« H21.02.11 八王子駅(その1) | トップページ | H21.02.11 八王子駅(その2) »

2009年2月12日 (木)

H21.02.11 大宮周辺

 八王子から中央線で西国分寺まで乗り、8273列車や2083列車は空振り。立川に入ると『ホリデー快速河口湖』1号のクハ189-14×6に擦れ違い、正面のモモずきんや側面の山梨県各地の景色と賑やかに貼られております。

 武蔵野線から埼京線に乗り換えて大宮へ。乗った編成(クハ205-126×10/宮ハエ18編成)にサハ204の901番が入っていたので22番線での折り返す間に車内を覗いて3月ダイヤ改正に合わせてオープンする西大宮駅の準備に向けて今日から時刻修正を行うポスターを収めて11番線へ。総合車両センターの構内やEF81 93(北斗星色)の単機が現れ、宇都宮タからの工臨はEF65 1118(レインボー色)+ホキ1875+1156(宇都宮タ)の編成で到着。

 早めにさいたま新都心へ向かい、大宮10時26分発の上野行き(572M、クハE231-6028×10/宮ヤマU528編成)に乗ります。

 大宮操の発着線には新座タ→宇都宮タの4097列車が一休み。先程、武蔵野線の車窓で見たのはこの列車の前6両。2両目のコキ104-600には西濃運輸のU30B(ベージュ1、紺色2)が積載。中盤から後半を出発までメモ。

○8780列車…タキ1000中心の10両編成で最後尾のタキ43278は先月、西国分寺で確認した5561列車に入ったナンバーの1両でここでようやく現車データをキャッチ。
△根岸
EF65 1049[JRF色]
タキ1000-238 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-237 JOT[E]/根岸
タキ1000-479 JOT[E]/根岸
タキ1000-564 JOT/根岸 無
タキ1000-295 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-863 JOT/根岸 新製20-10-15日車、自重17.2t
タキ1000-788 JOT[E]/根岸
タキ43426    JOT/郡山 トケ
タキ1000-768 JOT[E]/根岸
タキ43278    JOT/根岸 全検20-4-19川崎車、自重15.7t トケ

 この後は改札を出て線路沿いの道路から3097列車の様子を確認しました。
←熊谷タ EF65 1060[JRF色]+コキ52680+50555+53348[隅田川→倉賀野]+50994+52700+52927[隅田川→熊谷タ]+53341+51731+51138+51256+252772+251870[札幌タ→熊谷タ]+104-1201(全検20-3-13広島車)+2218+2359+2272+106-1052[越谷タ→熊谷タ]+826+1134+104-256+792(全検20-10-29川崎車)+1881[越谷タ→倉賀野]
注目するコンテナではコキ104-2272にUT20A-5195(みなと運輸、塩化ビニール樹脂)、コキ104-792にヤンマーUF16A-518が積載

 このころ、札幌タ発の2052列車が通過するとコキ250000よりもコキ104や106が多くなり、コキ107も1両混じっておりました。

 再び大宮駅へは新都心11時13分発の小金井行き(563M、クハE231-8063×5+6023×10/宮ヤマU105+U523編成)に乗ります。

 大宮で降りると同じホームにある『あじさい茶屋』で軽い昼食を取って新メニューの牛肉きんぴらそばを頂きます。間違えてキムチが盛られてしまい、思わぬ得をしてこの間、高尾山へ登りに行った帰りにケーブルカーの前で食べたおそば屋さんのとろろそばに白菜が添えられていたなと思い出しました。一旦改札を出て3・4番線へ向かいます。

○5592列車…全車越谷タから隅田川貨車区へ交検入場するコンテナ車ばかりです。
←隅田川 EF65 1056+コキ104-773+53227+50035

○3094列車…年末に見たときは短い編成でしたが、普段よりやや短い12両編成で通過しました。早々タキ1000-70が全検を出場している様子を確認しています。全車ENEOSマーク入り。
←根岸 EF65 1061[JRF色]+タキ1000-428+505+147+244+833+70+371+372+35+
43+133+42

○5584列車…タキ43000が目立つ顔触れでこの冬は黒塗りタキ43000の再侵攻の影響でしょうかタキ38000が例年に比べると影が薄い様子です。
△川崎貨物(浮島町)
EF210-111
タキ43600   OT[r]/南松本 A重、石油類)黒地
タキ44001   OT[r]/南松本
タキ43150   OT[r]/西上田
タキ38129   JOT/仙台北港
タキ43158   OT[r]/倉賀野●
タキ43192   OT[r]/郡山
タキ43456   JOT/郡山○
タキ43164   OT[r]/倉賀野
タキ43549  OT[r]/宇都宮タ● トケ
タキ1000-403 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-6-21川崎車、自重17.2t
タキ43028   OT[r]/西上田
タキ43348   OT[r]/西上田
タキ43528  OT[r]/宇都宮タ● トケ
タキ43382   OT[r]/倉賀野
タキ43513    OT[r]/西上田●

 そのまま同じ4番線から12時5分発の宇都宮線からの上野行き(586M、クモハ211-3015×10/高タカC15編成)でさいたま新都心へ向かいます。

 さいたま新都心ではこのまま5772列車を待つものの、時間に余裕があったので一旦改札を出て再入場します。

○5772列車…いつも通りの顔触れでJOT車はH8新製車が目立ちます。年末は外しましたが、タキ1000のトップナンバーと漸くご対面。
△浜川崎
EF65 1055[JRF色]
タキ1000-566 JOT/根岸
タキ1000-277 JOT/郡山 無
タキ1000-451 JOT/根岸 石油類)青地
タキ1000-280 JOT/郡山 無
タキ1000-279 JOT/郡山 無
タキ1000-275 JOT/郡山 無
タキ1000-454 OT[r]/倉賀野 無
タキ1000-246 JOT/郡山 無
タキ1000- 1 JOT/郡山 全検20-7-16川崎車、自重16.8t (A重)
タキ1000-336 OT[r]/倉賀野 A重、石油類)黒地
タキ1000- 6 JOT/郡山 (A重)
タキ1000-664 OT[r]/倉賀野 無黒
タキ1000-443 OT[r]/倉賀野
タキ1000-243 JOT/郡山
タキ1000-273 JOT/郡山
タキ1000-449 OT[r]/倉賀野

○5970~5683列車…一杯よりやや短い18両編成で到着。確認する度いつも期限が延びたタキ43000も10月中に相次いで全検入場でピカピカに。
△宇都宮タ
EF210-112
タキ44005   OT[r]/西上田
タキ43632   OT[r]/倉賀野●
タキ43403   OT[r]/郡山●
タキ43349   OT[r]/郡山 全検20-6-1川崎車、自重15.7t
タキ38038   JOT/郡山
タキ38082   JOT/仙台北港
タキ43018   OT[r]/郡山
タキ43350   OT[r]/倉賀野 無黒
タキ43302   OT[r]/倉賀野
タキ1000- 12  OT[r]/倉賀野■
タキ38088   JOT/郡山 全検20-4-28川崎車、自重17.1t
タキ43328   OT[r]/八王子● 石油類)青地
タキ1000-381 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-8-23川崎車、自重16.9t
タキ43353   OT[r]/倉賀野 全検20-10-15川崎車、自重15.6t
タキ1000-459 OT[r]/宇都宮タ■ 石油類)黒地
タキ43004   OT[r]/郡山
タキ43354   OT[r]/南松本 全検20-10-25川崎車、自重15.6t
タキ43185   OT[r]/倉賀野

 さいたま新都心から大宮は12時43分発の宇都宮行き(575M、クハE231-8022×5+6012×10/宮ヤマU60+U512編成)に乗ると、丁度5683列車が貨物線を走っている様子が見えて反対側のドアの窓越しからタンク車の前方を再びチェック。大宮駅に入る所で加速を増して10番線を颯爽と足早に走り抜けました。

○1070列車…こちらも年末に来た時は空振りになりましたが、今や貴重になりつつあるタキ1000のライン入り+エコレールマークと数ヶ月後には見られなくなるので運良く2両とも入っていたのできれいな車より(こちらは今度の土日きっぷで出掛ける時のお楽しみに)こちらの方を頑張って撮影しました。到着を気にしたのか機関士さんも控室から出てきてウォーミングアップ。
△蘇我(浜五井)
EF210-120
タキ1000-310 OT[r]/郡山■ A
タキ1000- 97  OT[r]/倉賀野 A 全検16-4-3川崎車(21-5-10切)
タキ1000- 95  OT[r]/倉賀野■ A
タキ1000-660 OT[r]/宇都宮タ■ 常)郡山
タキ1000-651 OT[r]/倉賀野■ 常)郡山
タキ1000-416 OT[r]/郡山■ 全検20-9-13川崎車、自重17.1t
タキ1000-656 OT[r]/郡山■
タキ1000-653 OT[r]/郡山■
タキ1000-101 OT[r]/倉賀野
タキ1000-417 OT[r]/郡山■ 全検20-11-10川崎車、自重16.8t
タキ1000-373 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-8-1川崎車、自重16.8t
タキ1000-102 OT[r]/倉賀野■ 常)郡山
タキ1000-655 OT[r]/郡山■
タキ1000-462 OT[r]/宇都宮タ■ 千葉貨物→浜五井行き、石油類)黒地
※A=黒油専用

 またまた、改札を入り直して13時09分発の上野行き(594M、クハE231-6047×10+8068×5/宮ウラU547編成+U115編成)で浦和へ向かい、降りたところが丁度、東口と直結した出口で宇都宮・高崎両線の高架化は未だ暫く先のようで当面は地下道をくぐり抜ける格好で向かいます。パルコへ行くと東側の奥にあるスターバックスに立ち寄る習慣が付いてしまい、ここではハニーオレンジラテのトールを頂き、南側のエレベーターが10階にも行くのでこちらで今回は通用口からの出勤よろしく裏手から入ります。

 例会の会場はいつもお出でになる皆さんに加えてマスターと親しいM君やY君、珍しいところではM副支部長や大田サークルに来られる営団地下鉄OB氏と最近は何処の例会もそうですが、集まり具合が今一つながら顔馴染みに会うのもちょっとした楽しみで今回は信号についてのお話で講演されたシニア会員さんも見学会や総会等で顔を合わせた程度で意外な繋がりもあって驚きました。プレゼントも嵩張るものを頂きたくないので引いたら一番手でJR貨物のカレンダーをゲットし、以前『鉄道ピクトリアル』の新車年鑑で毎年新車を紹介する記事を書いていた職員さんがサークルに来られた事があって(残念ながら面識ありませんが………)その伝手で入手しました。列車が走る絵柄だろうと思いつつも、実際はJRグループ共通デザインで貨物用に北九州貨物ターミナルの表紙が使われてそういえば、同じ体裁のカレンダーがマスターが通う近所の床屋さんに掲げてあったなと思い出しました。他にも都営バスのペーパークラフトで三菱エアロスターのノンステップバスと日野の中型車(青梅所属)のものと頂きました。

 夕食は地下に佐世保バーガーの店があるのでY君を誘って出掛け、名物のベーコンエッグバーガーをオーダーしてテーブルが少ないのでテイクアウトで。この後の内容と絡みますが、地元に顔を出す矢羽根のタキ1000を見るべく19時前に退座した次第です。

 末筆ではございますが、私が確認した範囲で京浜東北線のE233系の運用状況をまとめてみました。
・クハE233-1011×10(宮ウラ111編成):21B運用
・クハE233-1013×10(宮ウラ113編成):25C運用
・クハE233-1015×10(宮ウラ115編成):51B運用
・クハE233-1017×10(宮ウラ117編成):19B運用
・クハE233-1018×10(宮ウラ118編成):15C運用
・クハE233-1025×10(宮ウラ125編成):05B運用
・クハE233-1027×10(宮ウラ127編成):15B運用
・クハE233-1039×10(宮ウラ139編成):03B運用

 続きはこちらです。

|

« H21.02.11 八王子駅(その1) | トップページ | H21.02.11 八王子駅(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H21.02.11 大宮周辺:

« H21.02.11 八王子駅(その1) | トップページ | H21.02.11 八王子駅(その2) »