« H22.09.07 八王子駅(その1) | トップページ | H22.09.10 京浜地区(鶴見線沿線) »

2010年9月 8日 (水)

H22.09.07 八王子駅(その2)

 一度帰宅して昼食の後は休憩、シャワー、パソコンでデータ整理、メールチェックを済ませ、15時を少し回って出発。いつもは南大通り経由の八王子駅南口行きのバスに乗るのですが、これより10分ほど早い京王八王子行きのバス(こちらは丘の上=富士森公園回り)に乗ります。昼涼み(?)と称して乗るものの、JR北口の降車停留所から横断歩道を渡ると目の前が京王プラザホテルなので例によってのスターバックスに立ち寄って午前中、東急スクエアのお店に行ったのでアイスコーヒーはこの関係で100円也(お豆はケニヤ)。パートナーさんから薦めて頂いたメイプルシフォンケーキを味わいます。テーブルが満席なので代金先払いで10分程お手洗いへ行ったり、パンフレットや『ショッパー』の先週号を頂戴してタイミング良く高いテーブルの真ん中が空いて早速用意して下さいました。京王線の特急列車で新宿と京王八王子を往復する合間に最近、京王八王子~北野と区間運転の運用と込みになって北野に着くと1番線に到着してお客さんを下ろして高尾山口からの各駅停車が出発してから一旦、高幡不動方の上り線へ引き上げて再び渡り線を使って3番線へ入線するのと似た格好です。時々、JRR→交通新聞社の『普通列車両数表』のデータを元にExcelで作成するのですが、この編成の箱ダイヤは切り離して待機かな?や到着後は入庫回送と時折勘繰ります。余談が長くなりましたが、美味しく頂けました。

 京王プラザホテルから今度は北側の群線に止まっている今日の81列車で到着して明日の84列車で返すタキ1000をチェックします。駐車場に入ると奥(立川方)の入庫車数が少なく、気にすることなく見てから続きは1番線から。券売機でSuicaをチャージしてから1・2番線へ。

○84列車(8日発)…臨時スジと同じ14両編成。この所、根岸発着列車を見ると全検上がりの車を見付けるのですが、不思議とこの編成では一両も見られませんでした。
△根岸
EF210−1**
タキ1000- 51 JOT[Es]/郡山
タキ1000-570 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-578 JOT/根岸 無
タキ1000-228 JOT/郡山 無
タキ1000-251 JOT[E]/郡山 無○
タキ1000-753 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-220 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-507 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-424 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-589 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-785 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-352 JOT[E]/郡山
タキ1000-768 JOT[E]/根岸
タキ1000- 23 JOT[E]/郡山

○82列車…午前中にチェックした85列車と対に当たる関係からタンク車が入っているだろうと予想したら大当たり(一部、先週の週末を挿んで八王子に居たナンバーも)。大方がここ1〜2週間以内に見掛けた番号ばかりで考えてみたらコキ104を85列車で日曜〜今日、この82列車で月曜〜水曜分と連チャンで見たことになります。
△根岸
EH200−6
タキ1000-297 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-564 JOT/根岸 無
タキ1000-630 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 10 JOT/郡山
タキ1000-869 JOT/根岸
タキ1000-868 JOT/根岸
タキ1000-612 JOT/根岸
タキ1000-463 JOT[E]/根岸 全検22-7-22川崎車、自重17.0t
タキ1000-368 JOT[E]/郡山
タキ1000-119 JOT[E]/郡山 全検22-5-8川崎車、自重16.9t A重*
タキ1000-133 JOT[E]/郡山 全検22-8-6川崎車、自重16.8t (A重)
タキ1000-109 JOT[E]/郡山 全検22-5-11川崎車、自重16.7t (A重)
コキ104-1827 ↑梶ヶ谷タ行き
コキ104-2492
コキ104-2562
コキ104- 196 ↓ 全検22-5-27小倉車 5個目にJOT UR18A-11703積載(これ以外はすべて19系)
*=制輪子性能向上車&特殊ナット試行車

 ここまで終わると次は南松本行きの編成をチェックすべく4番線へ。

○5479列車…南松本から8578列車に乗せる分の村井行きだけの編成で前は一杯の17両編成でも平気だったのですが、需要低迷なのか元のスジの分で賄え切れます。今年の全検車は1両だけで後でリストを見返すと8日(9日に八王子から返送した分です)に確認したナンバーでした。
△南松本
EH200−13
タキ1000-766 JOT/根岸  ↑村井行き
タキ1000- 89 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000- 87 JOT[E]/郡山
タキ1000-846 JOT[E]/根岸
タキ1000-769 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-496 JOT[E]/根岸 全検22-5-17川崎車、自重17.0t 無*
タキ1000-484 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-792 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-764 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-357 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-372 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-289 JOT[E]/郡山 ↓ 無*
*=制輪子性能向上車&特殊ナット試行車

 『むさしの』号の115系が3番線に入る頃には2番線の高尾方の待合室へ。クーラーが良く効いて涼んだものの、ネットブックのツールバーが色々開いてなかなか作業に踏み切れませんでした。

 八王子から17時06分発の中央特快で新宿へ向かいます。豊田のカーブでは89列車のEF64目当ての撮り鉄を尻目に84列車に乗せる分を片付けました。

 新宿で降りた際にホームの幅の関係か余り自販機を見掛けませんでしたが、7・8番線の中野方で見付けて『朝の茶事』の280mlをSuicaで。南口のコンコースにある『味彩』で軽めの夕食を摂って冷やしラーメンを頂き、餃子定食や温かいものを注文したお客さんは早いものの、冷たいのは水で締めるのかやや遅めですが時間を気にすることが無いので気にしておりません。醤油ラーメンをそのまま冷やした格好で麺は細めで固ゆで。改札を出てルミネ2のブックファーストで時間調整をしてから山手線の外回りで大塚へ。

 大塚駅は都電を気にしながら横断して東部区民センターの3階へ。ロビーでお膳立てをしてから部屋で肉付け。T支部長も到着して5月にお会いした際に名刺を頂いて交換していなかったので今回このアドレス入りの名刺を改めて交換して当ブログの紹介を簡単にして内容が濃い目ですが、時折馬鹿げた事も書きますので今後ともご贔屓によろしくお願い致します。納涼会の時と同様、M副支部長は体調不良で今日も欠席。一日置いて私鉄部会のT君、埼玉サークルのKさん、大田サークルのIさんと顔なじみと顔を合わせ、予定よりやや早く終了してT君と大塚駅へ向かいます。

 大塚から新宿は山手線の内回りに乗ってこの時間帯の北側は何処か外人が多いなと言った印象で国際色豊かなのかあくどいのが多いのか良くわかりませんね。

 新宿から中央線は21時28分発の通勤快速まで待って2本前の快速(国分寺で待ち合わせ)にはサマーランドのラッピングが貼られたクハE233-1×10(八トタT1編成/69T運用)が到着。9月に入っても暫くは続く様子です。11番線まで続く列を気にしながら何とか乗れて国分寺を過ぎたところで座れて後で見る準備の支度をしながら過ごします。前は30分発で貨車部会の例会の帰りは良く乗れましたが、やや繰り上がってこの頃は37分発(次の通勤快速)→立川で2087列車の下見のパターンが多いようです。

 貨物列車の到着までやや時間があったので南側の群線を見ると東急5050系の甲種輸送(5871×6)が入っており、昼間や先程の豊田の撮り鉄はこの辺りがお目当てだった様で。1〜2本前の甲種輸送が4月の支部委員会の当日で同じ5050系というのも偶然な話です。

○2082列車…定刻よりやや遅れての到着で余り止まらないので駆け足でチェック。名物の海コンは1両分だけ。
△梶ヶ谷タ
EH200-17
コキ104- 374 ↑福岡タ行き
コキ104-2667
コキ104-2830
コキ104-2179 全検22-4-5川崎車
コキ104-1655
コキ104-5009
コキ106- 12 全検19-12-20広島車[空車]
コキ106- 252 ↓ 全検20-1-11郡山車[空車]
コキ106- 465 ↑東京タ行き[空車]
コキ106-1078 TRLU20'×3
コキ106-1108 ↓ JOT UR18A-10000×5
コキ52520
コキ51397 [空車]

○2087列車…タキ1000ばかりの16両編成で久し振りに長めの編成で全検上がりの車も多く見掛け、ここでも先週末の週末跨ぎで八王子に居たナンバーもありました。
△篠ノ井(坂城)
EH200−18
タキ1000-306 JOT[E]/根岸 A重/石油類)黒地
タキ1000-190 JOT[E]/郡山 全検22-7-1川崎車、自重16.8t
タキ1000-188 JOT/郡山 全検22-8-27川崎車、自重17.1t
タキ1000-202 JOT[E]/郡山 全検22-8-27川崎車、自重17.0t
タキ1000-490 JOT[E]/根岸 全検22-8-23川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-760 JOT[E]/根岸
タキ1000-472 JOT[E]/根岸 全検22-5-31川崎車、自重16.9t *
タキ1000-238 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-229 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-468 JOT[E]/根岸 全検22-4-28川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-256 JOT/郡山 トケ、無
タキ1000-151 JOT[E]/郡山 全検22-5-12川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-160 JOT[E]/郡山 全検22-5-7川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-214 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-426 JOT[E]/根岸
タキ1000- 64 JOT[E]/郡山
*=制輪子性能向上&特殊ナット試行車

 冬場と違って8468列車の運転が無いので(長年、5462列車がこの時間だったもので)一際寂しい気を感じませますが、この頃に201系トレーディングカードの編成(クハE233-32×10/八トタT32編成、67T運用)が参上。大トラのお父さんの相手をしつつも『成田エクスプレス』の擦れ違いを見てから高尾方の待合室でブログの整理を済ませます。

成田エクスプレス50号:クロE259-15×6(横クラNe-015編成)
成田エクスプレス52号:クロE259-8×6(横クラNe-008編成)

 E351系の『中央ライナー』9号が3番線に入ると入れ替わる様に南松本行きの2081列車が到着し、この間千葉行きの遠征で見た2080列車と同じナンバーかな?と気にして待ちます。

○2081列車…先週の千葉行きで確認した2080列車と同じ顔触れかなと予想した所、ドンピシャリ。最後尾(当日の先頭)は全検出場日が未確認だった682番の確認もこの残務処理の名目ながら片付きました。
△南松本
EH200−20
タキ1000- 41 JOT/郡山 石油類)グレー
タキ1000- 44 JOT/郡山 石油類)グレー
タキ1000-137 JOT/郡山 全検22-7-8川崎車、自重16.9t
タキ1000-608 JOT/根岸 石油類)グレー
タキ1000-366 JOT/郡山 無
タキ1000-680 JOT/根岸 石油類)グレー
タキ1000-627 JOT/根岸 石油類)グレー
タキ1000-359 JOT/郡山
タキ1000-820 JOT/浜五井
タキ1000-613 JOT/根岸 石油類)グレー
タキ1000-242 JOT/郡山
タキ1000-682 JOT/根岸 全検22-7-12川崎車、自重16.9t 石油類)グレー

○5467列車…今日で通算3本目となるEH200の同一機による牽引列車です。最初、八王子行きのタキ1000は4両だろうと予想した頃、八王子、南松本着が2両ずつと予め準備した所、余計に手を加えず寸なり片付き、オイルターミナルのタンク車は夏遠征の時に10両編成がザラでしたが、こちらも少なめになって7両連結。久し振りにタキ44000も連結されてこの頃は何故か初期車の残存率が高い様です。
△南松本
EH200−6
タキ1000-436 JOT/根岸   ↑根岸→八王子 無
タキ1000-617 JOT[E]/根岸 ↓ 無
タキ1000-292 JOT/郡山   ↑根岸発 無
タキ1000-586 JOT[E]/根岸 ↓ 無
タキ44005 OT/西上田
タキ43163 OT/倉賀野
タキ43166 OT/西上田
タキ43369 OT×/西上田● トケ
タキ43356 OT/南松本
タキ43398 OT/宇都宮タ 全検22-4-5川崎車、自重15.8t
タキ43019 OT/南松本 全検22-6-25川崎車、自重15.9t

 いつもは『中央ライナー』11号の後に到着する高尾行きに乗るものの、最後尾まで見終えた所で23時44分発の中央特快(帰宅してから時刻表を見るまで分かりませんでしたが………)に乗れて1両目は後方1/3や西八王子で居りそうな早々ドア前を陣取っている先客が居たので2両目の後方1/3へ。普段下げている方のパンタグラフの真下の3人掛けでお姉ちゃんが一人居眠りしていたので西八王子で降りるのでは?と予想した所、降りなかったので上手い具合に前3つから降りて、東京方から2つ目はマスターだけで種別と時間の割にドッと降りそうな印象ですが、『中央ライナー』11号の露払いの様な格好で走るためかお客さんが分散している様子です(私からするとこの様な電車は楽なのですが………)。西八王子のホームで降りた所で1番線を通過する根岸行きの5478列車の轟音に掻き消されつつも到着した携帯を掛けてコンビニを出る頃には踏切を同じ根岸行き(坂城発)の5470列車が通過してダブルヘッダーでこう暑いと体調面で不調を来す事が出て来ますが、予定より7分早いご帰還も普段の行いが良い証拠かもしれませんね。

|

« H22.09.07 八王子駅(その1) | トップページ | H22.09.10 京浜地区(鶴見線沿線) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H22.09.07 八王子駅(その2):

« H22.09.07 八王子駅(その1) | トップページ | H22.09.10 京浜地区(鶴見線沿線) »