« H21.03.02 高崎周辺(その3) | トップページ | H21.03.09 八王子駅 »

2009年3月 3日 (火)

H21.03.03 八王子駅

 八王子駅の駅ビル・そごうでスヌーピーのモノフェスティバルが今日から行なわれるの早速出掛けて参りました。例年8月中旬に銀座の三越で行なわれてそれに合わせて出掛けるのですが、これに近く、同じ東京都内でも山手線の内側は当たり前でも郊外では珍しい例です。

 出掛ける時に丁度、3年前に実家の仕事を事業統合した際に外回りをお願いしている方が検針に来て久し振りにお顔を合わせて嬉しいものでソフトキャップ姿ですぐ分かりました。信用金庫のATMでお金を下ろすと真ん中の機械が調整中で両側のオバちゃんがチンタラしていること。こちらは電車に合わせて出ているのだよ〜!と嘆き口調に。西八王子駅の上りホームもこの頃、乗るお客さんが電車を選ばなくなったのでしょうか115系の停車位置に丸い印が付く様になり、昨日の帰路に乗った『むさしの』4号も立川で接続待ちがあってドッと乗って来たのは驚きました。

○5270列車…左膝の痛さを引き摺ってエスカレーター経由で中程から見ると7両の短い編成でENEOS無しは連番と覚え易い顔触れ。
△根岸
EF210−143
タキ1000-421 JOT[E]/根岸 全検20-7-30川崎車、自重17.2t
タキ1000-436 JOT/根岸
タキ1000- 15  JOT[E]/郡山
タキ1000-286 JOT[E]/郡山 無青
タキ1000-437 JOT/根岸 無
タキ1000-235 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-223 JOT[E]/郡山 トケ、無

○85列車…標準パターンの長さでEH200は昨日の高崎線5768列車を牽引したナンバーです。5270列車が短くなった為でしょうか両者で50m程すき間が生じました。先月11日の3094列車で確認したタキ1000の70番が連結。考えてみると早々全検出場したH6新製車は奇しくもこの列車で初確認です。
△竜王
EH200−7
コキ104-2689 ↑梶ヶ谷タ発
コキ104- 352 2個目にJOT UR20A-169積載
コキ106- 741
コキ104- 598 ↓ 全検21-1-27広島車
タキ1000-295 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-189 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-562 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-260 JOT[E]/郡山 無
タキ1000- 70  JOT[E]/郡山 全検21-2-5川崎車、自重17.0t
タキ1000-878 JOT/根岸 新製20-10-31日車、自重17.2t

 一通り済ませると2番線で5270列車の前方の確認や八高線が今度のダイヤ改正から日中のパターンダイヤ化に変わるので案内表示、時刻表と撮ります。1・2番線の東側にある乗換通路の真下にある『ジューサーバー』が2月一杯で店仕舞して親会社である京阪電車の特急電車を思わせるオレンジ色系の看板が綺麗サッパリ取り払われて今月の中旬には『ハニーバー』とハチミツ味のジュースを主体にしたお店に衣替えする様で八王子だけかなと思ったら立川や吉祥寺、西国分寺と言った八王子支社管内のお店が一斉に衣替えです。また、先日発表された支社子会社の見直しが影響しているのでしょう。

 一通り終わった所でそごうのスヌーピーモノフェスティバルへ。先ずはスタンプラリーを楽しみ、描き始めた1950年代から60年代、70年代と様々な時代の表情が描かれたスタンプを押してそう言えば9年前の夏(=登場50周年)に同じ絵柄のイオカードが売り出されて買いそびれた苦い想い出があります。さて、8階は西側の部分で行なわれて先に書いた銀座の三越程ではありませんがなかなかです。早いもので改装から丁度一年を迎えて気合いが入っている事が伝えられます。テレビ東京と提携して展開しているスヌーピーカフェのグッズや出張出店もあり、このクリアホルダーにモノフェスティバル限定のポストカード、マスコット、クッキーと買いました。最近、多摩地区で立川が勢いあると言われますが、まだまだ八王子も捨てたものではないなと感じさせ、たまにネットの掲示板を読むと負けているのは間違えでハコものに入るものが偏った業種(例を挙げるとパチンコ屋や遊戯関係、美容院、居酒屋)が多過ぎたり、一等地に平気でマンション建築を許す行政の姿勢を疑問視します。

○8272列車…この列車と言うと3番線に入線するパターンが長い事定着して頭にあったのですが、ダイヤ改正後の列車の予行演習でしょうか3番線と4番線の間に入線しました(5270列車の一本北の線です)。先程、有隣堂に立ち寄った際に最新号の『東京時刻表』を見ると12〜13時台の八王子折返しは現状通りでこの様なスタイルとなっています。編成は全車タキ1000で未撮影だった昨秋新製の866番が撮れて前半はパーフェクト。後半の3両が未確認で何処に居るのか気になります。
△根岸
EH200−9
タキ1000-468 JOT[E]/根岸
タキ1000-784 JOT[E]/根岸
タキ1000-425 JOT[E]/根岸 全検20-7-8川崎車、自重17.0t
タキ1000-255 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-257 JOT/郡山 無
タキ1000-479 JOT[E]/根岸
タキ1000-564 JOT/根岸 無
タキ1000-578 JOT/根岸 無
タキ1000-588 JOT/根岸 無
タキ1000-614 JOT/根岸 全検20-9-5川崎車、自重17.1t
タキ1000-770 JOT[E]/根岸
タキ1000-866 JOT/根岸 新製20-10-15日車、自重17.2t

 この間で到着する試運転のEF65 1089[JRF色]はいつも横浜線のホームの外側に止まる所が前の方へ行って電車待ちの間に見られるかなと思ったら入庫した様子です。

○80列車…普段よりやや長い15両編成で到着するもその分が先週8272列車で来た顔触ればかりです。
△根岸
EH200−5
タキ1000- 45  JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-599 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-584 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-261 JOT/郡山
タキ1000-363 JOT/郡山
タキ1000-166 JOT[E]/郡山
タキ1000-145 JOT[E]/郡山
タキ1000-880 JOT/根岸 新製20-10-31日車、自重17.2t
タキ1000-761 JOT[E]/根岸
タキ1000-605 JOT[E]/根岸 全検20-7-11川崎車、自重17.1t
タキ1000-196 JOT[E]/郡山
タキ1000-423 JOT[E]/根岸 全検20-7-30川崎車、自重17.1t
タキ1000-296 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-583 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-569 JOT[E]/根岸 無

 帰り道に昼食を仕入れるといつもローソンに寄るマスターが選んだのはセブンイレブンの八王子らーめんでタマネギのみじん切りがちゃんと添えられて帰ってから蓋を開けると底にゼラチン状のスープが張ってありました。この間、仙台へ出掛けた際に仙台駅の新幹線の真下に牛タン屋や寿司屋を一堂に集めたコーナーがあったのを思い出して八王子駅の南口にオープンする駅ビルには八王子ラーメンや高尾山のとろろそばと言った地物の麺料理屋さんが揃わないかなと密かに思っております。

 今日から雪が降るので暫くは養生の日々が続きます。

|

« H21.03.02 高崎周辺(その3) | トップページ | H21.03.09 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H21.03.03 八王子駅:

« H21.03.02 高崎周辺(その3) | トップページ | H21.03.09 八王子駅 »