« H20.09.05 京浜地区(鶴見線沿線) | トップページ | H20.09.05 京浜地区(根岸駅その2) »

2008年9月 6日 (土)

H20.09.05 京浜地区(根岸駅その1)

 横浜駅で途中下車していつの間にか高崎駅の様に駅員さんが居る窓口がガラスで仕切られて工事が続いた地下コンコースもきれいにリフォームされて案内表示がエキュートのある駅の様な壁張りになりました。さて、改札を出ようと思った所でアメリカ人の大柄な女性二人が駅員さんに尋ねていた様でトランクが邪魔で手を払い除けるジェズチャーをして何とか出られて狭い道路で路駐している車にうるさくクラクションを鳴らす様な仕草です。何とか出られて地下通路の崎陽軒で『シウマイ弁当』を買うと100周年(崎陽軒の)記念の掛け紙でこれがある間は根岸へ行かねば(?)と悲願達成なり。再び3・4番線に戻って京急の品川方面行きや京浜東北線の電車をウオッチします。

 横浜から11時42分発の大船行き(1075A、クハ209-71×10/宮ウラ69編成)で根岸へ向かいます。この間で後で見る列車のノートの準備をして、石川町を過ぎて空いたので席を移動。並びに座っていた軽装の熟年カップルが何処か幼く見えました。これでは子供達から馬鹿にされますぞ。

○4091列車…1日に大宮操で確認したものと全く同じ編成でこの所の大雨の影響でしょうか東海道、山陽線と長距離列車の遅れが激しく、いつもは岡山のEF210が受け持つ所、吹田のEF66が担当で以前はこの一本あとの5571列車(現・5561列車)の牽引で宇都宮タまで担当した事があるので通し運用も新鶴見での交換無くこなせます。
△宇都宮タ
EF210−14
タキ1000-123 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 34  JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-305 JOT/根岸 A重、石油類)青地、黒油専用
タキ1000- 47  JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 69  JOT[E]/郡山 トケ、石油類)黒地
タキ1000-196 JOT[E]/郡山
タキ1000- 58  JOT[E]/郡山
タキ1000- 82  JOT[E]/郡山
タキ1000-620 JOT/根岸 全検20-7-8川崎車、自重17.0t
タキ1000-628 JOT/根岸 無
タキ1000-680 JOT/根岸 無
タキ1000-357 JOT/郡山 無
タキ1000-483 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-295 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-498 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-248 JOT/郡山 無
タキ1000- 50  JOT[E]/郡山
タキ1000-765 JOT/根岸

○5561列車…こちらも1日に大宮で見た時に前方がタキ44000、タキ43000と黒塗り、後方タキ1000のツートンカラーと見事な並びです。最近は4091列車の発送がメインになってしまった様でこの列車の編成がやや短い点が気掛かりです。5両目のタキ43643は昨春、OT郡山常備からJOT根岸常備と移籍。S57新製のタキ43000、タキ44000とまとまってJOT根岸常備になったと思ったら、今春OT所有に出戻りと当たりを付けてもなかなか掴めません。
△宇都宮タ
EF210−134
タキ44215   JOT/根岸 C重
タキ44102   JOT/根岸 C重
タキ44516   JOT/根岸 C重
タキ44104   JOT/根岸
タキ43643   JOT/根岸 全検19-5-25郡山車、自重15.9t A重
タキ1000- 44  JOT/郡山 A重
タキ1000-435 JOT[E]/根岸
タキ1000-421 JOT[E]/根岸 全検20-7-30川崎車、自重17.2t
タキ1000-565 JOT/根岸
タキ1000-488 JOT/根岸 無
タキ1000-271 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-500 JOT/根岸 無
タキ1000-687 JOT/根岸 無

 5561列車まで見た所でお昼の駅弁を頂きます。ところが、ベンチが現在、新調している最中で仕方なく横浜方に腰掛けながら5561列車の前方を見ながらの昼食。根岸線の駅でも石川町、根岸と少し前の八王子付近みたいにベンチの新調と待合室の設置が進められて秋の遠征の時には楽になるかな?

○5269列車…地元で見る機会が多い八王子発5270列車です。オールタキ1000の13両編成と頑張りつつ数日前のこの列車に連結されたナンバーも発見。今朝、浜川崎で見掛けたブルーサンダーと再びご対面。

EH200−15(新鶴見→根岸)←EF210−133(八王子→新鶴見)
タキ1000-477 JOT/根岸
タキ1000-594 JOT/根岸
タキ1000-466 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-682 JOT/根岸 無
タキ1000-228 JOT/郡山 無、トケ
タキ1000-146 JOT[E]/郡山
タキ1000-492 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-512 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-630 JOT/根岸 無
タキ1000-471 JOT/根岸 無
タキ1000-192 JOT[E]/郡山 無
タキ1000- 10 JOT/郡山
タキ1000-835 JOT/根岸 新製19-11-9日車、自重17.2t

○5474列車…週末と重なる影響でしょうか村井行きのタキ1000ばかりの編成でこちらも昨日の5270列車で連結されたナンバーが大半です。
△南松本
EH200−15
タキ1000-789 JOT/根岸   ↑村井行き[5578レ]
タキ1000-281 JOT[E]/郡山 トケ
タキ1000-358 JOT/郡山
タキ1000- 85 JOT[E]/郡山
タキ1000-632 JOT/根岸 無
タキ1000-155 JOT[E]/郡山
タキ1000-159 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-683 JOT/根岸 無
タキ1000-291 JOT/郡山
タキ1000-510 JOT[E]/根岸 ↓

○3094列車…岡部から返送のタキ1000を連ねて到着。普段は吹田区のEF66牽引ですが大雨の影響でしょうか久々に白昼堂々EF200(それもトップナンバー)とご対面。この後を牽く5692列車は牽く貨車が無く単機で川崎貨物へ向かいました。

EF200−1[新塗色]
タキ1000-849 JOT/根岸 新製19-11-2川重、自重17.2t
タキ1000-261 JOT/郡山
タキ1000-768 JOT/根岸
タキ1000-213 JOT/郡山 無
タキ1000-161 JOT[E]/郡山
タキ1000-567 JOT/根岸 無
タキ1000-168 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-256 JOT/郡山
タキ1000-468 JOT[E]/根岸
タキ1000-427 JOT[E]/根岸 全検20-8-25川崎車、自重17.0t
タキ1000-125 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 8  JOT/郡山 A重
タキ1000-135 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-309 JOT/根岸 全検19-7-27郡山車、自重17.1t A重/石油類)青地

 いつもは磯子行きの南行電車に合わせて中休みに入りますが、前述通り、ベンチ&待合室取付工事の為、立ち通しで足が痛くなりましたので一本早い電車に乗ります。

 続きはこちらです。

|

« H20.09.05 京浜地区(鶴見線沿線) | トップページ | H20.09.05 京浜地区(根岸駅その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H20.09.05 京浜地区(根岸駅その1):

« H20.09.05 京浜地区(鶴見線沿線) | トップページ | H20.09.05 京浜地区(根岸駅その2) »