« H22.09.24 八王子駅 | トップページ | H22.10.01 八王子駅(その2) »

2010年10月 2日 (土)

H22.10.01 八王子駅(その1)

 10月最初のカブースカフェを迎え、早いもので鉄道友の会の一員に加わり15年、このブログも今月の14日にオープン5周年を迎えて貨車で言うと新製してから最初の全般検査に入ります。

 今日は貨車部会の定例日で例会の間隔の割には部会報のプリントが早々片付いて昨日は市内へ出掛けようと思った所、雨降りでアウト。今日も大荷物を抱えての出撃ながら納涼会の際にエコバッグを駄目にしてしまったので急遽、手持ちの大きめのレジ袋を引き下げて出掛けました。

 軍資金を下ろしてから西八王子の南口を12時9分発の南大通り経由のバスに乗ります。先週のこのブログをアップしてすぐ後に12月のJRダイヤ改正の概要と一緒に八王子駅南口の駅ビルのこともリリースされて来月11日にオープンすることが報じられ、ビル名が『セレオ八王子』と中央線とオレンジ色の語感から一瞬、JR東海エリアのものと勘違いする向きが出てくるかもしれません。名古屋の方でも中央線が中央西線として走っているのとコーポレートカラーがオレンジ色と何処か繋がっておりますが、因みに八王子を走る中央道はNEXCOでは東日本ではなく東名、名神(途中まで)と同じ中日本会社のエリアです。バスの到着も駅ビルまでお買い物目当てだとホンの目と鼻の先で降りると楽ですが、私の場合は止まっている京王バスにシャッターを切ります。このカラーだと都区内の印象が強いのかついつい進みますが、中型ロングの都内からの転属車(南大沢は全てLED幕で入った車ばかりで珍しく方向幕付き)が多摩美大行きのバスで参上。ニュータウンや由木地区へ行かない限りはお目に掛かれなかったり、八王子に来ても神出鬼没なので逢うと嬉しいもの。自由通路(機関庫でEF64 38が昼寝する様子が見えました)からそのまま券売機でSuicaをチャージして京王プラザホテルのスターバックスで一休み。今日から売り出しのパイクプレイスローストがCOD(日替わりドリップ)かなと思ったら大当たり。仄かな苦味が口腔に漂い、実はマスター、月曜日にお豆を頂いた際にお試し分を早速頂きちょっとした自慢となりました。パートナーさんからお勧めのペストリーを尋ねるとさつまいもの五穀マフィンがお勧めだったのでこれも頂いてテーブルが空くと早速頂き、Tサンには色々お手数掛けました。

 一段落してから北口のロータリーを出入りする西東京バスを見ると夏ごろから少しずつ番号のところに目隠しして恩方や五日市は新しい番号に変わっておりましたが、楢原は台数が多く後手のようでしたが、漸く5桁の新しいナンバーとご対面。予想通りかな?と帰ってから確かめて。

 ホームに来たところで丁度竜王からの80列車(EH200-10牽引、タキ1000-771・196・306・763・465・71・238・562・422と中途から最後尾まで)が出発するところで後方を軽くメモ。そのまま東京方へ足を進めて機関車溜りには茶色のEF64 37が一休みして3月に『あけぼの』を牽くために1年間長岡に移ったナンバーと揃って出くわした事になり、昨年度の機関車の転属はこの2両だけだったなとふと思い出しました。

○8092列車…名目上、下半期に入って最初の列車ながらいつもの14両編成ではなく短い10両編成で思わず雄叫びも。
△根岸
EF210−155
タキ1000-572 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-271 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-356 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-232 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-286 JOT[E]/郡山 無青
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-436 JOT/根岸 無
タキ1000-617 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-848 JOT[E]/根岸
タキ1000-434 JOT[E]/根岸

 ここまで終わると『あじさい茶屋』で軽めのお昼を取って秋メニューの山菜海老ちくわ天そばを頂きます。海老天とちくわ天が入っているのかなと思いつつもちくわが真っ赤だったので海老のすり身を練り込んだものを使っています。前後して八高線の引き上げ線を見ると2線とも209系の3000番代が休んでいたので珍しいショットを収めてこの間、209系のBトレを買って携えた時は片方がりんかい線の3100番代でした。

○2080列車…いつもこの列車を見ると同じナンバーが連続して入る事が多いですが、結構入れ替わったようで全検から上がった車も少しずつ見られるようになりました(8092レの方は収穫ゼロ)。
△蘇我(浜五井)
EH200−5
タキ1000-432 JOT/根岸
タキ1000-355 JOT/郡山
タキ1000-367 JOT/郡山
タキ1000-803 JOT/浜五井
タキ1000- 91 JOT/郡山
タキ1000-272 JOT/郡山 無[車票]
タキ1000-821 JOT/浜五井 無[車票]
タキ1000-819 JOT/浜五井 無
タキ1000-608 JOT/根岸 石油類)グレー
タキ1000-182 JOT/郡山 全検22-8-19川崎車、自重16.9t 石油類)グレー
タキ1000-627 JOT/根岸 石油類)グレー
タキ1000-176 JOT/郡山 全検22-9-13川崎車、自重16.8t
タキ1000- 41 JOT/郡山 石油類)グレー

 この後、待合室や2番線の高尾方のベンチでまとめているとローズレッドのラインに身を纏った電車が入ってきたので長野行きの回送だろうと感づき、編成はEF64 1032+クハ209-513×10(千ケヨ31編成)を京葉車両センターから長野の総合車両センターへ送り込むもので、結構、カメラを向けている者も多く、特に今日は都民の日で学校が休みの子供たちも目立ちます。これから乗る中央特快の一本前に到着する『あずさ』16号は今日からの長野のディスネーションキャンペーンのラッピングが貼られたE257系(クハE257-110×9/長モトM110編成)が到着。

 14時13分発(やや遅れて16分発)の中央特快で最初、本部へ行く用事があるので四ツ谷までと思っておりましたが、先のラッピングに釣られて新宿で降りる事に。快調に進み、来月早々にはこの上り線も立川→西国分寺間が高架に切り替えとなるのでここを通るのも指で数えるほどになりました。大久保でドアの前に立って新宿で降りる準備をすると先行の電車で急病人発生との事で暫く足止めを食いつつ3分ほど遅れての到着です。

 E257系の信州DCラッピングに釣られて新宿で途中下車。快速電車の上りが7・8番線、特急は9・10番線と停車するので先の編成は10番線に停車中。快速電車下りの11・12番線へ赴き、10番線に止まっているところを高尾方から頑張って撮影し、中央特快が遅れていたのと出発間際だったのでサドンデスで。ホームには親子連れやら一眼レフ片手の男性、バイオリン片手のお姉さんもキャラクターの可愛さからカメラ付き携帯でパチリと。15時の『あずさ』21号だったので5号車(新宿方から3両目)でお手上げ。市ケ谷まではこのまま緩行線で行く事にして先程、八王子で見た電車のご兄弟に当たる209系の500番代(クハ209-516×10/八ミツ516編成=E231系27編成[クハE231-27×10]の代替要員で復帰した編成、21C運用)に偶々当たりました。

 市ケ谷は鉄道友の会の本部があり、6月の支部総会から正式に支部の委員に任命されて対外用の名刺が必要と埼玉サークルのK支部委員の言を伺い、ついでなので発注することにしました。O事務局長が例のように執っていて時折、ミドル会員のM氏も来るようですがこちらの方がわかる様なので私が自前で刷ったものと秋田出身の代表会員・S氏のものを例にして偶々、向こうも同じものを出して住所と名前の位置、肩書きを細かく注文しました。時間に余裕があったのでJR駅上のスターバックスでアイスアメリカーノを頂いて最初は日テレ通り側のカウンター席を陣取りましたが、暫くすると外堀側のテーブル席が空いたので早速移動。会議している皆さんが居たのかネットブックは拡げられずデジカメで景色を収めてから文教堂で時間調整。16時半を回って南北線で目黒まで乗ってPASMOもここでオートチャージ。溜池山王から目黒が開業して10周年を迎えて派手に飾られていると思いきや、ホームドアの部分に申し分程度のステッカーが貼られた格好です。今年は南北線+都営三田線、12月には大江戸線の全面開業から10周年と早いものです。

 目黒から大崎まで山手線で時計を見ると17時ジャストで乗っても数分なので大崎を降りてから少し中をブラブラしてゲートシティへ。『和幸』でスモークサーモンと黒胡椒のクリームコロッケ入りのセット『紅葉』を頂き、例会当日が1日になった場合は揚げ物と決めているので美味しく味わい、スターバックスでは二杯目のCOD・パイクプレイスローストをまたまた頂きます。

|

« H22.09.24 八王子駅 | トップページ | H22.10.01 八王子駅(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H22.10.01 八王子駅(その1):

« H22.09.24 八王子駅 | トップページ | H22.10.01 八王子駅(その2) »