« H22.08.08 八王子駅 | トップページ | H22.08.10 八王子駅 »

2010年8月 8日 (日)

H22.08.08 大宮周辺&埼玉サークル例会

 八王子から西国分寺まで10時17分発の快速電車で向かいます。オイルターミナルの基地には全検出たてのタキ43390の他タキ43339・1000-100・43002・43351・43269・43002・43555・43499・43545・43549・1000-673とタキ43000(アンダーライン入りは黒塗り)、タキ1000が大勢控えて豊田の車両センターの構内には営業運転を終えて保留車となった253系の6両編成がE233系の大群に紛れて一本だけ入庫してこれもいつ長野へ送られるのか気になり、立川では擦れ違う様に武蔵野線の205系の試運転が到着。これから乗る電車なので驚き一塩。国立に着いた所で乗換の支度をします。

 西国分寺から10時46分発の南船橋行き(1021E、クハ205-48×8/千ケヨM7編成)に乗ります。終始車内に余裕があり、新座ターミナルの構内は入換のDE10は1073号機で時折八王子に居るナンバーと代わりばんこに入って驚くものの、こちらに居る事が多いのかな?と言った様子でEF66の100番代が発着線に控えた他はガラガラ。途中で上越線からの2090列車や北海道からの3064列車(以前は100Km/h対応のコキ50000ばかりの専従でしたが、すっかりコキ104・106の担当に)と擦れ違いつつ最初は南浦和で乗り換えようと思ったら武蔵浦和に買えて埼京線経由に突如切り替えました。

 武蔵浦和から大宮までは11時17分発の大宮行き(1039K、クハ205-91×10/宮ハエ3編成)に乗ります。埼京線ならではのダブル6ドア車の編成(実は久し振り)でサハ204も良く横浜線で見掛ける形式ですが、新製した時はすおう色のシートでいつの間にか4ドア車と同じグリーンチェッカーのシートに変わって今度八王子でも横浜線の編成も確認する予定です。途中、中浦和で70-000系の快速電車、東北新幹線のE2系、『Maxやまびこ』+『つばさ』に擦れ違い。

 大宮で降りると総合車両センターの構内に211系(後で有楽町のラーメン屋の主人・Tさんが来られて奥の方が強化形のスカートを履いたなんてお話を伺いました)や253系(クモハ252-201×6/横クラNe-201編成)が入場してこちらは東武直通の後釜に据えるなんて前から話があったのでこちらに回すのでは?と言った様子です。この頃にコンテナ列車が通過して高崎線の3097列車は隅田川発のコキ50000には30A-522、越谷タ発のコキ104(他にコキ106×3)には20C-107、JOTのウイングルーフコンテナU52A-39515が積載。北海道から名古屋タ行きの3086列車にはW18Dに加えてW19Dも結構見られる様になり、環境用コンテナでもマルーン塗りが進出して段々とブルーのコンテナも世代交替で消えて段々寂しくなります。一通り見てから一度改札を出てエキュートの『旨囲門』で駅弁を物色して誕生日らしく好きな牛肉を使ったもので米沢の『松川辨當・いやんばい』を選びました。気持ちが焦ったのか6・7番線の自販機で『WANDA朝のオーレ』を買ってそのまま3・4番線へ行き、3番線に付いた普通電車に飛び乗りました。

 大宮からさいたま新都心は11時43分発の上野行き(582M、クハE231-6031×10+8063×5/宮ヤマU531+U105編成)に乗ります。後の付属編成に乗ったので新都心の駅で降りてからチェックしました。

 さいたま新都心の駅で降りて丁度岡部(→高崎操)へ向かう3093列車のEH200−6が出発待ち。与野寄りには『むさしの』号の試運転でしょうか武蔵野線の205系がチラリと顔を出しておりました。

○2071列車…先日、高崎行きへ出掛けた際、八高線の列車が出発する前後に高崎の1番線を通過する様子に目をやるとコンテナ車が全部グレーのコキ106やコキ107ばかりで驚き、コキ107が固まって4月以降の新製車も見る事が出来て初見の300番台も。後で貨車部会にいらっしゃるKさんともこの話題が出ました。様々なタンクコンテナや海コン(最後尾にはHANJINの20フィートが積まれてこの間『トレーラーコレクション』で40フィートが売り出されましたね)と賑やかですが、43-10の『貨物時刻表』でも『越中』号/『はやさち』号と急行貨物の愛称があり、この頃から由緒ある列車です。
△南長岡(富山貨物)
EF65 1089[JRF色、冷風]
コキ106-1052
コキ106- 436 [空車]全検21-6-10川崎車
コキ107- 174 新製21-12-23川重
コキ107- 292 新製22-4-19日車
コキ107- 294 新製22-4-19日車 1個目に20B-1055(高岡貨物常備)積載
コキ107- 282 [空車]新製21-10-23日車
コキ107- 314 新製22-4-19日車
コキ107- 302 新製22-4-12日車
コキ106- 513 全検21-10-4川崎車
コキ106- 757 全検22-1-7川崎車 みなと運送UT20A-5173,中央通運/NRS UT20A-5117(共に塩化ビニール樹脂専用)
コキ106- 711 全検21-7-27名古屋車 3個目にJOTU771098[3](シロキサンSX-4)
コキ106- 974
コキ106- 674
コキ106- 927
コキ106- 706
コキ106- 227 3個目に20C-375積載
コキ106- 966 3個目に日通UM12A-5860積載
コキ106- 622 HANJIN20'×3

 この後には宇都宮タからの5582列車が通過してコキ106の海上コンテナは半数ずつと普段に比べると何処か寂しい印象です。
←東京タ EF210-163+コキ104-2352+2453+409+2192[センコーU30A×3]+2896+106-625C+996S+1045+107-14H+624C+712+1154+319
※40フィートコンテナ=C:CHINA SHIPPING、S:Sinotrans、H:H.Nedlloyd

 一通り見終えると12時9分発の上野行き(888M、クモハ211-3029×10/高タカC8編成)に乗り、浦和へ向かいます。列車番号、編成番号と縁起を担ぎ、偶然ながら嬉しい事で丁度、北浦和の手前で武蔵野線への短絡線では先の5582列車が丁度潜り始めた所です。

 浦和駅で降りてパルコへ行くと所々覆いが見られてだいぶ中の入れ替わりが激しく、大宮やさいたま市内の郊外型SCとの競争が激しい事を実感。1回の奥にあるスターバックスで一休みしてYUZUグリーンティーフラペチーノを頂き、今日は幾分暑さが和らいで曇るものの、まだまだ気温は30度台の日が続きます。飲み干した所でエレベーターで10階のコミュニティーセンターへ。ロビーの空きを伺ってからお昼を頂くと入れ替わり立ち替わりオヤジさんが多い事。場所が良いのか結構盛んな様で夕方以降は空くので駅弁をもって来るものの今日は失敗だったかな?暗くなってから来る事が多いので明るい時間帯は初めてで東側には埼玉スタジアムまで見えるのだなと改めて実感。支部委員のK氏や後でU氏と来てから例会の部屋へ行き、お馴染みの面々の他にいつも貨車部会では郵送でお世話になっている小平のN氏も久し振り。6月の支部総会から支部委員に就任した事からこのN氏やレギュラー会員のS氏(私の入会前に埼玉サークルから選出の支部委員を務められた事があります)、富士山麓から馳せ参じたムードメーカーのN氏と新しく刷り直した名刺を渡した次第です。情報交換では武蔵野線の205系、デジカメの画像は4月に行われた秩父鉄道の広瀬川原での撮影会のものを紹介して16時45分頃に散会。

 例会が終わるとすぐ浦和駅の京浜東北線のホームへ向かい、同じ方向へ変えるN氏と一緒で八丁堀で貨車部会の例会が行なわれた時は良くこの様な事を行なって久し振りです。このとき田端〜上中里間の北行で線路立入りがあったとの事で大宮行きが遅れていたものの、1番線に到着した17時1分発の桜木町行き(1603B、クハE233-1063×10/宮ウラ163編成)で南浦和へ。N氏も私有のペンタックスのコンパクトデジカメとA5サイズのノートを使って熱心に記録してここでハイテク化が進んでいるのがU氏、ついでマスターの様です。

 南浦和から17時10分発の府中本町行き(1626E、クハ205-29×8/千ケヨM15編成)で西国分寺へ。丁度乗ったサハ205は埼京線の6ドア車からの捻出車でドア窓の高さが違うのも一目瞭然。南浦和ではN氏に失礼して先に腰掛け、次の武蔵浦和でN氏も腰掛けて3月にプロフェッサー氏の退職記念列車のお話から取材の裏話を楽しみながら途中、新座タの構内に差し掛かるとEF66の131号機が休み、発着線でコキ50000が控えている様子ですがコンテナホームはすっかり赤紫の19系に締められてコンテナもこの辺が多くなって少しつまらなくなったかな?と実感。新小平でN氏が降りるとこちらもあと一息です。

 西国分寺で降りると中央特快や『かいじ』115号の通過とあって高尾行きが空いていたので17時56分発まで待ちます。高尾行きの快速があったら待ち合わせの有効活用で有隣堂で暇が潰せるものの、適当に組んだとしか思えない間空きには苦言を呈しましたが、浅川の鉄橋を渡る手前でオイルターミナルの基地手前に止まっているタキ43000やタキ1000のナンバーをメモ。

 八王子駅で降りると明日の84列車で返すタキ1000の並びで今朝と違ったアングルで収めて2番線には215系の『ホリデー快速ビューやまなし』号(クモハ215-1×10/東チタNL-1編成)が到着して今朝と同じナンバーとご対面した事に也、大宮にも同じ形式が入場していたので二度目です。改札口を出てそごうの2階もお祭りモード、1階の入口で親と待ち合わせて中華やコーチン(鶏三和の磯揚げが名古屋駅の『鶏ごはん』に入っていたのを思い出します)、寿司、ケーキと買って凮月堂が二店あるのには驚き、30代最期の誕生日は来年は大々的に迎えたいのでデパ地下で安く(?)上げて森永卓郎さんか金子哲雄さん(マスターは雰囲気的に嫌いなのですが………)あたりのお話ではありませんが、夕方のデパ地下は割安になるのを狙いました。

|

« H22.08.08 八王子駅 | トップページ | H22.08.10 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H22.08.08 大宮周辺&埼玉サークル例会:

« H22.08.08 八王子駅 | トップページ | H22.08.10 八王子駅 »