« H21.03.02 高崎周辺(その1) | トップページ | H21.03.02 高崎周辺(その3) »

2009年3月 3日 (火)

H21.03.02 高崎周辺(その2)

 いつも高崎へ来る時は倉賀野で5772列車、4070列車と見て駅弁の昼食を済ませるのですが、今回は少しこの辺を調整して5772列車を調査してからのランチタイム。時計が正午前なので遅めの朝食、早めの昼食の時間帯に参上し、『おかみの太鼓判弁当』もユニークだなと思いつつも縁起を担いで『だるま弁当』を選び、再び2・4番線に戻って2番線側の自販機で『朝の茶事』のホットを買ってから待合室での昼食。外が寒いとこの場所は良いものの、山菜が結構塩辛く煮付けていました。構内にはEF81の134号機や茶色に白帯が入ったEF64の1001号機が丁度顔を出しました。

 高崎から倉賀野までは11時32分発の上野行き(894M、クモハ211-3013×10)に乗ります。先頭のクハ210に乗ると武蔵野線の205系や青梅・五日市用の201系の様にドアの脇にアクリルの風除け板が付けられて後で他の車を見るとC編成は両端(1、10号車)に取付けている事が確認出来ました。乗った先頭はクハ210の3013番。倉賀野で降りた所で(上野方面へ向かって左サイド)側面の痛々しい姿を見てちょっと前の『鉄道ファン』で両毛線の踏切事故に遭って廃車になったサハ211の車体の一部を継ぎ足した何て記事を読んだ事があります。

○4070列車…マスターが電車から降りるとすぐ4番線に牽引のEF65が到着し、編成はいつもの様に青一色のタキ1000を連ねて4番線のホーム伝いに止まっている様子を見ると20両編成だと最後尾がはみ出る格好で止まりますが、今日は現車19両編成。大半が今年中に全検入場するナンバーです。
△川崎貨物(浮島町)
EF65 1062[冷風]
タキ1000-456 無
タキ1000-646 石油類)黒地
タキ1000-643 無
タキ1000-450 無黒
タキ1000-652 常)郡山、無黒
タキ1000-647 石油類)黒地
タキ1000-446 A重専用、石油類)黒地
タキ1000-663
タキ1000-455 無
タキ1000-648 無
タキ1000-453
タキ1000-333
タキ1000-667 石油類)黒地
タキ1000-665 無
タキ1000-447 A重、石油類)黒地
タキ1000-666
タキ1000-335 A重、石油類)黒地
タキ1000-644
タキ1000-645 無
※全車OT[r]/倉賀野■

 一通り見て12時2分発の上野行き(896M、クハE231-6028×10/宮ヤマU528編成)で新町へ向かいます。前は何度か5772列車が通過する頃合いに来たのですが、たまには4070列車の通過する様子を収めるべく調整して参上しました。前身の5766列車時代は下りの待避線で浮島町発のタンク車が一休みしてそれから岡部で当時、安中からの貨車を連結した根岸行きと見て来る事が多かったものの、95Km/hにスピードアップしてからは初めてです。1番線から3番線へ。強風の影響でしょうかやや遅れている様子で『水上』+『草津』2号が先に通過してそれから4070列車の通過。一仕事終えると4073列車の準備をしてまたまた期限延長のナンバーをピックアップ。

 再び倉賀野は新町12時49分発の特別快速・高崎行き(3610E、クハE231-8524×10/横コツK-24編成)に乗って戻ります。

○4073列車…待ってましたと言わんばかり、いつもの様に矢羽根のタキ1000を20両連ねて到着。地元の調査は芳しくありませんでしたが、この間は『土日きっぷ』を使っての郡山行きもあって見る事が多く、今回は久し振りに740、739番と後2両に固まっていました。

EH200−11
タキ1000-717 無黒
タキ1000-728 無
タキ1000-742
タキ1000-706
タキ1000-711 無
タキ1000-737 無
タキ1000-727 無
タキ1000-695
タキ1000-709
タキ1000-744 無[車票]
タキ1000-722 無[車票]
タキ1000-694
タキ1000-750 重油専用、石油類)黒地
タキ1000-730
タキ1000-743 無
タキ1000-697 無
タキ1000-704 新製19-2-2日車(24-5-25切)、自重17.2t
タキ1000-703 新製19-2-2日車(24-5-25切)、自重17.2t
タキ1000-740
タキ1000-739 無
※全車OT[r]/川崎貨物◎

○5882列車…いつも来る時に限ってコンテナ車だけでしたが久し振りにタンク車混結とご対面。北袖行きメインでしたが、連結していたのは浜五井行きと12月に復活した甲子行きの組み合わせ。後者でタキ1000の組み合わせは初顔合わせ。倉賀野行きは8885〜5882列車は確定ですが、他の着地も追々確認して参ります。京葉臨海〜倉賀野の高速化の影響でしょうか根岸から移動したタキ1000の姿も確認。
△蘇我(浜五井、甲子)
EF210−123
コキ50959 熊谷タ行き
コキ51136 ↑宮城野行き
コキ52625 ↓
タキ1000-680 JOT/根岸 ↑浜五井行き
タキ1000-629 JOT/根岸 ↓ 全検20-10-10川崎車、自重17.0t
タキ43494   OT[r]/八王子   ↑甲子行き
タキ43601   OT[r]/郡山 A重
タキ1000-392 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-8-11川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
タキ43619    OT/宇都宮タ● [旧JOT/郡山]全検19-7-13川崎車、16.0t 常)浜五井
タキ1000-399 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-4-25川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-389 OT[r]/宇都宮タ■ ↓ 全検20-7-19川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-396 OT[r]/宇都宮タ■ 浜五井行き 全検20-4-3川崎車、自重17.2t 石油類)黒地 

 久々のタンク車入りを見たのか機関車の目の前に辿り着いたのが小田原から来る特別快速の到着間際。シャッターを切って13時55分発の高崎行き(3620E、クハE231-8516×10/横コツK-16編成)に飛び乗ります。この頃には客車ヤードの構内で同じE231系のクハE231-6017×10(宮ヤマU517編成)が昼寝中。

 高崎駅へ戻って来た所で4番線、5番線と115系が顔を並べてデジカメ片手の御仁が多い事で最近では少々懐かしい風景を見て改札を出てモントレーのスターバックスで一休み。駅ビルのリニューアル工事中も手伝って南側の階段が見える窓が覆われてカウンター席は暗めなり。テーブルも普段の位置から移動したものもあって少々殺風景な感がします。それから、物産館を覗いて『朝の茶事』の小さい方のペットボトルを頂くと自販機で売るものと店頭(KIOSKやNEW DAYS)で売るものと頂部が違う点に注目。

 最後の倉賀野詣では14時50分発の高麗川行き(238D、←キハ110-207+220+222/高タカ支所)に乗ります。先頭のキハ110は今朝越生で擦れ違った224D(←キハ110-207+112-209+111-209)の先頭で来たのと同じナンバーで前にキハ111+112で701系やE127系、211系の旧サロ124・125等と同様の側面LED幕を装着した車を見ましたが、205系の正面幕の様に和文、英文と交互に切り替わるタイプを初めて確認しました。この列車では卒業式帰りの高校生が乗っていたので風は寒いものの、雰囲気だけでも季節感を感じさせます。高崎を出発した所で上信151系が501系同様、白地にグリーンのストライプに塗替えた編成を発見。

○3096列車…月曜日らしく積んでいるコンテナも少なく、普段満載のこの列車も空車が3両あります。乗車リレーの途中で見た時を思い出します。
←新座タ EF210-5+コキ104-1374+1799+296[広島タ行き]+1557+1002○(全検20-4-2川崎車)[名古屋タ行き]+1849○+106-611+104-2391[新座タ行き]+2835○(大阪タ行き)
※○=空車

○5771列車…普段はオイルターミナル、JOT車の混結ですが、久し振り(H18夏頃以来)のオールJOT車の短編成。先頭はタキ43000ラストの243885番、黒塗りはOT→JOT車が続き、43108番は初顔合わせ。

EF65 1050[JRF色]
タキ243885  JOT/郡山 全検20-11-4川崎車、自重16.1t 無
タキ1000-302 JOT/郡山
タキ43108   JOT/郡山[旧OT/倉賀野] 全検20-8-19川崎車、自重15.1t 常)根岸、トケ、石油類)青地
タキ1000-276 JOT/郡山 無
タキ43369   JOT/郡山 全検20-6-13川崎車、自重15.7t 常)根岸、トケ
タキ243806  JOT/郡山 全検19-11-22川崎車、自重16.0t

○5775列車…コンテナ車は月曜日らしく短めの編成、機関車の無動回送付き。
←EF65 1079[冷風]+EF65 1095[JRF色、冷風](無動)+コキ51577+52077+50771(全検20-8-5郡山車)[隅田川発]+104-200+5021[越谷タ発]

○5881列車…日照時間が延びたのでこの列車まで見て風が強いながらも現車データが見られなかったナンバーも確認出来て嬉しくなりました。

EF65 1035[JRF色]
タキ44520   OT[r]/宇都宮タ● 全検19-6-5川崎車、自重16.1t
タキ44009   OT[r]/宇都宮タ 全検20-7-28川崎車、自重16.1t
タキ1000-176 JOT/郡山
タキ43139   JOT/根岸
タキ243824  JOT/郡山 全検20-3-28川崎車、自重16.2t
タキ243727  JOT/郡山
タキ1000-272 JOT/郡山 無
タキ1000- 66 JOT/郡山 無
タキ43543   OT/宇都宮タ●[旧JOT/郡山] 常)四日市
タキ43381   OT[r]/倉賀野
タキ43565   OT[r]/八王子
タキ1000-668 OT[r]/宇都宮タ■
タキ43327   JOT/浜五井 全検18-5-13川崎車、自重15.8t
タキ1000-819 JOT/浜五井
タキ1000-366 JOT/郡山
タキ243861  JOT/郡山 全検20-9-6川崎車、自重16.0t 無
タキ38031   JOT/郡山 全検20-2-23川崎車(25-7-27切)、自重17.0t

 続きはこちらです。

|

« H21.03.02 高崎周辺(その1) | トップページ | H21.03.02 高崎周辺(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H21.03.02 高崎周辺(その2):

« H21.03.02 高崎周辺(その1) | トップページ | H21.03.02 高崎周辺(その3) »