« H21.04.08 宇都宮線沿線(その1) | トップページ | H21.04.08 八王子駅 »

2009年4月 9日 (木)

H21.04.08 宇都宮線沿線(その2)

 黒磯での所定の目標も達成して1074列車の次に出発する13時15分発の宇都宮行き(1558M、クモハ211-1004×5/高タカB4編成)に乗ります。郡山の方から来た長旅のお兄ちゃんやらいかにもヤンキーそうな兄ちゃん達と多士済々。新学期らしく制服の学生もこの時間が帰り時です。途中、珍しく矢板でコンテナ列車の通過待ちを待避。札幌タ→隅田川の3054列車でEH500-27牽引。30フィートもFL U47Aや札幌通運U49A、西濃運輸U54Aと積載。オフレールステーションを見ると何処でも見られる19形コンテナが目の前に置かれて形式を見ると19Cや19Eが多く、これは珍しく荷崩れに神経質な大口の荷主さんがあるのではと勘付きます。春うららの車窓を眺めつつも右手のボックスに座っていたお姉ちゃん達が騒々しいのが参りましたが、ともあれ、電車の車内はカラオケボックスや居酒屋じゃないので気を付けて欲しいもの。マスターにとっては水を差す事になり、こう言う奴は電車に乗るなと言いたくなります。不快を与える旅行客は1,000円で高速道路乗り放題か激安のツアーバスに行ってくれれば有り難いのですが………(JRさんごめんなさい)。

 宇都宮の小休止では107系のステッカーが気になったのでデジカメに収めて日光駅を象った渋い絵柄のものが貼られて後で5番線に入ったクモハ107-2×2(宮ヤマN2編成)がアイボリー+茶色のツートンカラーに塗替えられて驚きました。またまたクハ115-107×4の訓練車を使って乗務員さんの訓練が歓呼張り上げて勤しんでおりました。

○5763列車…3月のダイヤ改正から5771列車の振替で浜川崎に立ち寄る格好になり、3階建ての組み合わせとなりました。今月で設定されて10年が経って浮島町発をメインに最初半年弱は扇町発、EF210が牽引するようになってから積車23両の編成に増強され、同じ浮島町発着で4073列車が設定されたのと引き替えに旧5761列車から根岸発を引き受け、更に今回は浜川崎発が加入して段々と浮島町発の比率が低くなっています。今日は17両編成で根岸2、浮島町7、浜川崎10の割合で唯一のタキ38000はこの間の千葉行きで確認したナンバーです。浜川崎の配備車で唯一の黒塗り44t車も連結して新製時点では無かった側梁のナンバー標記が今回の全検入場で初めて書き加えられました。
△倉賀野
EF210−121
タキ1000-191 JOT[E]/郡山 ↑根岸発 無
タキ1000-155 JOT[E]/郡山 ↓ 無
タキ43381 OT/倉賀野
タキ43351 OT/倉賀野
タキ44020 OT/倉賀野
タキ38129 JOT/仙台北港 常)浜五井、3F改
タキ43136 OT/郡山
タキ43360  JOT/郡山 [旧OT/南松本]全検20-6-18川崎車、自重15.6t
タキ43255  JOT/仙台北港 全検20-6-11川崎車、自重16.0t
タキ43448  JOT/根岸 トケ
タキ43281  JOT/郡山 全検20-7-4川崎車、自重16.0t
タキ43113  JOT/郡山 全検20-8-9川崎車、自重15.8t 常)根岸、トケ
タキ43369  JOT/郡山 全検20-6-13川崎車、自重15.7t トケ
タキ44132  JOT/根岸 全検19-2-16川崎車、自重16.3t
タキ243801 JOT/郡山
タキ243647 JOT/郡山 全検21-2-12川崎車、自重15.8t
タキ243829 JOT/郡山 全検20-5-17川崎車、自重15.9t

○8685列車…3月のダイヤ改正で通しの列車番号に変わり、蘇我からの列車番号でまごつく事も解消されて楽になりました。この間の千葉行きに比べると短めですがまたまた黒塗りのタキ43000が目立ちます。若干遅れて到着した様子で調査・撮影と慌てました。
△宇都宮タ
EF65 1089[JRF色]
タキ43392   OT/宇都宮タ ↑浜五井発
タキ43603   OT/宇都宮タ●
タキ1000-671 OT/宇都宮タ■
タキ43570   OT/宇都宮タ● 全検20-12-26名古屋車、自重16.0t 石油類)グレー地
タキ43402   OT/宇都宮タ ↓
タキ1000-403 OT/宇都宮タ■ 全検20-6-21川崎車、自重17.2t 石油類)黒地
タキ43606   OT/宇都宮タ●
タキ43545   OT/宇都宮タ● トケ
タキ43555   OT/宇都宮タ●
タキ43627   OT/郡山●
タキ43526   OT/宇都宮タ●
タキ43542   OT/宇都宮タ● トケ
タキ1000-388 OT/宇都宮タ■ 全検20-10-3川崎車、石油類)黒地
※タキ43570は2月時点で貼られていなかったエコレールマークが追加

○5781列車…トキ25000が数両と寂しい編成です。
←安中 EF81 133[北斗星色]+トキ25000-10+4+1+2+6(東邦亜鉛/宮下)

○73列車…ダイヤ改正前は大宮操で数分程乗務員交替で停車しましたが、素知らぬ様子で貨物線を通過するようになりました。編成内容は変わらず、コンテナも嵩高12フィート20系やMCLC UT20A-5000、中央通運UT10C-5000等積載。
←南長岡(金沢タ) EF64 1020[更新色、冷房]+コキ50000×8+コキ104・106×9

 16時半頃で調査も一段落。このまま1・2番線へ行くと3番線を先程、那須塩原の手前で擦れ違った25系の試運転が通過。16時39分発の桜木町行き(1613A、クハ209-71×10/宮ウラ69編成)で南浦和へ。またまたE233系を見掛けるとつい書き出します。

 南浦和では一本電車を待つと上手い具合に時間調整して17時5分発の府中本町行き(1660E、クハ205-105×8/千ケヨM2編成)に乗ります。丁度、擦れ違うように武蔵野線オリジナルのタイプが到着してBトレもノーマル顔のタイプがある内に買わなくては………。新座タの様子を見て。

 西国分寺で乗り換えると最初、八王子止まりが乗れるなと思った所、一本早い17時42分発の高尾行きがあったので(後で気付くと見間違いで大ボケ)これで八王子へ向かいます。まだまだ明るいので八王子に着いてもタンク車の様子もはっきりと。オイルターミナルの西側には5482列車で返送する筈のタンク車が並んで今日はどうした事か運休となり、この所見掛ける顔触れの他にタキ1000-391が連結。惜しい事にこのナンバーは未確認。

 続きはこちらです。

|

« H21.04.08 宇都宮線沿線(その1) | トップページ | H21.04.08 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H21.04.08 宇都宮線沿線(その2):

« H21.04.08 宇都宮線沿線(その1) | トップページ | H21.04.08 八王子駅 »