« H23.04.26 根岸駅(その1) | トップページ | H23.04.28 八王子駅 »

2011年4月27日 (水)

H23.04.26 根岸駅(その2)

 いつもの様に14時10分の磯子行き(1249B、クハE233-1062×10/宮ウラ162編成)に乗って磯子へ向かい、『ヨコハマ・みなとみらいパス』片手の利点を活かして磯子駅は一度改札を出て再び14時23分発の大宮行きで戻ります。

 電車に乗っているとドアの上にあるディスプレイで山手線と京浜東北線で西日暮里での人身事故発生のニュースが入り、後半戦に入る所でこれから何処かで乱れるなと感じた次第です。

 後半戦の一番手は竜王からの87列車ですが、京浜東北線の人身事故の影響でこれから少しずつ影響が出て来るのでは?と懸念しておりましたが、折しも1番線に止まっていた南行電車は時間調整で5〜6分停車してこの間に1番線に到着。窓越しから頑張ってメモしました。この少し前はいつも見ている親爺さんとまたまたご対面。

○(80〜)87列車…10分程遅れての到着となり、1番線に停車した窓越しから慌ててチェックしました。一杯の17両編成で且つ109番、509番は隣同士未撮影のナンバーだったので止まってなければ2コマ稼げたのですが………。また、牽引機も本来、EF200が担当する所、同じ吹田のEF210がリリーフ。

EH200−2(新鶴見まで)→EF210−141
タキ1000-820 JOT/浜五井 無
タキ1000-251 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-285 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-788 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-601 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-290 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-425 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-197 JOT[E]/郡山 無
タキ1000- 71 JOT[E]/郡山
タキ1000-509 JOT[E]/根岸
タキ1000-109 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-238 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-169 JOT[E]/郡山
タキ1000-870 JOT/根岸
タキ1000-849 JOT/根岸
タキ1000- 87 JOT[E]/郡山
タキ1000-496 JOT[E]/根岸

○(8092〜)8095列車…先の92〜81列車を牽いたEF210がとんぼ返りで舞い戻り、普段地元で見る時と反対の格好で見ていつもの慣れでしょうか14両準備した所、ガソリン積載用ばかりの現車9両で到着。

EF210−122
タキ1000-348 JOT/郡山 常)浜五井、無$
タキ1000-578 JOT/根岸 無
タキ1000-762 JOT/根岸 無○
タキ1000-233 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-436 JOT/根岸 無
タキ1000-248 JOT/郡山 無
タキ1000-419 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-465 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-160 JOT[E]/郡山 無
$=浜五井配備車、○=制輪子性能向上車

○5079/5078列車…今回も7日に訪れた時と同様、前にA重油専用車が増結する格好(太字で区別しています)となりました。いつも倉賀野や宇都宮タ向けの列車というと一ヶ月近くは同じナンバーで往復する事が多いですが、迂回輸送・振替出荷の影響でしょうか顔触れが全く異なります。ここでも4091列車同様、7日に交番検査へ入場したナンバーが入りました。
△倉賀野
EF210−122[5079レ]
タキ1000- 32 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 38 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000-125 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-129 JOT[E]/郡山 A重

タキ1000-770 JOT[E]/根岸 *
タキ1000-294 JOT[E]/郡山
タキ1000-265 JOT[E]/郡山 全検23-4-4川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-506 JOT[E]/根岸
タキ1000-432 JOT/根岸 常)浜五井、石油類)黒地○$
タキ1000-680 JOT/根岸 常)浜五井、石油類)黒地$
タキ1000-602 JOT[E]/根岸 無*
タキ1000-468 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-361 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-598 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-760 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-557 JOT[E]/仙台北港 全検18-10-13郡山車、自重17.1t#
タキ1000-613 JOT/根岸 常)浜五井$
タキ1000-872 JOT/根岸
タキ1000-567 JOT/根岸
EH200−12[5078レ]

$=浜五井配備車、#=仙台北港配備車、*=特殊ナット試行車、○=制輪子性能向上車

○8777/8760列車…倉賀野行きの列車も2列車分入って頑張っておりました。こちらも前にA重油専用車が増結されており、積み込みを終えてから待機する間は余裕があったので細かい点の調査や撮影は比較的早めに済ませます。仙台北港常備車1両、8777列車では最後尾の270番は全検出場間もないナンバーです。
△倉賀野
EF210−141[8777レ]
タキ1000- 37 JOT[E]/郡山 A重*
タキ1000-118 JOT[E]/郡山 A重

タキ1000-124 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-111 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-517 JOT[E]/仙台北港 全検18-6-2郡山車、自重17.0t #
タキ1000-627 JOT/根岸 常)浜五井 $
タキ1000-159 JOT[E]/郡山
タキ1000-423 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-573 JOT/根岸 無
タキ1000-592 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-239 JOT[E]/郡山 無○
タキ1000-254 JOT[E]/郡山 無○
タキ1000-151 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-256 JOT/郡山 トケ、無
タキ1000-753 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-797 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-796 JOT/根岸
タキ1000-270 JOT[E]/郡山 全検23-4-11川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
EF65 1122[青プレート]

#=仙台北港配備車、$=浜五井配備車、*=特殊ナット試行車、○=制輪子性能向上車

 倉賀野行きの2本を片付けた所で一度改札口を出てみどりの窓口ではオレンジカード販売終了のポスターを発見。あれだけSuicaやIKOCA、TOICAとJR各社のICカードが普及した影響が何処か垣間見えます。NEW DAYSでBトレの在庫を伺うとここは全く見当たりません。

 再びホームに戻って1番線側のベンチに腰掛けて一休み。どうやら、8564列車が先の人身事故の影響で遅れている様で運転があれば嬉しいものの、20分程待って1番線に入るブルーサンダーの顔が見えて慌てて連結しているタキ1000のナンバーを書き出します。。

○8564列車…40分程遅れての到着となり、磐越西線で迂回した時と同様郡山発の返送車を連ねて到着すると輸送量を調整したのか6両の短い編成でした。

EH200−2
タキ1000-262 JOT/郡山 無
タキ1000-609 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-236 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-281 JOT[E]/郡山 トケ、無○
タキ1000- 41 JOT/郡山 常)浜五井、(A重)$
タキ1000-170 JOT/郡山 常)浜五井、石油類)黒地$
$=浜五井配備車、○=制輪子性能向上車

○5476(〜5471)列車…倉賀野行きの8777列車と同時に4番線に入線し、8564列車を牽いたEH200が3番線にタンク車を収容すると少し間を置いてから引き出して2番線の後方で出発待ち。坂城行きも短いと10両編成ですが、今日は5両編成で前3両、昨日の81〜84列車で八王子に来たナンバーです。
△篠ノ井(坂城)
EH200−2
タキ1000-261 JOT/郡山 無○
タキ1000-435 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-756 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-877 JOT/根岸 ○
タキ1000-686 JOT[E]/根岸
○=制輪子性能向上車

○94(〜2087)列車…こちらは先頭にA重油専用車を従えた12両編成。真ん中の6両は22日の81〜84列車で八王子に来たナンバーがそのまま入りました。
△篠ノ井(坂城)
EH200−**
タキ1000- 33 JOT[E]/郡山 (A重)*
タキ1000-781 JOT[E]/根岸 ○
タキ1000-150 JOT[E]/郡山
タキ1000-434 JOT[E]/根岸
タキ1000-359 JOT/郡山 常)浜五井、石油類)黒地$
タキ1000- 20 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-351 JOT[E]/郡山 無*
タキ1000-564 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-168 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-558 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-250 JOT[E]/郡山 無○
タキ1000-260 JOT[E]/郡山 無
※この後には明日の竜王行き(90〜85列車)に連結する分がタキ1000-619+579+480+242+863+879と入りました。
$=浜五井配備車、*=特殊ナット試行車、○=制輪子性能向上車

 後半は専ら、ノート整理や跨線橋に昇って様子を確認する格好で過ごし、磯子発で来る17時08分発の横浜線直通で帰路に付き、本題の東北向けも今一つではありましたが、動いている様子が確認出来ただけでも思い残しありません。

 八王子駅に着くと『ヨコハマ・みなとみらいパス』で乗り越しの格好で駅員さんがいる窓口で横浜駅からの乗り越しと申告してパスを返す格好で改札を出てサザンスカイタワーのスターバックスで一休み。アイスコーヒーを頂くとストアマネージャーさんのお姉ちゃんがいたので昨日来た時に氷の始末に困って飲み残しのゴミ箱は置かないとのお話でこれから大丈夫かな?と気になる次第です。携帯で到着した連絡をしてバスターミナルから18時47分発の法政大行きに間に合い、西八王子では先行の始発とダンゴ状態になりましたが、4分早い到着で意外と速いのには驚きました。

|

« H23.04.26 根岸駅(その1) | トップページ | H23.04.28 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H23.04.26 根岸駅(その2):

« H23.04.26 根岸駅(その1) | トップページ | H23.04.28 八王子駅 »