« H20.12.22 八王子駅 | トップページ | H20.12.26 八王子駅 »

2008年12月23日 (火)

H20.12.23 高尾山ケーブルカー

 高尾山のケーブルカーが新車に入れ替えて2週間運休して今日から運転再開となり、早い時期に出掛けて参りました。拙宅から高尾山の麓は行き慣れた場所でもあり、そう遠く無いので(近所で持つ電話番号もそのまま続き)気軽に出られます。

 自宅は10時半少し前に出て10時39分発の高尾行きに乗り、高尾から6000系(6714×8)の10時47分発各停に乗り換えて高尾山口へ。車掌さんが新人さんなのでしょうか気合いを入れて大声を上げて頑張っており、この6000系も後2年で引退です。

 ケーブルカーの清滝駅で切符を買う所がマスター自身、祖母から相続して3年程前にこの高尾登山電鉄の株主になり、今回は優待券を持参したため、この代金をそのまま記念乗車券代に充て、係員さんが整理券を配って2本目の11時10分発に当たります。改札口前で整理券と引き換えに記念の証明書を受け取り、入線を待つと雰囲気は40年活躍した先代を基本に窓やドアガラスが大きめに取られ、車内に目を転じると金属のメッシュカバーで覆われた間接照明が特徴でシートも先代のビニールシート(背もたれが薄くある程度の年代の方であれば国鉄のキハ10系を連想させられます)から路線バス用の再用品らしきシートに変わって座り心地も格段にアップ。ミシュランの三ツ星選定後に増加した外国人の身体もフィット出来そうで私が乗った2本目は『あおば』に当たり、先代は101号が『あおば』、102号が『もみじ』となっていましたが、数字が見当たらず今度は愛称で呼ぶ事となるでしょう。通路側ながら何とか座れて中間の擦れ違いで『もみじ』が清滝に向かって下り、6分で高尾山に到着。車体は黄色をベースに『あおば』は緑、『もみじ』は赤の太めのラインが特徴で新製は京王重機整備。八王子市内の長沼町(時折出掛ける北野町の卸売センターの南側です)に工場があり、言わば地場産ケーブルカーです。

 折返しは上りの満員と違って下りはゆったりモードで並んでも2番目で行きが『あおば』なら帰りは『もみじ』を狙い、高尾山から清滝は11時30分発は『もみじ』の担当で走り出す子供を尻目に(お母さん、ちゃんと見て下さいな!)何とか最前列をゲット。隣には年輩のお父さんが座って来たので一安心。車内は結構余裕あるものの、初日だけあって前の方はカメラ片手の家族連れが多く、出発するとすぐトンネルがあるので出てから『あおば』と擦れ違う所までは夢中で撮影を楽しみました。

 ホームに降りると『新型ケーブルカー』の看板や薬王院の貫首さんと京王重機整備から送られた花輪をバックに撮影し、ホームから外に出て二色のケーブルカーの撮影を楽しんだ後、昼食はとろろそばに舌鼓。一昨年親類の会社と事業統合する前は高尾山麓に祖母方の親類が居る関係(トリックアート美術館がこの親類の所です)から結構お得意さんが多いエリアで参道の商店街はお土産物屋さんが何件かあるものの、おそば屋さん、料理屋さんは不思議と無くこの辺でいつも迷います。お正月に薬王院をお参りした後は有名な『竹の家本店』で熱々を頂くのがお決まりでしたが、一昨年辺りご主人の逝去で閉店してしまい、行く度お店を変えて今回はケーブルカーの駅からそう遠く無いレトロな建物が特徴の『高橋家』で頂き、ケーブルカーの初日とお昼時と重なって程々入って冬そばの時期が一ヶ月早く来たかな?と言った賑やかさで熱い『とろろそば』を注文。嬉しい事にとろろそば、丼ものと小振りサイズの注文が出来るので何件かお店に入った所この様なキメ細かい対応は初めて聞きました。注文すると早く来て早速味わうととろろは小鉢入りでうずらとトンブリ入り。麺も細めでスルッと胃袋に入りました。食後はペーカークラフトを買うのを忘れていたので再び清滝駅の窓口へ駆け込むと運良くゲット。頑張って撮影したので年明け以降RAIL FANに寄稿しますのでご期待下さい。

 帰りは高尾山口から12時20分発の各停(7709×8/VVVF改造&内装リニューアル)でめじろ台まで乗ります。ひと歩きしたハイカーやどこへ遊びに行くのかと言った若者が目立ち、待っている間には裏の転回所で神奈中の相模湖から八王子行きのバスが折り返して行きました。到着した準特急〜各停は8000系の8706×10で以前は新宿方から4連+6連の順序でしたが、今年から始まった内装リニューアルと方向幕のフルカラーLED化に合わせて6連(87**F)を前にして6連+4連と中央線の組替え同様に入れ替わりました。めじろ台まで乗ったのは西八王子までのバスが頻繁に来るので帰りは気分を変えた気持ちもあり、PASMO片手も大きいもの。狭間で擦れ違った8000系の8両編成(8725×8)の袖仕切を車窓越しから見ると内装がリニューアルされて10両編成の比較的初期の組だけかなと思ったら3年後輩のグループも驚きました。

 めじろ台で降りて喉が渇いたのでPASMO対応の自販機が並んでコカコーラの所にはマックスコーヒーが売られて早速買って準特急〜各停の高尾山口行きの到着を待つと8000系かなと思いつつも行きに見た7725×10と再びご対面。8000系はまたの機会にと改札を出た所で北野街道経由の八王子駅南口行きは人権ラッピングバス(京王バス南M40288)とご対面。赤信号に合わせて慌ててシャッターを切り、12時39分発の西八王子行きのバスは乗客が少なくガラガラ。意外と昼間のめじろ台はガランとして驚いた一方で西八王子の意味なく混む様子が怒りを覚えます。素人的な観点からバスの路線網、電車の停車駅、時刻を工夫すればそれなりに流れが読めるのですが、ここ数年、西八王子発着の路線バスが増加した裏には京王八王子駅までの路線を切り捨て、京王グループの八王子エリアに対する関心の薄さが感じ取れ、近年頻発する中央線の輸送障害もかやの外と言った様子が垣間見えます。

|

« H20.12.22 八王子駅 | トップページ | H20.12.26 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H20.12.23 高尾山ケーブルカー:

« H20.12.22 八王子駅 | トップページ | H20.12.26 八王子駅 »