« H21.03.26 京浜地区(鶴見線沿線) | トップページ | H21.03.26 京浜地区(根岸駅その2) »

2009年3月27日 (金)

H21.03.26 京浜地区(根岸駅その1)

 昼食はいつもの様に横浜駅の改札を出て自由通路の崎陽軒で『シウマイ弁当』をSuicaで買います。3・4番線に戻ると京浜東北線の電車や京急電車のウオッチに大童。すると、インド人と思しき男性の一団が私に「武蔵小杉へ行きたい」と相手故に東急東横線やみなとみらい線へ行くと言っても分からないので無難な線で「渋谷行きの電車に乗って下さい」と稚拙な英語混じりで案内しました。

 根岸へは横浜11時52分発の大船行きに乗ります。関内を過ぎるとウソの様に余裕が出て来て石川町の先からトンネル毎に景色が変わってここが面白く、根岸近くに有った日赤病院はすっかり大きなマンションへ。海側に石油タンクが見えると根岸駅も間もなく到着。

○4091列車…タキ1000オンリーの顔触れで前々回の北関東行きでも見ましたが、後で見返すと前方はそのまま続いています。以前、浜川崎から移動した8番も連結。
△宇都宮タ
EF210−14
タキ1000- 32  JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-116 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 42  JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 8 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-679 JOT[E]/根岸
タキ1000-833 JOT[E]/根岸
タキ1000-879 JOT/根岸 新製20-10-31日車、自重17.2t
タキ1000-438 JOT[E]/根岸
タキ1000-834 JOT[E]/根岸
タキ1000- 90  JOT[E]/郡山
タキ1000-215 JOT[E]/郡山
タキ1000-163 JOT[E]/郡山
タキ1000-217 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-470 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-201 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-619 JOT/根岸 全検20-9-20川崎車、自重17.3t 無
タキ1000-240 JOT[E]/郡山 無
タキ1000- 71 JOT[E]/郡山
タキ1000-763 JOT[E]/根岸
タキ1000-867 JOT/根岸 新製20-10-15日車、自重17.2t

○5561列車…この所、宇都宮タ向けは4091列車〜5560列車は頑張っているものの、こちらは半分余りと今一つですが、今日は久し振りに15両とやや長くなり、先頭だけ黒塗りのタキ44000入り。因みにもう一本の75Km/hの8569列車〜8564列車の運用は今回のダイヤ改正から臨時格下げとなり、需要に応じたダイヤ設定に対応している事が感じ取れます。
△宇都宮タ
EF210−123
タキ44215   JOT/根岸 C重
タキ1000- 37  JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-132 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 72  JOT[E]/郡山
タキ1000-587 JOT[E]/根岸
タキ1000-150 JOT[E]/郡山
タキ1000-199 JOT[E]/郡山
タキ1000-354 JOT[E]/郡山
タキ1000-509 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-298 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-226 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-568 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-473 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-584 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-496 JOT[E]/根岸 無

 ここまで終わると待合室でのランチタイム。今日は寒の戻りもあって外で食べるより、ここの方が悪く無いなと思い、タンク車の他にもE233系の入替が激しくなっているのでこの調査も欠かせません。

○95列車…新鶴見までの84列車に当たり、八王子駅で車窓越しからの予備知識も思った通り。先程、鶴見で偶然出会ったのもこの編成です。13時20分頃には積込み線へ移送されます。

EF210−123
タキ1000-564 JOT/根岸 無
タキ1000-238 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-152 JOT[E]/郡山 トケ
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 全検20-5-23川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-848 JOT[E]/根岸
タキ1000-780 JOT[E]/根岸
タキ1000- 70  JOT[E]/郡山 全検21-2-5川崎車、自重17.0t
タキ1000-770 JOT[E]/根岸

 この間に2番線を逗子から帰るDE10 1749[更新赤]が通過しました。

○5474列車…今回のダイヤ改正から永年連れ添った辰野行きが廃止となり、オール村井行きの編成で中央線筋では最長の17両編成。南松本で5578列車と8684列車に分割される違いしかありません。
△南松本
EH200−14
タキ1000-787 JOT/根岸   ↑村井行き[5578レ]
タキ1000-261 JOT/郡山
タキ1000-357 JOT/郡山
タキ1000-754 JOT[E]/根岸
タキ1000-585 JOT[E]/根岸
タキ1000-427 JOT[E]/根岸 全検20-8-25川崎車、自重17.0t
タキ1000-611 JOT/根岸 全検20-9-19川崎車、自重17.0t
タキ1000-363 JOT/郡山
タキ1000-486 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-472 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-295 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-282 JOT[E]/郡山 ↓
タキ1000-431 JOT[E]/根岸 ↑村井行き[8684レ] 全検20-5-24川崎車、自重17.2t 無
タキ1000-425 JOT[E]/根岸 全検20-7-8川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-582 JOT[E]/根岸
タキ1000-352 JOT[E]/郡山
タキ1000-597 JOT[E]/根岸 ↓

○5692列車…例年、この時期であれば宇都宮タへ返送されるカーパックが風物詩ですが、対米輸出の不振でしょうか今シーズンは見られず、何処か寂しい気がします。従って、本牧から2番線に入った所でコキ106の交検車が1両だけ到着。
←川崎貨物 EF64 1020[更新色、冷房]+コキ106-886

○3094列車…岡部からの返送列車でA重油専用車含めて短い10両編成で到着。以前は15両以上楽勝でしたが、この所、ガッカリ度が高くなりました。

EF64 1020[更新色、冷房]
タキ1000-609 JOT[E]/根岸 全検20-6-28川崎車、自重17.1t
タキ1000-224 JOT[E]/郡山
タキ1000- 58  JOT[E]/郡山
タキ1000-216 JOT[E]/郡山 トケ、無
タキ1000-507 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-258 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-124 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-117 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 9 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 34 JOT[E]/郡山 A重

 ここまで終わると磯子へ向かって中休み。ベンチに座って暫くするといつも見ている親父さんとバッタリ。冬場は総括して芳しく無かった事や情報交換を交わし、14時9分発の磯子行きに乗ります。

 続きはこちらです。

|

« H21.03.26 京浜地区(鶴見線沿線) | トップページ | H21.03.26 京浜地区(根岸駅その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H21.03.26 京浜地区(根岸駅その1):

« H21.03.26 京浜地区(鶴見線沿線) | トップページ | H21.03.26 京浜地区(根岸駅その2) »