« H20.12.13 八王子駅 | トップページ | H20.12.21 八王子駅(その1) »

2008年12月16日 (火)

H20.12.16 八王子駅

 親の講座の日なので例によって午前中の空いた時間は色々と調査をしました。師走の半分が終わり、つい一週間前まではポカポカ陽気で過ごせたものが土日を境にすっかり冬本番の気候となり今週からコート、マフラー着用で出撃です。行き掛けに郵便局前のポストで年賀状を投函し、昨日は貨車部会関係、今日は東京支部を通してお世話になっている方の大半。20日頃までにはすっかり完了します。

 西八王子で電車を待つと下り電車でクハE233-1×10(八トタT1編成)とご対面し、いつも乗る立川行きの115系は少しずつ冬休みモードに入ったのか若者の客層が少しずつ見られる様になりました。用事を終えて午後帰る時に良く空いた電車の中で居眠りしている若者が多いので午後の講義なのか何もしないでプラプラしている輩もこの頃は多く、よく分かりませんね。

○5270列車…13両から16両の間で見たものの、連結していたのは若干短い12両編成。タキ1000を見ると463〜512のH12新製車で未貼付車のチェックもここで完了しました。
△根岸
EF210−142
タキ1000-164 JOT[E]/郡山
タキ1000-756 JOT[E]/根岸
タキ1000- 53 JOT[E]/郡山
タキ1000- 29 JOT[E]/郡山
タキ1000- 70 JOT[E]/郡山 トケ
タキ1000-237 JOT[E]/郡山
タキ1000-286 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-287 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-471 JOT/根岸 無
タキ1000-559 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-481 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-572 JOT[E]/根岸

 5270列車の前方を確認してから東側の乗換跨線橋から3・4番線へ移った所でまたまた大月方面へ試運転する『四季彩』のクハ201-134×4とご対面。

○85列車…いつもは6両連結するタンク車がやや多い8両となり、4番線からの調査も5270列車と輻輳して時間配分を気にしながらあれこれと。例会の当日にはイヤと言う程見掛けた新車の1両も発見(当日の列車では確認しませんでしたが………)。
△竜王
EH200−12
コキ104-1025 ↑梶ヶ谷タ発 全検20-3-11名古屋車、コロ軸丸形
コキ104- 775
コキ104-2026
コキ104-1113 ↓
タキ1000-145 JOT[E]/郡山
タキ1000-872 JOT/根岸 新製20-10-15日車、自重17.2t
タキ1000-255 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-296 JOT[E]/郡山 トケ、無
タキ1000-234 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-147 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-576 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-154 JOT[E]/郡山 無

 これが終わるとみずほ銀行のATM、京王プラザホテルのスターバックスと行き、一休みと言いつつも後からドヤドヤ入って来た親子連れ(子供は中学生くらい)に占拠され、肩身が狭く、お母さん方もう少し落ち着いて下さいな。良い歳した大人が白い目で見られますぞ………。それから京王八王子SCのアートマンでチラシで紹介していたすき間ブラシを見付けて早速購入。写真を見るとグラス磨きのブラシを大きくした格好ですが、実際どのような威力があるかは帰ってからのお楽しみに。後で待機した西東京バスには『回送中(右側に小さく)申し訳ございません』と腰の低い表示が見られて愉快です。

|

« H20.12.13 八王子駅 | トップページ | H20.12.21 八王子駅(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H20.12.16 八王子駅:

« H20.12.13 八王子駅 | トップページ | H20.12.21 八王子駅(その1) »