« H22.10.15 京浜地区(鶴見線) | トップページ | H22.10.15 京浜地区(根岸駅その2) »

2010年10月16日 (土)

H22.10.15 京浜地区(根岸駅その1)

 横浜駅の到着が多少遅れていつものコースで用事を片付け、自由通路の真ん中にある崎陽軒の売店でお昼のシウマイ弁当をSuicaで買います。再び入場するとショルダーの脇が気になったのか負担を掛けない様にドリンクは『朝の茶事』の280mlをセレクト。APEC開催を来月に控えてホームには岐阜県警のベストを着用したお巡りさんがホームを巡回。電車を待つ間にいつもの様に京急電車をウオッチして随分と新1000形のステンレス車も増えて都営浅草線〜京成行き快特(1089×8/67SH運用、85SH運用)やエアポート急行(1137×8/79D運用)の運用が目立ち、またまた21日の新ターミナル開業に合わせたラッピングの2100形(2109×8/快特13A運用)も見掛けました。

 横浜から根岸へは11時54分発の大船行き(1035A、クハE233-1056×10/宮ウラ156編成)の最後尾に乗り、関内や石川町より山手での入れ替えが激しかった様で後は余裕で。ノートの準備をしながら進みます。

 根岸を降りた所で真っ先にタンク車を見ると2本とも宇都宮タ行きが控えている頃なので火曜日のアップ分と重複する事ご容赦下さい。秋冬の根岸は逆光がちなのでデジカメの撮影モードもホワイトバランスは晴天ながら曇天モード、露出も補正アップと早速セットアップ。ここでは特記以外タンク車は全てタキ1000形になります。

○4091列車…12日に大宮操で確認した際と同じナンバーで当日、今日の根岸行きも頭に入れていたので撮影や細かい調査はここで一括して行う事にしました。
△宇都宮タ
EF210ー105◇
タキ1000- 7 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000-125 JOT[E]/郡山 全検22-4-21川崎車、自重16.9t A重
タキ1000-118 JOT[E]/郡山 全検21-11-11川崎車、自重16.9t (A重)
タキ1000-873 JOT/根岸
タキ1000-781 JOT[E]/根岸
タキ1000-850 JOT[E]/根岸
タキ1000-363 JOT/郡山 ○
タキ1000-426 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-589 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-431 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-164 JOT[E]/郡山 全検22-7-15川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-622 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-254 JOT[E]/郡山 無○
タキ1000-371 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-297 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-257 JOT/郡山 無○
タキ1000- 54 JOT/郡山 *
タキ1000-625 JOT[E]/根岸 *
○=制輪子性能向上車、*=特殊ナット試行車

○5561列車…こちらも12日に小山で確認したものと全く同一ですが、先頭がA重油専用車に変わっております。
△宇都宮タ
EF210−150
タキ1000-122 JOT[E]/郡山 全検22-9-13川崎車、自重17.0t (A重)
タキ1000- 85 JOT[E]/郡山
タキ1000- 50 JOT[E]/郡山
タキ1000- 88 JOT[E]/郡山
タキ1000-782 JOT[E]/根岸
タキ1000-588 JOT/根岸 無
タキ1000-757 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-616 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-351 JOT[E]/郡山 無*
タキ1000-226 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-147 JOT[E]/郡山 全検22-6-4川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-421 JOT[E]/根岸 無
○=制輪子性能向上車、*=特殊ナット試行車

 5561列車を見ていた所でコンパクトグラスをうっかり手を離して一部破損してしまい、当面は支障はないものの、気になる様であれば買い替える事も考えており、先程はオレンジ色のボールペンもどこかへ行って少々パニックになりましたが、待合室で『シウマイ弁当』に舌鼓を打ちながら一休み。この間誰一人入って来ずただ惜しいのが椅子が2番線(北行寄り)に向いているのでタンク車を背にする事になります。

 倉賀野からの4078列車が到着するまでに八王子からの95列車の編成をチェックします。宇都宮タ行きの2本が出発するとホームの目の前はこの1列車分しか止まっていないので寂しいものです。

○(84〜)95列車…行きに八王子駅、鶴見で乗り換えの途中に丁度通過するのでここで確認した通り、やや少ない8両編成です。

EF210−150
タキ1000-603 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-582 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-259 JOT[E]/郡山
タキ1000-146 JOT[E]/郡山 全検22-5-17川崎車、自重16.9t
タキ1000- 81 JOT[E]/郡山
タキ1000-605 JOT[E]/根岸 ○
タキ1000-467 JOT[E]/根岸 全検22-6-9川崎車、自重16.9t *
タキ1000- 29 JOT[E]/郡山
○=制輪子性能向上車、*=特殊ナット試行車

 4078列車の到着に合わせてデジカメを向けると1番線の点字ブロックから外側に足を投げ出すレールウェイライターの種村直樹さん風のオヤジさんの姿が気になりましたが、到着する姿を収めてから「良いご趣味ですね」とお褒めを頂きまして、最近ブームの影響なのか悪いイメージがマスコミによって増長されている様ですが、こうお話されると嬉しくなり、マスターとしては取材のやり甲斐が出て来ます。時折、気になった車の撮影をすると乗務員さんが近付いて来ると時折ご挨拶する様にして一種の信頼感をアピールしています。4078列車の編成内容につきましてはその2の4079列車の項をご参照下さい。オヤジさんと言うといつも見ている際に声を掛けてくれる鉄道ファンのオヤジさん、今日はどうした事かとんと見られません。

○5474(〜5479)列車…普段は12両ぐらいは来るだろうと思ったら2/3の8両編成で到着。火曜日に八王子に着いた81列車(=一昨日の84〜95列車)に連結していたナンバーと同じ車が多かったので1番線から見た際に暗くて不明だった全検上がりの車は5両目の471番です。この隣の189番は全検上がりかな?と思ったら後手だったので遅くとも来春まで入場する予定の車で大ボケ。
△南松本
EH200−9
タキ1000-575 JOT/根岸   ↑村井行き[8578レ] 無
タキ1000-569 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-289 JOT/郡山 無
タキ1000-372 JOT[E]/郡山 無*
タキ1000-471 JOT/根岸 全検22-5-24川崎車、自重16.9t 無*
タキ1000-189 JOT[E]/郡山 ↓
タキ1000-602 JOT[E]/根岸 ↑村井行き[8684レ] 無*
タキ1000- 70 JOT[E]/郡山 ↓ *
*=特殊ナット試行車

 ここまで終わると後はベンチで一休み。クリアバインダーに挟み込んだ全検車のリストを確認するとこの間に5692列車が到着。この後、3094列車の到着まで腰掛けた状態で6番線に入るタンク車の様子をチラッと程度に確認します。

○5692列車…コキ106の交番検査車だけ1両の寂しい編成です。
△川崎貨物
EF64 1036[更新色、冷風]
コキ106-97 全検19-3-10川崎車 横浜本牧発
神奈臨DD55 14


○3094列車…岡部からの返送で今日はA重油専用車入りで到着するものの、現車10両編成と勢いがありません。2両とも今年の全検車でゆっくり撮影出来るかなと思いきや、1番線から5番線に転線するものの、瞬く間に積込み線へ移動しました。

EF64 1036[更新色、冷風]
タキ1000-586 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-494 JOT[E]/根岸 全検22-7-15川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-284 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-611 JOT/根岸 無
タキ1000-874 JOT/根岸 無
タキ1000-799 JOT[E]/根岸
タキ1000-833 JOT[E]/根岸
タキ1000-362 JOT[E]/郡山
タキ1000-105 JOT[E]/郡山 全検22-4-16川崎車、自重17.1t A重
タキ1000-131 JOT[E]/郡山 全検22-6-25川崎車、自重16.7t (A重)

 ここまで来ると前半が終わり、14時10分発の磯子行きが一休みの合図で今日は幸い定刻運行でホッと一安心。

 続きはこちらです。

|

« H22.10.15 京浜地区(鶴見線) | トップページ | H22.10.15 京浜地区(根岸駅その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H22.10.15 京浜地区(根岸駅その1):

« H22.10.15 京浜地区(鶴見線) | トップページ | H22.10.15 京浜地区(根岸駅その2) »