« H21.03.09 八王子駅 | トップページ | H21.03.11 北関東近郊(その1) »

2009年3月10日 (火)

H21.03.10 八王子駅

 親の講座の日なので午前中の空いた時間を使って色々と見ました。

 この所春本番とは遠い真冬の気候が続きましたが、漸くこの時期らしい暖かな陽気となり、マスターの格好もコート姿からジャケット+マフラー姿に。キハ40系で言うと東北・信越仕様から関東仕様の格好と言う事です。

 いつもは立川行きの115系に乗る所、一本前の中央特快の8号車に飛び乗り、お客さんが珍しく後方の列が疎らと言うのが幸いし、余り並んでいないので間際でも乗るお客さんを気にしつつもセーフ。普段でもこう行きたい所が休み時で無いと無理ですね。空いている席に腰掛けると対面で大っぴらに化粧するケバめの面をした姉ちゃんに一喝。こう言うのが居ないと嬉しいのが本音でこの頃は職業不詳の訳分からない輩が多くこりゃ、子持ちになったらモンスターペアレントになる事間違えありません。マスターも段々小言をこぼすおっさんになりつついと悲し。

○5270列車…編成のナンバーを見ると昨日のこの列車で7両目以降がそのまま入り、撮影も昨日の曇天、今日の晴天とストックをつくって気分でチョイスしたくなります。
△根岸
EF210−116
タキ1000-586 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-212 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-219 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-148 JOT[E]/郡山 無
タキ1000- 50  JOT[E]/郡山
タキ1000-851 JOT[E]/根岸
タキ1000-622 JOT[E]/根岸 全検20-9-24川崎車、自重17.0t
タキ1000-609 JOT[E]/根岸 全検20-6-28川崎車、自重17.1t
タキ1000-782 JOT[E]/根岸
タキ1000-422 JOT[E]/根岸 全検20-6-4川崎車、自重17.1t

○85列車…標準の編成内容でコンテナは疎ら。タキ1000で私が確認した範囲で平成6年の新製車で4両目の車とご対面。
△竜王
EH200−5
コキ104- 615 ↑梶ヶ谷タ発
コキ104-2584
コキ104-2861 [空車]
コキ104- 375 ↓
タキ1000-835 JOT/根岸
タキ1000-802 JOT[E]/根岸
タキ1000-616 JOT[E]/根岸 全検20-6-25川崎車、自重17.1t
タキ1000-361 JOT[E]/根岸
タキ1000- 69  JOT[E]/根岸 全検21-2-16川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-231 JOT[E]/根岸

 色々と周りを見ると足下の案内表示が新調されて『ムーンライト信州』は三日月、『ホリデー快速河口湖』は富士山のイラスト入りでここに183・189系の編成が止まる合図でお座敷電車はカラオケをイメージしてかマイクと音符のマークが入って紫は小山の『宴』、『華』(ひらがな標記)、黄色は『ニューなのはな』、灰色は高崎の『せせらぎ』、『やまなみ』、185系の『はまかいじ』は緑地にカモメ、215系の『ビュー山梨』号はぶどうのマークと足元を見ても楽しそうな絵柄で禿げ掛かった古いのもパチリと。

 昨日は同じ時間、2本続いて201系が続行した事を書きましたが、丁度、2本目の編成と連チャンでご対面。運行番号が続いているので昨日一日無事だった事が伺えます。
・クハ201-128×10(八トタH7編成):05T運用

 改札を出て券売機の上に掲げられた運賃の案内は主要駅なのか後手の様で未だ西府、西大宮の部分を目隠しせず、「に」の欄が元のままになっていたのでこれも遅くても金曜日までには新しく交換するか終電後にシールで2駅分ベタッと貼られるのか興味を引きます。そのまま明日の遠征に備えてSuicaをチャージ。

 一通り片付けてから京王プラザホテルのスターバックスで一休み。昨日の予告通り、桜モンブランを頂き、栗のイメージが強いのですが、ホイップクリームにさくら味を混ぜた味わいで色も白の絵具にピンクをちょっと垂らした雰囲気です。ちょうど、京王プラザホテルのロビーラウンジでもさくらのロールケーキが出ているので同じ建物ながら偶然の一致です。それからヨドバシカメラでミニノートPCを物色するも売場の整理で慌ただしい上に普段であれば水色のシャツを着た店員さんが行なう所、携帯やネット回線を勧誘するジャンパー姿の派遣店員が行なっていたのでどういう取り決めで派遣しているのか疑問に思い、マスター自身も量販店へ行くのが好きでもどうもこの頃は回線や携帯の派遣で来ている連中がしゃしゃり出て店頭に出ているので足が遠のきがちです。派遣関係の法律や量販店の取り決めや契約を見直せば筋が通るのですが、一時、大きな本屋さんの店内でゲリラ的に勧誘する英会話スクールと似通った空気を漂わせます。ここで新しいiMacが出たので見た所、テンキーが無いキーボードになったので現在、このブログを書いている6年モノの後継ぎは別売りで買う必要が出て来ます。2階で必須の消耗品を見てピクサスの黒カートリッジはお客様カードで安くなっているのと用紙は近所の梱包屋さんが問屋さんの値段で売っているのか500枚入りが100円くらい違うなと思う様に感じます。

 末筆ではございますが、当ブログも今日のこの記事で555編目、ご来店のお客様も70,000アクセスを超えました。ひとえに日頃楽しんでおられる皆様の支えもあり、今後も森羅万象綴り続けて1,000編目指して続けて参ります。

|

« H21.03.09 八王子駅 | トップページ | H21.03.11 北関東近郊(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H21.03.10 八王子駅:

« H21.03.09 八王子駅 | トップページ | H21.03.11 北関東近郊(その1) »