« H23.02.02 八王子駅 | トップページ | H23.02.08 八王子駅(その1) »

2011年2月 5日 (土)

H23.02.04 八王子駅

 今年になってから初めての貨車部会の例会が行われ、大崎へ出掛けて参りました。

 いつものように南大通り経由の八王子駅南口行きのバスを盲学校前から乗り、歩道を歩いていた北野へ行くオバちゃんもここから乗車。南口から南大沢や片倉台(時間によっては西武北野台やみなみ野駅)行きでも行けるのでこれもちょっとした楽しみです。

 降りるとサザンスカイタワーの多摩信金で軍資金を引き出し、お昼は3階にある『凛や』でにしんそばを頂き、2階に降りてから少し時間があったのでテラスに出て81列車(~8092列車)の到着が近く、今日のEF210は何号機かなと待ちわび、ぞろ目の111号機が参上。すぐ後には2番線に竜王→根岸80列車(EH200-5牽引)のタキ1000返送が入線。この後すぐにスターバックスへ行き、ショートドリップ(ベロナ)を頂き、テーブル席の空きを伺ってから奥のテーブル席へ。照明が暗いので洞窟状態です。また、VIAのお試し品を頂いたのでそのうち3本買いするかな。1階のくまざわ書店で『鉄道ピクトリアル』の最新号を買います。再び2階に出ると今度はEF64の茶色く塗られた37号機が登板。Bトレで買ったので上から観察を楽しみます。

 少し時間があったのでセレオのビックカメラの3階で暇つぶし。お手洗いへ行こうと大きい方へ入ると携帯メールを打っているのかなかなか空かず仕方なく5階へ。この頃は周りの事を考えない輩が多くあきれます。Suicaをチャージする前に例の新世代型自販機でドリンクを買うとお奨めはルーツのマスターズ(4月にアメリカで行われるゴルフトーナメントを思い出す名前です)を頂きます。

 八王子から14時17分発の中央特快で新宿まで行き、マスターが仕事でAdobeのソフトを使って編集はインデザインのCS3、写真をフォトショップのCS4を用いていますが、今後、40の手習いでイラストレーターも入れる予定でどのタイプが良いかなと腰掛けながら考えた次第です。三鷹~中野とメトロ東西線の電車が走っているので新鋭15000系は見られるかなとヤマを張ったら空振りです。

 新宿では中野で一休みしていたE257系が後を追うように7番線に到着してこの後は東京駅からの『かいじ』111号になるのでは?と読めます。新南口の2階から直接、タイムズスクエア方面へ行けるかなと思ったら11月から工事が始まって一度1階に出てJRバスの案内所をかすめてエスカレーターで2階のデッキへ。東急ハンズのほかに前はHMV→ベスト電器やI-MAXシアターとあったフロアがユザワヤが入って文房具も扱っているので同じ建物で二つもあると混乱しますね。ユザワヤと言うと元来の生地や編み物関係も豊富でミシンを見ると近年、ジューキが調布の国領(安藤会員のご自宅の東側です)から多摩センターの奥のほうへ移ったり、ジャノメが狭間の工場の中に京橋にあった本社を移してとマスターが見ると近場だなと驚きます。特に蛇の目は郵便局は拙宅と同じ支店管内(7桁化前もそうです)、電話番号がすぐ近所と同じ市内局番なので目玉が飛び出ます。余談になりますが、現在は経営破綻したリッカーミシンも立川から拝借しました。

 新宿から大崎は17時発の小田原行き特別快速で向かいます。大崎駅の東側のお店もてもみんとMr.ミニット、リトルマーメイドが無くなってドラッグストアやちゃんぽん屋、カレー屋に変わって時折エキナカのお店が変わるので油断なりません。八王子駅もコンコースの東側にあるKIOSK系のお店が耐震工事の対象で暫く退店する事になったので初夏頃には新しいお店ができる事を期待します。夕食を『ライオン』で焼きハヤシライスを頂き、レジで頂いた抽選券はF氏に差し上げるかと思い、今度はスターバックスへ。ドリップはパイクプレイスロースト、ダージリンロールが年末から売り出されたので早速味わうと紅茶系のお菓子らしい味わいでコーヒーとはひと味違うスイーツです。

 南部労政会館で今年最初の例会が行われて先程買った『鉄道ピクトリアル』を読みながら暇つぶし、後で到着したK氏も同じものを買っていたので驚きました。安藤会員も早めに顔を出してこれとF氏と顔を合わせて例会前の歓談の面々が一人減って寂しくなりました。今日は折角なので初めてお越し下さった日の様子をアップした所をW黒のPIXUSで標準装備になったEasy-WebPrintを使って刷りました。『車掌車』の内容通りに進めて21時を少し回って散会となりました。

 例会の終了がやや遅くなり、新宿からはいつもより一本遅い21時37分発の通勤快速で八王子へ。立川で丁度2087列車が見られるなと外側のシートの前に立つものの、国分寺で空いたのが上り線側だったので準備をして立川に入る頃にはかろうじて機関車のナンバーを控えてこちらは先回りの形です。また、中野に着くと丁度3番線にメトロの新鋭15000系(15104×10/49S運用?)を確認しました。

○2082列車…3番線に入る所をメモ程度で書き出すものの、久し振りに東京タ行きのコキ106にはトランスシティのコンテナが三つ巴。
△梶ヶ谷タ
EH200−15
コキ104-2171 ↑福岡タ行き
コキ104- 983
コキ104- 779
コキ104-2887
コキ104-2320
コキ104-2907
コキ104-2791 [空車]
コキ104- 133 ↓ 全検22-6-10小倉車[空車]
コキ106- 396 ↑東京タ行き 全検19-8-4川崎車 TRSU103352[6]
コキ106- 207 全検19-6-12川崎車 TRSU030116[2],TRSU092623[5],TRSU103560[0]
コキ106-1081 ↓ TRSU071881[3]
コキ51808
コキ51335

○2087列車…立川では機関車のナンバーが確認出来て肝心の中身は一杯の17両編成で到着。昼間の調査同様に今年の全検対象車の細かい所を確認しました。
△篠ノ井(坂城)
EH200−1
タキ1000-117 JOT[E]/郡山 全検22-5-14川崎車、自重16.8t (A重)
タキ1000-125 JOT[E]/郡山 全検22-4-21川崎車、自重16.9t A重
タキ1000-134 JOT[E]/郡山 全検22-9-29川崎車、自重16.8t A重、石油類)黒地
タキ1000-498 JOT[E]/根岸 全検22-6-18川崎車、自重17.0t
タキ1000-350 JOT[E]/郡山
タキ1000-145 JOT[E]/郡山 全検22-6-10川崎車、自重16.8t
タキ1000-488 JOT[E]/根岸 全検22-9-30川崎車、自重16.8t
タキ1000- 17 JOT[E]/郡山 ○
タキ1000-851 JOT[E]/根岸
タキ1000- 90 JOT[E]/郡山
タキ1000-249 JOT[E]/郡山 トケ、無黒
タキ1000-255 JOT[E]/郡山 無○
タキ1000-465 JOT[E]/根岸 全検22-4-26川崎車、自重16.9t
タキ1000-285 JOT/郡山 無
タキ1000-151 JOT[E]/郡山 全検22-5-12川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-212 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-152 JOT[E]/郡山 全検22-6-17川崎車、自重16.8t
○=制輪子性能向上車

○8468列車…またまた坂城→根岸のA重油専用車ばかりの返送です。同じ根岸のタキ1000の編成ながらホームを挿んで下り17両、上り3両とスターバックスのグランデサイズとお試しサイズの差の違いを思い出します。またタキ1000-114の全検出場日が1/29の81列車で確認したものと違っておりましたのでこちらが正当です。
△川崎貨物
EH200−2
タキ1000-114 JOT[E]/根岸 全検21-10-28川崎車、自重17.0t A重*
タキ1000-132 JOT[E]/根岸 全検22-6-3川崎車、自重16.8t A重*
タキ1000-306 JOT[E]/根岸 A重、石油類)黒地
※全車坂城→根岸、*=特殊ナット試行車

 8468列車の調査が終わって『成田エクスプレス』52号の到着まで暫く時間が空いていたので5番線から5467列車に乗せる浜五井発のタンク車を確認。横浜線寄りの線に8471列車を牽いたEF65 1091[JRF色]が控えてこれから新鶴見へ入庫と言った様子で一本中央線寄りの線でDE11 2001+タキ43458+タキ43444と繋がれていたのでこの所DE11が入換を担当しているのか認知度が浸透した様で夜遅い時間でもカメラを向ける者が多いものの、まだまだ白線・点字ブロックから外に出て撮影する者も居り、安全上やダイヤの定時運行の妨げになりますので出来るだけ気を付けて下さい。

 再び乗り換え通路から丁度2番線を『ムーンライト信州』の送り込みが通過して方向幕の位置がおかしかったのでクハ188-102×6(長ナノN103編成)だなとすぐ分かりました。

 今晩の『成田エクスプレス』は次の通りで52号はトップナンバーが参上。
・52号:クロE259-1×6(横クラNE001編成)
・50号:クロE259-5×6(横クラNE005編成)→豊田への入庫回送を22:35通過したので少し遅くなった様子です。

 一通り終わると『中央ライナー』7号や2081列車の到着までは待合室で一休み。『朝の茶事』のホットを頂いていつもならネットブックを拡げてあれこれ書き込む所が書くネタが無かったので専ら根岸のタンク車チェックに費やします。

○2081列車…こちらも一杯の到着で25日に確認した編成に前後3両ずつ増結。年明け以降、40番台が全然見られないので倉賀野向けの運用に入っているのではと感じ取れます。
△南松本
EH200−19
タキ1000-355 JOT/郡山
タキ1000-804 JOT/浜五井 石油類)グレー
タキ1000-805 JOT/浜五井 ○
タキ1000-176 JOT/郡山 全検22-9-13川崎車、自重16.8t
タキ1000-137 JOT/郡山 全検22-7-8川崎車、自重16.9t
タキ1000-348 JOT/郡山 無
タキ1000-301 JOT/郡山 無○
タキ1000-608 JOT/根岸 石油類)グレー
タキ1000-272 JOT/郡山 無
タキ1000- 91 JOT/郡山
タキ1000-613 JOT/根岸 石油類)グレー
タキ1000-680 JOT/根岸 全検22-10-28川崎車、自重17.0t
タキ1000-818 JOT/浜五井 石油類)グレー
タキ1000-162 JOT/郡山 全検22-10-27川崎車、自重17.0t
タキ1000-242 JOT/郡山
タキ1000-359 JOT/郡山
タキ1000-683 JOT/根岸 全検22-10-19川崎車、自重17.1t
○=制輪子性能向上車

○5467列車…先程、8471列車で到着したタキ43000はこの前に連結。いつもは先頭に根岸発のタキ1000+浮島町発のオイルターミナルで着く所、今日は珍しく浮島町発のみの顔触れで半分程は29日の5460列車に連結されたナンバーでまたまた名司会者の決まり文句が出て来ます。今シーズンは矢羽根のタキ1000は空振りでしたが、タキ38000が少なくとも2両入っている様子です。さすがに前述通り撮影は軽めに済みました。
△南松本
EH200−5
タキ43444 JOT/郡山 ↑浜五井発 全検22-8-6川崎車、自重16.0t
タキ43458 JOT/郡山 ↓ 全検22-8-23川崎車、自重15.9t
タキ43011 OT/西上田
タキ43013 OT/西上田 全検22-4-1川崎車、自重15.6t
タキ43334 OT/倉賀野 全検22-6-21川崎車、自重15.8t
タキ43032 OT/郡山
タキ43356 OT/南松本
タキ38089 JOT※/郡山 全検18-8-30名古屋車(24-7-1切)、自重17.1t U
タキ43024 OT/倉賀野 W
タキ43549 OT/宇都宮タ● W
タキ43033 OT/郡山
タキ44010 OT/倉賀野
タキ38087 JOT/郡山 全検20-9-17川崎車(26-6-25切)、自重17.7t ○H
臨時常備駅:H=浜五井、U=浮島町、※=旧米軍用、○=3F改型制輪子装着、W=指定票差しに洗浄票を挿入

 ここまで終わると『中央ライナー』9号の前に来る中央特快でご帰還。2号車のパンタグラフ(東京方)の真下に腰掛け、金曜の深夜で降りるお客さんが多いマスターの本来の最寄り駅の様子を伺うと少なめで一安心。有隣堂のブックカバーの本を読んでおられた方は網棚に載せたボストンバッグを下ろして高尾までのお客さんだなと思い下車。コンビニで夜食を仕入れて炊き込みご飯に揚げ玉を入れた『たぬきごはん』を初めて見付けました。

|

« H23.02.02 八王子駅 | トップページ | H23.02.08 八王子駅(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H23.02.04 八王子駅:

« H23.02.02 八王子駅 | トップページ | H23.02.08 八王子駅(その1) »