« H22.08.20 八王子駅 | トップページ | H22.08.24 北関東近郊(その1) »

2010年8月23日 (月)

H22.08.22 八王子駅

 いつもは二ヶ月に一度、月初めに行う貨車部会の例会を8月は昼間に変更して今年で三回目。昨年はお盆の最中で待ち構えているところでダウンしたハプニングもありましたが、今年は下旬に入っても蒸し暑さは相変わらず。

 プリントも金曜日中にほぼ終わり、昨日は準備に費やし、おまけの資料もIn Designのプレビューモードで編集した為か罫線を気にすること無いものの、見苦しくなりスミマセンです。

 いつものように10時前に出掛け、西八王子から南大通り経由の八王子駅南口行きのバスに乗り、停車位置を調整してから乗って後は誰か乗ってくるかな?と思っていたら前でタバコを買っていたおじさんが乗ってきました。盲学校前は子供連れが大勢乗ってきて快調に進み、10分弱で到着。

 南口のロータリーから新しい駅ビルを撮るとこの間、G7片手で参上した際と一味違う格好で撮れて12倍ズームのSX200ISともなると広角があるので切れ気味の端っこもバッチリと。

○85列車…いつものようにチェックし、先頭にはコキ107が入っていました。
←竜王 EH200-13+コキ107-10+104-401(全検21-8-5川崎車)+1729(全検21-12-15広島車)+762

 券売機でSuicaをチャージして1・2番線へ。根岸行きのタンク車は一昨日の81列車で着いた分かなと思ったらドンピシャリ(後で例会の席で杉並のK氏から突っ込まれ、謎解きの種明かしをお話しました)。いつも81列車を見ると全検の対象車を見付けて撮るか撮るまいか迷いますが、今日は気にすることなくデジカメを向けるものの、八高線は秋川へのキャンプや横田基地の友好祭へ行くお客さんが普段より多目に感じられました。それにしても、ド軽装の親子連れやら脳味噌が足らない若い連中が多いなと嘆きます。暑さ対策から『ジューサーバー』から『ハニーズバー』に変わってから初めてでミックスジュースが30円引き。それから東側の待合室でブログ整理を行います。

 八王子から11時10分発の中央特快で新宿まで乗ります。オイルターミナルのタキ43000や豊田の車両センターには京葉線のスカイブルー塗りの201系が現れてスカ色の115系がそばに居ると千葉管内かな?を思わせる雰囲気です。暑い時期ながら国分寺からフィナンシャルプランナーの試験へ行くと言った監事のジャケット姿の御仁も。お仕事は金融機関といったご様子でお休みの日でもご苦労様です。
 新宿から湘南新宿ラインの小田原行き特別快速(3130Y)に乗り換えて大崎へ向かいます。待つ間に新南口のターミナルに出入りするJRのハイウェイバスを見てタイムズスクエアの脇には西日本のハイデッカー車(金沢昼特急)、東海のダブルデッカー車(中央ライナー)とちょっとしたJRバスの拠点です。

 大崎で降りるとりんかい線『お台場電車』のラッピングが貼られた70-000系(70-090×10/91T運用)が7番線に止まって何枚か撮ると私が乗った電車のすぐ後には名古屋タ行きの3086列車(EH500-53牽引)が通過して同じ列車を半月前に見たのでコンテナの顔触れも似たり寄ったりでFLのU31A、浪速運送のU28Aと目立つところも。ゲートシティーに着くとまずは昼食。韓国料理店の『チェゴヤ』でプルコギサラダ丼とミニ冷麺のセットを頂き、こう暑いとスタミナが付く料理を頂きたいものの、あっさりしたサラダも入ってマスターにとっては◎のメニューです。それからスターバックスでYUZUグリーンティーフラペチーノを飲みつつ資料の下準備。それから南部労政会館へ行くと早々とF氏主導で設営が始まって今回はNゲージのレイアウトが用意されてマスターもこの間箱買いしたばかりのトラックコレクションの第7弾にコキ106、コキ200(JOTタンクコンテナ積)、トレーラーコレクションの40フィートコンテナでNYKロジスティックスとHANJINと当てずっぽの様に選びましたが、実際JR線上のコンテナ列車で見掛けたので大丈夫です。暫く経ってから東口へ行って案内役の上尾のK氏とワンポイントリリーフで交替してそれからA氏にバトンタッチ。マスターにとっては兄貴分の間柄であるU氏とも2週間ぶりのご対面で貨車部会の会費を払ってくださることで嬉しいお話で暫くあれこれ話し込んでから13時40分頃からスタート。

 例会の段取りはいつもの様に前半は『車掌車』の内容解説、真ん中まで終わった所で出席者各自の自己紹介、後半分の解説まで行ない凡そ1時間半普段の例会を行い、後半は折角なのでビデオや持参した模型を紹介。F氏はATSFやBNのDELに様々なアメリカ型の貨車、A氏はタキ18600を改造したタキ19550の19551番風(と本人はこじ付けておりましたが………)、W氏は日・米・欧の混成部隊ながら技巧賞モノで例を挙げるとトラ55000のニコイチ、メルクリンのZゲージやダイキャスト製のタンク車と賑やかで貨車の運用や列車の運行体系の第一人者と言う印象が強く意外な一面も。HOゲージは武蔵小杉在住のK氏がタキ3000初期タイプ+αの手を加えたものとアメリカ在勤時代に購入したバックマンのGE44t(日本流に言うDD12)のATSFと国が違えど往年の気分が味わえました。かく言うマスターは安直(?)にトラックコレクションの第7弾にコキ106、JOTタンクコンテナ積みのコキ200、トレーラーコレクションの40フィートコンテナからNYKロジスティックス、HANJINと実際、コンテナ車に積まれた会社をセレクト。どちらかと言うと今風でもう少しコンテナ車を入れるべきだったかな?と言った感想です。来年はBトレのEF210に動力を載せて参戦するかと腹案があります。

 16時を少し回った頃に例会が終わって地下のライオンで飲み会を行ない、こちらは緩めに和気あいあいと話しました。最初は3,000円で充分かなと思ったら割引券と下戸が幸いして1,000円でいいと恐縮しました。

 山手線の外回り(杉並在住のK氏と一緒に)、新宿18時06分発の中央特快と乗り継いで八王子まで乗ります。新宿は丁度隣の11番線にクハ189-14×6(八トタM50編成、あずさ色)の『ホリデー快速河口湖』2号が到着してモモずきんのラッピング(例年、春の観光キャンペーンでは登場しますが、今年はオフシーズンの夏に子供のマナー啓発ポスターにもチャッカリ出ております)や『風林火山』の赤い幟と賑やかな外観も印象を受けます。八王子駅から乗った甲州街道経由のバスは偶然、行きに乗ったのと同じナンバーで9時間振りのご対面です。

 年に一度の昼間例会、盛会となり、出席者も普段よりやや多めとなり、嬉しくなりました。

|

« H22.08.20 八王子駅 | トップページ | H22.08.24 北関東近郊(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/49225291

この記事へのトラックバック一覧です: H22.08.22 八王子駅:

« H22.08.20 八王子駅 | トップページ | H22.08.24 北関東近郊(その1) »