« H21.01.06 八王子駅 | トップページ | H21.01.13 八王子駅 »

2009年1月14日 (水)

H21.01.13 大宮周辺

 埼玉サークルの例会の定例日で浦和へ行き、その前に大宮やさいたま新都心で取材を済ませようと思いました。いつもこの時期はそこそこ頑張っている列車が見られるものの、この冬は景況の影響でしょうか比較的短い列車が多く、落胆する日々が続きます。

 自宅を13時少し過ぎに出発して軍資金をおろして京王のクレジットカードの引き落としも無事完了。PASMOと私鉄車両編成表の代金分です。

 西八王子駅から南大通経由の八王子駅南口行きを乗り通し、一昨日、私用で出た際と同じく日産ディーゼルのノンステップ車に当たりました。到着してから京王プラザホテルのスターバックスでショートラテを一杯頂いて出先にスターバックスがあるのでついつい様子を話すのも楽しみです。大崎のゲートシティ、浦和のパルコ、本部の最寄駅・市ヶ谷とあるのでこれも偶然かな?。

 大宮には15時過ぎに着きたいので上手く間に合うかなと八王子14時03分発の快速電車で西国分寺まで乗り、西国分寺の西側から立川の南武線と合流する手前がこの11日に下り線の線路が高架に切り替えられて丁度、私が乗った電車が走る頃には『スーパーあずさ』19号が高架を下りて立川駅へ向かって疾走しました。オイルターミナルのタンク車も先週来た時はタキ1000-460が居たものの、今日はタキ43268がたった1両だけ。

 西国分寺で乗り換えの間根岸→宇都宮タの5561列車が4番線を通過。後で調べた所、タキ43278が全検出場後、浜川崎から移った様子です。
←宇都宮タ EF210-136+タキ43278+1000-846E+360E+688E+353E+271E+258E+284E+192E+578E+283E+764E+836E+17E+785E+43455
※E=タキ1000のENEOSマーク入り

 西国分寺から14時36分発の海浜幕張行き(1445E、クハ205-147×8/千ケヨM63編成)で武蔵浦和へ。もう1両前だったら205系のモハユニットの400番とキリ番に当たったものの、乗った5号車は宝くじで言う前後賞と言ったところ。おみくじでは中吉なり。新座タの発着線に転がっていたコキ104の中にはセノハチの最後尾限定で組成された10001番を発見。当ブログでも良く登場する梶ヶ谷タ→竜王の列車で一回見たきりでなかなか捕まりません。武蔵浦和の短絡線では大宮方面へ向かう倉賀野行きの5960列車(〜5881列車)が通過してドアの窓越しからちょっぴり予習。立っていると大学生か若手社員なのか分かりません突っ立っているカップルが邪魔臭い印象がしました。

 武蔵浦和から快速川越行きのりんかい線70-000系(1485K、TWR70-060×10)で大宮まで乗ります。考えてみるとここまで昨年、自らBトレで組み立てたなと思い出しました。

 大宮駅の到着はやや余裕を見たものの、ほぼ時間通りに到着。

○5881列車…年越しの宿題で青一色塗りのタキ1000や黒塗りタキ43000もそこそこ発見。ツートンカラーが多かったので44t車かなと思ったら地元で見る機会が多いタキ1000が続いて拍子抜け。
△倉賀野
EF65 1095[JRF色]
タキ1000-170 JOT/郡山 無
タキ44519    OT[r]/宇都宮タ● 全検19-5-17川崎車、自重16.1t
タキ1000- 91 JOT/郡山  無
タキ243693   JOT/郡山 石油類)グレー
タキ1000-821 JOT/浜五井
タキ43281    JOT/郡山 全検20-7-4川崎車、自重16.0t(青→黒塗り)
タキ44016    OT[r]/宇都宮タ
タキ43555    OT[r]/宇都宮タ● トケ
タキ1000-658 OT[r]/宇都宮タ■ 常)郡山
タキ1000-162 JOT/郡山 無
タキ1000-300 JOT/郡山 無
タキ43270   OT[r]/倉賀野
タキ43135   OT[r]/郡山
タキ243861   JOT/郡山 全検20-9-6川崎車、自重16.0t
タキ243780   JOT/郡山 全検19-12-7名古屋車、自重16.0t 石油類)グレー
タキ243850   JOT/郡山 全検19-12-26名古屋車、自重16.0t 石油類)黒地
タキ243695   JOT/郡山 石油類)グレー
タキ1000-242 JOT/郡山
タキ1000-394 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-4-30川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
タキ1000-387 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-7-28川崎車、自重17.1t

 大宮からさいたま新都心へ上野行き(634M、クハE231-6014×10/宮ヤマU514編成)に乗ります。待っている間に普段は新宿から東武へ直通する特急列車を担当するクハ481-1017×6が5番線で一休み。ピカピカになっていたので全般検査上がり立てだなと実感し、年末に来た時は『彩野』の189系がピンチヒッターになっていましたね。丁度この間で5561列車にすれ違い。

○5763列車…需要のピーク時で根岸発含めて20両は行くかな?と勘ぐったところ、浮島町発の14両と少々物足りない気がします。エコレール未貼付の黒塗りや八王子のオイルターミナル基地が開設されたときから常備されていたタキ43018がいつの間にか郡山常備に変わって驚きました。一休みしている右手には長岡のEF64 1030が控えてこれからE233系のお迎えかな?
△倉賀野
EF210-125
タキ44128 OT[r]/西上田● 全検18-12-22川崎車、自重16.5t 常)仙台北港
タキ44018 OT[r]/郡山
タキ43026 OT[r]/西上田 石油類)黒地
タキ44118 OT[r]/倉賀野●
タキ44125 OT[r]/南松本
タキ43021 OT[r]/南松本
タキ43018 OT[r]/郡山(旧・八王子)
タキ44007 OT[r]/郡山
タキ43172 OT[r]/南松本
タキ43625 OT/倉賀野● 全検19-5-8川崎車、自重16.2t 石油類)黒地
タキ43273 OT[r]/倉賀野
タキ43392 OT[r]/宇都宮タ
タキ43355 OT[r]/南松本
タキ43402 OT[r]/宇都宮タ

○5593列車…普段は日通エコライナー31のヤマト運輸や全国通運版の31フィートコンテナが見られるものの、空車のコキ104ばかりの編成で現車3両。
←宇都宮タ EF65 1083[JRF色/赤プレート]+コキ104-771+2509(越谷タ→隅田川・交検車)+1455(隅田川発・試運転)

○5381列車…牽引機にレインボー色のEF81 95が当たって編成はタキ15600×13+トキ25000×4の編成。

○8685列車…後方はタキ1000が続く荘厳な顔ぶれで3月のダイヤ改正から高速化を思わせる雰囲気ですが、京葉・宇都宮タ間は現状維持。タキ1000のキリ番、400番が連結していたものの、照り返しがきつく、撮影は期を改めて。
△宇都宮タ
EF65 1094[JRF色]
タキ43453   OT[r]/宇都宮タ
タキ43184   OT[r]/倉賀野●
タキ44005   OT[r]/西上田
タキ44001   OT[r]/西上田
タキ1000-400 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-7-17川崎車、自重17.3t
タキ43611   OT[r]/倉賀野●  
タキ43607   OT[r]/宇都宮タ●
タキ1000-674 OT[r]/宇都宮タ■
タキ1000-676 OT[r]/宇都宮タ■
タキ43600   OT[r]/南松本 A重/石油類)黒地
タキ1000-673 OT[r]/宇都宮タ■
タキ1000-672 OT[r]/宇都宮タ■ 石油類)黒地
タキ1000-675 OT[r]/宇都宮タ■ 無黒
タキ1000-661 OT[r]/宇都宮タ■
タキ1000-403 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-6-21川崎車、自重17.2t
タキ1000-662 OT[r]/宇都宮タ■
タキ1000-404 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-11-12川崎車、自重17.0t
タキ1000-669 OT[r]/宇都宮タ■ 無黒
タキ1000-670 OT[r]/宇都宮タ■ 石油類)黒地
タキ43627   OT[r]/郡山● 全検19-8-7川崎車、自重16,1t

○5882列車…秋頃までは日によってはタンク車が入らなかったものの、冬モードに入るとパワー全開。浜五井行きの車は5881〜5884列車に集約したのかオイルターミナルの北袖行きが目立ちます。タキ43000の黒塗りでは43620・43606(宇都宮タ常備)・43632・43207(倉賀野常備)・43519(西上田常備)・43575(八王子常備)と連結。タキ43418がオイルターミナルの倉賀野常備→JOT郡山常備に移籍、タキ1000の青一色は406・389・386(宇都宮タ常備)が連結。

 一通り調査を終えると一旦改札を出て線路沿いの道路の歩道から5763列車の様子をチェックし、南側の最初の交差点からエコレールマーク無しのタキ43625の証拠写真を撮ってから再びゲートイン。

 再び大宮へはさいたま新都心16時46分発の宇都宮行き(627M、クハE231-6014×10/宮ヤマU514編成)に乗車。丁度、大宮駅から向かう際に乗ったのと同じ編成が到着して上野まで行っている間に留まっていた事になります。

 大宮駅に着くと先ずは北側の改札を一旦出て(新都心→大宮→浦和と一歩間違えたら疑われますからね)再びエキュート側の改札口に入って暫く中をブラブラして『旨囲門』で夕食用の駅弁を仕入れて鶴太郎プロデュースの『50周年小唄寿司』や新潟駅の『鮭の焼漬弁当』も悪く無いなと思いつつも手に取ったのは仙台駅の『北の漁師めし』を頂き、ご飯は名物の『鮭はらこ飯』に卵そぼろにトビッコが添えられておかずは煮たホタテ貝に切り干し大根とひじきの煮物、焼いた鮭に刻んだホッキ貝とホッキ貝の貝殻に網に見立てたレースの飾りは両の風景をイメージして盛り付けられています。それから11番線へ行って東京タや新座タから新潟、羽越経由の秋田貨物行き2091列車の通過を見ます。EF64 1007の牽引で前13両のコキ50000が新座タ発、後7両のコキ106は空車が多いものの、タンクコンテナが多くISO20フィートや信越化学の輸送用で使われる青い渦巻きが賑やかなボルテックス・セイグンのものも発見。コキ104がメインの頃は1時間程遅く10分近く止まっていたので良く遠征の帰り道に編成調査して楽しみましたが、平成15年頃から現在のコキ50000+コキ106体制に切り替わってから楽しみが減少(?)した分、身近な所でも見られるので今となってはおあいこかな?この前にはクハ185-204×7(東チタB2編成)が到着してこの時期は初詣の団体列車も運転されるのでどんな列車かなと勘繰ると宇都宮線の『ホームタウンとちぎ』や高崎線の『あかぎ』で運用する車を田町から東大宮へ回送するものと思われます。

 それから京浜東北線のホームへ移動して17時40分発の大船行き(1705C、クハ209-61×10/宮ウラ60編成)で浦和へ向かいます。右手に腰掛けて擦れ違う電車をチェックして楽しみ、与野では丁度、隅田川から新潟へ向かうワム80000を連ねた5789列車に擦れ違い。

 浦和に着くと会場のあるパルコへ行き、スターバックスで年末から売り出されたティーラテを目当てに品定めするとアッサムラテは品切れでラベンダーラテをマグで頂き、丁度、奥のソファ席が空いていたのでここでシグマリオンで一仕事。これも8年使っているのでそろそろ小振りのパソコンに変えたいなと腹案があるものの、MSオフィスが入るとすぐ10万はするので二の足を踏んでいます。忘年会の時のK氏のお告げではございませんが、秋葉原の路地裏でベラボーに安いのはアフターサービスやらユーザーサポートの適用外になるリスクがあるので遠慮しています。3卓あって右端が制服の女子高生がカップを空にしてダベって居たのでマスター自身、株主さんなのでこう言うお客さんは目上の人から目を付けられて言うと眼中が無いのでは?ともっと家庭や学校も校外での活動を厳しくして欲しいものですね。

 思わぬ長居をして10階のコミュニティーセンターへ行き、駅弁を持って来たので飲食どうなのかなと気にしたら館内所々に飲物の自販機があるので制限が無い様なのでロビーのテーブルで舌鼓を打ち、暫くするとU氏が現れて色々と話をしてそれから暫く経って例会の会場へ行き、支部委員のK氏、それからシニア会員のO氏などいつもの面々が参上。情報交換では高尾山のケーブルカーと5日に本部へ出掛けた後、京王八王子駅のショッピングセンターにある本屋さんでPASMO払いが出来るようになったとお話しました。幹事の一人であるS君と久し振りにご対面。北浦和から会場が変わって行き易くなったのと帰りの電車の時間が読めると後で会費払いの時に談笑し、デジカメ画像は最初、忘年会で紹介する所、M君の接続ケーブルを拝借して披露しようと思ったら、当日は18きっぷ片手に出掛けて来られなかったので今回、こちらからケーブルを持参して新秋津訓練センターでの105系の撮影会を様子を紹介し、21時少し過ぎに散会。

|

« H21.01.06 八王子駅 | トップページ | H21.01.13 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H21.01.13 大宮周辺:

« H21.01.06 八王子駅 | トップページ | H21.01.13 八王子駅 »