« H22.03.17 京浜地区(鶴見線沿線) | トップページ | H22.03.17 京浜地区(根岸駅その2) »

2010年3月18日 (木)

H22.03.17 京浜地区(根岸駅その1)

 横浜駅でお昼の駅弁を仕入れていつもの様に一旦改札に出て地下通路の真ん中にある崎陽軒の売店で『シウマイ弁当』をSuicaで買ってから再び3・4番線へ戻ります。京浜東北線や横浜線の電車に京急電車の様々な編成パターンを楽しみながら到着した『成田エクスプレス』14号の253系("Yokoso! Japan"のステッカーが貼られたクモハ252-3×6)や東海道線の下りでE655系『なごみ』とやって来ました。

 横浜から根岸は11時52分発の大船行き(クハE233-1041×10)に乗ります。桜木町から石川町までの流れは相変わらずで山手を過ぎると少しずつ空いて来るのでここを見計らって運転台寄りへ移動して一番横浜方のドアから下車。

○4091列車…降りたところで出発が近いので軽くメモを済ませ、後で時間が出来た時に纏める段取りです。一杯の20両編成で後続の5561列車と同様、EF210牽引ですがこちらはコンテナ列車の送り込みを兼ねた岡山の受持ちなのでナンバーを見ると一目瞭然。
△宇都宮タ
EF210−105
タキ1000- 36 JOT[E]/郡山 全検21-7-24川崎車、自重16.5t (A重)
タキ1000- 46 JOT[E]/郡山 全検21-4-1川崎車、自重16.9t (A重)
タキ1000-122 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 37 JOT[E]/郡山 全検21-7-30川崎車、自重16.9t A重
タキ1000-493 JOT[E]/根岸
タキ1000- 50 JOT[E]/郡山 全検21-6-13川崎車、自重16.9t
タキ1000-794 JOT[E]/根岸
タキ1000-490 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-614 JOT/根岸
タキ1000-253 JOT[E]/郡山 トケ
タキ1000-191 JOT[E]/郡山 トケ
タキ1000-146 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-285 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-487 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-258 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-869 JOT/根岸
タキ1000-437 JOT/根岸 全検21-9-8川崎車、自重16.9t
タキ1000-364 JOT[E]/郡山
タキ1000-199 JOT[E]/郡山
タキ1000-846 JOT[E]/根岸

○5561列車…先日の北関東遠征ではオールタキ1000の編成でしたが、久し振りに先頭だけタキ44000が連結され、根岸駅のタンク車もガソリンや灯油・軽油はすっかりタキ1000に変わったものの、重油用のタキ44000やタキ43000(主に600番台)と少々残っている様子が確認されています。編成はやや短く18両編成。
△宇都宮タ
EF210−163
タキ44519   JOT/根岸 C重
タキ1000-311 JOT[E]/根岸 A重、石油類)青地
タキ1000-878 JOT/根岸
タキ1000-880 JOT/根岸
タキ1000-796 JOT/根岸 ○
タキ1000-433 JOT[E]/根岸 全検21-9-2川崎車、自重17.0t
タキ1000-850 JOT[E]/根岸
タキ1000-236 JOT[E]/郡山 無○
タキ1000-196 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-288 JOT[E]/郡山 無○
タキ1000-507 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-472 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-255 JOT[E]/郡山 無○
タキ1000-497 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-573 JOT/根岸 無
タキ1000-281 JOT[E]/郡山 トケ
タキ1000-760 JOT[E]/根岸
タキ1000-362 JOT[E]/郡山
○=制輪子性能向上車

 この5561列車を見ている最中でいつも見ている親父さんに顔を合わせて暫くご無沙汰の様で心配しておられた様で元気で何とかやっております。タキ1000の新車が例年10〜11月頃に少しずつ出て来る所、今年度は2月にやっと出て来た状況とまた、地元でも見る機会が多いので少々サボり気味(?)になりすみませんです。5561列車でEF210の新車が来たので携帯で撮影する親父さんも。面白おかしく撮る様な子連れママさんがこの頃多いですが(ブームに乗っているとしかか思えない薄っぺらい雰囲気ですが………)、この様にご年配の方が撮られると心強いものです。一通りチェックが終わると待合室でランチタイム。京浜東北線の電車もすっかり、E233系に変わり、チェックも『JR電車編成表』の2010冬号で9月中の新製車まで出ていた為に端折って10月以降の新製車(=主に170編成以降)を見付けて書き出し、その成果はその2をご覧下さい。

 ランチタイムの後は今回のダイヤ改正で8780列車がスピードアップした格好で倉賀野からの4078列車の到着を待ちます。編成は対にあたる4079列車と同じですのでこちらもその2で詳しくご紹介致します。

○5474(〜5479)列車…編成は全て村井行きで今回のダイヤ改正から八王子駅の停車が30分程から3分程に短縮され、地元で見る時はウルトラマンの戦闘モードになります。停車時間に余裕がある時は検査切れや全検の間に行なわれる指定替えの期日をメモします。
△南松本
EH200−16
タキ1000-836 JOT[E]/根岸 ↑村井行き[5578レ]
タキ1000-766 JOT[E]/根岸
タキ1000- 21 JOT[E]/郡山 全検21-4-22川崎車、自重17.0t
タキ1000-762 JOT[E]/根岸
タキ1000-870 JOT/根岸 ○
タキ1000-864 JOT/根岸
タキ1000-361 JOT[E]/郡山
タキ1000-575 JOT/根岸 無
タキ1000-424 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-593 JOT/根岸 無
タキ1000-225 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-469 JOT[E]/根岸 ↓ 無
タキ1000-568 JOT[E]/根岸 ↑村井行き[8684レ] 無
タキ1000-768 JOT[E]/根岸
タキ1000-753 JOT[E]/根岸
タキ1000-782 JOT[E]/根岸 ↓
○=制輪子性能向上車

○(84〜)95列車[おまけ]…行き掛けに窓越しからの車窓と鶴見で乗り換えの間に新鶴見から高島方面へ走る所と2度見る事が出来、根岸に到着後も比較的長く4番線に止まります。EF210のナンバーで驚きましたが、気付くと100番代だけでも60両以上を超す大所帯です。EF210と言うと、東京支部に以前あった日曜サークル(現在でも有志が自主的に運営しています)を仕切っていた某シニア会員氏を思い出します。

EF210−163
タキ1000- 18 JOT[E]/郡山 全検21-1-29川崎車、自重16.9t
タキ1000-419 JOT[E]/根岸
タキ1000-431 JOT[E]/根岸
タキ1000-254 JOT[E]/郡山 無○
タキ1000-484 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-294 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-501 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-512 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-558 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-251 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-585 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-150 JOT[E]/郡山
タキ1000- 90 JOT[E]/郡山 全検21-8-10川崎車、自重16.9t
タキ1000-765 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-560 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-224 JOT[E]/郡山
○=制輪子性能向上車

 ここまで終わると3094列車の調査時間を割きたいので前に比べると30分程早く中休みを入れて磯子へ。

 続きはこちらです。

|

« H22.03.17 京浜地区(鶴見線沿線) | トップページ | H22.03.17 京浜地区(根岸駅その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H22.03.17 京浜地区(根岸駅その1):

« H22.03.17 京浜地区(鶴見線沿線) | トップページ | H22.03.17 京浜地区(根岸駅その2) »