« H21.04.27 四日市周辺(その1) | トップページ | H21.04.30 八王子駅 »

2009年4月30日 (木)

H21.04.27 四日市周辺(その2)

 富田で降りた際にデジカメを車内に置き忘れてしまい、駅員さんが居れば連絡したい所、窓口のカーテンが閉まっていたのでそのまま名古屋駅まで行った可能性があり、一度中断して次の普通電車で名古屋駅へ向かいます。

 名古屋駅で降りた所で真っ先にホームに駅員さんが居るだろうと思ったら、いても荷入れのキオスクの方や運転士さんくらいで様子が分からないので桜通口の改札口で尋ねて太閤口(新幹線の真下)にある遺失物窓口に顔を出して時間や場所と事細かに書き出し、後日発見の場合、宅配便で送る事もあるので念のために名刺も差し出して。再び改札に入って12・13番線で四日市から富田まで乗った編成が休んでいたので入った所で座った場所辺りを見ると全くの空振りでこの後は笠寺へ行くか、再び四日市へ行くか考えつつ最初は1・2番線(岡崎や豊橋方面行きのホーム)で軽く東海道線の下り電車や貨物列車を見て中央西線の下りは午前中、四日市で確認した5282列車が通過。四日市の駅まではあったので戻る事にして再び12・13番線へ足が赴き、14時05分発の快速で再び向かう事に。東京の感覚であれば何処かの駅に連絡して駅員さんから車掌さんへ無線連絡が行き渡るのですが、関西本線の名古屋口で有人駅は桑名や四日市くらいで列車も普通電車の大半と快速電車の一部がワンマン運転と遺失物取扱所の若い係員さんも詫びていた程で連絡が上手く伝わらない様です。

 名古屋14時05分発の亀山行き快速(2311G、クモハ313-3021×2/海シンB309編成)で四日市まで乗ります。ビジネスマンの乗りが多く、車内ではノートパソコンや携帯電話片手に忙しいものの、車内の通話はいかがなものかと思い出発。笹島の発着線では本来なら四日市駅で見ている筈の2080列車が停車中。コキ107-50やコキ200-83・73・30・60と連結。木曽川では南松本行きの5286列車にすれ違い。

○5380列車…四日市発のタキ43000だけ2両編成です。先頭が愛知機関区向けの軽油輸送でタキ35000から継承しています。
△稲沢
DD51 1802[更新赤]
タキ43110 JOT/根岸 稲沢(愛知区)行き
タキ43374 JOT/塩浜 全検16-6-16名古屋車(22-11-6切) 南松本行き

 東藤原からの5367列車を見てから一度、改札を入り直し、2番線側のベンチでノート整理を行いつつ最後はタキ1000を連ねた72列車です。

○72列車…タキ1000を連ねて17両編成と頑張っています。後半分は300番台が続き、塩浜常備の旧オイルターミナル所有車というのも一目瞭然。川崎車両所での全検出場車も見られました。
△稲沢(南松本)
DD51 891[更新赤]+DD51 896
タキ1000-181 JOT/郡山
タキ1000-139 JOT/郡山
タキ1000-143 JOT/郡山 [側梁番号入り]
タキ1000- 75 JOT/郡山 全検21-4-17川崎車、自重17.0t
タキ1000- 57 JOT/郡山 石油類)黒地
タキ1000- 92 JOT/郡山
タキ1000- 78 JOT/郡山
タキ1000-317 JOT/塩浜 全検19-9-11郡山車、自重17.4t 無
タキ1000-315 JOT/塩浜 無
タキ1000-340 JOT/塩浜 無
タキ1000-314 JOT/塩浜 全検19-9-14郡山車、自重17.0t 無
タキ1000-342 JOT/塩浜 無
タキ1000-339 JOT/塩浜 無
タキ1000-684 JOT/根岸 無
タキ1000-341 JOT/塩浜 全検19-10-12名古屋車、自重17.2t 無
タキ1000-327 JOT/塩浜 無
タキ1000-330 JOT/塩浜 無

 同じ頃に四日市港からの5366列車が入って今回の調査もこれにて終了。

 四日市から15時35分発の名古屋行き(334G、クモハ313-3014×2/海シンB302編成)に乗ります。2両目に乗ると乗務員さんが2人乗って桑名までの一般客はマスターだけで事実上貸切状態で出発し、この間に5366列車のノートを整理します。RadidenでCBCラジオに耳を傾けながら爽やかな陽気の沿線風景を楽しみながら戻ります。八田では213系の快速電車にすれ違い、名古屋の市内に近付くとだんだんお客さんが増えて笹島の構内ではタキ1000を連ねた77列車が一休み。到着は11番線。

 名古屋駅に戻って改札を出て再び太閤口の遺失物窓口へ行って尋ねると届いていないとの話で無事、発見する事を祈り退散し(後日談:結局見つからず、GW明けにSX200ISを早速購入)、携帯で自宅へ連絡。それから券売機でSuicaの履歴をプリントしてセントラルタワーズへ。先ずは14階のスターバックスでダブルベリーフラペチーノを頂き、丁度、窓際のカウンター席が空いていたので(結構余裕ありましたが………)ここへ腰掛けて電車が走る様子が手に取る様に見えてデジカメを忘れなければトレインビューにもってこい場所で期を改めて楽しむ事にして下のフロアへ降りて東急ハンズで名鉄パノラマカーのBトレ(一次車の白帯入り&七次車のノーマルを各1箱)買ってコインロッカーに預けたトートバッグを引き取り、KIOSKのギフトコーナーで青柳ういろうの一口サイズにきしめんパイ、宮きしめんと買って早めに待合室で一休み。行きの快速電車で予定表を忘れてしまったのでここではひたすらブログの整理をしながら過ごし、18時を回る頃には14・15番線へ。待つ間にレール輸送用のキヤ97やEF210が牽くコンテナ列車の通過を見て夕食の駅弁はいつもの様に名物の『とりご飯』を選びました。

 帰りは18時30分発の『のぞみ』40号でN700系(783-3006×16/幹ハカN6編成)の1号車に乗ると名古屋から乗っても客席がガラガラで前には出張帰りのビジネスマンが私の後をついてくる様に乗って来るも前の列に腰掛けて五月蝿いのには閉口しましたが、大事件があったものの今回の遠征もほぼ終わり、新横浜で降りると1号車の下車客は渡し含めて2〜3人程度と少なく景気が悪くなってきたのでは?と予感がしました。

 新横浜から20時12分発の八王子行き(2005K)に乗っていつもの様に長津田で座れ、乗った205系(クハ205-77×8/横クラH17編成)を見るといつの間にか武蔵野線の所属車の様にシートの両側にアクリルの風除け板が付けられて気付きました。乗っていると突然八王子みなみ野辺りで携帯電話がなって慌ててドアの前に移動して親からで八王子駅の南口で待ち合わせしているものの、再開発工事の真っただ中、駐車場所に苦労したようでロータリーから東側で待ち合わせしているとの事で降りると指定した待ち合わせ場所で合流して帰宅の段となりました。

|

« H21.04.27 四日市周辺(その1) | トップページ | H21.04.30 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/44844807

この記事へのトラックバック一覧です: H21.04.27 四日市周辺(その2):

« H21.04.27 四日市周辺(その1) | トップページ | H21.04.30 八王子駅 »