« H23.03.02 高崎周辺(その1) | トップページ | H23.03.03 八王子駅 »

2011年3月 2日 (水)

H23.03.02 高崎周辺(その2)

 午前中の部が終わると少し早いお昼ご飯(時間的にはブランチになりますが)を頂きます。2・4番線から新幹線の乗り換え口に近い駅弁の売店で『だるま弁当』を頂き、初回でだるま弁当は言わばマスターの験担ぎで名物のオバちゃんが店番していました。NEW DAYSでポケット時刻表、ホームへ降りる所の自販機で『朝の茶事』のホットを買い、再び2・4番線へ足を踏み入れると待合室は掃除中でやむを得ず八高線の手前のベンチ(4番線側に腰掛けて)で頂きます。蓋を開けるとこんにゃくがこれまでは丸いのが可愛く並んでいましたが、半年足らずの間に真四角になってこれも原材料費高騰の影響を受けたのかな?と感じ取れます。折角なのでデジカメに撮り、舌鼓を打ちながら掃除していた待合室に入るとクーラーの暖房が程よく効いていて心地よく、後で見る矢羽根色のタキ1000の検査期限を書き出しました。

 高崎から11時32分発の上野行き(894M、クモハ211-3021×10/高タカC6編成)で倉賀野へ向かいます。スカートが強化形で帰ってから『JR電車編成表』の最新号で確認するとその通りです。車内整備や広告の付け替えを終えてから出発の12分前に車内へ。トイレの利用客を除くと2〜3名の乗りでかぶりつきの席に腰掛けたビジネスマンはおにぎりを頬張って車外へ。先程12月のダイヤ改正で『水上』+『草津』が『草津』に変わって編成が短くなったのかなと思って案内表示を見ると水上へ行っていた分が新前橋止まりに変わって実質的には現状維持と言った所でお楽しみは昨秋登場した湘南電車の色に塗られた185系で早速『草津』3号の万座・鹿沢口行きで参上。降りた所で慌てて切ったのかボケた画像になり、後で何処かで見られるなと先程仕入れたばかりのポケット時刻表で確かめると『草津』4号かな?と思って成果は後のお楽しみに。

・←万座・鹿沢口 クハ185-206×7+215×7[新前橋発着](宮オオOM03+OM09編成):草津3号〜4号

 高崎駅のエキナカが完成したのでDCと絡めたラッピング電車も見る事が出来ました。
・←水上 クモハ107-106×2+112×2(高タカR6+R12編成):733M〜740M

 倉賀野へ向かう最中で先程のEF60が撮れそうなので汚れた窓越しながらシャッターを切り、よく見るとBトレであるのは19号機の1年程後のタイプ(運転台の窓の造りが違います)になります。高崎操の構内の真ん中で降りる支度をしてDD51 842や4070列車を牽くEF65がスタンバイしています。

○4070列車…この時期は20両近い長い編成と期待したものの、短い10両編成と今一つ芳しくありません。年末に4073列車で青一色が入って対の4071列車とトレードしたのではと気になりましたが、今まで通りで杞憂に終わりました。
△川崎貨物(浮島町)
EF65 1058[JRF色、冷風]
タキ1000-336 OT/倉賀野 A重、石油類)黒地
タキ1000-649 OT/倉賀野 無 常)扇町
タキ1000-443 OT/倉賀野 無
タキ1000-644 OT/倉賀野 無
タキ1000-448 OT/倉賀野 無
タキ1000-401 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-397 OT/宇都宮タ
タキ1000-446 OT/倉賀野 A重、石油類)黒地
タキ1000-454 OT/倉賀野 無
タキ1000-403 OT/宇都宮タ 無○
○=制輪子性能向上車

 4070列車の編成が短かったのか跨線橋の上のベンチで一休み。『はやぶさ』のポスターが4枚奇麗に並べられて印象的です。再び3・4番線に降りると配給列車の帰りでしょうかEF81 134がやって来ました。

 倉賀野から12時03分発の上野行き(896M、クハE231-6003×10/宮ヤマU503編成)で新町へ向かいます。『鉄道の日きっぷ』の時は大学生の通学時間帯でしたが、時期柄、学年末テスト帰りの高校生が目立ち、降りる時に戸惑いました。

 新町で1時間程2・3番線で出入りする電車や列車の様子を見ながら過ごし、4070列車の通過に合わせて旧2番線の先端で待ち構えます。時折曇りましたが、風が強いながらも晴れ渡って申し分ありません。

 新町から13時03分発の高崎行き(867M、クハE231-6016×10/宮ヤマU516編成)で倉賀野へ向かいます。八高線と合流する手前(北藤岡駅のそばです)で急停車してご丁寧にも自動放送が入り、近くの踏切で踏切障害が発生して2分程停車したその分遅れました。

○4073列車…長さが今一つの列車が多かったものの、いつもの様に一杯の20両編成で参上した事が心強く、後2両は判で押したかの様に740、739番と続きます。これまで模型で矢羽根色のタキ1000を所有していなかったマスター、来週には手に入るので嬉しいものです。いつもの様に期限を書き写しますが(早いもので来年が定期検査で途中で入る指定替えの時期も思わず書き出しました)、さすがに書き足した車は皆無で水の泡。

EF65 1057[JRF色、冷風]
タキ1000-701 無
タキ1000-697 無
タキ1000-694 無
タキ1000-729
タキ1000-711 無
タキ1000-741
タキ1000-723 無
タキ1000-708
タキ1000-702
タキ1000-719 [車票]無
タキ1000-743 [車票]無
タキ1000-704
タキ1000-724
タキ1000-710
タキ1000-705 無
タキ1000-721 無
タキ1000-733 無
タキ1000-720
タキ1000-740
タキ1000-739 無
全車OT/川崎貨物◎

 倉賀野から一本早く13時38分発の高崎行き(869M、クハE231-6023×10/宮ヤマU523編成)で高崎へ向かいます。高崎操の構内は2082列車が停車中で次の通りです。

←隅田川 EF65 1095[JRF色]+コキ50000×7(19D中心)+101-66+100-66+65+101-65+106-15(この車以降、同和通運UM12A、UM13A、中央通運UM12A積載)+314+50000×3

 丁度、先程4073列車を牽いたEF65が高崎機関区へ入庫する様子を見て構内で昼寝するEF64の中には岡山所属だった1047号機が居ました。高崎駅は2番線の到着、8番線には3両目にオヤ50 5001を組み込んだEast-i Eが顔を出していました。

 高崎駅で降りるとここでスターバックスにお邪魔して休憩します。いつもはモントレー(駅ビル)のお店へ行きますが、関東地方では地元のサザンスカイタワー店に次いで12月にオープンしたE-siteのお店へ行く事に。新幹線の真下で昔の東口の改札口の脇からエスカレーターで降りると目の前でTSUTAYAの中にある様なお店や貨車部会の例会の前に立ち寄る大崎のお店みたいに落ち着いた雰囲気で低いテーブルに背中の高い椅子(サザンスカイタワー店のよりは若干お安くなっております=ご無礼申し上げます)の一人掛けのテーブルでラテを頂きます。コミュニケーションボードも掲げられて高崎の郊外にあるお豆に拘ったお店や求人の募集で横川のSA(マスターあたりは駅弁の『峠の釜めし』を思い出します)と出ています。飲み終えると回りを少し見学をして東口の外側はレザーチェアーに壁に造りかけの椅子、壁面の絵と良い味を出しています。勿論、ソファー席も3卓あってこちらはストライプ地のものがあり、レシートを見ると店番号が1000番台突入と驚きました。E-siteの中を少し見学して2階には地元がお膝元の『くまざわ書店』があり、八高線の向こうの起点にも出した事になり、元々八王子と群馬県内は織物産業が盛んな地域でこちらが地盤の群馬銀行の支店もこれが縁で出したと言われています。2階はデパ地下やEcuteを彷彿させる雰囲気でこの間八王子のそごうが来年早々閉店する暗い話題が飛び込み、大家のJRも近年は商業部門に力を入れているのでアトレやルミネのノウハウを活かした店舗戦略が望まれ、例の経営破綻でも続いた事を思うとどこか残念です。余談はさておき、この後はいつもの様に物産館を覗くとこちらも高崎支社の子会社から引き継いだお店で楽しめたのですが、今月一杯で改装の為に店仕舞。

 14時半を回る頃に2・4番線へ行き、今度は3番線から14時51分発の高麗川行きに乗ります。前後して7番線には先程止まっていたDD51の842号機が小野上からホキ800を引き取って高崎操行きだなと10月に引き続いてDD51牽引の工臨が見られて嬉しいものです。御年40歳、益々のご清栄を祈念します。
←高崎操 DD51 842+ホキ1354+1151+1226+1225+1355+1224+1222(高タカ/小野上)

 高崎から14時51分発の高麗川行き(238D、←キハ110-210+207+222/高タカ支所)で倉賀野へ向かいます。先頭のロングシートに腰掛けて出発待ち。お買い物帰りのお客さんや学年末テストが終わって少し暇を潰して帰る様な制服の高校生が目立ちました。高崎を出発するとすぐ入れ替わる様に北陸へ行く2071列車が入って来て中央通運のU19Aが目立ちます。

 今回の遠征では最後の倉賀野詣でとなり、最初はコンテナの3096列車です。

○3096列車…いつもの様にコキ104が続く編成で後で熊谷タから連結される分には朝日工業のUM14A-8000や日通・パナソニックのU47A-38000と積まれた車が連結されますが、倉賀野発は19系が目立ち、色気がありません。
←新座タ EF210-16+コキ104-626(全検18-2-7名古屋車)+151(全検20-4-15川崎車[丸コロ])+1906[広島タ行き]+1661(全検22-5-27広島車)+1096+242(全検22-7-9輪西派)+2541(2個目に20C-163、4個目に20C-185積載)[大阪タ行き]+1234(全検22-3-10小倉車)+1473(全検22-8-11小倉車)

 一通り見ていたら点検している係員さんから話しかけられて毎度毎度ありがとうございました。マスターはどちらかと言うとお忍びに近い体裁で別に怪しいものではありませんが、3096列車が止まってからコンデジに三脚を付けて撮影する兄ちゃんがウロウロする様になり気になり、この頃は何時行ってもこう言った邪魔する様な奴が多いので気が滅入り、昔みたいに月〜金仕事している人が鉄道ファンなら安心しますが、昨今の経済事情や雇用情勢の悪化、鉄道ブームとこう言うのが増えて参る様になりました(失礼)。

○3091列車…浜五井発のタンク車は無く全て甲子からのオイルターミナルばかりで4070列車同様にスッキリした顔触れです。

EF65 1068[JRF色]
タキ1000-643 OT/倉賀野 無
タキ1000-449 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ1000-399 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-406 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-453 OT/倉賀野 無黒/青
タキ1000-404 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-391 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-394 OT/宇都宮タ 無黒/青○
タキ1000-396 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-450 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ1000-445 OT/倉賀野
タキ1000-667 OT/倉賀野 全検22-9-29川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
○=制輪子性能向上車

○5775列車…3097列車から継送したコンテナ車+熊谷タ派出で交番検査を受けた貨車を併結して到着。コンテナは3094列車に比べると賑やかです。

EF66 106
コキ51105 ↑隅田川発
コキ52931
コキ52430 ↓ 5個目にJFC/JOT UR19A-558積載
コキ104-1478 ↑越谷タ発
コキ104-1863
コキ104- 222
コキ104- 920 全検19-12-1川崎車(丸コロ)
コキ104- 601 ↓ 1個目に19G-100、2個目にW19D-2480積載
タキ1000-337 OT/倉賀野
コキ200-85

 この後は8087列車が来るものの先述の兄ちゃんに荒らされてしまい、マスターは『草津』4号の通過で湘南色の185系が来るかな?と予想したら見事大当たり。高崎駅では今一つだった出来映えも満足なり。寒かったのでこの後、5881列車の到着まで跨線橋で一休み。携帯を見ると会員仲間の玉川学園のK君からのメールで後で帰りの電車の車内から送るかな。

○5881列車…オイルターミナルにJOT2色と賑やかな編成で後5両はタキ1000とこの辺を除くと後は南松本へ行っている様な顔触れだなと自ずとピンと来ますが、タキ43000の44t車の黒塗りでも結構、期限延長車が見られます。風が強くなって来たのでメモ取りに一苦労なり。

EF210−112
タキ 243796 JOT/郡山 無
タキ  43025 OT/倉賀野
タキ 243657 JOT/郡山 全検21-4-8川崎車(26-9-19切)、自重16.2t
タキ  43619 OT×/宇都宮タ●
タキ  43637 JOT/郡山 全検19-6-28川崎車(25-5-31切)
タキ1000-402 OT/宇都宮タ 無
タキ  43161 OT/南松本 全検22-6-14川崎車、自重16.1t
タキ 243658 JOT/郡山 全検21-4-18川崎車(26-7-19切)、自重16.2t
タキ1000-817 JOT/浜五井 石油類)グレー○
タキ 243685 JOT/郡山 無
タキ 243850 JOT/郡山
タキ  43324 JOT/根岸
タキ  43339 OT/八王子●
タキ  43402 OT/宇都宮タ 全検22-4-7川崎車、自重15.6t
タキ  43257 JOT/仙台北港 全検20-8-19川崎車(26-2-17切) 常)浜川崎
タキ1000-629 JOT/根岸 石油類)グレー
タキ1000-806 JOT/浜五井 石油類)グレー○
タキ1000-355 JOT/郡山
タキ1000-805 JOT/浜五井
タキ1000-300 JOT/郡山 無
○=制輪子性能向上車

 倉賀野から16時40分発の上野行き(952M、クモハ211-3013×10/高タカC12編成)で大宮まで乗ります。前は長っ尻のビジネス客が結構乗っていましたが、グリーン車か新幹線に移ったのでしょうか結構、学校帰りの学生(その証拠に新町の下車が多かった)が目立つ様子で乗るなり5881列車のページを纏めながら埼玉県に突入。この後は会員仲間のK君へメールを送り、そうしている間に東邦亜鉛の安中行きに擦れ違い、牽引機を失念しました。岡部では先程、倉賀野を通過したEH200が根岸行き3092列車のタンク車を連結して2番線で出発待ち。先週、地元で見掛けたタキ1000が結構、連結しておりました。

←根岸 EH200-10+タキ1000-371+147+232+569+577+259+51+865+864+21+563+196+39+104

 少しずつ夕方の列車に向けて準備が始まる籠原の構内を見て熊谷タの構内にはヤマト運輸のU51A-39500(ウイングルーフ形)や先程倉賀野で見た3094列車は様々なコンテナが積まれてほぼ同時に金沢へ向かう2073列車が到着して熊谷は秩父鉄道の1003×3の羽生行きと並び、構内は東急8090系の譲渡車7500系や『秩父路』の6000系とお休み中。後は鉄道博物館の手前までは一眠り。日が延びて上尾を過ぎるとすっかり真っ暗に。

 大宮からの帰路は『むさしの』号で到着まで暫く時間があったのでエキュートで時間調整。NEW DAYSに3月からのポケット時刻表があるかなと探したものの、空振りで案内表示を見ると3番線から出発する『しもうさ』号(2755M、クハ205-12×6/千ケヨM26編成)を確認してから入線まで30分程あるので本屋さんや中をブラリとしながら暇つぶし。115系時代と同様、根強い需要があるのか早々列が出来て入線は18時半を少し回った頃で20分頃から並んだ方がベストです(偶々、待っている所では誰一人来なかったので合間にWANDA朝のオーレを頂きます)。

 大宮から八王子は18時44分発の『むさしの』号(2656M、クハ205-51×8/千ケヨM27編成)に乗ります。いつもマスターは大宮から埼京線、武蔵野線、中央線の快速電車と乗り継ぎ、途中の武蔵浦和&西国分寺の乗り換えが無く、帰り道もこれからはラクチンで遠征の帰りはこの電車がお決まりになりそうですね。余裕で座れて先ずはWANDAを飲み干してからネットブックを出してブログの前半を纏めて3番線から出発進行。右隣に頭の薄いお父さんの腕が気になりましたが、北朝霞で降りたので一安心。ゆっくりとした足取りで短絡線に入り、凡そ15分程で西浦和へ。荒川の鉄橋を渡って北朝霞では北陸行きの2075列車に擦れ違い、前方は日産化学のUT10C-0(液化アンモニア専用)、UT14C-8000(希硝酸専用)とタンクコンテナ、後方はJOTのバルク用のISO20フィートコンテナに中央通運のUT10C-5000(液化塩化ビニール専用)と積まれて『むさしの』号に乗りつつ思わずウルルとしたマスターです。ここからは普段の武蔵野線の電車と同じ様な雰囲気で新小平へ。新小平を出発して2〜3分して短絡線に入りゆっくりと進むものの、中央線が遅れていた為に国立の手前で3分程止まって高架線に登ってダッシュで国立を通過、立川で5番線の青梅行きと接続を取る格好でさぞかし混むかなと思いましたが、最後のひと区間は名古屋へ行く時に乗る朝早い横浜線の橋本→町田間と近い乗り具合で少しずつドアに立つお客さんが居る程度でシートも若干空いた様子で擦れ違う電車がE233系が目立つと中央線に入っている事を実感し、根岸線や京葉線の様子と少し似ています。浅川の鉄橋を渡ると早速降りる支度をしてドアの窓越しから5番線の後輩(横浜線の電車)を見て八王子駅は3番線に3分遅れての到着。

 遠征では念願の『むさしの』号でのご帰還を果たし、このまま駅員さんが居る窓口から出る所、『駅弁屋』を覗くと『帆立おこわ』をお昼に頂きたかったので何時行っても空振りでしたが、今日は運良く有り付けてSuicaで買い、この分だと夕食やコンビニで買う夜食のおにぎりはパスかな?と節約指向が幸いしてややスリムになりました。『帆立おこわ』は冬場限定でそろそろ切り替わるので早く買わなくてはと念じつつも成就し、掛け紙にホタテ貝の貝殻が描かれていたので向きは逆になりますがシェル石油→昭和シェル石油のマークを思い出します。大型ディスプレイ付きの自販機で『朝の茶事』のホットを買ってからサザンスカイタワーのスターバックスで一休み。ソファー席やテーブル席が一杯だったので5×5のテーブルでアメリカーノをネットブックをいじりながら頂き、明後日の夜にクイックコーヒーセミナーが行われるのでこの間行ったら偶々コーヒーセミナーが実施されてちょこっと乱入しましたが、運良くキャッチして20時12分発の法政大学行きのバスに乗り、富士森公園の前後から少しずつ降りるお客さんが出てマスターも自宅から見て裏手になる都立二商前のバス停で下車するとマスターだけ。降りた所で携帯を掛けて春遠征の初回も無事終了しました。

|

« H23.03.02 高崎周辺(その1) | トップページ | H23.03.03 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H23.03.02 高崎周辺(その2):

« H23.03.02 高崎周辺(その1) | トップページ | H23.03.03 八王子駅 »