« H21.02.17 八王子駅 | トップページ | H21.02.21 郡山周辺(その1) »

2009年2月20日 (金)

H21.02.20 八王子駅

 スターバックスのコーヒーセミナーがあるので早めに出掛けて色々とネタ探しをして明日、明後日必要なものの調達や軍資金を引き出します。本来なら午前中の内から出たかったものの、雨降りが激しく止んで来た頃を見計らって出掛けました。

 西八王子からは正午を少し回った南大通り経由の八王子駅南口行きに乗ってドア間が結構埋まって市民会館は公民館で行なわれている健康診断帰りのお客さんが多い様子でまたまた工事に引っ掛かって10分程で到着。

 南口から改札口に入ると今日、明日とNREのホームページで紹介された通り駅弁大会がコンコースで行なわれて関東や東北、新潟地方は勿論、名古屋駅や北陸地方、神戸駅の引っ張りだこや小倉駅の駅弁と"NRE=東日本"の枠を超えて広範に揃っています。

○8272列車…久し振りにDE10の無動回送付きを見るもタンク車は6両と短め。
△根岸
EH200−17+DE10 1556[正面朱色/無動回送]
タキ1000-194 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 全検20-5-16川崎車、自重17.1t
タキ1000-505 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-147 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-874 JOT/根岸 新製20-10-31日車、自重17.2t
タキ1000-196 JOT[E]/郡山

 この後に試運転のEF65が到着して後で豊田から戻る所で擦れ違ったのでダイヤ改正後のタンク高速列車のダイヤだなと思ったらその通り。今日は1000番代ラストの1139号機が登板。

○80列車…いつもの長さながら見る機会が少ないA重油専用車が後方に続き、エネオスマーク貼付後初顔合わせ。
△根岸
EH200−901
タキ1000-288 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-561 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-478 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-607 JOT[E]/根岸 全検20-7-17川崎車、自重17.2t
タキ1000-846 JOT[E]/根岸
タキ1000-256 JOT/郡山 トケ
タキ1000-870 JOT/根岸 新製20-10-15日車、自重17.2t
タキ1000- 31 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-107 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-111 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-122 JOT[E]/郡山 A重

 ここまで終わると80列車の後に到着する八王子折返し(13時01分発の東京行き)で豊田まで乗ります。滅多に乗れない始発電車で余裕あり。ウッカリしたのかオイルターミナルに止まっていたタンク車が壁で遮られたのか読めず、折り返して改めて見返すと西上田常備のタキ43266が入っていました。浅川の鉄橋を渡って豊田の車庫にはモモずきんのステッカーが目立つクハ189-14×6や久々に蔵出ししたクハ201-1と見ながら到着。

 豊田で降りた所で次の八王子行き(13時11分着)に擦れ違い、奇しくも編成が1本違い。改札を入り直してバス乗り場の案内には9月一杯で閉園する多摩テックの文字が見えてこれも今秋以降、交換されるのではと気になります。ホンダの経営で名古屋や四日市へ行く際、四日市から津を走る伊勢鉄道に鈴鹿サーキット稲生駅があり、この鈴鹿サーキットと多摩テックが同じ会社で経営している事が後で知って意外な繋がりがあります。

 再び八王子駅へ戻って今度は浜五井行きの2080列車を待ちます。

○2080列車…思ったよりやや短い11両編成で到着し、一昨年の新製分で早いナンバー(四日市→浜五井移動車)を頑張って撮影しました。快速電車の間隔がやや空きがちなのか列が長いので今度、休日ダイヤを狙って撮り直します。
△蘇我(浜五井)
EH200−15
タキ1000-804 JOT/浜五井
タキ1000-822 JOT/浜五井
タキ1000-355 JOT/郡山
タキ1000-803 JOT/浜五井
タキ1000-805 JOT/浜五井
タキ1000-820 JOT/浜五井
タキ1000- 65 JOT/郡山 無
タキ1000- 66 JOT/郡山 無
タキ1000- 91 JOT/郡山 無
タキ1000-182 JOT/郡山 石油類)グレー
タキ1000-137 JOT/郡山

 これが終わると最初は『はなまるうどん』辺りで軽く済ませようと思った所、そろそろ開始時刻が迫って来たので仕方なく駅弁大会を覗いて明日、明後日のお楽しみと思いましたが、我慢出来なく(?)選んだのは『ますのすし』の小箱サイズで以前は『富山ます弁』のネーミングで売られていたのでいつの間にか改称したのでこれなら遅めの昼食に良いかな?と思った次第でそれから京王プラザホテルへ行き、今日のコーヒーセミナーは奥様方4名と混じって参加し、説明役のパートナーさんのお兄ちゃんも顔馴染みで内容的に退屈するものの百も承知で復習のつもりで聴き入ります。定員4名の所何とか入り込めて良く、鉄道友の会の見学会で参加者を募ったところ、多少オーバーして時折、先方のご好意で少し余分に受け入れたのと同じ感覚です。帰り際に一昨日からのシールをゲットして京王八王子駅のショッピングセンターも少しずつ模様替えが進み、9階の本屋さんで『サライ』をPASMOで買い、8階のアートマンで遠征用のA5リングノートを仕入れ、帰りは館ケ丘団地行きのバスに乗ると何と、お昼頃乗った南大通り経由のバスと同じ車に当たって前輪の後に腰掛け、今度は覚束ない走りっぷりで来たので新人さんかな?と言った感じのハンドリングでした。この頃になるとすっかり、朝の雨降りがウソの様に晴れ渡りました。

 帰り道にいつも立ち寄るローソンのレジにブラックサンダーが置かれていたので同じJRでも東日本直系のお店はあるものの、貨物がフランチャイジーのコンビニでもとうとう入る様になりましたが、『ブラック』の部分を『ブルー』に貼り直したら面白いのではと思うのはマスターだけでしょうか。

 明日、明後日と『土日きっぷ』を使って南東北の様子をご紹介しますのでご期待下さい。

|

« H21.02.17 八王子駅 | トップページ | H21.02.21 郡山周辺(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H21.02.20 八王子駅:

« H21.02.17 八王子駅 | トップページ | H21.02.21 郡山周辺(その1) »