢羽根色のタキ1000の様子を書き出し(結構、定期検査を早めに受けた車が多いので少々無駄になりますが………)、コンコースをブラリとしてから7・8番線で。この間は行き来する電車の様子をチェックして時折『普通列車両数表』のデータを頼りに高崎管内のローカル運用をまとめるとどう折り返すのかが疑問で2~6番線に入る運用は折り返し、7・8番線に到着する運用は入庫の傾向が高いようです。高崎管内ローカルの115系や107系、高崎線のE231系、211系と入れ替わり立ち替わりやって来ます。気になる編成は下記の通りで211系もこの間に1編成、ローカルの運用(両毛線)でやって来ました。空っ風が吹かなかったのは幸いでしたが、まだまだ寒い事もあって時間が出来ると待合室でネットブックを整理します。

・←クモハ107-103×2+101×2(高タカR3+R1編成):出庫→637M(前橋行き)〜634M
・クモハ211-3034×5(高タカA34編成、クモハWパンタ):446M〜453M

 高崎から12時59分発の上野行き(922M、クモハ211-3016×10/高タカC12編成)で倉賀野へ向かいます。前橋始発で10分停車。待っている間、最初は疎らでしたが段々出発に近付くとスーツ姿の若者が多く、倉賀野でドッと降りたので察するに大学か専門学校の修了式か何かの集まりと言った様子のスーツ登校で東京近辺だったら一瞬就活セミナーの学生かなと言った感じの面々です。余談はさておき、機関区構内はEH200やEF510(500番代)、EF210の姿を見ました。

 倉賀野では後方に乗ったのでこのまま4073列車の到着を待ちます。高崎操の構内に目を向けると先程のEF510が参上して前はEH200やEF65が担当した2082列車の牽引なのでは?と後のお楽しみに。

○4073列車…矢羽根色のタキ1000もすっかり編成の半数以下になり、全検出場の確認も1月に来た時に見ているので短時間で入れ替えられるので今回この点では助かり、昨年来編成の顔触れも川崎貨物常備車オンリーから2〜3両、A重油の積載車が混じるパターンが定着しました。

EF64 1039[更新色、冷風]
タキ1000-705 ◎無
タキ1000-717 ◎無
タキ1000-741 全検23-10-24川崎車、自重17.2t
タキ1000-710 ◎
タキ1000-703 ◎
タキ1000-709 ◎
タキ1000-695 全検24-2-20川崎車、自重16.9t
タキ1000-745 全検23-11-30川崎車、自重17.3t
タキ1000-715 全検24-1-10川崎車、自重16.7t

タキ1000-447 OT/倉賀野 [車票]A重、石油類)黒地
タキ1000-696 [車票]全検23-8-19川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-704 ◎
タキ1000- 96 OT/倉賀野 黒油専用、常)郡山
タキ1000-747 全検23-11-17川崎車、自重17.3t
タキ1000-729 ◎無
タキ1000-716 全検23-8-11川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-752 全検23-8-10川崎車、自重17.4t

タキ1000-310 OT/郡山 全検19-7-31郡山車(24-10-31切) 黒油専用、石油類)黒地
タキ1000-697 全検23-9-22川崎車、自重17.2t
タキ1000-742 ◎無
特記以外OT/川崎貨物(◎=矢羽根色)、太字=エコレールマーク入り初確認

 4073列車の進み具合で予定では一本遅い電車でスケジュールを組みましたが、繰り上げて13時37分発の上野行き(869M、クハE231-6018×10/宮ヤマU518編成)で高崎へ向かいます。高崎操では新潟タ→隅田川の2082列車が止まって牽引機にEF510-514が入って驚き、新年会で来た時も機関区に入庫した様子が見えて以前ならマニ50の配給列車だなとピンと来たものの、貨物列車ならどの列車かなと見当がつかずこの列車と言う事が判明し、3月の貨物時刻表で新鶴見のEF65が担当する所が大震災の影響(根岸発〜東北向けや常磐線経由の経由変更)で変更が出たのではと感じ取れます。ドアの前に立ちながら高崎駅の2番線に到着。

 高崎駅に着くと駅員さんが居る窓口から出て東口の方へ向かい、E-siteの2階にあるお土産物のコーナーを覗きます。いつもなら1階に下りてスターバックスで一杯頂くのですが、カードのチャージを行わなかったので今日は別のお店に行き、この時期なら焼きまんじゅうでおやつを頂きたいのですが、小さめのフードコートはたこ焼きや焼そばしか見当たらず、伊香保グリーン牧場のミルクを使ったソフトクリームが美味しそうだったのでカップ入りのバニラを頂きました。東京近辺でも内房のマザー牧場が良く見聞きするものの、ここも群馬県でも有名な観光スポットです。ここで4073列車の整理やネットブックのまとめを済ませ、またまた店内をぶらぶらして地酒(マスターは下戸なので小瓶やミニカップサイズが最大です)や拘りのお茶屋さん、餃子やハムが美味しそうです。何と言っても上州は麺どころなのでうどんも欠かせません。

 14時半を回る頃に再び改札に入って2・4番線へ。最初は211系の上野行きで行こうと思いましたが、日頃の慣れか八高線のキハ110トリプルが入るのを見計らって3番線へ向かいます。出発の前後には7番線から入庫するクモハ115-1065×4(高タカT1159編成)や北陸行きの7071列車はEH200-2+コキ106・107×8+コキ100〜103の4両ユニット×12とやって来ます。115系のT1159編成と言うと中央東線で唯一、新製配置された1000番代で最初は身延線の間合いで運用していた塩山〜韮崎の甲府ローカルの置換え用と言われ、近年東海道線で東日本と東海の境界部分で運用を持ち替える例がダイヤ改正の度行われておりますが(一番新しい所では373系の東京直通中止やE231系の御殿場線乗り入れ中止が今度のダイヤ改正で行われます)、今思うとこれを30年も前に行っていた事になります。

 倉賀野詣でもここで最終回。4番線から1線置いてコンテナの3096列車が控えて見ている最中に横切る客が居たものの、マスター自体取材なので遮る様な歩き方は避けて下さい。

○3096列車…前方=コキ106・107のグレー塗り、後方=コキ104のブルー塗りと明確な編成ですが、コキ106にはジャスト1000番とご対面。熊谷タ発の分にはU51A-39593(濃飛運輸倉庫/パナソニック)が積載。
△新座タ
EF210−3
コキ106- 621
コキ106- 838
コキ106-1000 全検23-11-14川崎車 2個目にJOT UR19A-15200(防水対策)積載
コキ107- 179 新製22-1-13川重
コキ106-1152
コキ104- 979 全検22-8-5広島車(丸コロ)
コキ104-1918 全検24-1-23川崎車
コキ104- 638
コキ104-2553 全検23-9-27小倉車

○3095列車…タキ1000オンリーの列車ですが、誘導員さんの立ち位置が階段の脇だったのでこりゃ編成が短いなと勘付き、現車7両(全車甲子発)で到着。

EF65 1101[JRF色]
タキ1000-411 OT/郡山 全検20-7-12川崎車(25-9-4切)
タキ1000-379 OT/宇都宮タ 全検20-6-14川崎車(25-8-8切) 常)郡山
タキ1000-672 OT/宇都宮タ 全検22-10-25川崎車(27-12-19切)、自重17.1t
タキ1000-416 OT/郡山 全検20-9-13川崎車(25-9-26切) 石油類)黒地
タキ1000-304 OT/盛岡タ 全検19-11-16郡山車(25-1-10切) 石油類)黒地
タキ1000-381 OT/宇都宮タ 全検20-8-23川崎車(25-9-5切) 常)郡山
タキ1000-389 OT/宇都宮タ 全検20-7-19川崎車(25-8-1切) 石油類)黒地

 続いて5775列車が入線するのかホームを移動する誘導員さんに話し掛けられ、最後の5881列車は10分程遅れている事を教えて頂いてお忍びながら励まして頂きましてこの場をお借りしてお礼申し上げます。

○5775列車…いつもの様に隅田川+越谷タ発のコンテナ車の他交番検査出場のコキ106+タキ1000が3両連結。

EF66 113
コキ50502 ↑隅田川発
コキ50344 3個目にW19D-3920積載
コキ51316 ↓
コキ106- 663 ↑越谷タ発
コキ104-1641
コキ106- 765 全検23-3-9輪西派
コキ104-1951
コキ107- 143 ↓ [空車]
コキ106- 158 全検20-1-8川崎車
タキ1000-453 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ1000-675 OT/宇都宮タ 全検22-9-17川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-102 OT/倉賀野 黒油専用、石油類)黒地

 焼島行きの2085列車は次の編成でコキ50000の車号は端折りましたのでこの点ご容赦下さい。
←EF64 1044[更新色、冷風]+EF64 1028[更新色、冷風]+コキ103-106+102-106+105+103-105+コキ50000×5+コキ103-172+102-172+171+103-171+103-26+102-26+25+103-25

 この後は余裕が生じて1・2番線へ移動してお目当ての『草津』4号が通過するのを待ちます。ベンチの近く〜高崎方は高校生達が集っていた事もあって3番線が途切れる辺りで構える事にして入るなり2番線の先端辺りが気になったのか少しズームを落として特急色の前面はモードの影響か今一つの出来となりましたが、通常のモードに切り替えて2〜3コマ撮ると後追いながら良い仕上がりになりました。これから14両編成で運転する機会が減るので17日以降は『あかぎ』1号と平日の4号でないと見られません。再び3・4番線に戻ってベンチに腰掛けながら準備すると下り電車が5分程遅れているアナウンスが入り、ラストの5881列車の編成の長さが気になります。

○5881列車…10分程遅れての到着となりましたが、震災後は本来の浜五井発に加えて甲子発も普通に連結される様になり、浜五井×5+甲子×6の短い編成で到着して浜五井発はJOT所有のタキ1000、タキ43000(44t)、タキ38000(1両は旧米軍用)、甲子発はOTタキ43000ばかりの編成で青塗りは少し前に地元で見た番号ばかりでマスターもこの所サボっているなとバレています。

EF210−112
タキ243712  JOT/郡山 全検19-6-29川崎車(24-10-9切) 石油類)黒地
タキ 38053  JOT[旧米軍]/郡山 全検21-1-19名古屋車、自重17.0t ○
タキ1000-457 JOT/根岸
タキ1000-887 JOT/根岸 無
タキ 38033  JOT/郡山 全検20-6-27川崎車(26-5-21切)、自重17.5t
タキ43626 OT/倉賀野●
タキ43552 OT/宇都宮タ 全検23-9-21川崎車、自重16.3t
タキ43632 OT/倉賀野● 全検19-4-18川崎車(24-7-19切)
タキ43499 OT/八王子 全検23-9-20川崎車、自重16.0t
タキ43545 OT/宇都宮タ 全検23-6-23川崎車、自重15.6t
タキ43613 OT/宇都宮タ●
○=タキ38000の3F改形制輪子装着、●=タキ43000の黒塗り

 倉賀野から16時52分発の上野行き(954M、←クハE231-6025×10+8026×5[籠原発]/宮ヤマU525+U66編成)で大宮まで乗ります。乗ると早速5881列車のノートまとめ、ネットブックでタンク車の表の整理を行います。倉賀野時点では余裕タップリの乗りで県境前後で少しずつ学校帰りの一団も乗って来て意外と乗車区間は短い(群馬・埼玉の県境から乗っても大半が熊谷までで下車です)お客さんが多く、途中も乗りが疎らでも桶川や上尾を過ぎると少しずつ乗って大宮に近付くとほぼ満席になる状況です。途中、神保原では安中行きの5781列車(EF510-501+東邦亜鉛タキ1200-8+タキ15600×11+トキ25000×6)に擦れ違い、新鋭タキ1200に『北斗星』カラーの東日本版レッドサンダーと名物列車の新味が揃い、あと少しとなった岡部からの根岸行きは2番線で一休み。籠原から高崎方に5両編成を連結。

3092列車編成:←根岸 EH200-3+タキ1000-633503+595+268+201+354+360+235+293+51+198+120+47  =ENEOSマークなし

 籠原を過ぎると熊谷タの様子を見て倉賀野で見た3096列車や隅田川からの2073列車が止まっている様子を見ると今日は岡山更新色(広島車両所で施行した更新機)のEF64 1047が担当。熊谷の手前で秩父へ向かう1000系(1001×3[スカイブルー]=1547レ)に擦れ違い、後は乗りが中途半端だったのかウトウト出来ず時折目を瞑る格好で過ごし、途中行田〜吹上で5763列車のEF210-100+JOTタキ1000[根岸発]+OTタキ43000&JOTタキ38000[浮島町発]と浜川崎発があった頃は長編成がザラでしたが、両者とも5〜6両の計10両そこそこと最長23両から見ると少ない様子で北本では東京タ→秋田貨物の2091列車に擦れ違い、昨年製作されたばかりのJOT UR17A-70000を発見。鉄道博物館の建物が見えると降りる支度をして大宮駅の6番線に到着します。

 大宮で降りると直後に先程熊谷タに止まっていた新座タ行き3096列車が通過する様子を見てからエキュートのお手洗いで用を足してから3・4番線へ。今度は仙台貨物→大阪タの4088列車(EF66 119+コキ104・106・107×24、私有コンテナではサンノプコUT11A-5099、関西化成品輸送UT7C-5000、ランテックUF43A、JOT ISOタンクなど積載)の通過を見てから自販機でWANDAモーニングショットを買って3番線に『むさしの』号が入るものの、この前に上野行き(658M)が入り、出発すると並んで準備をします。

 大宮から八王子は18時47分発の『むさしの』に乗ります。埼玉サークルのロングラン例会で出掛けた日は209系の担当でしたが、対でまたまた209系に当たりました(クハ209-513×8/千ケヨM71編成)。乗るなり、ネットブックでブログの前半を少しずつ準備し、出発の15分前に入線してお客さんが乗る度、矢鱈ミシミシするなと思ったらサハ209だったので私自身「こりゃ、随分軽量化しているな」と居ながら感じさせ、大宮駅を出発。東北線の貨物線から武蔵野線への短絡線を経てゆっくりした足取りで武蔵野線の上り線に入り、北朝霞では横浜羽沢→金沢タの2075列車に擦れ違い、日産化学の液化アンモニア専用UT10Cを2両分積載していつもながら速星行きのコンテナを探すのも密かな楽しみで中央線への短絡線へ入る手前で下書きも終わり、またまたゆっくりした足取りで国立へ向かうと地下線の途中で赤信号。中央線の下り線に入るとダッシュして立川では5番線に止まっている電車からのお客さんを拾うと隣の8番線には同じ209系でも京浜東北線から南武線へ転じた2200番代が停車中。日野の待避線で根岸行きのタキ1000を見て豊田の車両センターが見えると降りる支度をして八王子駅の3番線に到着。

 八王子で降りると乗った番号や209系をデジカメに収めて駅員さんが居る窓口から出て工事ももうすぐ出来上がるので高崎駅みたいなガラス張りになるなと予想し、この所行き付けの西八王子のコンビニが改装工事で10日程お休みになっているのでNEW DAYSで夜食のおにぎり+伊右衛門を仕入れてこのまま、サザンスカイタワーのスターバックスで休もうかなと思ったら時間的にも中途半端になるのでこのまま南口のバス乗り場から20時09分発の法政大行きのバスに乗り、下車状況で降りるバス停が変わりますが、いつも通り16号を超えて富士森公園辺りまでそこそこ降りて幸い、拙宅の真上にあるバス停は誰一人降りるお客さんが居なかったのでここで降りて今日は夜食もゲット(レジ袋は高崎の駅弁屋さんのものをそのまま使いました)しているので後はここから自宅へ帰るだけで倉賀野も幸い、撮り鉄も殆ど見られず(居ても185系目当てでは?)、お天気も悪くなく、空っ風に吹かれる事無く初回から幸先調子付いてこの春遠征は昨年とは違ってパーフェクト間違えありませんのでご期待下さい。

|

« H24.03.08 高崎周辺(その1) | トップページ | H24.03.12 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H24.03.08 高崎周辺(その2):

« H24.03.08 高崎周辺(その1) | トップページ | H24.03.12 八王子駅 »