« H21.03.26 京浜地区(根岸駅その1) | トップページ | H21.03.26 八王子駅 »

2009年3月27日 (金)

H21.03.26 京浜地区(根岸駅その2)

 磯子での一休みの後は後半戦を進めます。14時台の到着分は2本とも中央線からの列車故に地元で見る事が多く、ペースも読めます。

○87列車…新鶴見までの80列車(竜王発)でいつも通りの11両編成。A重油専用車は最後尾のみ。

EF200−15[新塗色]
タキ1000-212 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-572 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-169 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-502 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-151 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-474 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-878 JOT/根岸 新製20-10-31日車、自重17.2t
タキ1000- 64  JOT[E]/郡山
タキ1000-880 JOT/根岸 新製20-10-31日車、自重17.2t
タキ1000-361 JOT[E]/郡山
タキ1000- 39  JOT[E]/郡山 A重

 この頃になると少しずつ坂城行きや岡部行きと編成が入って手が空くと発着線の方に眼を向けます。丁度、熱心に見ていた長身で坊主頭のお兄ちゃんがずっと居たので話を伺うとJRマークが橙色のエリアからとの事でご苦労様です。最近は根岸もちょっとしたファンの名所になって10数年通い続けている身から近年は騒々しいものの、これがウチの部会に反映してくれれば左団扇なのですが、鉄道ブームだって言うのに鉄道友の会の会員が増加しない実情を思うと疑問視して首を傾げ、色々な本が出ても買う事を躊躇っています。

○8095列車…新鶴見までの8092列車で8272〜8274列車がスピードアップした列車です。新鶴見までは30分繰下げのダイヤとなり、編成も12両は来るかなと思った所、7両の短い編成。また、牽引のEF210も八王子から通しで前運用は81列車。

EF210−135
タキ1000-365 JOT[E]/郡山
タキ1000-871 JOT/根岸 全検20-10-15日車、自重17.2t
タキ1000-262 JOT/郡山 無
タキ1000-482 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-469 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-230 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-593 JOT/根岸 無

○5777列車/5760列車…倉賀野行きのメイン列車で以前はC重油専用のタキ44000も入っていましたが、この頃はタキ1000が連なる顔触れが目立ちます。87列車のタンク車を収容すると入れ替わりに着発線に入ります。尚、同じ倉賀野発の臨時列車・8780列車はEH200−9の単機と冬場は常に見られる臨時スジも今回は空振り。
△倉賀野
EF200−15[新塗色](5777レ)
タキ43643   JOT/根岸 A重
タキ1000-318 JOT[E]/根岸 A重、石油類)青地
タキ1000-293 JOT[E]/郡山
タキ1000-265 JOT[E]/郡山
タキ1000-222 JOT[E]/郡山
タキ1000-368 JOT[E]/郡山
タキ1000- 85 JOT[E]/郡山
タキ1000-771 JOT[E]/根岸
タキ1000-220 JOT[E]/郡山
タキ1000-285 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-283 JOT/郡山 無黒
タキ1000-475 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-228 JOT/郡山 トケ、無
タキ1000-471 JOT/根岸 無
タキ1000- 68 JOT[E]/郡山
タキ1000-480 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 84 JOT[E]/郡山
タキ1000-692 JOT[E]/根岸
EH200−14(5760レ)

 ここまで終わるとWANDA・モーニングショットを買って待合室で一休み。窓越しからタンク車よりは根岸線の電車をチェックする事に費やします。後で外へ再び出ると長身の彼は帰り道を気にしてかもう退散した様です。

○5476列車…早々と入線して5561列車と同様、先頭だけタキ44000、後はタキ1000の顔触れで全検出場間もないH6新製車を確認。
△篠ノ井(坂城)
EH200−9
タキ44513   JOT/根岸 A重
タキ1000-129 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-113 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-306 JOT[E]/根岸 A重、石油類)青地
タキ1000-254 JOT[E]/郡山
タキ1000-792 JOT[E]/根岸
タキ1000-783 JOT[E]/根岸
タキ1000- 76 JOT[E]/郡山 全検21-2-26川崎車、自重17.1t
タキ1000-351 JOT[E]/郡山
タキ1000-420 JOT[E]/根岸 全検20-7-29川崎車、自重17.2t 石油類)黒地
タキ1000-160 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-194 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-154 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-434 JOT[E]/根岸

○3095列車…夜10時の出発ながら13時台に発着線に参上。こちらも短い10両編成です。
△岡部
タキ1000- 7 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-105 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-311 JOT[E]/根岸 A重、石油類)青地
タキ1000-625 JOT[E]/根岸 全検20-9-10川崎車、自重17.1y
タキ1000- 53 JOT[E]/郡山
タキ1000- 86 JOT/郡山
タキ1000-567 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-511 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-158 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-284 JOT[E]/郡山 無

○94列車…坂城行きの高速列車です。こちらも16両編成と頑張っています。
△篠ノ井(坂城)
タキ1000-103 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 30 JOT[E]/郡山 全検21-2-18川崎車、自重16.5t (A重)
タキ1000-119 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 45 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-196 JOT[E]/郡山
タキ1000-418 JOT[E]/根岸 全検20-7-23川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
タキ1000-364 JOT[E]/郡山
タキ1000-573 JOT/根岸
タキ1000-281 JOT[E]/郡山 トケ
タキ1000-429 JOT[E]/根岸 全検20-10-5川崎車、自重17.2t
タキ1000-570 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-489 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-211 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-192 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-157 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-233 JOT[E]/郡山 石油類)黒地

 この他にも発着線の磯子方には竜王行き(90〜85列車に連結)が控えて(←竜王)タキ1000-561E+575+442E+89E+755E+849Eと連結。

○1152列車…長い事20両編成の連結でしたが、コキ106が1両減って計19両編成となりました。海上コンテナはタンクコンテナが1個と寂しく、嵩高12フィートの姿が目立ちます。明るくなったので前方が車窓越しから見られる様になり、季節の移ろいを感じさせます。牽引機が送り込みでEF65の重連からEF64の1000番代にバトンタッチ。
△東京タ
EF64 1003[更新色、冷房]
コキ106- 57 全検19-8-24川崎車 STKU194017[3]積載
コキ106- 6 全検19-6-8川崎車
コキ106-434 全検16-12-21広島車(21-12-25切)
コキ106-302 全検20-3-1川崎車[空車]
コキ106-149 全検19-11-16川崎車[空車]
コキ106-528 全検17-5-31広島車(22-7-14切)[空車]
コキ106-755 [空車]
コキ103- 16 海ナタ、全検19-6-5名古屋車[空車]
コキ102- 16 〃 JOT UR20A-227積載
コキ102- 15 〃 JOT UR20A-10025積載
コキ103- 15 〃 20D-178,JOT UR20A-10031積載
コキ103- 22
コキ102- 22
コキ102- 21
コキ103- 21
コキ103- 70
コキ102- 70
コキ102- 69
コキ103- 69 20B-103,20B-1021積載
神奈臨DD601

 電車の方を見るとだいぶE233系の陣容が増え、最大値が148編成で半分以上、入ったのではと言った様子が感じ取れました。
・クハE233-1001×10(宮ウラ101編成):37C運用
・クハE233-1003×10(宮ウラ103編成/台東区・桜のラッピング):45B運用
・クハE233-1005×10(宮ウラ105編成):69A運用
・クハE233-1006×10(宮ウラ106編成):51A運用=鶴見→横浜で乗車
・クハE233-1007×10(宮ウラ107編成):09B運用
・クハE233-1010×10(宮ウラ110編成):35A運用
・クハE233-1011×10(宮ウラ111編成):09C運用
・クハE233-1012×10(宮ウラ112編成):13C運用
・クハE233-1013×10(宮ウラ113編成):47B運用(磯子で昼寝)
・クハE233-1016×10(宮ウラ116編成):東神奈川で昼寝
・クハE233-1022×10(宮ウラ122編成):29B運用(東十条で昼寝)
・クハE233-1023×10(宮ウラ123編成):17A運用
・クハE233-1024×10(宮ウラ124編成):11C運用
・クハE233-1026×10(宮ウラ126編成):67A運用
・クハE233-1029×10(宮ウラ129編成):17C運用
・クハE233-1030×10(宮ウラ130編成):75A運用
・クハE233-1031×10(宮ウラ131編成):65A運用
・クハE233-1032×10(宮ウラ132編成):東神奈川で昼寝
・クハE233-1033×10(宮ウラ133編成/新製H20-10東急):39A運用
・クハE233-1034×10(宮ウラ134編成):49B運用=磯子→根岸→磯子で乗車
・クハE233-1035×10(宮ウラ135編成):05B運用
・クハE233-1036×10(宮ウラ136編成):27C運用(磯子で昼寝)
・クハE233-1037×10(宮ウラ137編成):23C運用
・クハE233-1038×10(宮ウラ138編成/新製H21-1新津):37B運用
・クハE233-1042×10(宮ウラ142編成/新製H21-2新津):23A運用
・クハE233-1044×10(宮ウラ144編成/新製H20-12東急):77A運用
・クハE233-1046×10(宮ウラ146編成/新製H21-3新津):41B運用
・クハE233-1048×10(宮ウラ148編成/新製H21-3新津):05C運用

○209系の気になる編成は次の通りです
・クハ209-61×10(宮ウラ60編成):25A運用、千葉県の観光キャンペーンのラッピングが貼られていました。
・クハ209-517×10(宮ウラ81編成):19C運用、そろそろ、京葉線に移る様子で水色の帯で暫くご奉公。後で会員仲間のY君も大宮駅で確認された事を報告入れて下さいました。

○横浜線の100周年ヘッドマーク付きは次の通りです
・クハ205-67×8(横クラH7編成):53K運用
・クハ205-72×8(横クラH12編成):35K運用
・クハ205-81×8(横クラH21編成):31K運用

 ここまで終わると17時24分発の八王子行き(1749K、クハ205-73×8/横クラH13編成)で八王子まで乗り通し、関内から相模原の手前まではいつもの様に少し眼を覚ましながら熟睡タイムです。

|

« H21.03.26 京浜地区(根岸駅その1) | トップページ | H21.03.26 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H21.03.26 京浜地区(根岸駅その2):

« H21.03.26 京浜地区(根岸駅その1) | トップページ | H21.03.26 八王子駅 »