« H21.08.28 京浜地区(根岸駅その1) | トップページ | H21.08.28 八王子駅 »

2009年8月29日 (土)

H21.08.28 京浜地区(根岸駅その2)

 磯子で小休止をして再び折返し14時23分発の大宮行き快速で根岸へ戻ります。

○87列車…中央線の80列車で昨日の85列車にタンク車が連結されてこの返送が入ると思ったら、後半分がこれに当たるもので大当たり。81列車の到着分はA重油専用車入りで半々の編成で到着。

EF200−5
タキ1000-116 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-463 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-833 JOT[E]/根岸
タキ1000-291 JOT/郡山 無
タキ1000-165 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-222 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-571 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-258 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-619 JOT/根岸 無
タキ1000-558 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-591 JOT/根岸 無
タキ1000-292 JOT/郡山 無○
※○=制輪子性能向上車

○5692列車…塩浜派出へ回送するコキ106の交検入場車だけとこの頃はこのパターンばかりで物足りない印象です。
△川崎貨物
EF64 1013[更新色、冷房]
コキ106- 52 ↑横浜本牧 全検19-3-1川崎車(24-3-6切)
コキ106-315 ↓ 全検20-8-6川崎車

 ここで少し間が空いて87列車を牽引したEF200や早々入線した94列車(中央線の2087列車)の最後尾に連結された全検出場間もないタキ1000の撮影を楽しむも5692列車の出発後に改めてパチリと。ここでいつも見ているお父さんと軽く情報交換。何時もありがとうございます。

○8095列車…地元で見る時のカンが読めて本領発揮。連結した番号を見ると72番と612番が入って会員仲間のU氏に話すには受けそうだな(この後会うのですが………)と思い、EF210牽引とポイント高し。余談になりますが、30日のページに登場する31日発の84列車(=当日の81列車です)の牽引機は折返してこの列車を担当します。

EF210−132
タキ1000- 72 JOT[E]/郡山 全検21-7-1川崎車、自重16.9t
タキ1000-583 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-577 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-425 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-612 JOT/根岸 無
タキ1000-255 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-632 JOT/根岸 無
タキ1000-567 JOT/根岸 無
タキ1000-154 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-169 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-192 JOT[E]/郡山
タキ1000-429 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 60 JOT[E]/郡山
タキ1000-560 JOT[E]/根岸

○5777列車…5760列車と同一の編成内容ですが、桜木町方にタキ1000を2両増結して一杯の20両編成です。
△倉賀野
EF200−5[新塗色]
タキ1000-125 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 30 JOT[E]/郡山 全検21-2-18川崎車、自重16.5t (A重)
タキ1000-119 JOT[E]/郡山 A重
タキ44215   JOT/根岸 C重
タキ1000- 40 JOT[E]/郡山 全検21-7-1川崎車、自重16.7t (A重)
タキ1000-628 JOT/根岸
タキ1000-783 JOT[E]/根岸
タキ1000-353 JOT[E]/郡山
タキ1000- 18 JOT[E]/郡山 全検21-1-29川崎車、自重16.9t
タキ1000-476 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-270 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-589 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-688 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-466 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-475 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-158 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-880 JOT/根岸 新製20-10-31日車、自重17.2t
タキ1000-430 JOT[E]/根岸
タキ1000-215 JOT[E]/郡山
タキ1000- 88 JOT[E]/郡山 全検21-7-16川崎車、自重16.9t

 5777列車を見ていると東南アジア系と言った感じのカメラを向けているお兄さんが居たので何か珍しいなと思い、日本はある程度自由なのですが国によっては撮影箇所が制限されたり、列車にカメラを向けるだけでも罰金や職務質問を受ける国があると聞いていますが、皆さんも海外旅行に行かれる際にはこの点は出来るだけ気を付けて欲しいものです。8780列車で到着(実際は5476〜5471列車の送り込み)したEH200をチェックしてから跨線橋から改札の前に出てスタンプを押して再びエスカレーターの方からホームへ。丁度海側の窓が開いていたので止まっていたタキ43000、タキ44000のナンバーをメモ。すっかりタキ1000が席巻して同じツートンカラーに塗られた先輩のタキ243000が入ると日石所有の35t車(タキ35000、タキ9900)がゴッソリ消えた時と同じ印象です。

タキ44513・43643・44134・43634・44135・44217・44214・43610・44130

 5777列車の出発まではベンチに腰掛けてジョージアのエメラルドマウンテンを一杯頂き、この間は電車の編成をチェックするだけで特に4月以降に新製されたE233系が1番線に着くと踵を脱いだ格好で駆け出し、2番線の電車もローアングルで振り向く始末(覗き見趣味ではありませんのでご理解を)。

○5476列車…5777列車の出発後、後で控えていたEH200が引き出したのは4番線ではなく奥に留置していたこの編成で一杯より1両少ない16両編成です。
△篠ノ井(坂城)
EH200−4
タキ1000- 33 JOT[E]/郡山 全検21-7-29川崎車、自重16.8t (A重)
タキ1000-769 JOT[E]/根岸
タキ1000- 63 JOT[E]/郡山 全検21-5-16川崎車、自重17.0t
タキ1000- 52 JOT[E]/郡山 全検21-8-12川崎車、自重17.1t
タキ1000-755 JOT[E]/根岸
タキ1000-848 JOT[E]/根岸
タキ1000-231 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-791 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-483 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-223 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-479 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-586 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-687 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-220 JOT[E]/郡山 無
タキ1000- 23 JOT[E]/郡山 全検21-3-3川崎車、自重16.8t
タキ1000-190 JOT[E]/郡山

○94列車…早々入線していた坂城行きの高速列車です。帰りに八王子駅で見る際にこの列車が丁度到着してタンク車のナンバーは見直し程度に留めて機関車のナンバーだけ確認しました。
△篠ノ井(坂城)
EH200−3
タキ1000-847 JOT[E]/根岸
タキ1000-782 JOT[E]/根岸
タキ1000- 24 JOT[E]/郡山 全検21-2-25川崎車、自重16.8t
タキ1000-796 JOT/根岸
タキ1000-250 JOT[E]/郡山
タキ1000-261 JOT/郡山 無
タキ1000-251 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-497 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-486 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-196 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-237 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-471 JOT/根岸 無
タキ1000-233 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-573 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 58 JOT[E]/郡山 全検21-8-25川崎車、自重16.9t

○1152列車…いつも通りの組み合わせで前方はISOタンクコンテナが続く編成です。コキ102・103のユニットを見ると一組だけどうした事か入れ替わっていた場所がありました。
△東京タ
EF64 1020[更新色、冷房]
コキ106-292 全検17-6-2川崎車
コキ106-249 全検19-11-16川崎車
コキ106-402 全検19-9-7川崎車
コキ106-576 全検19-1-6川崎車
コキ106-294 全検19-12-14川崎車 ○
コキ106-878 ○
コキ106-354 全検20-5-22川崎車 ○
コキ106- 93 全検18-12-7広島車 ○
コキ103-183 全検20-9-17広島車
コキ102-504 全検20-9-17広島車 2個目にJOT UR19A-1004積載
コキ102-503 全検20-9-17広島車 ○
コキ103-184 全検20-9-17広島車
コキ103- 28
コキ102- 28
コキ102- 27
コキ103- 27
コキ103- 62
コキ102- 62
コキ102- 61
コキ103- 61
神奈臨DD55 14

※○=空車

 ここまで終わると根岸17時17分発の南浦和行きで桜木町へ向かいます。乗ったE233系が川重製の新車に当たり、車内の製造所マークが川の字を図案化したマークからバイクでお馴染みのKマークに変わり、以前、SR2000系(埼玉高速鉄道)の電車で見掛けた事がありますが、JR電車では初めてです。

 桜木町で降りるとコンコースの壁から駅弁の売店までDCに合わせて懐かしい写真に彩られ、夕食の駅弁を仕入れるので崎陽軒の売店を見ると崎陽軒のホームページに紹介されている写真と全く同じものが展示されています。海側の様子を撮影してから地下道経由で野毛にあるちぇるる野毛へ。ここで神奈川サークルの例会が行なわれ、飲食専用のテーブルで桜木町駅の売店で仕入れた『お弁当・夏』に舌鼓を打ちながら暫く経ってからカウンターにズングリムックリした壮年の男性が見えて誰だろうと思ったらF前支部長がやって来てその場で10月例会の予約申込との事。ロビーから右手の部屋が例会の会場で顔馴染みのU氏も参上。後でY君、O氏と現れ、私鉄部会と一緒に出ているMヒデさんも久し振りにお会いしました。席上では情報交換よりDVDやデジカメの映写が多く、DVDでは来月発売されるキャンブックスの『まるごと東急』が紹介された他(杉山さん、すみませんです)、BSの廃線跡では名鉄の高富線が映写されて想い出話で名古屋支部のW前支部長が出て来たので面識あるだけで嬉しくなり、こちらも真顔で聴き入りました。20時半頃に係員さんが一斉に鍵を掛けるのでこの時点で例会が終わり、そのまま桜木町駅へ歩を進めました。

 E233系の活躍ぶりもだいぶ定着して気が付くともう209系の本数を追い越し、置換えも後半戦に差し掛かり、中央線で言うと一昨年の今頃あたりに相当します。
・クハE233-1002×10(宮ウラ102編成):49B運用=根岸→磯子→根岸で乗車
・クハE233-1004×10(宮ウラ104編成):23C運用
・クハE233-1005×10(宮ウラ105編成):27C運用[磯子で昼寝]
・クハE233-1006×10(宮ウラ106編成):39A運用
・クハE233-1010×10(宮ウラ110編成):15B運用
・クハE233-1011×10(宮ウラ111編成):43A運用=横浜→根岸で乗車
・クハE233-1016×10(宮ウラ116編成):35A運用=桜木町→東神奈川で乗車
・クハE233-1017×10(宮ウラ117編成):37C運用
・クハE233-1018×10(宮ウラ118編成):35B運用
・クハE233-1019×10(宮ウラ119編成):65A運用
・クハE233-1020×10(宮ウラ120編成):07B運用
・クハE233-1024×10(宮ウラ124編成):41B運用
・クハE233-1025×10(宮ウラ125編成):03C運用
・クハE233-1030×10(宮ウラ130編成):21C運用
・クハE233-1031×10(宮ウラ131編成):69A運用[東神奈川で昼寝]
・クハE233-1032×10(宮ウラ132編成):01C運用
・クハE233-1034×10(宮ウラ134編成):23A運用
・クハE233-1036×10(宮ウラ136編成):23B運用
・クハE233-1037×10(宮ウラ137編成):05C運用
・クハE233-1039×10(宮ウラ139編成):29B運用
・クハE233-1040×10(宮ウラ140編成):17A運用
・クハE233-1043×10(宮ウラ143編成):13C運用
・クハE233-1045×10(宮ウラ145編成):47B運用[磯子で昼寝]
・クハE233-1046×10(宮ウラ146編成/新製:新津H21-3):67A運用
・クハE233-1048×10(宮ウラ148編成/新製:新津H21-3):09B運用
・クハE233-1049×10(宮ウラ149編成/新製:東急H21-3):61A運用
・クハE233-1050×10(宮ウラ150編成):31C運用[磯子で昼寝]
・クハE233-1051×10(宮ウラ151編成/新製:新津H21-4):29A運用
・クハE233-1052×10(宮ウラ152編成/新製:新津H21-5):77A運用
・クハE233-1053×10(宮ウラ153編成/新製:川重H21-4):33B運用
・クハE233-1054×10(宮ウラ154編成/新製:川重H21-4):45B運用
・クハE233-1056×10(宮ウラ156編成/新製:新津H21-6):63A運用
・クハE233-1057×10(宮ウラ157編成/新製:川重H21-5):01A運用=根岸→桜木町で乗車
・クハE233-1059×10(宮ウラ159編成/新製:新津H21-7):05B運用
・クハE233-1060×10(宮ウラ160編成/新製:新津H21-7):17B運用
・クハE233-1062×10(宮ウラ162編成/新製:川重H21-7):51A運用=鶴見→横浜で乗車
・クハE233-1063×10(宮ウラ163編成):49A運用
・クハE233-1064×10(宮ウラ164編成/新製:新津H21-8):75A運用
・クハE233-1066×10(宮ウラ166編成/新製:新津H21-8):17C運用
・クハE233-1067×10(宮ウラ167編成):25A運用

209系もまだ結構頑張って、昼間は南浦和〜磯子の運用で結構目立ちました
・クハ209-53×10(宮ウラ52編成):09C運用
・クハ209-58×10(宮ウラ57編成):19C運用
・クハ209-60×10(宮ウラ59編成):11C運用
・クハ209-61×10(宮ウラ60編成):03B運用=窓下の側帯部分にラッピングの跡がクッキリ残っていました
・クハ209-67×10(宮ウラ66編成):25A運用
・クハ209-71×10(宮ウラ69編成):25B運用

横浜線の100周年ヘッドマーク付きは次の運用で確認しました。この辺もそろそろ見納めです
・クハ205-65×8(横クラH5編成/100周年):37K運用
・クハ205-80×8(横クラH20編成/100th):51K運用
・クハ205-81×8(横クラH21編成/100周年):43K運用

|

« H21.08.28 京浜地区(根岸駅その1) | トップページ | H21.08.28 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H21.08.28 京浜地区(根岸駅その2):

« H21.08.28 京浜地区(根岸駅その1) | トップページ | H21.08.28 八王子駅 »