« H21.08.21 北関東近郊(その1) | トップページ | H21.08.21 八王子駅 »

2009年8月22日 (土)

H21.08.21 北関東近郊(その2)

 再び大宮駅へ戻ってここで漸くお昼休みとなります。

○1070列車…前の方に連結されたタキ1000の黒油専用車が今年の全検入場対象車で早速前3両の調査、撮影を行い、全検入場の前までラインが入った97番もスッキリした姿になりました。前方以外は宇都宮タの常備車以外、H10新製車が続く顔触れで5年前に移籍した12番の常備が倉賀野から郡山に変わり(5番もそうかな?)、この間の仙台行きで確認した414番も連結。
△蘇我(浜五井)
EF210−142
タキ1000- 93 OT/倉賀野 ● 全検21-5-14川崎車、自重17.1t
タキ1000- 95 OT/倉賀野 全検21-7-10川崎車、自重16.9t 常)郡山
タキ1000- 97 OT/倉賀野 ● 全検21-4-9川崎車、自重17.0t
タキ1000-417 OT/郡山 全検20-11-10川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000-376 OT/宇都宮タ 全検20-9-3川崎車、自重16.9t
タキ1000-374 OT/宇都宮タ
タキ1000-414 OT/郡山 全検20-11-1川崎車、自重17.3t
タキ1000-416 OT/郡山
タキ1000- 12 OT/郡山 全検21-5-13川崎車、自重16.9t[旧・倉賀野] 石油類)グレー
タキ1000-378 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-375 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-411 OT/郡山
タキ1000-412 OT/郡山 全検20-8-20川崎車、自重17.2t
タキ1000-381 OT/宇都宮タ
タキ1000-379 OT/宇都宮タ 全検20-6-12川崎車、自重16.*t
※●=黒油専用

 ここで一先ず休憩にしてエキュートの『旨囲門』でお昼の駅弁を探すと安直ながら米沢の旨囲門限定『大人のまかない・どまんなか』を選び、人気駅弁の『牛肉どまんなか』の姉妹品でタレが染み込んだご飯とピリ辛味の牛肉が良い味を出しています。上りホームのベンチで昼食をとる前に一旦8・9番線に降りて川崎貨物からの試運転列車6795列車の様子をチェックしてEF65 1081牽引、目立つ所でコキ107-17、トキ27022(東/川崎貨物)、コキ200-15、ホキ10034(太平洋セメント/武州原谷)と連結。全検出場でコキ103-203+102-523+102-524+103-204、コキ104×1と連結されて今年は久し振りに簡略形の塗装(下回りは美しいものの、他の部分はそのまま)の状況で出場して上り線側に目を転じると明日の東京総合車両センターの一般公開に合わせて回送されるEF60 19+オハニ36 11+スハフ32 2357の編成の後姿を納めてから6・7番線へ移り、6番線のベンチに腰掛けて昼食を済ませ、一段落した所で前に見た分のノートを整理。またこの間にクハ183-1012×6(宮オオOM102編成)、倉賀野から浮島町へ返送するタキ1000の4070列車は前は倉賀野常備車オンリーでしたが、宇都宮タ常備のH10新製車や第一陣の99番等連結して移籍車が出た影響も手伝ってややゴチャゴチャした感じがします。

 大宮から13時53分発の上野行き(920M、クモハ211-3012×10+1011×5/高タカC17+B11編成)でさいたま新都心へ向かいます。

 再びさいたま新都心は旧5772列車の停車に合わせて現れましたが、時間をやや調整してコンテナ車が5584列車に移動した3091列車と5586列車の停車に合わせてやや長めの滞在です。

○4091列車…いつも通りタキ1000オンリーの編成でこの時期ながら19両編成と長い編成で頑張っております。全検上がり間もないナンバーが連結されておりましたが、手前にチキ5200のレール輸送列車が止まった為に詳しく確認出来なかったので根岸へ行く際に改めてチェックする予定です。
△宇都宮タ
EF210−5
タキ1000-132 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-109 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 43 JOT[E]/郡山 全検21-6-26川崎車、自重16.8t (A重)
タキ1000- 47 JOT[E]/郡山 全検21-6-25川崎車、自重16.9t (A重)
タキ1000-268 JOT[E]/郡山
タキ1000-799 JOT[E]/根岸
タキ1000-365 JOT[E]/郡山
タキ1000-356 JOT[E]/郡山
タキ1000-494 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-238 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-271 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-283 JOT[E]/郡山 無黒
タキ1000-212 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-498 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-219 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-286 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-254 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-787 JOT/根岸 ○
タキ1000-766 JOT/根岸
※○=改良型制輪子装着

 4091列車を見ていた際に4番線伝いにタンク車を撮影する学生風のマニアが居て、私自身ゆっくりとチェックしている脇から駆け出して邪魔臭く、またホームを平気で走るとは最近、学齢層でカメラを向ける者を見るとどいつもこいつも点字ブロックから外に出たり、ホームを走るわで一歩間違えたら事故やダイヤの乱れに繋がる事を知らないゆとり小僧が多くて参ります(そもそも近年マトモな入門書が出なかった事が大きいのでは………)。

○3091列車…3月に蘇我で確認した以来の調査で浜五井発=ツートンカラー、甲子発=青塗りとハッキリした組み合わせで前者は南松本行きの列車の関係も手伝って馴染みのナンバーばかりで一目瞭然です。
△倉賀野
EF65 1074[JRF色]
タキ1000-366 JOT/郡山 ↑浜五井発 無
タキ1000-301 JOT/郡山 ↓ 無
タキ1000-389 OT/宇都宮タ
タキ1000-669 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-670 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-392 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-664 OT/倉賀野 無
タキ1000-406 OT/宇都宮タ 全検20-10-28川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-675 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-397 OT/宇都宮タ 石油類)黒地

○5586列車…平成9年3月のダイヤ改正から運転を初めて干支を一回りして初めて調査しました。この3月ダイヤ改正まではコンテナ車の併結がお馴染みでしたが、5584列車にシフトしてタンク車だけの編成で以前は根岸や浜川崎着と色々連結して楽しい内容でしたが、浮島町行きのタキ43000だけ9両と少ない編成で到着。
△川崎貨物(浮島町)
EF210−125
タキ43619 OT/宇都宮タ●
タキ43348 OT/西上田
タキ43150 OT/西上田
タキ43549 OT/宇都宮タ●
タキ43569 OT/宇都宮タ●
タキ43346 OT/郡山
タキ43392 OT/宇都宮タ
タキ43339 OT/八王子●
タキ43428 OT/郡山

参考・5584列車の編成…タンク車は13両の連結。コキ106には『トレーラーコレクション』第3弾にもリリースされたWANHAIの40フィートコンテナを発見
←東京タ EF210-123+コキ104×5+コキ106×8+タキ43583●+43453+43007+43161+43466+43302+44016(全検21-4-21川崎車)+1000-386+43010+43025+43602+43028+43390

 この間に田端操→小牛田の3075列車が通過して普段は中程から後方に20フィートコンテナを積んだ車が入りますが、今日は半分以下の8両編成(コンテナは12フィートオンリー)の短い編成で通過し、郡山タ行きの臨時列車と見間違える雰囲気です。

 さいたま新都心の調査を終えて14時43分発の小金井行き(591M、クハE231-8006×5+6004×10/宮ヤマU12+U504編成)で小山まで乗ります。一駅だけ立って大宮で座れたらとなりに太ったお姉ちゃんがウトウトしてこりゃ、窮屈だなと上野方へ移動してこう言うお客さんは困りますな。大宮を出て蓮田まで今まで見た列車のノートを整理してそれから白岡までにさいたま新都心で調査した5586列車をまとめて後は久喜までは一息入れて新白岡では1074列車に擦れ違います。久喜では東武30000系、メトロ8000系、北側の引上線で東急8500系8536×10が一休み。栗橋では東武30000系の31607×6が浅草方面でやって来て以前は半蔵門線の直通で良く見たものの、この頃はだいぶ50050系が進出してひと頃は8000系が担っていた分に回された感じがします。利根川を渡る手前で日が射してお天気はどうかな?と気になるところで古河を過ぎて空席が目立つと7人掛けに腰掛けた私は上野方の端に座っていたお姉ちゃんがなかなか降りないので(どういう目的かは分かりませんが、意味ない長っ尻が多いのでたまに全員のキップやカードをチェックする車掌さんが来れば嬉しいのですが………)と上野方の3人掛けへ(縞模様ながら失敬)。

 小山に着くとすぐ後にコンテナの4097列車(東京タ→宇都宮タ)が通過するのですぐ12・13番線へ行き、今日はEF66 35[新更新色、PS22、冷風]が牽引。目立ったコンテナで芳賀通運のUM13AやUM12A、中央線でもお馴染みのトランスシティの20ftドライコンテナ、センコーのU30A、JOTの高比重液体用の20ftタンクコンテナと積載。先程、新都心で東武直通の特急列車で『彩野』がリリーフして気になった485系も15時45分頃に12番線を通過して小山車両センターから東大宮のヤードへ回送する所を見掛けました。一通り見終えてからコンコースのBeck'sで一休み。垂れ幕に黒みつアイスコーヒーが珍しかったので早速注文。マスターはスターバックス派でアメリカ風の味わいに馴染むものの、アイスコーヒーの上にホイップクリームが乗ってその上に黒蜜が掛かっていたので何処かクリームあんみつを思わせます。和風テイストのコーヒーも珍しく、普段、マスターはガムシロップを入れたくなりますが、黒蜜が掛かっているとそのまま甘さが伝わります(後で八王子駅のお店もあるかなと覗いたらPlusは設定がありません)。再び12・13番線へ戻って今度は5561列車の到着を待ってこの間水戸線から宇都宮線方面へ向かうお座敷電車の『華』を見て、この頃になると両毛線から宇都宮行きの115系が入線するのでSX200ISに更新してから湘南色の電車を撮っていなかったので今回は腕試し。もうちょっとお天気が良いと良い成果が出るのですが、ドン曇りでもなかなか。

○5561列車…最速75Km/hの列車ながら編成はオールタキ1000でA重油専用車入りの12両編成。地元で見るのと近い格好ですが2両少なくなっていまが、またまた今年度の全検入場車が入っていました。
△宇都宮タ
EF210−124
タキ1000-117 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 48 JOT[E]/郡山 全検21-5-14川崎車、自重16.9t (A重)
タキ1000- 37 JOT[E]/郡山 全検21-7-30川崎車、自重16.9t (A重)
タキ1000-872 JOT/根岸 新製20-10-15日車、自重17.2t
タキ1000-265 JOT[E]/郡山
タキ1000-868 JOT/根岸 新製20-10-15日車、自重17.2t ○
タキ1000-765 JOT[E]/根岸 ○
タキ1000-864 JOT/根岸 新製20-10-15日車、自重17.2t
タキ1000-500 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-481 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-472 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-284 JOT[E]/郡山 無○
※○=改良型制輪子装着

 小山から16時48分発の上野行き(652M、クハE231-6018×10+8012×5/宮ヤマU518+U33編成)で大宮まで乗ります。珍しく付属編成の乗車となり、小山でも余裕たっぷりの乗り具合。野木と古河の間で宇都宮タ行き8685列車に擦れ違うと黒塗りのタキ43000が多いなと実感。古河にて高崎線の車両トラブルの影響でしょうか2分程止まり、埼玉県に入るとそこそこ乗って来て久喜は丁度左手の東武ホームにメトロ08系の08-102×10が到着して北側の引上線で東急5000系の5101×10が入り、結構6ドア車の組み込みが進んでいるものの、後のと寸法が違うのでしょうか全車4ドア車のまま。例によって東大宮まで一休みして東武野田線の線路と並んだ所でドアの前に立って大宮で乗り換える支度をして定刻17時37分の到着。

 大宮ではそのまま19・20番線へ行き20番線から17時42分始発の新木場行き(1786K、りんかい線70-070×10)で武蔵浦和へ。18きっぷ片手ながらJR線上での私鉄車両の乗車とちょっぴり楽しみ、鴨居の案内も川越線の西大宮駅開業に合わせて交換されてこれまで「JR線内では『パスネット』は使えない」と但し書きが書かれたものが見られました。与野本町ではまたまたポケモンラッピングの『あさま』E2系に擦れ違い。

 武蔵浦和で一本待って18時7分発の府中本町行き(1704E、クハ205-58×8/千ケヨM18編成)に乗ります。待っていると随分と山手線のOB車が多いなと感じて旧山手線のBトレが出たら一緒にこの辺もリリースしないかなと気になります。

高崎の211系で改造した車は次の編成が入っておりました(←高崎、宇都宮)
・クモハ211-3026×53050×10(A26+C9編成):843M(籠原でA26編成解放→新前橋へ回送)〜876M〜865M〜898M
・クモハ211-1001×53003×10(B1+C1編成):842M〜東大宮入庫〜875M
・クモハ211-1009×5+3052×10(B9+C7編成):538M〜東大宮入庫
・クモハ211-3027×53008×10(A27+C13編成):845M(籠原でA27編成解放)
・クモハ211-3024×53059×10(A24+C3編成):3921M(籠原でA24編成解放)
・クモハ211-3048×10(C11編成):847M
・クモハ211-1009×53026×5(B9+A26編成):籠原→新前橋の回送
・クモハ211-3025×53047×10(A25+C15編成):東大宮から回送→13:00前に大宮駅の引上線入線
・クモハ211-1005×53016×5(B5+C12編成):622M
 =濃い青緑色のシートに更新、車両番号=クモハ211のシングルアームパンタ付き

E233系の運用も随分増えて確認した範囲で166編成まで来ました
・クハE233-1002×10(宮ウラ102編成):43A(1242A〜)運用
・クハE233-1004×10(宮ウラ104編成):45B(〜1144B)→17A(1317A〜)運用
・クハE233-1007×10(宮ウラ107編成):23A(1222A〜)運用
・クハE233-1010×10(宮ウラ110編成):39A(1238A〜)運用
・クハE233-1015×10(宮ウラ115編成):37C(〜1036C)→29A(1229A〜)運用
・クハE233-1018×10(宮ウラ118編成):15B(〜1214B)→05C(1405C〜)運用
・クハE233-1025×10(宮ウラ125編成):17C運用
・クハE233-1031×10(宮ウラ131編成):51A運用
・クハE233-1035×10(宮ウラ135編成):29A(〜1028A)→11C(1311C〜)運用
・クハE233-1042×10(宮ウラ142編成):35A(〜934A)→67A(1167A〜)運用
・クハE233-1046×10(宮ウラ146編成):35B(〜1034B)→05B(1205B〜)運用
・クハE233-1048×10(宮ウラ148編成):67A(〜1066A)→61A(1261A〜)運用
・クハE233-1052×10(宮ウラ152編成):33B(〜1032B)→37C(1237C〜)運用
・クハE233-1065×10(宮ウラ165編成):61A(〜1061A)→35B(1235B〜)運用
・クハE233-1066×10(宮ウラ166編成):23C運用
※当日はダイヤ混乱があり、一部、運用番号が違う事ご容赦下さい

|

« H21.08.21 北関東近郊(その1) | トップページ | H21.08.21 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H21.08.21 北関東近郊(その2):

« H21.08.21 北関東近郊(その1) | トップページ | H21.08.21 八王子駅 »