« H22.02.04 八王子駅 | トップページ | H22.02.10 八王子駅 »

2010年2月 6日 (土)

H22.02.05 八王子駅

 年内最初の貨車部会例会の定例日で大崎へ出掛けて参りました。

 いつもは10時前に自宅を出るマスター、余りの寒さで出発は正午前。軍資金を引き出し、バスが来る前にセブンイレブンに立ち寄ると山手線100周年ラッピングのE231系のBトレを1個発見。箱の裏が八重洲口の絵柄があり、後で行く所でこの建物も跡形ありません。

 西八王子の南口から12時9分発の八王子駅南口行きのバスに乗って途中で乗るお客さんが居ても殆ど下車が無く片道輸送と言った様子でこれからお買い物へ出掛ける皆さんが多い様です。サザンスカイタワーを見て自由通路に掲げられた駅伝の写真を見ながらSuicaをチャージ。昼食は『バーガーキング』で期間限定のバーベキューワッパーを味わい、成城石井やそごうの地下を物色して銘菓コーナーで以前、テレビ東京のニュース番組で再建をリポートした大分の『ざびえる』が並んでいるのを見付けました。それから線路沿いの駐車場から丁度8092列車が出発する所が見えて牽引するEF210のナンバーにタキ1000はオイルターミナルから移籍した462番を発見して先月の下旬に見た時と同じナンバーがあるかな?今度は京王プラザホテルのスターバックスへ。大崎のお店でもドリップを頂くので今日はグァテマラ・カシシェロにザッハトルテとこの時期お薦めのパターン。改札に入ると丁度南松本から浜五井へ返送する2080列車が到着して顔触れは変わらないものの、一部の車には検査票差しに赤いペンキが色差しして制輪子の性能を向上したものを装着したのでは?と考えてひょっとしたら夜の2081列車でも同じナンバーが来るのではと予習をしながら電車を待ちます。

 八王子から東京までは13時37分発の中央特快に乗ってオイルターミナルの構内には81列車で到着したタキ1000が並んでいつもは長くて16両来る所が見た所1線分空いて半分の8両編成かな?と言った所で豊田の車両センターにはクモヤ145+クハ201-1、クハ201-107×10の編成と見て豊田の発車メロディーが近くの旭が丘に住んでいた巽 聖歌が作詞した『焚き火』のメロディーが採用されてテンポが甲府駅の上り線や宇都宮線の駅で使われている『浜千鳥』に近い感じでいいなと思いつつも左手に座っていたビジネスマンの着メロが鳴って少々苛つきましたね。帰りも通るのでまた改めて。この後は武蔵小金井〜三鷹間の上り線の高架が12月の例会の後に完成して後手になりましたがここで初めて乗って武蔵小金井の留置線もE233系のシングルアームパンタがきれいに並んでお見事。そう言えば、埼玉サークルの忘年会の日にM君が遠回りしてとったなんて話を頂きまして、丁度2番線にE233系が折返で止まって中線から入出庫する様子も新鮮。これまで人身事故と言うとこの辺が結構頻発しましたがこれからどの程度変わるのだろうと気になります。三鷹で待避する下りの快速電車で201系(クハ201-128×10/八トタH7編成、65T運用)を発見。この後中野の7番線にE231系(クハE231-42×10/八ミツ42編成)や新宿の5番線にE217系、7番線はお座敷電車『宴』と来月の中頃には何かで使われるお話を小耳に挿み、東京駅に到着。

 東京駅で降りると改札の中から八重洲口に出ると駅ビルの跡がすっかり覆われて何処をどう行けば足取りを迷いつつ地下街へ。今月一杯で閉店する『さくらや』の看板を収めてから一番街をふらりと。ラーメンストリートで軽く腹ごしらえをとつけ麺の『六厘舎』で頂こうと思ったら行列が凄く人気が高い事を伺わせ仕方なく北海道は月形(札沼線が走っている所でこの辺まで来るとキハ40の単行オンリーです)生まれの『むつみ屋』にて50杯限定でみそ味のつけ麺が有ったのでこれを頂き、茶碗一杯分のご飯がサービスなので一緒に頂きました。太麺で茹で上がるまで時間が掛かるので時間を気にしないので大丈夫ですが牛丼屋さんを思わせるカウンターのレイアウトで端っこに腰掛けながら来るのを待つと八王子駅の駅ビルに出来たラーメン屋さんのモノに近く特製の麦との事で食べ応えあるものの、牛スジ煮込みを辛口にしたスープで少々ダウン。マスターも体格の割には余り喰えないのが悩みのタネです。

 東京駅から大崎へ山手線の外回りに乗ります。ゲートシティーへ行くなり食べ過ぎて少し戻してしまったものの、それからスターバックスで一休み。最初はサンド系で軽く済ませようと思いましたが、ドリップは八王子のお店で頂いたので同じグァテマラ・カシシェロのショートを100円で。ペストリーはメイプルチュロを初めて頂いて前にシュガーチュロがありましたが、ブラウンシュガーからメイプルシロップ味に変わって少々食べ易くなりました。早めに南部労政会館へ赴き、後で早々到着した皆さんと歓談を楽しみながら今年最初の貨車部会の例会を進めて私の方からタキ1000の最近の動向、美祢線のホキ9500等のレポートやベテランWさんの資料でホキ1形の実績もクライマックスと言った所(大袈裟ですみません)。来年度は東京支部の委員の改選期にあたり、実を言う所あるベテランさんから推薦を頂きまして詳しい事は後日、徐々に明らかになりますのでお楽しみに。

 いつもの様に大崎駅から山手線の外回り経由で新宿21時30分発の通勤快速に間に合い、いつもの様に国分寺で座れてのご帰還となり、八王子駅に降りた所で着く列車毎にあれこれと見ました。

○2087列車…この時期らしく一杯の17両編成だけの連結でA重油の専用車が多いと思ったらたった1両で八王子向けの81レ〜84レを継ぎ足した格好になります。編成の中程で昨日の帰り、8092レで連結されたナンバーも発見。
△篠ノ井(坂城)
EH200−19
タキ1000-105 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-361 JOT[E]/郡山
タキ1000- 26 JOT[E]/郡山 全検21-4-15川崎車、自重16.8t
タキ1000- 61 JOT[E]/郡山 全検21-4-6川崎車、自重16.9t
タキ1000-504 JOT[E]/根岸
タキ1000-797 JOT[E]/根岸
タキ1000- 82 JOT[E]/郡山 全検21-7-15川崎車、自重16.9t
タキ1000-483 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-235 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-195 JOT[E]/郡山 トケ
タキ1000-283 JOT[E]/郡山 無黒
タキ1000-599 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-256 JOT/郡山 トケ、無
タキ1000-441 JOT/根岸 全検21-9-25川崎車、自重17.1t
タキ1000-848 JOT[E]/根岸
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 全検21-7-25川崎車、自重16.9t
タキ1000-771 JOT[E]/根岸

○2082列車…いつも通りの編成で到着して東京タ行きのコキ106には同和通運のUM12Aも参上。
△梶ヶ谷タ
EH200−4
コキ104- 639 ↑福岡タ行き
コキ104-2685
コキ104- 120
コキ106- 217
コキ104-1307
コキ104- 618
コキ104-2888
コキ104- 141 ↓ 全検21-9-8郡山車
コキ106-1071 ↑東京タ行き
コキ106- 17 全検19-6-28広島車(24-7-3切) TRSU061392[0],同和通運UM12A-105040,TRSU063091[0]
コキ106- 811 ↓ TRSU050410[7],071715[0],093021[0]
コキ52179
コキ50742

○5462列車…この時期は坂城から返送されるタキ1000が良く連結されるものの、珍しく今日は西上田から返すオイルターミナルのタンク車ばかりの顔触れでした。編成中のタキ43213・43146・43403の3両は夏場に浜川崎に留置していたナンバーです。
△川崎貨物(浮島町)
EH200−12
タキ43392 OT/宇都宮タ
タキ44001 OT/南松本 全検19-5-22川崎車(24-8-28切)
タキ43213 JOT×/根岸○[OT/倉賀野] 全検18-8-5川崎車(23-12-18切)
タキ43356 OT/南松本 石油類)黒地
タキ44000 OT/南松本
タキ43024 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ43146 JOT×/根岸[OT/西上田] 全検18-2-25川崎車(23-7-10切)、石油類)青地
タキ43403 JOT×/根岸[OT/郡山] 全検17-12-16川崎車(23-4-30切)
タキ43459 OT/八王子
×=エコレールマーク撤去車

 5462列車をザッと見てから再び3・4番線に戻ってWANDA『金の微糖』のホットを買ってからお次は『成田エクスプレス』50号の到着を待ってE259系が入ってからは008編成に出会す事が多かったものの、今日は初めてクロE259-10×6(横クラNe-010編成)が参上。3月のダイヤ改正から下りは1時間、上りは30分早い列車が設定されて10月から姿を消していた253系の受持ちも短期間ながら復活します。続いて5番線から5467列車に乗せるタキ243000の列をチェックし、ツートンカラー第一号になった243681番も入って今年で新製20年に達して全検は何時かなと多少延長されて秋頃には入場の予定で今年の最後か来年の今頃(随分、気が早いですが………)綺麗な姿が収められるかなと気になります。

△南松本
タキ243685 全検21-7-30川崎車、自重16.2t
タキ243884 全検20-1-12川崎車、自重15.9t 石油類)黒地 #
タキ243681 全検17-6-9名古屋車(22-9-9切)、自重16.0t
タキ243858 全検20-7-16川崎車、自重16.2t 石油類)黒地
※全車JOT/郡山、#=戻しバネ脱落防止金具付き(以前、タキ1000で何両か施行した車がありましたが、タキ243000では初めて)

 さすがに寒かったのかそのまま4番線の待合室で一休みしながら2081列車の準備をして明日の84列車で送る分をメモしてそのまま今日の81列車の順序が割り出せたのでまとめました。

○2081列車…行き掛けにチェックした2080列車と機関車、タンク車と全く同じ顔触れでタキ1000の新参が無くホッと一安心。根岸の車の様に制輪子の性能を向上した車があるのか検査票差しに赤いペンキを色差しした車も見受けられる様になりました。
△南松本
EH200−7
タキ1000- 44 JOT/郡山 全検21-6-23川崎車、自重16.9t (A重)
タキ1000-626 JOT/根岸 [車票]
タキ1000-682 JOT/根岸 [車票]
タキ1000-242 JOT/郡山 [車票] 石油類)黒地
タキ1000-170 JOT/郡山 石油類)黒地
タキ1000-805 JOT/浜五井
タキ1000-818 JOT/浜五井 ○
タキ1000-301 JOT/郡山 無○
タキ1000- 41 JOT/郡山 全検21-6-19川崎車、自重17.0t (A重)
タキ1000-819 JOT/浜五井 無
タキ1000-817 JOT/浜五井 無○
タキ1000-806 JOT/浜五井 ○
タキ1000-627 JOT/根岸
タキ1000-613 JOT/根岸
タキ1000-683 JOT/根岸
タキ1000-623 JOT/根岸
タキ1000-624 JOT/根岸
○=制輪子性能向上車

 帰りの電車を待つとさすがに23時台の高尾行きは乗るお客さんが多いので少々苦痛になりますが、時間に余裕が有ったので前の方へ歩を進め、待っているとホームの外側を歩いていた酔っ払いの親父さんを注意するもマスターは良いとして一歩間違えたらアンタの社会的地位が剥奪されますぞと少々怒り気味に。久し振りに『中央ライナー』11号の後に到着する電車で(4分程遅れましたが)のって9号車の中程に腰掛けるとスッポリ空いていたので気分もリラックス。思わぬ話もこの間の相撲協会の人事に似た様な話ですので乞うご期待あれ。

○81列車(おまけ)…到着時点では外に居た為見られませんでしたが、偶々5462列車のついでに見られたので機関車のナンバーを含めてまとめました。普段16両で来る所珍しく半数の8両編成は前に書いております。

EF210−112
タキ1000-837 JOT[E]/根岸
タキ1000- 18 JOT[E]/郡山 全検21-1-29川崎車、自重16.9t
タキ1000-868 JOT/根岸
タキ1000-780 JOT[E]/根岸
タキ1000-593 JOT/根岸 無
タキ1000-588 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-146 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-222 JOT[E]/郡山 無

|

« H22.02.04 八王子駅 | トップページ | H22.02.10 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H22.02.05 八王子駅:

« H22.02.04 八王子駅 | トップページ | H22.02.10 八王子駅 »