« H23.12.22 八王子駅&南大沢 | トップページ | H23.12.26 八王子駅 »

2011年12月23日 (金)

H23.12.23 大宮周辺〜埼玉サークル忘年会

 埼玉サークルの忘年会が浦和で行われるので出掛けた前後にあれこれと見てまいりました。

 自宅から郵便局前で年賀状を出すと貨車部会や東京支部の大半は片付き、西八王子の南口から8時50分発の八王子駅南口行きのバスに乗り、入れ替わる格好で今度は御所水通り沿いから16号までのお客さんを拾う格好で進みます。

 朝食はサザンスカイタワーのスターバックスで済ませ、早速ソファー席に陣取り、フランスパンのサンドイッチはコンビーフ&ポテトをヒーティングで。ドリンクはアメリカーノを頂くものの、朝食のお決まりの一品・バナナは最近取り扱いが無いとの話で少々寂しく、早番では京王プラザホテルのお店に居たお兄ちゃんのパートナーさんの妹さんが入っておりました。

 Suicaをチャージして八王子から武蔵野線へ直通する『むさしの号』で大宮まで乗ります。前後に8097列車を牽いたEH200の20号機がこのまま新鶴見へ回送すると暫く経ってから8472列車のEF65 1078がリリーフ。

 八王子からは9時51分発の大宮行き(クハ205-14×8/千ケヨM32編成)に乗り、元々武蔵野線の編成で使っていた編成の制御装置を変えたもので両端が山手線、中間は主に民営化後の新製車なのでBトレで買うと迷うタイプですね。そこそこの乗りで出発して1番線、5番線と205系が止まっていたので楽しいものです。オイルターミナルの基地には震災後途絶えていたオイルターミナルのタキ43000の姿を確認して豊田は相変わらずの顔触れながら日野の待避線の脇で竜王行きの85列車に擦れ違い、EH200-9牽引、タンク車は9両の連結。ここから快調に飛ばして立川は4番線の到着。余り乗り慣れないお客さんが多いのか教えてあげて右隅に座ってきたオバちゃんは埼京線or湘南新宿ラインより近いとこれからもご利用下さい。左隣は関西弁のオバちゃんに娘さん、小さなお子ちゃん2名と賑やかでちょっとの間で高架から地下の短絡線、トンネルと進んで武蔵野線へ。新座の貨物ターミナルは発着線には富士へ返送するワム380000×19と来春のダイヤ改正で見納めとなり、後で荒川の鉄橋を渡ると3461列車に擦れ違い、新座はドアが開いた途端、冷たく強い風でこりゃ、少し暖まった方が肝心だな。北朝霞で先の親子連れは降りて行き、こちらも西浦和からまたまた短絡線を通って大宮操の構内はガランドウとして大宮駅は11番線に到着。

 電車から降りた所で北側の跨線橋にある『中山道』で早めの昼食を済ませ、限定商品の『街道そば』を選び、温泉卵にとろろ、山菜、なめこ、わかめと盛り沢山。寒かったので今度はエキュート側へ行ってこちらの方で暇つぶし。腕時計を見ると11時半近かったので早速4番線に到着した11時29分発の上野行き(582M、クハE231-6032×10+8016×5/宮ヤマU532+U45編成)でさいたま新都心へ。

 さいたま新都心(大宮操)で岡部発着が擦れ違う様に参上する他、倉賀野行きのオイルターミナル4073列車が到着するので矢羽根が少しずつ青く化けているのでこの辺りも抑えて行きたい所が当日は如何なるか。見ていたら丁度、郵送会員のO氏とバッタリ。地元ではこの所ご無沙汰しましたがお会いする度話に弾む一人です。

○3093列車…編成を見ると昨日、八王子に8097〜8092列車でやって来たナンバーの大半が参上して驚きました。
△岡部
EH200−5
タキ1000-877 JOT/根岸 
タキ1000-499 JOT[E]/根岸
タキ1000-470 JOT[E]/根岸
タキ1000-581 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-250 JOT[E]/郡山 全検23-8-8川崎車、自重17.2t 無
タキ1000-611 JOT/根岸 無
タキ1000-789 JOT[E]/根岸 全検23-8-24川崎車、自重17.1t 無
タキ1000-504 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-608 JOT/根岸 無
タキ1000-612 JOT/根岸 無
タキ1000-761 JOT[E]/根岸 全検23-8-24川崎車、自重16.9t
タキ1000- 66 JOT/郡山 石油類)黒地$
*=特殊ナット試行車、○=制輪子性能向上車、$=浜五井配備車

○3090列車…この所岡部行きの編成と言うと遠征に出掛けても八王子行きの様にオールガソリン&灯・軽積載車が多かったですが、今日は久し振りに後方にA重油専用車がぶら下がりました。
△根岸
EF64 1034[更新色、冷風]
タキ1000-531 JOT[E]/仙台北港 全検23-9-1川崎車、自重17.0t 無#
タキ1000-468 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-167 JOT/郡山 無
タキ1000-617 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-866 JOT/根岸 無
タキ1000-196 JOT[E]/郡山
タキ1000- 26 JOT[E]/郡山
タキ1000-114 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 39 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 33 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000-107 JOT[E]/郡山 (A重)
#=仙台北港配備車

 この位に4073列車が到着するも大宮操は通過で20両編成の中で矢羽根→青に化けたナンバーは見た限りタキ1000−710・694・748とあやふやですが、編成の2/3は変わっていた様子でした。

○7071列車…大宮操に15分程停車するのでついつい調査する一本です。コンテナ陣もいつもの顔触れに加えて日産化学の濃硝酸専用UT13C-8000代と初顔合わせ。キャノピーキセ付きなのでタンク車(タキ7500やタキ29100と同じ中空タイプです)を思わせる外観が印象的です。
△南長岡(富山貨物)
EF64 1018[更新色、冷風]
コキ106-1062 中央通運U19A-896,JOTU671059[3](味の素物流No-07/味液),中央通運U19A-889
コキ106- 654 中央通運U19A×5
コキ106-1058 中央通運U19A×5[4個目だけ19D]
コキ107- 119
コキ106- 545
コキ106-1032 [空車]
コキ106- 882
コキ106- 210 全検20-1-25川崎車
コキ103-107 全検22-9-19広島車[空車]
コキ102-107 全検22-9-19広島車
コキ102-108 全検22-9-19広島車
コキ103-108 全検22-9-19広島車
コキ101- 12 全検23-3-15広島車 日産化学UT13C-8007[濃硝酸],中央通運/NRS UT20A-5123[塩化ビニール樹脂],日産化学UT9C-8005[希硝酸]
コキ100- 12 全検23-3-15広島車
コキ100- 11 全検23-3-15広島車
コキ101- 11 全検23-3-15広島車
コキ103- 60
コキ102- 60
コキ102- 59 NYK20"×2,iu.com20"×1
コキ103- 59 TRITON20"×1,NYK20"×2

 この前後に通過する列車では次の通りです。
○5584列車…EF210-134牽引で編成の内容はいつもの通り。JOT所有車はタキ38053、タキ43391、オイルターミナルからの移籍車ではタキ43410(郡山→根岸)、43181(倉賀野→根岸)が連結されておりました。

○3086列車…30分程遅れてEH500-20[宮城復興ラッピング入り(ホーム側はひとめぼれ/JA全農みやぎでしたが、反対側はむすび丸)]の牽引。日通の30フィート無蓋コンテナUM21A-38013(?)が積まれてライトグレーの地に最近の日通のトラックでも見られるオレンジ+紺色のラインが引かれております。

○8592列車…宇都宮タから隅田川区へ回送するコンテナ車だけの2両です。
←隅田川 EF64 1006[冷風]+コキ104-2535+52127

○4074列車…9月まで浜川崎着で運転していたものの、10月以降は旧4071/4070列車→8077/8076列車の内容がスライドした格好で浮島町発着の編成に変わりました。前は倉賀野や宇都宮タ常備車中心でしたが、震災前に比べると倉賀野のH6新製車や郡山常備車が参入しています。
△川崎貨物(浮島町)
EF64 1045[更新色、冷風]
タキ1000- 93 OT/倉賀野 A
タキ1000- 99 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ1000-381 OT/宇都宮タ
タキ1000-674 OT/宇都宮タ 全検22-10-4川崎車、自重17.0t
タキ1000-393 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-336 OT/倉賀野 A重
タキ1000-445 OT/倉賀野
タキ1000-672 OT×/宇都宮タ 全検22-10-25川崎車(27-12-19切)、自重17.0t
タキ1000-676 OT/宇都宮タ 全検22-9-22川崎車(27-10-**切)、自重17.*t
タキ1000-395 OT/宇都宮タ 無黒
タキ1000-454 OT/倉賀野 無
タキ1000-380 OT/宇都宮タ 全検20-5-18川崎車(25-7-9切) 石油類)黒地
タキ1000-102 OT/倉賀野 A、石油類)黒地
タキ1000-650 OT/倉賀野 無
タキ1000-397 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-402 OT/宇都宮タ 全検20-4-4川崎車(25-5-28切)
タキ1000-667 OT/倉賀野 全検22-9-29川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000-416 OT/郡山 全検20-9-13川崎車(25-9-26切)
タキ1000-390 OT/宇都宮タ 無黒
タキ1000-448 OT/倉賀野 石油類)黒地
※×=エコレールマークなし、A=黒油専用

○5683列車…東日本大震災後、暫く運休が続きましたが、10月から運転再開。冬場らしく黒塗りの応援もタキ43000の他に例年通りタキ38000、首都圏では久々のタキ40000の姿も見掛け、四日市辺りの移動車かなと思ったら元々京浜地区に居たナンバーです。撮影や調査に費やそうと思ったら遅れて到着した上越線からの2092列車が入線した為にナンバーを書き出すだけで終わりました。
△宇都宮タ
EF210−150
タキ43351 OT/倉賀野 ↑甲子発
タキ43350 OT/倉賀野 ↓
タキ44009 OT/宇都宮タ
タキ40136 JOT/郡山
タキ40100 JOT/郡山
タキ40124 JOT/郡山
タキ43499 OT/八王子 全検23-9-20川崎車、自重16.0t
タキ38044 JOT/郡山 XF
タキ38126 JOT/郡山 XF
タキ43603 OT/宇都宮タ 全検23-12-1川崎車、自重16.1t
タキ43206 JOT/根岸 全検23-7-13川崎車、自重15.8t
タキ38088 JOT/郡山 XF
タキ43455 JOT/根岸 全検23-9-12川崎車、自重16.0t
タキ43339 OT/八王子 全検23-6-20川崎車、自重16.8t
タキ43166 OT/西上田 全検23-9-8川崎車、自重16.1t
タキ43268 OT/倉賀野 全検23-5-24川崎車、自重15.*t
※青文字=黒→青塗り替え、XF=XF-4形制輪子装着(検査票差しの赤ペンキ入り)

この前後では特急電車の変わった所で次の編成がやって来ました。
・草津+水上5号:←クハ185-211×7+206×7(宮オオOM06+OM03編成)

・きぬがわ4号:クハ253-1001×6(宮オオOM-N01編成)

 ここまで終わると4番線から12時43分発の宇都宮行き(575M、クハE231-6019×10/宮ヤマU519編成)で大宮へ向かいます。この間iPod touchで前に見たタキ1000オンリーの列車だけ準備した次第でいつも北関東の近郊へ遠征に行くと大宮周辺で一通り見終えた後の車内でノート整理する事が多いですが、遠出はiPhone並みの容量に変えたら持ち出したい次第で暫くはA5のリングノートでご辛抱。

 大宮で降りて3・4番線へ移り、4番線の浦和方で1070列車の到着を待つと暫くしてからマスター同様これから浦和での忘年会に出席する上尾のK氏とバッタリ。到着するまで暫しの間(何故か前後に到着する上野行きは3番線に5分停車)情報交換しました。

○1070列車…震災後(東北本線の復旧後)は根岸行きで使っていたダイヤも10月のコスモ製油所の復旧に合わせて元のオイルターミナル所有車ばかりの18両編成に復活。前の方は90番台の黒油専用車が続いていつの間にかガソリン用のナンバーや久し振りにH17新製組も参入。
△蘇我(浜五井)
EF210−143
タキ1000- 98 OT/倉賀野 A
タキ1000-398 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-456 OT/倉賀野 無
タキ1000-405 OT/宇都宮タ 無黒
タキ1000-443 OT/倉賀野 無
タキ1000-417 OT/郡山 全検20-11-10川崎車(25-11-23切)
タキ1000-415 OT/八王子 全検20-9-30川崎車(25-11-24切) *
タキ1000-377 OT/宇都宮タ 石油類)黒地*
タキ1000-303 OT/盛岡タ 全検19-8-31郡山車(24-9-13切) 無
タキ1000-412 OT/郡山 全検20-8-19川崎車(25-10-13切)
タキ1000-381 OT/宇都宮タ 全検20-8-23川崎車(25-9-12切) *
タキ1000-384 OT/宇都宮タ *
タキ1000-670 OT/宇都宮タ 全検22-9-13川崎車(27-9-26切)、自重16.8t
タキ1000-410 OT/郡山 全検20-10-1川崎車(25-11-28切)
タキ1000-671 OT/宇都宮タ 全検22-10-20川崎車(27-11-2切)、自重17.1t
タキ1000-413 OT/八王子 全検20-10-2川崎車(25-11-26切) *
タキ1000-411 OT/郡山 全検20−7-12川崎車(25-9-4切)
タキ1000-403 OT/宇都宮タ ○
※A=黒油専用、○=制輪子性能向上車、*=郡山臨時常備

 ここまで終わるとNEW DAYSで忘年会用のお菓子を仕入れ、最初はDila側のお店でポテトチップスを漁ろうと思ったら良い品物が無かったのでエキュートの奥でコイケヤのワッフルカットを2袋選び、6番線から13時22分発の上野行き(896M、クハE231-6038×10/宮ヤマU538編成)で浦和まで乗ります。先行した183系(クハ183-1023×10)は大宮操を一休み、後で貨物線を赤羽方面へ走って行きました。

 浦和に着くと改札口の位置が変わって通り抜け出来る様に造り直され、東口のパルコへ向かい、先ずは1階のスターバックスで準備します。さすがにクリスマスを控えたこの週末も手伝って盛況でテーブル席は満杯で暫し待つ事に。マグカップの抹茶ティーラテを頂きながらiPod touchで岡部発着列車だけ整理します。ツートンカラーの整理をしつつ飲むスターバックスは美味なり。空くとパートナーさんが案内してくれるので最初4人掛けのテーブルが空いて、恐縮しまい、2人掛けのテーブルが空くと真っ先に陣取ります。駆け足で南側のエレベーターから10階のコミュニティーセンターへ。会場の部屋を確認してから幹事のF氏やK委員、S君、久し振りに伊豆からN氏も参上し、大歓迎されました。他にもいつも何かとお世話になっているU氏や玉川学園在住のK君、後でちょこっと都電撮影と掛け持ちでよしちゃんもやって来て普段の例会に顔を出す面々と。折角の席なのでオータムフェスタで名古屋へ出掛けた時の画像を披露し、リニア・鉄道館だけでも400コマ撮影したので後半〜特別公開の分だけを紹介しました。後で道産子のK氏も現れ、10月に売り出されたiPhone 4Sを買われてマスターのiPod touchとほぼ同じでこちらの鉄道友の会関係の活動も年内はこれで最後となりました。

 浦和から南浦和で乗り換え17時33分発の府中本町行き(1616E、クハ209-515×8/千ケヨM73編成)に乗り、待っていると6番線を東京タ→隅田川の2079列車(EF64 1016[冷風]+コキ50000×14)が通過し、この頃はお買い物客が多い影響か祝日も混んでいるので気になる所武蔵浦和で何とか座れました。

 西国分寺で中央線に乗り換えてウエスタン調にリニューアルした1番線のお店を見て電車を待つと丁度高尾行きだったのでタイミング良かったもののお手洗いに行きたかったので慌てて済ませて再び1番線に戻ると丁度到着した所で上手くネジ込められるかな?と思って入れたものの一歩間違えたら駆け込み乗車で遅れる所でしたがセーフすれすれです。

 八王子駅で降りてNEW DAYSで夜食のおにぎりを仕入れてサザンスカイタワーのくまざわ書店で鉄道ピクトリアルの『アーカイブスセレクション』No.20を仕入れ、今回は151系(こだま号の特急電車)の記事を集めたものでマスターはどちらかと言うと巻末に入っている昭和38年の動力車配置表が目当てで買った様なものですが、帰りのバスを待つのに時間が勿体ないのか南大通りを歩いて帰宅しました。

|

« H23.12.22 八王子駅&南大沢 | トップページ | H23.12.26 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H23.12.23 大宮周辺〜埼玉サークル忘年会:

« H23.12.22 八王子駅&南大沢 | トップページ | H23.12.26 八王子駅 »