« H20.11.26 八王子駅 | トップページ | H20.12.05 八王子駅(その1) »

2008年12月 2日 (火)

H20.12.02 八王子駅

 平成20年最後の一ヶ月に入り、皆さんもお仕事、趣味と精一杯お過ごしの事と思われます。昨日は鉄道友の会の会報・RAILFANが到着すると一緒にタイミング良く30日の引退に合わせて新幹線0系の臨時特集号が同封されて車両関係について多面的に紹介されておりました。私自身も5年程前に部会報にタキ1000形のこれまでの流れを延々と綴った事があります。

 午前中、親の講座があるので空いた時間を使って色々と見ました。12月と言うと少し前までJR東日本エリアではダイヤ改正の時期でしたが、近年は他社と足並み揃えて3月ダイヤ改正に行なう事が多くなり、いつも乗る立川行きの115系も最寄の西八王子に止まる様になって20年、長野色が宇都宮線から転属が始まって8年と早いものです。

○5270列車…タキ1000オンリーの編成で10月に新製されたばかりの新車も1両発見。873番は3回目のトップナンバー。日車製でこれまで名古屋支部の支部報に日本車両から新製・出場した車両が紹介されたものの、情勢の変化から最新号から掲載が取り止めとなり、ここから色々情報が得られて楽しめたのですが、些か残念な気がします。
△根岸
EF210−125
タキ1000- 70 JOT[E]/郡山
タキ1000- 26 JOT[E]/郡山
タキ1000-873 JOT/根岸 新製20-10-31日車、自重17.2t
タキ1000-421 JOT[E]/根岸 全検20-7-30川崎車、自重17.2t
タキ1000-362 JOT[E]/郡山
タキ1000-351 JOT[E]/郡山
タキ1000-574 JOT/根岸 無
タキ1000-599 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-286 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-287 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-161 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-151 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-434 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-591 JOT/根岸 無

 2番線の東京方から編成を見始めて暫く経つと下り線を『四季彩』クハ201-134×4の訓練列車が通過。八王子駅でのご対面は2月に立川から河口湖直通の快速電車以来。普段は拝島の電留線で昼寝する事が多いものの、時折、この様な乗務員の訓練用として使われています。

○85列車…冬モードの編成内容で両側にコキ106が入り、コンテナでも19Dの30000番代が所々見られます。中央線の快速電車が車両点検の影響から10分遅れての到着。出発も3分遅れ。この頃はE233系の置き換えが進んだ影響でしょうかドアの感度が鋭いのか物がはさまったり駆け込み乗車があるだけでも遅れる事が多くなりました。
△竜王
EH200−1
コキ106- 64 ↑梶ヶ谷タ発 全検19-7-27川崎車
コキ104- 780 全検16-6-24広島車(21-7-23切、休車H20-7塩浜派/29日)
コキ104-2070
コキ106- 355 ↓ 全検20-7-13川崎車
タキ1000-484 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-496 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-165 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-849 JOT/根岸
タキ1000-788 JOT[E]/根岸
タキ1000- 22 JOT[E]/郡山

 下り電車の遅れを気にして5270列車の後方をチェックするもほぼ大丈夫で改札口を出る頃には同時に根岸へ向かい、こちらも京王プラザホテルのスターバックスで一杯頂いてから京王八王子駅のショッピングセンターにあるアートマンにてコーヒー用の濾紙を買い、地下の売店・ア・ロットでは路線バスのミニチュアであるでんごんバスが売り出されたのでこれを買い、電鉄バスの最新型に似せて素晴らしいものの、バスコレでこの辺が未発売なので売り出さないかなと気になります。

 帰宅後は年賀葉書を仕入れて一仕事を終えてから手がける予定で懐具合に余裕があれば横浜線の100周年切手も買いたいなと思った次第です。

|

« H20.11.26 八王子駅 | トップページ | H20.12.05 八王子駅(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H20.12.02 八王子駅:

« H20.11.26 八王子駅 | トップページ | H20.12.05 八王子駅(その1) »