« H23.05.18 八王子駅 | トップページ | H23.05.26 八王子駅 »

2011年5月25日 (水)

H23.05.25 八王子駅

 先週は散髪に急な歯痛で歯医者さんへ駆け込んだりと色々とありまして皆様いかがお過ごしでしたか?この週末は『鉄道ファン』の最新号が売り出されて50年の足跡をまとめた別冊に例年、7月号はJR車両の総決算でいつもなら楽勝で出て来るJR東日本管内はさすがに大震災の影響でバタバタしたのでしょうか掲載が先延ばしになってしまい少々残念です。マスターは例年、ExcelでJRR→交通新聞社の編成表とこの動き元にして作成するのですが、我が東日本管内は後手に回った故に目立つ移動が見られなかった八王子や新潟・長野の管内分は改造部分の太字を手直しした程度でH23年度分を用意しました。

 いつもの様に八王子駅の用事ついでにあれこれと見て西八王子の南口から乗った八王子駅南口行きのバスはまたまた中型車の担当。先に並んでいたオバちゃんとあれこれ世間話も。

 降りた所でいつもの様に群線の脇で85列車の様子を確認するとさすがに5月の下旬に差し掛かるとタンク車が全くと言っていい程見られなくなるので夏休みに入る頃まで暫くコキ104と睨めっこです。全てJRFロゴで新製した4桁車ばかりの顔触れです。

←竜王 EH200-22+コキ104-2821+2472(全検23-4-13川崎車)+1510+2226

 今度はそのまま京王八王子駅のショッピングセンターへ。先に開いている9階の本屋さんでJR電車編成表の最新号(2011夏号)を目当てに来たものの空振りなり。路線バスのルートマップも新しく買わねばとサザンスカイタワーが完成した後で少し八王子界隈の変更が出て来たのと手持ちの旧版では拙宅付近が小さな図だったので大きめに改めて後で書き込む時に楽になりましたね。余談になりましたが、もう一冊はTBSラジオの『キラ☆キラ』の番組本が出たので前に『コラムの花道』が出た時は東急スクエアにあったブックファーストだったので今回は久し振りにこちらという事で最初、編成表と一緒にカードで買うつもりが今回はゲンナマで。

 続いてヨドバシカメラであれこれお買い物をしてオーディオは別館かな?と思ったら本館へ移ったのでそのままエレベーターで7階へ行き、ここでBトレの飯田線クモハ52や身延線クモハ43と懐かしい所が出たので3年半振りのリリースですが前回買い漏らしたマスターにとっては朗報です。今回は飯田線の方を選び、考えてみると地元の中央東線から見ると両線は繋がりがあり、かつては急行『アルプス』の付属が『こまがね』や『みのぶ』で行っていたり、貨物列車でも飯田線はLPGのタキ25000やチチブセメントが昭和電工のアルミナ専用車と一緒に連結したり、身延線は今では同一企業になった三菱石油のタンク車や共石→JOMOのタキ35000、タキ45000とマスターも高校時代〜20代半ばまでよく見ていたので頭の中からポンポン出て来ます。出掛ける時に腕時計の電池が切れたので下の時計売り場で電池交換。この間にMDを仕入れて。今度は京王プラザホテルのスターバックス(ここを入れなかったら新宿の西口界隈を闊歩するのと重なる文になりますが………)で一休み。先週の今日、サザンスカイタワーのお店で行われたコーヒーセミナーの話をしつつアイスアメリカーノを一杯。

 早く入ったのでベンチで待ち合わせすると次の『スーパーあずさ』で松本へ向かうお父さん達が賑やかな事。泊まり掛けで遊びに行くと言ったご様子です。どうした事か下り電車が山手線の人身事故の影響でしょうか若干遅れていました。ホームを歩くと列車を待つ車掌さん、ハンディーの券売機片手に歩く駅員さんといつもは6月の中頃までビシッとネクタイ姿で仕事に就く所、大震災後の節電モードの影響も相俟って早々クールビズでジャケット+ノータイ姿の出で立ちで何時か11月頃に近鉄の列車に乗った時の様子と似て驚き、マスターも似通った格好で取材しております。

○8092列車…1両少ない13両編成の入線です。
△根岸
EF210−117
タキ1000- 88 JOT[E]/郡山
タキ1000-585 JOT[E]/根岸
タキ1000- 70 JOT[E]/郡山
タキ1000-591 JOT/根岸 無*
タキ1000-289 JOT/郡山 無
タキ1000-202 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-768 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-436 JOT/根岸 無
タキ1000-151 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-493 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-255 JOT[E]/郡山 無○
タキ1000-764 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-573 JOT/根岸 無
*=特殊ナット試行車、○=制輪子性能向上車

○81列車…編成はいつも通りの長さで目立つ車では浜五井の常備車が1両混じって普段通りの運転なら50分後には現れていたと思われます。

EF210−117
タキ1000- 19 JOT[E]/郡山
タキ1000-835 JOT/根岸
タキ1000- 26 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-817 JOT/浜五井 ○$
タキ1000-789 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-250 JOT[E]/郡山 無○
タキ1000-268 JOT[E]/郡山 全検23-2-19川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-581 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-679 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-604 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-594 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-881 JOT/根岸
$=浜五井配備車、○=制輪子性能向上車

○80列車…一杯の17両編成で到着して後の方にはまたまた、仙台北港の常備車や浜川崎に居た610番と根岸の列車では初顔合わせのナンバーがちらほらと。運が良いのか翌日の81列車でもこの辺りを見る事が出来ましたので詳細はこちらをご参照下さい。
△根岸
EH200−16
タキ1000-756 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-422 JOT[E]/根岸 無*
タキ1000-471 JOT/根岸 無*
タキ1000-783 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-772 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 65 JOT/郡山 常)浜五井、石油類)黒地$
タキ1000-806 JOT/浜五井 ○$
タキ1000-125 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-106 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-441 JOT/根岸 無
タキ1000-494 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-794 JOT[E]/根岸
タキ1000-478 JOT[E]/根岸
タキ1000-878 JOT/根岸
タキ1000-610 JOT/根岸 無
タキ1000-539 JOT[E]/仙台北港 無#
タキ1000-638 JOT/仙台北港 無#
*=特殊ナット試行車、○=制輪子性能向上車、#=仙台北港配備車、$=浜五井配備車

 帰宅するといつも北野町の卸売センターへ買い出しに一緒に行く八日町に住む親の仲良しの方が遊びに来たので午後一杯楽しみました。

|

« H23.05.18 八王子駅 | トップページ | H23.05.26 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H23.05.25 八王子駅:

« H23.05.18 八王子駅 | トップページ | H23.05.26 八王子駅 »