« H22.10.27 八王子駅 | トップページ | H22.11.05 八王子駅 »

2010年11月 3日 (水)

H22.11.02 八王子駅

 気がつくと今年も後2ヶ月となりまして、私の地元でも八王子駅の南口の再開発が今月から少しずつオープンしてラジオ番組で久米 宏さんの番組のオープニングで毎回のように赤坂サカスが出来上がってゆく様子が伝えられた事を思い出します。

 本来なら今日は最初、1週間おきに行われる親の万葉集の講座が行われる予定でさらに今月の支部委員会が急遽、全支部委員会に変更となって出席せねばとネットブック片手にダブルヘッダーになると思いましたが、万葉集の先生の都合で結局、支部委員会だけで大塚へとはせ参じました。

 準備を整えてから郵便局のポストで今月の月末に行われる仙台でのオータムフェスタの申し込み葉書を投函してから軍資金を引き出し、南大通り経由の八王子駅南口行きのバスに乗ります。窓が開いていたので運転手さんが閉めていたのでこちらも少し手伝って。途中の乗り降りも無く、揃いの格好をしたオバちゃん3人にマスターと。ドアの間はオバちゃん達に占められましたが、中型ノンステップ車(日野HR)の後ろ側はハイバックになっているので大柄のマスターの体型でもフィットします。再開発に合わせてでしょうか富士森公園経由のバスも20日から16号〜20号経由の京王八王子駅発着から朝の区間便同様、八王子駅南口発着に変更されます。

 バスから降りるととちの木デッキの階段に昇れたのでサザンスカイタワー、セレオ八王子とデジカメのコマが進み、駅の両側では早速ビックカメラのポイントカードの募集部隊がテーブルを出して申し込み活動を行っておりました。そのまま京王プラザホテルのスターバックスへ行き、今日からホリデーシーズンのメニューが入ってドリップはクリスマスブレンド、クランベリーブリスバーを早速頂きました。土曜日の午後にまた、クイックコーヒーセミナーが行われるのでお邪魔することとさすがに顔馴染みゆえかパートナーさんからカードのチャージやシーズン限定のVIAを薦められました。

 続いてNOWの有隣堂で時間調整をしてから夕食は『檜庵』の豚骨魚介中華そば(前の『大ふく屋』の濃厚中華そばに相当します)を頂き、改装してから初めてで細麺にスープの味が美味くマッチして夕食時より早いので私の他はテーブル席に腰掛けたオバちゃんくらいで店員さんのカーキ色のTシャツが上手く合っています。

 南側の群線で今夜の5460列車で返送するタキ1000が控えておりました。
△甲府
タキ1000-558 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-582 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-493 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-560 JOT[E]/根岸 無

○5479列車…このところ芳しくない編成が続きましたが、秋冬モードで本筋の8578列車で送る分が一杯の12両編成でやってきました。またまた、未確認の全検出場車も少しずつキャッチ。
△南松本
EH200−11
タキ1000-771 JOT[E]/根岸 ↑村井行き[8578レ]
タキ1000-851 JOT[E]/根岸
タキ1000- 21 JOT[E]/郡山 *
タキ1000-865 JOT/根岸
タキ1000-498 JOT[E]/根岸 全検22-8-30川崎車、自重16.8t
タキ1000- 18 JOT[E]/郡山
タキ1000-442 JOT[E]/根岸 無*
タキ1000-160 JOT[E]/郡山 全検22-5-7川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-569 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-233 JOT[E]/郡山 無黒
タキ1000-435 JOT[E]/根岸 ↓ 無○
タキ1000-571 JOT[E]/根岸 ↑村井行き[8684レ] 無*
タキ1000-253 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-597 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-473 JOT[E]/根岸 ↓ 全検22-10-21川崎車、自重17.1t
*=特殊ナット試行車、○=制輪子性能向上車

 5479列車が出発すると今度は3番線に『むさしの』3号の115系が入線。こちらも来月の3日でお役御免となるので前に頑張って撮影した時にクハ115の形式写真を撮っていなかった事を思い出して2番線に移ってから真っ先にパチリと。17時を回ってからの中央特快に乗るのでベンチに腰掛けて5479列車のまとめ、電車を待って並ぶと横浜線の方からDE10 1663に牽かれて東急5050系が到着(←5855+5755+5655+5555の順)。長津田発のようでどうやら、副都心線の乗り入れ対応で東急車輌へ入場する電車のようで偶々、今度の土曜日が見学会(マスターは残念ながら行けませんが)でこりゃ、いい情報をゲットしたなとお話しするかな。

 八王子から17時10分発の中央特快で新宿まで乗ります。戸袋に森永ダースのラッピングが貼られたクハE233-33×10(八トタT33編成/41T運用)にあたり、ついつい口から「12個だから」が出てくる始末。先行の『スーパーあずさ』22号が遅れていたのでこちらも荻窪辺りから足取りがゆっくりとして3分遅れて新宿に到着。

 新宿では合間に小田急ハルクのビックカメラに立ち寄り、地下の改札からそのまま出ようと思い、広場の北側に出るかなと思って小田急エースを通り抜けてエルタワーの方へ出てしまい、地下鉄の通路を見て無事ゲートイン(戻る時はカリヨン橋を渡った方が無難かな?と思いました)。5階のおもちゃのコーナーでBトレの在庫状況をチェックしてここで売り出された新しい京成スカイライナーに電気機関車のベストリピート9と早く買わねばと言ったアイテムも。他にもブルートレインの20系客車、コキ100系、りんかい線70-000系に103系はスカイブルーの西日本体質改善車。これが出た時に横浜線の電車を思わせるかの様に混色を楽しみたかったものの、1箱しか買えなかった苦い(?)想い出があります。『鉄道コレクション』ではセントラムや和歌山のいちご電車と目立っておりました。

 思った通り2階からカリヨン橋経由で小田急デパートの1階からJRの改札へ。山手線の外回りは結構遅れていた様でホームに来た時に森永ダースのラッピングが貼られた編成に遭遇。大塚へ向かいます。

 大塚に着くと委員会が行なわれる会場にある3階のロビーへ。Y副支部長が携帯であれこれとメールを打っているご様子でこの週末は北陸本線から伊吹山麓、三岐鉄道と夜行日帰りのバスハイクに行かれてお疲れ様です。三岐鉄道の方も何度か出掛けて少しお話してセメント輸送列車が空振りとお話を伺って今後、事ある毎に助け舟やアドバイスを出して行きたいと考えております。

 議事もつつがなく進み、21時を少し回って散会。帰りの山手線はミルミルSのラッピング入り。新宿からは中央線の通勤快速。最初は21時37分発まで待つかなと思いましたが、いつも貨車部会の帰りに乗る21時28分発に間に合って何とか滑り込み、例によって(?)国分寺まで立って混んでいる車内でオバちゃん達がやかましいのに閉口。中央線の電車はこの時間でも混むのだから「ご勘弁下さいよ!」と言った表情になりました。

 新宿から乗った通勤快速が予定より早かったので最初は2087列車から見ようと思っていた所で考えていた所、コンテナの2082列車から見る事にして、3・4番線の東京方には耐震工事の資材置場の囲いが置かれているのでここを避けて待つ事に。

○2082列車…休前日ながら普段通りの運転でこの所"東京タ行き=トランスシティのコンテナ"の等式が定着しているものの、珍しく殆どのコンテナが19系等の12フィートコンテナが目立ちました。
△梶ヶ谷タ
EH200−901
コキ104-2446 ↑福岡タ行き
コキ104- 157
コキ106- 279 全検19-10-17小倉車
コキ104-2116 全検22-6-7川崎車
コキ104- 304 全検22-4-16名古屋車
コキ104-1264 全検21-11-5川崎車
コキ104-2123 全検22-7-22小倉車
コキ104-2327 ↓ 全検18-4-25広島車(23-4-30切)
コキ106- 207 ↑東京タ行き 全検19-6-12川崎車 3個目に同和通運UM12A-105037積載
コキ106-1081
コキ106- 396 ↓ 全検19-8-14小倉車
コキ53222
コキ53286

○2087列車…晩秋の時期を迎えて夏場に見られた編成に比べると長くなって中央線筋の最長である17両編成より1両少ない16両編成ですが最近、取材しても輸送量が芳しく無い印象を受けましたが、頑張っている様子が見えてホッと一安心。
△篠ノ井(坂城)
EH200−17
タキ1000-106 JOT[E]/郡山 全検21-10-21川崎車、自重17.0t A重
タキ1000-779 JOT[E]/根岸
タキ1000-224 JOT[E]/郡山
タキ1000- 68 JOT[E]/郡山
タキ1000-498 JOT[E]/根岸 全検22-6-18川崎車、自重17.0t
タキ1000-559 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-289 JOT/郡山 無
タキ1000-681 JOT[E]/根岸 全検22-6-14川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-260 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-191 JOT[E]/郡山 全検22-5-13川崎車、自重16.9t 無*
タキ1000-223 JOT[E]/郡山 トケ、無
タキ1000-594 JOT[E]/根岸 無*
タキ1000- 51 JOT[E]/郡山 *
タキ1000-880 JOT/根岸
タキ1000- 90 JOT[E]/郡山
タキ1000-871 JOT/根岸 ○
*=特殊ナット試行車、○=制輪子性能向上車

 編成をホーム伝いにチェックするマスター、後ろから携帯で話しながら歩くお姉ちゃんを見るなり一喝。こちとら真剣に物事やっているのだから夜遅くにどうでも良い話をする暇があったらとっとと帰れ!としかめっ面になるもホームを歩きながらの通話は一歩間違えると事故に繋がりますのでお気をつけの程を。

 『成田エクスプレス』が来るまでに時間があったので明日の84列車で返すタンク車を1番線で確認しました。目の前から見えた範囲で3両、全検出場のナンバーをゲット。
←根岸 タキ1000-(前5両不明)+189+215+239+592+596+793+476(全検22-10-1川崎車、自重17.0t)+469(全検22-9-2川崎車、自重17.0t)+505(全検22-9-15川崎車、自重17.0t)+846

 今日の『成田エクスプレス』は次の通りです。
・N'EX50号:クロE259-9×6(横フナNe009編成)
・N'EX52号:クロE259-16×6(横フナNe016編成)

 行きに気になっていた東急5050系の様子を見るべく、6番線から群線を見てフラット双眼鏡片手にナンバーを確認しようと思ったものの、暗くてお手上げ。折角なので一度改札口を出てセレオが完成して裏はどう出られるかなと一度試みてエスカレーターを降りるとロータリーとは逆に線路側へ出られる通路とらせん状のスロープが有り、止まっている様子が直に確認する事が出来て以前でいう駐車場の位置かな?と勘繰ります。こう遅いと車上荒らしが疑われる可能性があった様ですが、今は大丈夫です(私の感覚で)。

 再び改札口に入って待合室で『中央ライナー』9号が到着するまでネットブックを拡げて前半を仕上げ、いつもT支部長から目敏く突っ込まれるのか照れ隠しでここでは落ち着いて。さすが鉄道趣味界の著名人(以前であればあの吉川文夫さんが出て来るのですが、お亡くなりになられて寂しいものです)が同席されるとマスターはまだまだ下っ端の若造(?)の立場で恐縮します。

○2081列車…こちらも11月の声を聞くと同時に編成も秋冬モードになり、全検出場車もほぼ完了と言った様子で一杯の17両編成で到着します。3分停車でフェードアウトするものの、全車整い、後で改めてまとめた次第です。
△南松本
EH200−12
タキ1000-683 JOT/根岸 全検22-10-19川崎車、自重17.1t
タキ1000-272 JOT/郡山 無
タキ1000-170 JOT/郡山 全検22-10-18川崎車、自重17.0t
タキ1000-176 JOT/郡山 全検22-9-13川崎車、自重16.8t
タキ1000-348 JOT/郡山 無
タキ1000-682 JOT/根岸 全検22-7-12川崎車、自重16.9t G
タキ1000-624 JOT/根岸 G
タキ1000-242 JOT/郡山
タキ1000- 41 JOT/郡山 G
タキ1000-819 JOT/浜五井 無
タキ1000-821 JOT/浜五井 無
タキ1000-608 JOT/根岸 G
タキ1000-366 JOT/郡山 無
タキ1000-817 JOT/浜五井 無○
タキ1000-355 JOT/郡山
タキ1000-432 JOT/根岸 ○
タキ1000-822 JOT/浜五井 G
G=『石油類』グレー地、○=制輪子性能向上車

○5467列車…八王子着のタキ1000は見られなかったものの、いつもの顔触れで着きましたこの所タキ43000と言うとS42新製車が幅を効かせていましたが、未確認の全検出場車やタキ44000トップナンバーと参上。
△南松本
EH200−20
タキ1000-632 JOT/根岸 根岸発 無○
タキ43023 OT/倉賀野 全検22-5-20川崎車、自重15.8t
タキ44000 OT/南松本
タキ43136 OT/郡山
タキ43138 OT/倉賀野
タキ43568 OT×/宇都宮タ トケ
タキ43416 OT/倉賀野 全検22-5-28川崎車、自重15.8t
タキ43468 OT/八王子 全検22-6-28川崎車、自重16.0t
タキ43159 OT/西上田 全検22-5-10川崎車、自重16.1t
タキ43360 OT×/西上田●[旧JOT/郡山] 全検20-6-18川崎車、自重15.6t
タキ43476 OT/八王子●
タキ43348 OT/西上田
○=制輪子性能向上車

 編成が短いとこの所『中央ライナー』11号の前に到着する中央特快で帰る事が多かったものの、さすがに休前日も手伝い、普段の金曜日並みの乗り具合。定刻に到着した5478列車(EH200-4牽引、タキ1000-148・353・570・849[ここまで8685レ発送分]・251・778・169・27・766・466・499・84・195など)を見て久し振りに23時51分発(遅れて54分発)の高尾行きに乗り、後方は八王子でドッと降りると期待したものの、結局空振りで2号車の真ん中を占めて帰路の足も快調なり。遊び歩く様な若造リーマン風の野郎やらチャラチャラした姉ちゃん達が少ないと心は何処か落ち着くものの、この頃はいつ行ってもこう言う者ばかりでウンザリします。帰りの夜食もいつもはおにぎりを買うのですが、E233系のラッピング電車に乗り合わせた事も手伝って森永ダースを買ってしまいました。

|

« H22.10.27 八王子駅 | トップページ | H22.11.05 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H22.11.02 八王子駅:

« H22.10.27 八王子駅 | トップページ | H22.11.05 八王子駅 »