« H20.12.16 八王子駅 | トップページ | H20.12.21 大宮周辺 »

2008年12月22日 (月)

H20.12.21 八王子駅(その1)

 埼玉サークルの忘年会が浦和で行われるので行きがけに色々と調べてみました。

 西八王子を6時21分発の東京行きに乗ると運用に当たったクハE233-31×10(21T運用/八トタT31編成)は次の日曜日に開催される競馬の有馬記念のラッピングが貼られ、広告主だけあって京王線が似合うのでは?と思いますが、京王では車体の広告ラッピングを一切実施されておりません。

 この時期ともなると年末近くになって石油系のタンク車が活発に動き、列車ごとに追って見るとどうでしょう。順を追ってチェックしました。

○8093列車…7月からお盆前まで野菜輸送と対になるコキ100系、この時期であれば根岸から坂城や村井へ向かうタキ1000が連ねているだろうと予想したところ、実際入ってきたのはEH200−15の単機。平日ダイヤは6時37分着、40分発のところ、土休日は5分早い到着となり、松本行き(429M)が先発。

○83列車…年末を控えて17両一杯で来ると思ったらやや短い10両での到着。3両目の612番は全検出場後初確認。H15新製車のうち川重製の根岸配備分は全車確認しました。
△竜王
EH200-3
タキ1000-788 JOT[E]/根岸
タキ1000- 20  JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-612 JOT/根岸 全検20-10-4川崎車、自重17.1t
タキ1000-631 JOT[E]/根岸 全検20-7-30川崎車、自重17.0t
タキ1000- 58  JOT[E]/郡山
タキ1000-793 JOT[E]/根岸
タキ1000-296 JOT[E]/郡山 トケ、無
タキ1000-234 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-147 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-576 JOT[E]/根岸 無

 早起きするとこの後は浜五井からの5481列車というのは3月までの話でOT基地から5482列車に乗せるタンク車が来るだろうと思ったら控えていたDE10 1073が動く気配もなく、いったん改札口を出て手持ちのSuicaをチャージ。京王プラザホテルのスターバックスで朝食を済ませると一番乗り。前に朝食メニュー限定の軽くつまめる物があったのでこれを頂こうかなと思ったら終わった様子で甘みが効いたアマンドクロワッサン(六本木の洋菓子店の名前を思わせますが)とバナナにアメリカーノのトールを頂きました。居る間はお客さんが来なかったので気の毒そうな気持ちで後にして、今月から新宿~高松の高速バスが横浜~高松間の高速バスと統合して八王子発着に変わってこれを見ようと思ったところ、到着まで時間があったので南口のNEW DAYSでエボルタ(パナソニックの新しい乾電池で10月以降の新社名のものでした)やホッカイロのミニを調達。マルベリーブリッジにて桑並木通りを真正面にして待ち構え、東名か中央道の渋滞にはまったのでしょうか定刻には到着せずそのまま八王子駅の改札に入り、根岸発の8273列車は空振り。幸先調子が日光の手前です出だし不調なり。いつも通り、『あずさ』2号の後続の快速電車で西国分寺へ向かい、3月のダイヤ改正から立川に止まるようになった『スーパーあずさ』5号の時刻がずれて『あずさ』2号の元祖と現役の擦れ違いが見られなくなったと思いきや、5号の方が停車時間に余裕を取ったのでしょうかそのままで嬉しくなりました。

 八王子から西国分寺は8時36分発の東京行き(854T、クハE233-4×10/八トタT4編成)に乗ります。オイルターミナルの基地は5270列車で返送されるJOTタキ1000とOTはタキ1000-460+43150か。日野でコンテナの2083列車に擦れ違い、コキ106に積まれた海上コンテナが見られると思いつつもこちらは律儀に運休で少し過ぎた所で立川から豊田へ回送するスカ色115系に擦れ違い。立川に入るとクハ189-14×6(八トタM50編成)を見ながら下り線の高架切替も近い国立周辺を通り過ぎます。

 続きはこちらです。

|

« H20.12.16 八王子駅 | トップページ | H20.12.21 大宮周辺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H20.12.21 八王子駅(その1):

« H20.12.16 八王子駅 | トップページ | H20.12.21 大宮周辺 »