« H21.01.13 大宮周辺 | トップページ | H21.01.17 八王子駅 »

2009年1月14日 (水)

H21.01.13 八王子駅

 埼玉サークルの例会が終わって浦和から南浦和は一駅。上手い具合に21時32分発の府中本町行き(2024E、クハ205-43×8/千ケヨM12編成)に間に合い、南浦和も余裕で空席をゲット。この一本次が結構乗るものの、北朝霞を過ぎると空席が目立つようになりどう言う訳かこの時間は長っ尻の若者が多い様です。新座では本牧から仙台港へ向かう8075列車に擦れ違い、コキ106に海上コンテナが空車が目立つものの、各1個とアメリカのダブルスタックに比べるとこぢんまりした雰囲気です。

 西国分寺から22時04分発の高尾行き(2109H、クハE233-45×10/八トタH45編成)に乗り、前の青梅行きの案内が出ていたので中野で急病人救護の影響で3〜4分遅れとの事。この帰りがお楽しみで10日深夜から11日未明に掛けて国立駅の東側から立川駅の南武線と合流する所までが高架に切り替えられ、短絡線を繋ぐとすぐ高架に上がり、下りの1番線は以前同様、南口に向いて渋滞の名所だった北町の踏切もこれで解消かな?と言った様子で三鷹から武蔵小金井まで上がった時にアイポイントが上がったなと実感し、今度春遠征に合わせて『むさしの』号に乗ろうと密かな腹案があり、武蔵野線〜中央線の短絡線→国立の高架→立川の地平とちょっとの間でアップダウンが楽しめます。余談はさておき、立川で『青梅ライナー』1号の接続を受けて5番線の停車。3分遅れて八王子到着。

○2087列車…西国分寺から乗った電車から下りると真っ先にこの列車を後から順に見て、マスターの芸当になります。先の遅れの影響でしょうか5分遅れで出発。
△篠ノ井(坂城)
EH200−18
タキ1000-106 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-103 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-126 JOT[E]/郡山 (A重)、石油類)黒地
タキ1000-199 JOT[E]/郡山
タキ1000- 15 JOT[E]/郡山
タキ1000-833 JOT[E]/根岸
タキ1000-244 JOT[E]/郡山
タキ1000- 24 JOT[E]/郡山 トケ
タキ1000-623 JOT/根岸 全検20-10-4川崎車、自重17.0t
タキ1000-188 JOT/郡山
タキ1000-570 JOT/根岸 無
タキ1000-237 JOT[E]/郡山
タキ1000-286 JOT[E]/郡山 無青
タキ1000-577 JOT[E]/根岸 無

○5462列車…基本パターンの編成で根岸行きは8093列車で到着した坂城からの返送。タキ1000のH6新製車とH20新製車が目立つ顔触れ。オイルターミナルのタンク車で目新しい所では検査入場前にOT宇都宮タ常備から移籍したタキ43434と隣がトレードする格好でJOT郡山常備からのタキ43554が連結。後者は平成9年まで西上田の常備車で言わば久々の里帰りと言った様子。
△川崎貨物(浮島町)
EH200−13
タキ1000-129 JOT[E]/郡山 ↑坂城→根岸 A重
タキ1000- 53 JOT[E]/郡山
タキ1000- 86 JOT/郡山
タキ1000- 51 JOT[E]/郡山
タキ1000-881 JOT/根岸 新製20-10-31日車、自重17.2t
タキ1000-866 JOT/根岸   ↓ 新製20-10-15日車、自重17.2t
タキ1000-458 OT[r]/宇都宮タ■
タキ43167   OT[r]/西上田
タキ43483   OT[r]/八王子
タキ43432   OT[r]/南松本
タキ43171   OT[r]/南松本
タキ43434   JOT/郡山○[旧OT/宇都宮タ]
タキ43554   OT[r]/宇都宮タ●[旧JOT/郡山] トケ、常)根岸
タキ43513   OT[r]/西上田● 常)浜五井
タキ1000-380 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-5-15川崎車、自重17.1t
タキ43494   OT[r]/八王子
タキ43394   OT[r]/宇都宮タ

 2番線で一通りタンク車を撮り終えると『成田エクスプレス』50号が到着して暫く経ってから5番線へ行き、5275列車で到着して5467列車に乗せる南松本行きのタンク車をチェックして2081列車の到着までは缶コーヒーを仕入れて待合室でシグマリオンの続きにファイリングしたリストのチェックを過ごし、23時を過ぎても『かいじ』の最終があるのでこれまでは甲府の方へ向かうお客さんも居るので空いたと思ったら、間を置かず瞬く間に席が埋まるので景気が悪化して客足が減るだろうと思いつつも現代人の夜型志向が強まってそう減りません。同じ時間帯に地方の駅に居るともう人っ子一人居ない様なとこもあるので東京近郊ではこうも行きません。

 待っていると201系の2本が続いて到着し、先程も大宮で色々思わぬ車を見掛けて早起きは三文の得ではありませんが、またまた思わぬお年玉をゲットし、これは露払いと言った所です。
・クハ201-107×10(八トタH4編成):03T運用→東京行きの終電
・クハ201-128×10(八トタH7編成):75T運用→高尾到着後は豊田へ回送

 暖を凌いでE351系の『中央ライナー』9号の到着と前後して再びホームの外に出て今度は2081列車の到着を待ちます。

○2081列車…一杯の17両編成で来るだろうと思ったらやや短い12両編成で到着。先程は大宮駅で同じ浜五井からの5881列車で結構タキ1000が入っていたので2本合わせると総動員に近い格好で動いておりました。
△南松本
EF65 1070[JRF色]→EH200−16
タキ1000-137 JOT/郡山
タキ1000-182 JOT/郡山
タキ1000-272 JOT/郡山 無
タキ1000- 66 JOT/郡山 無
タキ1000-301 JOT/郡山 無
タキ1000-820 JOT/浜五井
タキ1000-805 JOT/浜五井
タキ1000-803 JOT/浜五井
タキ1000-355 JOT/郡山
タキ1000-806 JOT/浜五井
タキ1000-359 JOT/郡山
タキ1000-822 JOT/浜五井
タキ1000-804 JOT/浜五井

○5478列車…この時期は辰野行きや同じ村井行きでも8093列車〜8684列車で到着する分を含めて一杯来る所、昨日が祝日だった影響なのか基本パターン(5579列車の継送)の村井からの返送車だけで普段の組み合わせに比べると若干薄味です。
△根岸
EH200−901
タキ1000- 28 JOT[E]/郡山 ↑村井発[5579レ]
タキ1000-492 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-772 JOT[E]/根岸
タキ1000-798 JOT[E]/根岸
タキ1000- 72 JOT[E]/郡山
タキ1000-467 JOT[E]/根岸
タキ1000-220 JOT[E]/郡山
タキ1000-216 JOT[E]/郡山 トケ
タキ1000-211 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-265 JOT[E]/郡山
タキ1000-754 JOT[E]/根岸
タキ1000-150 JOT[E]/郡山 ↓

○5470列車…こちらもタキ1000オンリーの編成で祝日を挿んだ影響でしょうか10両と短めに。
△根岸
EH200−19
タキ1000-195 JOT[E]/郡山 トケ
タキ1000-249 JOT[E]/郡山 石油類)黒地、トケ
タキ1000-479 JOT[E]/根岸
タキ1000-567 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-421 JOT[E]/根岸 全検20-7-30川崎車、自重17.2t
タキ1000-585 JOT[E]/根岸
タキ1000-758 JOT[E]/根岸
タキ1000-794 JOT[E]/根岸
タキ1000-847 JOT[E]/根岸
タキ1000-756 JOT[E]/根岸

○5467列車…この頃は『中央ライナー』11号の後続で到着する快速電車で帰宅する機会が多くなり、実際に見るのは昨年の夏以来。浜五井発のタンク車ではタキ44000の移籍車(少し前にオイルターミナル所有だった車です)が入り、浮島町発は通常のオイルターミナル所有のタンク車の他、『スーパーオイルエクスプレス』の列車でお馴染み・矢羽根模様のタキ1000が入っていたのでこれまで灯台下暗しと言った様子でお目当ての電車が到着するまで調査や撮影と普段以上に気合いを入れて頑張りました。後方のコキ50000は篠ノ井派出への廃車予定車の回送です。
△南松本
EH200−9
タキ243854 JOT/郡山 ↑浜五井発[5275レ] 全検20-8-22川崎車、自重15.9t 無
タキ43149  JOT/郡山
タキ43234  JOT/仙台北港 全検20-5-17川崎車、自重16.0t
タキ243698 JOT/郡山 ↓ 無
タキ44152  JOT/郡山○ ↑浜五井発[5972レ](旧OT/倉賀野) A重
タキ44148  JOT/郡山○ ↓ (旧OT/宇都宮タ)
タキ43413   OT[r]/郡山
タキ1000-731 OT[r]/川崎貨物◎ 新製19-1-22川重(24-5-28切)、自重17.2t
タキ1000-725 OT[r]/川崎貨物◎ 新製19-1-10川重(24-5-18切)、自重17.2t
タキ1000-695 OT[r]/川崎貨物◎ 新製18-12-26日車(24-4-15切)、自重17.2t
タキ1000-705 OT[r]/川崎貨物◎ 新製19-2-2日車(24-4-17切)、自重17.2t
タキ1000-701 OT[r]/川崎貨物◎ 新製18-12-26日車(24-2-29切)、自重17.2t
タキ43143   OT[r]/西上田
タキ1000-659 OT[r]/宇都宮タ■ 無
タキ43581   OT[r]/宇都宮タ●(旧JOT/浜五井)
タキ43206   OT[r]/郡山
コキ252290 ↑川崎貨物→篠ノ井(回送)
コキ252317 ↓

 最後で倉賀野や郡山しか行かないと思った矢羽根のタキ1000が現れたのは驚き思わぬお年玉をまたまた頂き、深夜の遅い時間帯でガラの悪そうな兄ちゃんやらケバそうなお姉ちゃんが遊び歩いている者が多いので近年、早めに切り上げる原因はここに出ているので近いうちに5460列車の停車時間を狙って出撃する予定ですのでご期待下さい。

|

« H21.01.13 大宮周辺 | トップページ | H21.01.17 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H21.01.13 八王子駅:

« H21.01.13 大宮周辺 | トップページ | H21.01.17 八王子駅 »