« H22.12.13 八王子駅 | トップページ | H22.12.18 パソコン入れ替えました »

2010年12月17日 (金)

H22.12.17 八王子駅

 この所ポカポカ陽気の日が続いて、師走の中頃を過ぎると寒さも本格的になり、マスターの装いも昨日からマフラー、今日からコートが登板と冬モード突入。いつもの様に八王子駅の近くへ用事を済ませるついでに色々と見ました。

 飼い猫を獣医さんに連れて行くので丁度都合良い事にサザンスカイタワーのスターバックスへ行くので預ける格好で西側の路地までマイカーで行き、軍資金を引き出してからエスカレーター経由で2階のスターバックスはお見合い席でドリップ(今日はクリスマスブレンド)を頂きます。速いと自宅から20分もしないで来られるのでピザが届くより早く来られます。2階からそのままJRの支社の前へ向かって歩くとデッキに変わったものの、位置から見て元の南口の真ん前から来る通りだなと実感し、貨車の検修庫があった辺りを整地する様でここに新しいショッピングセンターが出来る噂もあると言われています。JR貨物の駐車場を左手に見て85列車の到着を待ってカーブで歩道が途切れるので車に気を付けて確認します。もう少し早く来ていたら『むさしの』号の205系が見られましたが、この頃になると快速電車のE233系(クハE233-20×10/八トタT20編成、43T運用=次の12:37〜43の八王子折り返しも同じ編成です)が3番線で折り返します。

○85列車…時期柄タキ1000が入っているかな?と思いきや、コンテナ車ばかりの編成で少々物足りない印象。先頭にJOT UR18A-11407が積まれた以外は全て19系(ドライ、通風)オンリー。
←竜王 EH200-14+コキ104-1036+2745+2047(全検22-9-15小倉車)+783

 少し時間が余ったのでビックカメラの1階や3階で暇つぶし。先日、iMacの新型と一緒にOffice2011(WindowsのOffice2010のMac版)も注文したのでFMVとiMacで見比べて。ワイヤレスキーボードの電池が切れて打ち込みが出来ませんでしたが、Wordは仕事用のiMacで使っているOffice2008に近く、Excelの色設定がWindows版と同様になったので編成表を使って色を造る時は結構、迷った次第でこれから使い比べる様子が出て来ます。

 続いて東急スクエアへ行ってスターバックスで一休み。20日前後はフェアトレードのお豆が使われてエスティマブレンドかな?と思ったら品切れになった様子でサザンスカイタワーのお店に続いてクリスマスブレンドを頂きます。それからエディー・バゥアーは久し振り。最初はスラックスを所望した所、ウチの親から仕分けられて新年も近い事からトランクスとソックスを500円引きの券を携えて。店員さんは新人さんかな?と思ったら前から居られる方がメガネを掛けたとの事でこちらもご無沙汰ですみませんでした。

 お昼は月曜日が雨降りで断念しました放射線のバーガーキングへ。スクランブルの反対側で丁度スターバックスの東急スクエア店のパートナーさん達と擦れ違い、お昼休みでも取ったのかな?と言ったご様子で。ネットからプリントしたチケットでテリヤキワッパーのミールをアイスティー(余り美味しくミルクは入れなく退店する時にお返ししました)、フライドオニオン付きで。直火焼きのバンズは美味しく、テリヤキソースも絶妙なり。クリスピードーナツではありませんが、多摩地区唯一のお店で入りも益々。さすがにコーヒー2杯はキツかったのかドリンクをアイスティーにして正解。フライドオニオンは持ち帰ってマスターも食欲が減退したなと実感。

 ヨドバシカメラに立ち寄りながら(本来はBトレやジオコレ系を物色したかったものの、さすがに7階まではキツく2階でアウト)京王プラザホテルへ。先ずはパスポートカードのポイントを確認してから1階のお手洗いが一杯だったので2階のお手洗いへ行き、それからスターバックスへ。明日まで有効のアンケートのレシートを持参したのでジンジャーブレッドラテを自前のショートタンブラーでお願いするものの、パートナーさんのお姉ちゃんから折角なのでトールサイズでお出ししますよ!とマグで頂き、日曜日に来た際に一銭も落とさなく申し訳無かった様でこの時期限定のジンジャーブレッドメレンゲを買って後で見る八王子発着のタキ1000の列車の準備をしてアレ、エディー・バゥアーの手提げが無い!と2階の洋式トイレに置き忘れて確かめに行くと無かったのでフロントにお尋ねした所、無事あって荷札に引き取った証拠として記名して再びスターバックスのテーブル席へ。イヤ、ヒヤリとしましたが、同じ建物の中なので一安心。

 三店ハシゴした功を奏して(?)この後はタキ1000ばかり連ねた列車で緑モノが三つ続き、何店か行ってツートンカラーのタンク車を見ると飲み過ぎます。

○8092列車…いつも14両編成で来る所、12両とやや短くなっていました。前7両は月曜日のこの列車で連結したナンバーが続いています。
△根岸
EF210−143
タキ1000-467 JOT[E]/根岸 全検22-6-9川崎車、自重16.9t
タキ1000-427 JOT[E]/根岸 無*
タキ1000-238 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-601 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-562 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-681 JOT[E]/根岸 全検22-6-14川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-559 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-212 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-265 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-597 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-439 JOT[E]/根岸
タキ1000-763 JOT[E]/根岸 ○
*=特殊ナット試行車、○=制輪子性能向上車

○81列車…月曜日に来た時はダイヤが混乱して落ち着いて確認出来ませんでしたが、到着がこのダイヤ改正で4分程早くなり、前は80列車が3番線に到着する前にオイルターミナルの基地へ持って行きましたが、快速電車の折り返しが増えた影響でやや長くなり12分程止まって行く様になりました。編成は思ったよりやや短めの12両編成で前方は月曜日の80列車に連結されたナンバーも。

EF210−143
タキ1000-435 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-220 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-236 JOT[E]/郡山 無○
タキ1000-189 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-584 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-581 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-165 JOT[E]/郡山 全検22-9-10川崎車、自重16.8t
タキ1000-792 JOT[E]/根岸
タキ1000- 62 JOT[E]/郡山 *
タキ1000-599 JOT[E]/根岸
タキ1000-465 JOT[E]/根岸 全検22-4-26川崎車、自重16.9t
タキ1000-762 JOT/根岸
○=制輪子性能向上車、*=特殊ナット試行車

○80列車…こちらも月曜日に来た時はダイヤが乱れて落ち着いたチェックが出来ませんでしたが、入線が3番線から2番線に移って5分程早くなりました。こちらも些か不調で短い時の標準である11両編成で全て白油輸送用です。
△根岸
EH200−22
タキ1000-782 JOT[E]/根岸
タキ1000- 54 JOT/郡山 *
タキ1000-352 JOT[E]/郡山
タキ1000-468 JOT[E]/根岸 全検22-4-28川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-251 JOT[E]/郡山 無○
タキ1000-148 JOT[E]/郡山 全検22-5-24川崎車、自重16.8t
タキ1000-848 JOT[E]/根岸
タキ1000-766 JOT/根岸
タキ1000-147 JOT[E]/郡山 全検22-6-4川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-226 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-239 JOT[E]/郡山 無○
*=特殊ナット試行車、○=制輪子性能向上車

 一通り見終えると3・4番線の待合室でノート整理をして先に到着する『かいじ』107号はクハE257-101×9(長モトM101編成、アルクマラッピング)が参上。いつもは前後の快速電車で帰りますが、珍しく間に来る13時13分発の中央特快に乗車。お天気が良いものの、真っ昼間の車内で居眠りするビジネスマン共に閉口し、私は常日頃気合いを入れているのでこう言うのはダメだな?と感じる気がします。

 帰宅すると大和田のムラウチジョーシンさんからiMacが入荷した電話が来たので明日は改築以来放置プレイした13年モノのソニーのコンポ(CDが3枚入れるタイプです)をハードオフに出し、自室のiMacも入れ替えて年賀状のプリントと俄に忙しくなるマスターです。7年半使って来たフラットパネルのタイプからギンギラギンのタイプに入れ替え、ディスプレイも最近のアクオスみたいにLED液晶なのでDVDを見る時は違和感無く取っ付けます。今日はアメリカ物尽くめとなりましたが、次回のアップ分から新型でお届けしますのでご期待下さい。

|

« H22.12.13 八王子駅 | トップページ | H22.12.18 パソコン入れ替えました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H22.12.17 八王子駅:

« H22.12.13 八王子駅 | トップページ | H22.12.18 パソコン入れ替えました »