« H20.12.21 八王子駅(その1) | トップページ | H20.12.21 八王子駅(その2) »

2008年12月22日 (月)

H20.12.21 大宮周辺

 西国分寺から武蔵野線に乗り換えると丁度、宮城野→東京タの3072列車に擦れ違い、EF66 38[新更新色]+EF210-125+コキ50000×19の編成で3番線を通過。この所、各駅ホームのベンチ更新が進められて八王子管内は頑張っているものの西国分寺は1番線が現在取り替え工事中。

 西国分寺から9時2分発の東京行き(807E、クハ205-53×8/千ケヨM30編成)で武蔵浦和へ向かいます。そこそこ座れて8月に見学した新秋津の訓練センターは209系を改造した訓練車が入線してE233系と八高線&川越線で運用される同じ209系の3000番代が融合した印象になっています。前に忘年会で出掛けた時は新秋津を過ぎてから混んで来たものの、景気の影響なのかやや空いている様子がしました。

 武蔵浦和から埼京線に乗換、9時37分発の大宮行き(957K、クハ205-89×10/宮ハエ1編成)で大宮へ向かいます。シートも余裕があり、今日は随分と中学生の親子連れが見られたので高校の推薦試験が行われる様子が感じ取れ、ロングラン例会の時期が受験本番の時期に当たります。南与野に入ると旧与野市域の駅のホームには与野七福神の提灯が掲げられてこれが見られると年末年始の準備が整います。

 大宮に着くと少し暇潰ししてから湘南新宿ラインが停車する11番線へ行き、総合車両センターの構内を覗くと『成田エクスプレス』のクロ253-3(横クラNe-03編成)が顔を出し、置換えが近くなって来たので改めて大きめのサイズに撮影します。これが地元で早朝の5時半頃走る様子を見ると嬉しいもの。宇都宮タ行きの8565列車が通過するだろうと思いつつも空振り。そのままさいたま新都心へ向かうので上り電車のホームへ。年末に備えて北海道発の輸送を補う8050列車(札幌タ→東京タ)が待避停車すると思いつつ、景況が悪いのでしょうかこれまた空振り。あと一本見られないとワンナウト。

 大宮からさいたま新都心へ移り、10時42分発の上野行き(574M、クハE231-6037×10/宮ヤマU537編成)に乗ります。丁度、高崎線から大宮操の発着線に入る8780列車と並んで走り、こちらの方がやや先着。

○8780列車…冬場のオイル輸送が活発になる時期で臨時も総動員になる時期ながら不発続きで運良く倉賀野からの返送は動いて編成はタキ1000ばかり10両と日頃見慣れた分量とトントンです。丁度、3097列車が止まるのと時間が重なり、地元の調査の光景とちょっとダブって見えた面も出ました。
△根岸
EF65 1119[旧西日本、12月に全検]
タキ1000-150 JOT[E]/郡山
タキ1000-851 JOT[E]/根岸
タキ1000-609 JOT[E]/根岸
タキ1000-778 JOT[E]/根岸
タキ1000-579 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-574 JOT/根岸 無
タキ1000-227 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-159 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-352 JOT[E]/郡山
タキ1000-254 JOT[E]/郡山

○3097列車…いつも通り、大宮操の停車時間を狙っての調査です。長い事調査していた事も手伝い、高崎行きで見られる様になった5775列車のコンテナ車はこの列車の流れだなとすぐ読めました。牽引機は連続の担当ではなく、熊谷タから先は6795列車を牽いた新鶴見のEF65が担当。コンテナは時期柄冷蔵コンテナが多く、21両目は様々なJOTUR18A/19Aが積まれ、見本市と言った様子。
←熊谷タ EF65 1081[JRF色]+コキ51470+50520*+52818*[隅田川→倉賀野]+51073+252920(全検17-3-1川崎車/22-3-3切)+53356[隅田川→熊谷タ]+51301+52483+50204+52133+51437+50839[札幌タ→熊谷タ]+104-2203(全検20-4-15川崎車)+2112+2371+2203+16[越谷タ→熊谷タ]+2295+1966+1533+1235#+1194(全検16-9-30広島車/コロ軸丸型)[越谷タ→倉賀野]
※*=『危険品』指定票挿入、コキ104-2295に北海道JR物流UR18A-204積載、#=JOT UR18A-4163(水色帯),5526(緑帯),UR20A-199(C/H),UR18A-11797(E),UR19A-16149(E/W)積載[C=環境世紀、E=エコレールマーク]


 3097列車の停車時間一杯は外に出て再び大宮駅へはさいたま新都心11時13分発の小金井行き(563M、クハE231-8004×5+6016×10/宮ヤマU8+U516編成)で大宮へ戻ります。

 大宮駅に戻って昼食はDila大宮の『あじさい茶屋』でぼっかけカレーそばセット(ご飯付き)を頂き、かけそばにカレー(多分レトルト)に牛スジとこんにゃくを煮たぼっかけが載せたもので好みは別れますが、物珍しい人にはお薦めです。そばをすすった後は残り汁の中にご飯を入れてかき込んで楽しみ、平らげた後は改札を入り直してエキュートから3・4番線で京浜東北線の電車の撮影や貨物列車の編成調査と楽しみます。

○3094列車…繁忙期でも長編成が当たり前の岡部からの返送車もこの所の需要落ち込みから8両の短い編成で大宮の6番線を通過。同じルートを走る3093列車はEH200−11+タキ1000×6の短編成と何処か物足りません。因みに同じEH200+タキ1000の倉賀野行き4073列車はOT矢羽根色の20両編成と何時もながら気合いが入っています。
△/郡山
EF65 1127[JRF色/広島車仕様]
タキ1000-194 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-571 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-427 JOT[E]/根岸 全検20-8-25川崎車、自重17.0t
タキ1000-239 JOT[E]/郡山
タキ1000-362 JOT[E]/郡山
タキ1000- 54 JOT/郡山
タキ1000- 41 JOT/郡山 A重
タキ1000-125 JOT[E]/郡山 A重

○5584列車…4番線をそのまま通過するのでエキュートの真下で通過を待ち受けます。先頭のタキ43456は先月八王子で見掛けた時はオイルターミナルの宇都宮タ常備だったものがいつの間にかJOTの郡山常備になって来春全検入場なので早々下準備した様子です。中にはタキ44511も連結されて四日市で見掛けたナンバーなのでひょっとしたらタキ1000の新車と玉突きで復帰した様子が感じ取れますのでまとまった様子は暫しお待ちを。
△川崎貨物(浮島町)
EF210−112
タキ43456  JOT/郡山○[旧OT/宇都宮タ]
タキ43213  OT[r]/倉賀野
タキ43027  OT[r]/倉賀野
タキ43269  OT[r]/倉賀野
タキ43412  OT[r]/郡山
タキ43398  OT[r]/宇都宮タ
タキ44511  OT[r]/倉賀野●[旧JOT/塩浜]
タキ1000-12 OT[r]/倉賀野■ 石油類)グレー
タキ44004  OT[r]/郡山
タキ43016  OT[r]/郡山
タキ43017  OT[r]/郡山
タキ43334  OT[r]/倉賀野
タキ43159  OT[r]/西上田

 最初は先に到着した上野行きに乗ろうと思いましたが、一本待って続いて到着した12時11分発の211系(586M、クモハ211-3049×10/高タカC9編成)でさいたま新都心へ向かいます。

 2度目のさいたま新都心ウオッチとなり、大宮操の発着線には『あずさ』色のクハ183-1021×6(千マリ32編成)が一休みして12時27分頃に大宮方面を向かい、その傍らを『きぬがわ』4号のクハ189-2×6(宮オオOM201編成)が通過するも考えてみたらこの2編成、『あずさ』車のOBで懐かしい顔触れ。気付いていたらツーショットを撮っていた事でここでは2本タンク車の貨物列車を見る所倉賀野→浜川崎のタキ1000返送の5770列車は空振り。209系を何ショットか収めてからホームの前方へ移動し、5683列車の到着を待ち、果たして来るのか気になります。

○5962〜5683列車…編成が19両編成と長く、JOTから移籍した黒塗りタキ43000の姿が所々見られて宇都宮タ常備の車はタキ1000新車の玉突きで根岸から移ったナンバーが多い様です。冬場恒例でもあるタキ38000の連結もあり、夏場は宇都宮タに38105、38017番、浜川崎に38088、38031番が留置しました。
△宇都宮タ
EF210−134
タキ43631   OT[r]/倉賀野● 常)浜五井
タキ44005   OT[r]/西上田
タキ44001   OT[r]/西上田
タキ43170   OT[r]/南松本
タキ43217   OT[r]/倉賀野● 石油類)青地
タキ43028   OT[r]/西上田
タキ43033   OT[r]/郡山
タキ43555   OT[r]/宇都宮タ● トケ
タキ43582   OT[r]/郡山
タキ43445   OT[r]/倉賀野● 石油類)青地
タキ1000-657 OT[r]/郡山■
タキ38088   JOT/郡山 全検20-4-28川崎車、自重17.1t
タキ43163   OT[r]/倉賀野
タキ38031   JOT/郡山 全検20-2-23川崎車(25-7-27切)、自重17.0t
タキ1000-381 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-8-23川崎車、自重16.9t
タキ1000-459 OT[r]/宇都宮タ■ 石油類)黒地
タキ43467   OT[r]/八王子 石油類)黒地
タキ38105   JOT/郡山 全検16-7-29川崎車(21-12-14切)
タキ38017   JOT/郡山 全検17-7-27川崎車(23-1-7切)

 再び大宮へはさいたま新都心12時46分発の宇都宮行き(575M、クハE231-8010×5+6009×10/宮ヤマU20編成+U509編成)に乗車。

 大宮駅に再び戻って郡山からの1070列車の到着を待ち受け、ライン入り+エコレールマーク入りの出で立ちを持つタキ1000が来るだろうと期待しつつも宇都宮線の上り線から待避線の5番線に入るとやって来たのはEF210の単機で到着し、やって来たのは今年の新車に当たる143号機。タンク車は空振りでそのままエキュート側の改札を一旦出て再びDila側の改札から入ります。京浜東北線のホームへ向かう角にあるNEW DAYSでスナック菓子を3袋買って例年2袋ですが今年はご無沙汰した事もあって余分に買って再び3・4番線に戻り、13時9分発の上野行き(594M、クハE231-6035×10+8003×5/宮ヤマU535+U6編成)で浦和へ向かいます。

 埼玉サークルの例会は北浦和、忘年会は与野本町とお決まりでしたが、今年の夏頃に一度、浦和パルコの上のコミュニティーセンターで例会が行なわれ、当日マスターは貨車部会と重なって行けませんでしたが、11月からこちらへ本格移動(?)した様で大崎のゲートシティー同じくスターバックスがあるので東口(上野方の出口からで無いと出られません)からパルコへ行くと早速探して裏口近い長細い店構えでブラックエプロンを提げたパートナーさんも居てこりゃ期待出来るなとジンジャーブレッドラテのトールを頂き、テーブルを探すと買い物客よりダベるオバちゃんグループが多い。雰囲気は昨秋オープンしたイオン日の出SC店やリニューアル後の東急スクエア店に近い感じです。20分近くお邪魔して10階のコミュニティーセンターへ向かうもエスカレーターは5階止まり。カウンターでフロアガイドを頂いて駅寄りの展望エレベーターを待って漸く10階へ。ロビーが広めで結構色々と部屋が多く、出席者は10名程。リーダー格のF氏や支部委員のK氏、いつもお世話になっているU氏等例年に比べると出席者数が少ない印象。マスターもCF持参で参上したものの、M君が出席ならケーブルを拝借して披露しようと思いましたが、18きっぷを使って静岡へ行かれたとの事で残念ながら披露出来ず。お菓子もK氏が調達したセブンプレミアムのポテトチップやぽたぽた焼、マスターからの差し入れのスコーンと皆さんの前に行き渡り、17時には散会。

 二次会は同じく東口の『はなの舞』で行なわれ、何を隠そう、マスター最寄の口にある居酒屋ではありませんか。昔は近所に住んでいた生地屋さんのお店があったなとふと思い出し、お刺身やイカの焼物、とん平焼、鍋焼うどんと舌鼓を打ちます。久し振りに北海道出身のK氏や私より少し年長のI氏と顔を出され、I氏も13日に塩尻で行なわれた長野支部の忘年会に出掛けられて地元の事や中央線の近況を情報交換。20時半過ぎまで過ごしました。

 京浜東北線のE233系を確認した範囲でまとめてみました。
・クハE233-1001×10(宮ウラ101編成):63A運用
・クハE233-1028×10(宮ウラ128編成):23A運用
・クハE233-1014×10(宮ウラ114編成):13C運用
・クハE233-1011×10(宮ウラ111編成):49B運用(?)
・クハE233-1002×10(宮ウラ102編成):45B運用
・クハE233-1016×10(宮ウラ116編成):03A運用
 この他、47B運用でも確認しています。

|

« H20.12.21 八王子駅(その1) | トップページ | H20.12.21 八王子駅(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H20.12.21 大宮周辺:

« H20.12.21 八王子駅(その1) | トップページ | H20.12.21 八王子駅(その2) »