« H21.03.18 千葉周辺(その1) | トップページ | H21.03.23 八王子駅 »

2009年3月19日 (木)

H21.03.18 千葉周辺(その2)

 調査が一通り終わって予定より一本遅れて14時57分発の千葉行き(276M、クハ111-2048×4/千マリ114編成)で千葉へ向かいます。またまた千葉中央駅には新京成の8000型(8509×6)が停車中。

 千葉駅は時間が押したので簡単な小休止程度で済ませたいなと思いましたが、結局はホームで缶コーヒーを買っただけですぐ15時15分発の東金経由成東行き(1653M、クハ111-1027×4/千マリ207編成)で再び蘇我へ戻ります。両側が1000番代(地下線対応)、中間が1500番代で以前、豊田→松本と移った115系でモハユニットだけが1000番代、他の4両が300番代と言う組み合わせの編成を思い出します。

 これからは2080列車の到着を待ち受けるものの、顔を出したのはEH200-901が単機で到着。何とも寂しく、これから1時間程はベンチに腰掛けてひたすら電車の編成調査を行ないました。

○4098列車…ダイヤ改正後もコキ104中心にコキ50000がお尻にぶら下がった格好は変わらず、一部1357列車で到着した面々も。
△越谷タ
京葉臨海KD60 2→EF65 1088[JRF色]
コキ104- 943 ↑京葉久保田→名古屋タ JOT/住化UH20B-247
コキ104-1301 ↓ 全検20-5-20広島車 JOT/住化UH20A-92,UH20B-368,UH20A-25
コキ104- 392 京葉久保田→名南貨 全検20-10-4広島車 JOT/住化UH20A-60,UH20B-327,UH20B-130
コキ104- 534 京葉久保田→越谷タ □
コキ104-2839 ↑玉前発 □
コキ106- 80 全検20-6-9広島車、□
コキ104-1784 ↓
コキ104-2103 ↑京葉久保田発 □
コキ104-1452 全検20-8-28広島車 □
コキ104-2641 □
コキ104-1525 ↓ 全検20-11-7郡山車 JOT/住化UH20B-139,UH20B-320
コキ104- 472 ↑千葉貨物発 全検21-2-2小倉車 宇部UH20A-506,UH20A-496
コキ50079
コキ50200
コキ50063   ↓
※□=空車

○1092列車…こちらもダイヤ改正後の変化が無く、編成中でコキ107の新車を発見。
△新小岩操(隅田川)
京葉臨海KD55 105→EF65 1057[JRF色、冷風]
コキ50460 ↑千葉貨物→宮城野
コキ52279 中央通運UM12A-5737,UM12A-5733
コキ51749 ↓
コキ200-109 京葉久保田→新潟タ JOTU330200[5],NRS UT17C-8065
コキ107- 39 京葉久保田→八戸貨物 新製20-9-5川重
コキ200- 62 千葉貨物→黒井 海ナタ、全検18-11-25名古屋車 NRSU241152[3],421151[8]
コキ106- 828 ↑千葉貨物発 宇部UH20A-486,千葉製粉UT20A-5048,宇部UH20A-473
コキ104- 262
コキ104-1821
コキ104- 887 ↓ [空車]
コキ104- 708 ↑玉前発
コキ104-2217 ↓

 合わせて気になった電車の運用を見られた範囲で纏めてみました。
○211系
・クモハ211-3035×5(千マリ401編成):1634M〜1641M〜1640M(蘇我→千葉で乗車)→入庫
・クモハ211-3039×5(千マリ508編成):440M〜341M
・クモハ211-3041×5(千マリ502編成):336M〜437M
・クモハ211-3043×5(千マリ504編成):178M
・クモハ211-3044×5(千マリ505編成):145M〜158M(安房鴨川方)〜159M〜190M
・クモハ211-3045×5(千マリ404編成):145M〜158M(千葉方)
・クモハ211-3054×5(千マリ406編成):1632M〜245M〜256M〜255M〜266M〜267M〜278M
・クモハ211-3055×5(千マリ407編成):1335M〜1338M

○E217系…R:機器更新+明るいスカ帯、L:LED幕変更、※=逗子〜久里浜折返し(H運用)担当あり
・クハE217-10×11(横クラY10編成L):67F運用
・クハE217-11×11(横クラY11編成L):19F運用(+2011×4/Y111編成)
・クハE217-13×11(横クラY13編成L):27F運用(+2037×4/Y137編成)
・クハE217-19×11(横クラY19編成L):63F運用(+2030×4/Y130編成)
・クハE217-22×11(横クラY22編成R):53F運用(+2027×4/Y127編成)
・クハE217-25×11(横クラY25編成L):61F運用
・クハE217-26×11(横クラY26編成R):77F運用(+2039×4/Y139編成)
・クハE217-28×11(横クラY28編成R):05F運用(+2015×4/Y115編成)
・クハE217-29×11(横クラY29編成R):79F運用(+2043×4/Y143編成)
・クハE217-30×11(横クラY30編成R):51F運用(+2041×4/Y141編成)
・クハE217-31×11(横クラY31編成R):59F運用(+2004×4/Y104編成)
・クハE217-39×11(横クラY39編成R):21F運用
・クハE217-2004×4(横クラY104編成R):59F運用※(+31×11/Y31編成)
・クハE217-2005×4(横クラY105編成R):25F運用(+43×11/Y43編成)
・クハE217-2011×4(横クラY111編成R):19F運用(+11×11/Y11編成)
・クハE217-2028×4(横クラY128編成L):47F運用(+50×11/Y50編成)
・クハE217-2030×4(横クラY130編成L):63F運用※(+19×11/Y19編成)
・クハE217-2037×4(横クラY137編成R):27F運用(+13×11/Y13編成)
・クハE217-2039×4(横クラY139編成L):77F運用(+26×11/Y26編成)
・クハE217-2010×4(横クラY110編成R):15F運用(+42×11/Y42編成)
・クハE217-2035×4(横クラY135編成R):73F運用(+46×11/Y46編成)

京葉線の気になる編成は次の通りです
・クハ201-109×10(千ケヨK2+52編成):85運用
・クハ201-113×10(千ケヨK4+54編成):95運用
・クハ201-104×10(千ケヨ72編成):83運用(クハ200-104→36、クハ201-103→37に差し替え)
・クハ205-1×10(千ケヨ24編成):65運用
・クハ205-2×10(千ケヨ25編成):61運用
・クハ209-517×10(千ケヨ34編成):53運用

 コンテナ2本を見終えると今回の遠征もほぼ終わり、蘇我から17時31分発の千葉行き(290M、クハ111-2146×6/千マリS65編成)で千葉駅へ向かいます。

 千葉駅では内房線のホームから総武線のホームの乗り換えで行列をかき分けて7・8番線のKIOSKでいつもの様に銚子電鉄のぬれ煎餅を買い、普通のものと久し振りに青むらさきが入っていたのでそれぞれ5枚入りを1つずつ買ってエアポート成田の列に並びます。

 千葉から東京は17時47分発の『エアポート成田』久里浜行き(1724F、クハE217-2005×4+43×11/横フナY105+Y43編成)に乗ります。成田空港発だけあって車内は大きなトランクが車内に目立ち、夕方のラッシュ時で座れないかな?と気にした所何とか潜り込めて錦糸町辺りまで一眠り。

 東京駅では総武地下ホームから中央線のホームへ移動して通勤快速は1本待ちますが、この時間帯の中央線(快速電車)は4分毎で到着する度にドアの開閉と駅員さんの点検が大忙し。八丁堀で例会が行なわれた時は始発で座れる所が時折、車内に2〜3人、降りないお客さんが居るので番狂わせにあった事があり、最近ではさすがに折返し乗車を阻止する意味合いでしょうか各駅にこの様な乗り方はダメだと言う貼り紙が見られる様になりました。

 東京から八王子までは大月行きの通勤快速に乗って前回行き帰りに乗ったE233系のT16編成とまたご対面。

 八王子で降りて京王プラザホテルのスターバックスで一休みして出掛ける際にノートに京王アートマンのPOPが紛れて丁度、封筒を買いたいので8階に立ち寄って事情をお話しして戻す事にしました。

|

« H21.03.18 千葉周辺(その1) | トップページ | H21.03.23 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H21.03.18 千葉周辺(その2):

« H21.03.18 千葉周辺(その1) | トップページ | H21.03.23 八王子駅 »