« H21.08.06 松本周辺(その1) | トップページ | H21.08.09 八王子駅 »

2009年8月 7日 (金)

H21.08.06 松本周辺(その2)

 松本駅に戻って少し早いですが、お昼の駅弁を頂きました。以前であればイイダヤ軒の駅弁が買えたものの、この頃は塩尻のカワカミの駅弁がすっかり占められてしまい近年、駅弁屋さんの廃業が多く、この点、気になります。コンコースの駅弁屋さんで手に取ったのは『山菜釜めし』で0・1番線にある待合室の中で頂きました。釜めしと言っても横川の駅弁と違って器がプラスチックになっているのは時代の趨勢かな?と感じつつも動き回る事が多い上、陶器は重たい事を思うとこの点、有利なので高崎行きで頂く『だるま弁当』も特製で陶器が復活しましたが、普段はこちらもプラ容器がメインです。この頃1番線に懐かしいカラーリングに塗られた183&189系の団体列車が入線(クハ189-8×6/東チタH61編成)して、英会話スクールのサマースクールで賑やかです。

 再び南松本へは11時36分発の甲府行き(440M、クモハ115-1565×3/長ナノN31編成)に乗ります。

 降りた所で下り線側の待避線には5460列車に乗せる浮島町行きのタキ43000+浜五井行きのタキ1000を混結した編成が早々入り、行き掛けの予習が空振りだった事を思うとここで見られるのは嬉しいもの。因みに中央西線から来る6883列車の到着時刻が間近で来るだろうと思いましたが、運悪く空振りなり。

○5460列車…列車の出発は15時頃ですがお昼前にはもうタンク車が入り、早速ホーム伝いにチェック。少し前に西上田発着列車で見掛けたナンバーを含めて今年、全検を受けたタキ44000や前に四日市で移籍するなと予想したタキ43000と確認出来ました。この間八王子駅でポケット時刻表を頂いてお礼かたがた八王子常備のタキ43000は連結して撮りたいなと思ったらOBの43017番が入っていました。
△川崎貨物(浮島町)
EH200−16
コキ51307 ↑北長野→熊谷タ(交番検査入場)
コキ50586 全検20-1-23輪西派
コキ51051 ↓ 全検20-7-10川崎車
タキ43513 OT/西上田●
タキ43410 OT/郡山
タキ43017 OT/郡山
タキ44023 OT/西上田 全検21-5-27川崎車、自重16.2t
タキ43169 OT/倉賀野
タキ43402 OT/宇都宮タ
タキ43168 OT/南松本
タキ43514 OT/西上田● 塩浜派出で交番検査入場→浮島町行き
タキ43020 OT/南松本
タキ43528 OT/宇都宮タ●
タキ43143 OT/西上田
タキ43358 OT/南松本 全検20-10-2川崎車、自重15.6t
タキ1000-170 JOT/郡山  ↑浜五井行き
タキ1000-173 JOT/郡山 石油類)グレー
タキ1000-803 JOT/浜五井 ↓

 5460列車の出発はまだかなり先なので撮影を楽しみ、この後で2083列車が到着します。

○2083列車…例会の帰りなどで2082列車の編成調査を行いますが、対の2083列車で海コン積みコキ106が入ってからの調査は初めてです。到着してEH200が切り離されてから塩尻方へ引き上げて北長野行きのコキ50000を解放し、それからコンテナホームへ収容されます。ISOコンテナもトランスシティの他にtexの20フィートコンテナも積まれていたので意外だなと地元を通過する物ながら初めて知りました。

EH200−2
コキ52470 ↑北長野行き
コキ50997 ↓ [UR]
コキ106-140 全検19-10-14広島車 TRSU072047[2],TRSU050407[2]
コキ106-874 TRSU061543[5],TRSU072032[2]
コキ106-334 全検20-4-5広島車 TRSU050794[0],TRSU061189[3]
コキ104-2303 3個目にTGHU378813[0]積載
コキ104-1976
コキ104-1275 全検17-11-8広島車(丸コロ軸) [UR]
コキ104-5024
コキ104- 119 全検20-4-8川崎車
コキ106- 444
コキ104- 838
コキ104-2442
[UR]=JOTUR18A-10000、UR19A-15000×5積載

 前は上諏訪行きがもう少し遅い時間帯でしたが、南松本の調査内容が少なくなった影響でしょうか今回は繰り上げて13時3分発の小淵沢行き(1530M、クモハ115-1083×3/長ナノN27編成)に乗ります。平田までは構内の様子を見るので立ちましたが、空席が出たのでちゃっかりボックス席に腰掛け、塩尻駅に入る手前で抑止され5分程停車した後、上諏訪は7分遅れで到着します。

 上諏訪では名物の足湯を楽しみ先に小さなお嬢ちゃんを連れた親子連れが入って私は改札口側へ背に向けて楽しみ、岩場が苔を生したかの様にツルッとした足下でこれじゃ、皮膚の角質も取れるかな?後からビデオカメラ片手の若夫婦もやってきてご主人の方はビデオカメラを片時も放さず熱心に奥さんを撮って楽しんでいる様子で少しこちらもずれて。入場券で入ったので多分、高速1,000円のマイカー族と言ったご様子です。また、先の親子連れは『あずさ』20号でお帰りのご様子でこちらも一通り浴びた後は洗面台から流れる水を頂いてから構内の様子をウオッチ。この頃から電車も少しずつ遅れる様になって中央西線が中津川の近くが大降りでダイヤも大幅に遅れているとの事。構内では飯田線の119系(クモハ119-10×2/海カキT11編成)が昼寝しています。

 最後の南松本行きは14時39分(遅れて45分)発の長野行き(1541M)に乗ります。最後尾に乗るものの、南松本で降りた際に乗ったナンバーを見落としましたが、時刻表を見返すと行きに乗った編成が折り返したものです。先程、中央西線で大雨と伝えられておりましたが、こちらは少しずつ雲ってこのままザッと来るかな?と後は空模様とにらめっこ。村井では5579列車の出発が整って5479〜5578列車で送った分の順序を変えた格好で後で南松本へ着く頃に再度チェックします。JONETの構内も後で5878列車で返送する分に加えて駅寄りに5885列車到着、5880列車返送分(いずれも塩浜から)が止まっています。
5885列車〜5880列車到着分:タキ1000-691・243775・243722・243881・243798・243856・243670・1000-339・1000-207

 南松本に着くと先ずは5460列車を見てタンク車は先に見たので出発まで前に増結されたコキ50000をチェックし、乗った電車と同時降りて大荷物+EOSデジタル片手の兄ちゃんが邪魔臭かったものの、こんな格好では不審者呼ばわりされますので節度を持って行えと東京支部のM副支部長の決まり文句みたいになりますね。見直していたら大学生風のお姉ちゃんから話を掛けられて色々話を聞いてちょっと付き合ってなんかおもろいなと思った次第でベンチに腰掛けて5460列車のチェックをするとこれで良し!と話し掛けられて邪魔になるのはマスターは比較的真剣に物事やるので気を散らすと気持ちが散漫しますのでお気を付けあれ。

○5579列車〜5478列車…その1でご紹介した村井から根岸への返送車で機関車、タンク車と同じナンバーと辰野発が無くなった分何処か単調な印象ですが、下り同様、EH200がこのまま機回しするのかなと思ったら先にEH200が切り離されて上り4番線を使って機回しを行いながらこちらはDE10(動車色の1529号機)を塩尻方に連結して上り3番線へ。その後でEH200が連結されます。
△根岸
EH200−13[5478レ]
タキ1000-467 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-877 JOT/根岸 新製20-10-31日車
タキ1000-222 JOT[E]/郡山
タキ1000-282 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-620 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-572 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-501 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-476 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-227 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-595 JOT[E]/根岸
タキ1000-164 JOT[E]/郡山
タキ1000-607 JOT[E]/根岸
EH200−13[5579レ]


○2082列車…先程の2083列車と同じ顔触れですが、コキ106が若干入れ替わっていました。コンテナも各車2個から先頭3個、他は1個とたまたまですが極端な積み方です。先にコキ106+コキ50000、続いてコキ104、EH200の順に入ります。
△梶ヶ谷タ
EH200−2
コキ104-2442 ↑福岡タ行き
コキ104- 838
コキ106- 444
コキ104- 119 全検20-4-8川崎車
コキ104-5024
コキ104-1275 全検17-11-8広島車(丸コロ軸)
コキ104-1976
コキ104-2303 ↓
コキ106-140 ↑東京タ行き 全検19-10-14広島車 TRSU060651[6],TRSU061544[0],TRSU071788[5]
コキ106-334 全検20-4-5広島車 TRSU061384[9]
コキ106-874 ↓ TRSU071951[1]
コキ51699
コキ50822

○5878列車…塩浜行きの返送で20時過ぎの出発にも拘らず早々と入り、こちらはタキ243000中心の編成でタキ1000のOT郡山常備車からの移籍車で未確認だった320番を見付けて今回の遠征でこの移籍車も全て確認できました。
△稲沢(塩浜)
EF64 **+EF64 **
タキ40134   JOT/郡山 全検20-3-5名古屋車、自重18.6t
タキ243825  JOT/郡山 全検20-1-10名古屋車、自重16.0t
タキ243776  JOT/郡山 石油類)黒地
タキ243791  JOT/郡山 全検19-11-22名古屋車、自重16.0t
タキ1000-320 JOT/塩浜 全検20-1-8郡山車、自重17.1t 無
タキ243723  JOT/郡山 無
タキ243835  JOT/郡山 無
タキ243838  JOT/郡山 全検20-5-31名古屋車、自重16.0t 無
タキ243721  JOT/郡山

 予定では一本早い電車で塩尻へ行きたかったものの、塩浜行きの入線を待って一通り見て17時24分発(遅れて27分発)の甲府行き(446M、クモハ115-1003×3/長ナノN28編成)で甲府まで乗ります。村井まではJONET油槽所から引き上げて5880列車に乗せるタンク車の番号を見たかったのでドアの前に立ってメモしてから村井で開いたドアの脇に腰掛けて後はウトウトと。ところが、そばに立っていた中学生達が五月蝿かったのか上諏訪でつい一喝して遠くへ追いやり、もっと年相応の言動を取らないと他の大人に睨まれますゾ。茅野で先に通過した5462列車を追い抜き、小淵沢を過ぎて漸く日没。韮崎に近付くと少しずつ目を覚まして周りも18きっぷや『ツーデーパス』片手なのでしょうか長っ尻が多く甲府に到着。

 甲府で小休止をして折り返す普通電車をチェックし、2・3番線と八王子方はエスカレーターの工事中で結構覆いがされていたので歩くのも難儀です。ホームの八王子方にあるNEW DAYSにはオリジナルの麦茶を発見。ウォータービジネスの製品かなと思ったら紙パック飲料で有名なエルビーの製品との事と意外なものです。

○5462列車…足場が悪い中、甲府駅の3番線で頑張って見ました。オールタキ43000の編成で5463列車の返送で2両減って到着。
△川崎貨物(浮島町)
EH200−3
タキ43030 OT/八王子 石油類)黒地
タキ43381 OT/倉賀野
タキ43349 OT/郡山 全検20-8-1川崎車、自重15.7t
タキ43023 OT/倉賀野
タキ43469 OT/八王子
タキ43148 OT/西上田
タキ43266 OT/西上田 全検21-4-7川崎車、自重16.2t 石油類)黒地
タキ43397 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ43432 OT/南松本
タキ43467 OT/八王子

 甲府から20時7分発の高尾行き(546M、クモハ115-310×3+305×3/八トタM7+M2編成)で高尾まで乗ります。並んだ5号車はモハ114の3並びで塩山まで往復した編成がこのまま戻る格好で運用を担当します。『ムーンライト信州』の車内では先客を気遣って余り食べなかった無印のメイプルクッキーも待つ間にジョージア(エメラルドマウンテン)を買ったので一杯飲みながら頂き、塩山を過ぎて笹子までは一休み。途中、所々駅名標にモモずきんのステッカーが両側に貼られている駅も散見しました。

 高尾ではお目当ての東京行きと違うホームになるので到着した2番線(北口の駅舎の真ん前です)から3・4番線へ移り、3番線から出発する21時46分発の東京行き(2118T、クハE233-34×10/八トタT34編成)に乗り、乗客も少なく(変なオヤヂが多く貸切とは行きませんでしたが………)無事ご帰還と相成りました。

|

« H21.08.06 松本周辺(その1) | トップページ | H21.08.09 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H21.08.06 松本周辺(その2):

« H21.08.06 松本周辺(その1) | トップページ | H21.08.09 八王子駅 »