« H23.02.08 八王子駅(その1) | トップページ | H23.02.10 八王子駅 »

2011年2月 8日 (火)

H23.02.08 八王子駅(その2)

 午後は一度帰宅してこれまたいつも通り、委員会へ行く道すがらの調査です。拙宅の一本北側を走る南大通り、普段はアイボリー地の京王電鉄バスの定期路線が走るのですが、何と西八王子から上寺田経由の法政大行きの回送で京王バス南の中型車が走って来て驚きました。同じ南大通りでも市民会館の交差点まで山田経由の家政学院行きが走るのですが、回送ルートが意外な所で見られて驚きました。このカラーリングを見ると夕方のニュースで映し出される渋谷のお天気カメラでもお馴染みです。余談が長くなりましたが、午前中に続いて二連投で富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスに乗り(今度は保育園児の絵が飾られているギャラリーバスです)、降りるとそのままサザンスカイタワーのスターバックスに足が赴き、幸いソファー席をゲット。ドリップはグァテマラ・フィンカロ・エルファロにこの間、大崎のお店で試食を頂いたアップルシナモンフリッターを頂き、両方の味が良く合います。ソファー席でネットブック、ノートを拡げてこれから見る貨物列車の準備をいたします。

 Suicaをチャージしてから一目散に3・4番線へ。ポケットの中がゴチャゴチャしたのかいつも根岸発の列車やツートンカラーの車が入ると常用するエメラルドグリーンのボールペンが何処か隠れてしまい後1/3は黒のボールペンで書き出しました。

○84列車…一杯の16両編成で499番を漸く撮影した他は指定替えや今年の定期検査の入場車の入場時期を書き出します。先程Bトレのベストリピート11を箱買いしたのか偶然、JR西日本から移籍したEF65の1094号機が参上。
△根岸
EF65 1094[JRF色、冷風]
タキ1000- 51 JOT[E]/郡山 *
タキ1000- 86 JOT/郡山
タキ1000-352 JOT[E]/郡山
タキ1000-293 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-591 JOT/根岸 無
タキ1000-593 JOT/根岸 無*
タキ1000-240 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-222 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-579 JOT/根岸 無
タキ1000-584 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-499 JOT[E]/根岸 全検22-8-2川崎車、自重16.9t
タキ1000-781 JOT[E]/根岸 ○
タキ1000-595 JOT[E]/根岸
タキ1000-511 JOT[E]/根岸 全検22-9-25川崎車、自重17.1t
タキ1000-836 JOT[E]/根岸 ○
タキ1000- 70 JOT[E]/郡山
*=特殊ナット試行車、○=制輪子性能向上車

○82列車…いつもの編成で到着するも、85列車同様に空車も。
△根岸
EH200-1
タキ1000-219 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-256 JOT/郡山 トケ、無
タキ1000-223 JOT[E]/郡山 トケ、無
タキ1000-594 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-876 JOT/根岸
タキ1000-213 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-770 JOT[E]/根岸 *
タキ1000-479 JOT[E]/根岸 全検22-9-18川崎車、自重17.1t
タキ1000-865 JOT/根岸
タキ1000-131 JOT[E]/郡山 全検22-6-25川崎車、自重16.7t (A重)
タキ1000-116 JOT[E]/郡山 全検22-5-10川崎車、自重16.9t (A重)
タキ1000-133 JOT[E]/郡山 全検22-8-6川崎車、自重16.8t (A重)
コキ104- 480 ↑梶ケ谷タ行き
コキ104-1755
コキ104-2430 全検22-8-4輪西派
コキ104- 385 ↓ [空車]

 ここまで終わると4番線で5479列車の到着を待ちます。

○5479列車…後5両は8684列車で後送りする分の他は8578列車で送ります。
△南松本
EH200-22
タキ1000- 28 JOT[E]/郡山 ↑村井行き[8578レ]
タキ1000-473 JOT[E]/根岸 全検22-10-21川崎車、自重17.1t
タキ1000-472 JOT[E]/根岸 全検22-5-31川崎車、自重16.9t *
タキ1000-196 JOT[E]/郡山 全検22-8-18川崎車、自重16.9t
タキ1000-874 JOT/根岸
タキ1000-563 JOT[E]/根岸
タキ1000-474 JOT[E]/根岸 全検22-8-16川崎車、自重16.9t
タキ1000-250 JOT[E]/郡山 無○
タキ1000-582 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-768 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-234 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-509 JOT[E]/根岸 ↓ 全検22-12-6川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-493 JOT[E]/根岸 ↑村井行き[8684レ] 全検22-7-20川崎車、自重17.*t 無
タキ1000-573 JOT/根岸 無
タキ1000-787 JOT/根岸
タキ1000-873 JOT/根岸
タキ1000-574 JOT/根岸 ↓
*=特殊ナット試行車、○=制輪子性能向上車

 ここまで終わると『むさしの』号を見て今日はクハ205-12×8(千ケヨM25編成)が参上。いつものように17時6分発の中央特快を待つと先行の『スーパーあずさ』が遅れていたのでこちらも2分遅れでの到着。車内で整理するとおしゃべりに夢中の女子高生の声の大きさに閉口。電車の車内は公共の場で余り騒ぐなとこの頃の先生や親は余りうるさく言わないのでは?と感じ取れます、車内では終始PSPで遊ぶエラそうなリーマンも居てあきれますな。豊田で89列車に擦れ違うと両方EF64の1000番代牽引ですが、前は旧岡山のカラーで伯備線でお馴染みの機関車です。伯耆大山にある日本製紙の紙輸送やローレル賞を取ったカーラックのコキ71を牽いたかな?と思いを馳せます。

 新宿で軽く腹ごしらえをしようと思ったところで地下のおそば屋さんはBeck's COFFEEに改装され、いつもの南口の西側へ行くかな通ったら休業とさすがにコーヒーが続くと参りますが、ルミネ2のブックファーストで時間調整をして大塚へ。降りたところでようやく都電8800型とご対面。オレンジ色の8808番で早稲田行き。会員仲間のよしちゃんに帰ったら教えるかな?とまた高戸橋で撮っていたかな?と思い出します。

 今回の支部委員会は前任に引き続き、マスターは横滑りで書記を任され、机上にネットブックを拡げ、必要に応じては紙の裏にメモし、初めてながら上手く纏まるか気になる次第です。担当した手当や支部からの助成金(マスター曰く下賜金)も頂戴し、21時を少し回って散会。

 帰りの通勤快速は金曜日に行われた貨車部会の例会と同じ新宿21時37分発の高尾行き。待っているとメキシカンポークのラッピングが貼られたクハE231-36×10(八ミツ36編成、59B運用)が到着。入れ替えが激しかったものの、幸い座れて中野でまたまた東西線の新鋭15000系とご対面。副都心線の10000系を似た丸顔に幅広のドアがひときわ目立ち、05系でもバブル末期のラッシュ対策から荷物車並みの1.8mドア車が以前から名物で朝の西行を中心に使われています。ベイエリア(江戸川区内や浦安・市川・船橋各市の湾岸エリア)の開発に加えて東葉高速鉄道区間の延伸が要因してどうしてもドアの幅が広くなってしまった様です。後は立川まで熟睡してこの電車に乗ると丁度立川で2087列車が待機していたので機関車のナンバーとタキ1000の前方をチェック。

 八王子に着いて暫くすると2082列車、次いで2087列車と例会の時と同じメニューで列車をチェックします。8468列車の停車中には『成田エクスプレス』50号の営業運転後、豊田へ回送するクロE259-1×6(横クラNE-001編成)がやって来ました。

○2082列車…普段は福岡タ行きも満載の所、イヤに空が多い印象ながら東京タ行きはコキ106が4日発とほぼ同じナンバー(1両目→3両目にズレた以外は同じです)、トランスシティーのコンテナもいつも通り積載。
△梶ヶ谷タ
EH200−901
コキ104- 112 ↑福岡タ行き
コキ104-1217
コキ104-1815
コキ104-1021
コキ104- 7
コキ104-1501 [空車]
コキ104- 862 [空車]
コキ104-1512 ↓ [空車]
コキ106-1081 ↑東京タ行き [空車]
コキ106- 396 TRSU093152[0],みなと運送UT20A-5180,TRSU103245[3]
コキ106- 207 ↓ TRSU03157[9],TRSU061191[2]
コキ50461
コキ50605 [空車]

○2087列車…この所、一杯の17両編成でしたが、久し振りに少々短くなって15両編成の到着で後方6両は2日の8092列車で確認したナンバーです。昨年の全検車で未確認だった502番を見付け、結構後手後手になりました。
△篠ノ井(坂城)
EH200−4
タキ1000-132 JOT[E]/郡山 全検22-6-3川崎車、自重16.8t A重*
タキ1000-306 JOT[E]/根岸 A重、石油類)黒地
タキ1000-318 JOT[E]/根岸 A重、石油類)青地
タキ1000-772 JOT[E]/根岸
タキ1000-495 JOT[E]/根岸 全検22-8-30川崎車、自重16.9t
タキ1000-477 JOT[E]/根岸 全検22-10-7川崎車、自重16.8t
タキ1000-197 JOT[E]/郡山 全検22-9-30川崎車、自重16.9t
タキ1000- 82 JOT[E]/郡山
タキ1000-502 JOT[E]/根岸 全検22-5-19川崎車、自重16.7t
タキ1000-296 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-431 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-261 JOT/郡山 無○
タキ1000-575 JOT/根岸 無
タキ1000-596 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-622 JOT[E]/根岸 無
*=特殊ナット試行車、○=制輪子性能向上車

○8468列車…いつもはタキ1000でもA重油専用車ばかりでしたが、今日は珍しく灯油・軽油輸送用のナンバーも連結。
△川崎貨物
EH200−15
タキ1000-119 JOT[E]/郡山 ↑坂城→根岸 全検22-5-8川崎車、自重16.9t A重*
タキ1000-852 JOT[E]/根岸
タキ1000-875 JOT/根岸  ↓
*=特殊ナット試行車

 本来ならこの後2081列車、5467列車と南松本行きの列車を二連発で見るところ、来るタンク車も金曜日に見たものと重なりそうな気がしてここで改札を出る事にして改札口の脇にあるNEW DAYSで手巻き寿司1本におにぎり2個、『伊右衛門』のホットと夜食に仕入れ、南大通りを歩くと自宅近くまで25分で着くものの、信松院の所でポツリと小雪が降って参りました。2階のリビングで昼間箱買いしたBトレのベストリピート11の内容の検証を楽しみ、80系や153系と懐かしい所が揃っています。

|

« H23.02.08 八王子駅(その1) | トップページ | H23.02.10 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H23.02.08 八王子駅(その2):

« H23.02.08 八王子駅(その1) | トップページ | H23.02.10 八王子駅 »