« H20.08.19 八王子駅 | トップページ | H20.08.22 高崎周辺(その2) »

2008年8月23日 (土)

H20.08.22 高崎周辺(その1)

 18きっぷを使った遠征も折返し点に差し掛かり、今回は恒例の高崎周辺を回ります。春遠征が3月のダイヤ改正前で列車の様子も多少の変動があり、この様子も押さえておきます。この夏は猛暑が続き、今朝起きて外に出るとヒンヤリとして、高原の朝を思わせる気候で外を回る分には暑くも無く寒くも無く薄着すると風邪引くなと言った感じです。

 6時を少し回った頃に自宅を出発。西八王子駅の券売機でSuicaをチャージして駅員さんが居る窓口から入場。『中央ライナー』2号の回送を見ながら6時18分発の中央特快(654T、クハE233-40×10/八トタT40編成)で八王子へ。

 八王子から高麗川までは6時34分発の川越行き(671E〜670H、クハ205-3002×4/宮ハエ82編成)に乗ります。八高線の電車は何が来るか毎回楽しみですが、205系の確率が高く、5番線の横浜線の電車と足並み揃えて走り出すと嬉しいこと。少し前に5482列車で送るタンク車を引き出すのか入換のDE10 1594が走り出し、カーブの右手にあるオフレールステーションには日通UH6Aが積まれてまだまだ来ているなと実感。拝島はすっかりE233系が幅を効かせて定位置に止まっている201系『四季彩』の姿が見えず、もう廃車になってしまったのでは?と思いましたがその顛末は後のお楽しみにして、ここではクハ209-3102×4(宮ハエ72編成)が一休み。東飯能では秩父から来る西武4000系(←飯能 4019×4+4023×4)に武蔵丘から出庫はメトロ10000系(10117×10/42S運用)でこれから副都心線の渋谷行きかなと予想し、高麗川に到着。

 高麗川7時58分発の高崎行き(229D、キハ111-208×2/高タカ支所)で高崎まで乗り通します。いつもの様に後のキハ112に乗り、2人掛けのボックスが埋まっていたので越生までは八王子よりのロングシートに腰掛けます。越生、小川町と東武東上線の6月ダイヤ改正の影響が出て越生線のワンマン運転で8000系の更新+ワンマン対応車(81107×4、81111×4)、東上線の10連化で伊勢崎線から転入した2両編成を連結(←池袋 11802×8+11202×2)と見て10000系と言うと京王7000系とそっくりで何処か親近感があるものの、この様な組み合わせは新製年次の影響か見られません。後は車内で一休みしつつ高崎へ向かい、北藤岡に着くと高崎線が少々遅れていた様子かなと思ったら高崎は定刻の到着。手前にある上信電鉄の車庫を見ると旧西武451系の101系の倉庫代用が見られてついこの間『鉄道コレクション』を買い漁った事を思うと言わば実物のご対面。

 高崎駅で一休みして観光キャンペーンと夏休みサービスでD51の『SLおくとね号』が月、金と運転があり、残念ながらマスターは貨物列車の調査主体で我慢我慢。詳しい事は高崎支社のパンフレットを頂いているのでこちらで。コンコースのニューデイズでフロムアクアの280mlペットボトルを買ってから再び同じホームの2番線から9時19分発の特別快速・小田原行き(3100Y、クハE231-8520×10/横コツK-20編成)で倉賀野へ向かいます。高崎機関区の構内はEF60 19、EF64 38、EF64の1000番代が重連に組まれて一休み。3月以降、中央線では首都圏・長野間のコンテナ列車2往復に集約されてみる機会が減ってこのお陰でしょうか、東京近辺では珍しいEF64の1000番代重連からEF210牽引列車が頻繁に見られる現象が地元で生じました。高崎操では岡部から3094列車(根岸行きのタキ1000返送)を牽くEF65 1043が出発待ち。

 倉賀野に来るとコンテナの2055列車(3月改正前の2051列車)に合わせてやって来ました。時期によっては前に根岸行き8780列車、後に千葉貨物発8885列車と来て楽しめますが、最初、4073列車が設定された際に前者が連日運転かなと思ったら5763列車の輸送分を一部4073列車に振り替え、旧5761列車と交換する格好で根岸発が入ったとこの間分かりました。

○2055列車…3月ダイヤ改正前は黒井発のコキ200や東京タ発のコキ106・110・200と前方に付いたものの、3099列車にシフトした為に編成内容も福岡タ発(架線下荷役で北九州タ、広島タ、西岡山、姫路貨物)のコキ104・106だけになりました。
←EF65 1045[JRF色、赤プレート]+コキ104-1364□+2049+1035+1787□+2642□+723(空車)+1528
※□=車票挿入、コキ104-1364に20C-177,149積載

 2055列車を見た後で先程の3094列車の単機が通過し、3・4番線を挿んで兄弟機同士の擦れ違いを見て8885列車はEF210-133の単機で到着。

 倉賀野から9時57分発の高崎行き(2620E、クハE231-8523×10/横コツK-23編成)で高崎へ。後方の車でボックス席の空席も余裕で狙え、長々走って来たのか窓ガラスが汚いのが難点。機関区で昼寝している機関車のナンバーも悠々見られるのですが………。車両センター支所は107系や115系が一杯休み、客車ヤードには旧型客車の4両に茶色く塗られたDE10の1705号機が居ました。

 トイレ休憩して折返し、10時17分発の特快小田原行き(3110Y、クハE231-8523×10/横コツK-23編成)の先頭に乗り、倉賀野へ戻ります。いつもは一本後の211系で行くものの、この電車で5772列車の段取りはどうなっているのかなと早めに見に行きました。この電車で倉賀野に降りると5分後に牽引機到着→タンク車4番線入線→牽引機連結の段取りになります。

○5772列車…普段15両ぐらいは来るものの、昨今の事情の影響でしょうか二社合わせて8両(特にOT所有車は中5両連続)の短編成で些か物足りません。
△浜川崎
EF65 1041
タキ1000-444 JOT/根岸 石油類)青地
タキ1000- 6  JOT/郡山 A重
タキ1000-335 OT/倉賀野■ A重
タキ1000-446 OT/倉賀野■ A重
タキ1000-337 OT/倉賀野■ 無
タキ1000-643 OT/倉賀野■ 無
タキ1000-665 OT/倉賀野■ 無
タキ1000-278 JOT/郡山 無

 予定通り倉賀野11時03分発の上野行き(890M、クモハ211-3059×10/高タカC3編成)で新町へ向かいます。丁度、車掌さんが車内を回り始めた所でこの頃は女性の車掌さんを見掛ける事が多く、八高線の電車でも見掛けました。

 時間に余裕が出来たので久し振りに新町駅へ行き、平成の大合併で多野郡の新町から隣の藤岡市に合併すると思いきや、高崎市の一部に組み込まれ、本来の地域から見ると飛び地の様で経緯は不明ですが、どうもしっくり行かない感じが捕らえられ、マスターの地元から近い神奈川県の津久井郡が全部相模原市の市域に編入してこれも当時存在した4町で市制を施した方が筋道ですが、平成の大合併を振り返ると霞ヶ関の役人や国会議員の言いなりでなりふり構わず日本地図を弄くり回したとしか思えず、地理好きの人から見ると由緒ある地名がかき消され、トンデモ地名の乱立に繋がり、歴史上の汚点を残したと言っても過言ではありません。

 余談はさておき、ここでは5772列車の通過を狙い、1番線で用を足してから2・3番線に駆け足で移動し、今日は国鉄時代のカラーリングそのままの牽引機で良い線狙えるなと思いつつも、タンク車の編成が短く、ズームを目一杯出したものの、失敗作一歩寸前の所で短いとなかなか読めません。気を取り直して(?)下り線側から西側に見えるレトロな佇まいの醤油工場が見えたのでカラー、モノクロ、セピアとモードを切り替えて撮影しながら楽しみました。架線や跨線橋、駐輪場の屋根が無ければそのまま絵葉書の絵柄として使えそうでベンチに腰掛けて撮ったアングルは味が出ています。

 再び倉賀野へは新町11時31分発の前橋行き(855M、クモハ211-3061×10/高タカC14編成)に乗り、先程の上野行きとはクモハ211の連番に当たる格好で乗りました。高崎の先へ小旅行と言ったお姉ちゃん達が多く、お喋りやらふんぞり返って携帯しか眼中が無い様なタイプばかりで私から見るとお前ら、何しに行くんだと言った姿勢が見え見えでホンマ、親の顔を見てみたいものです。この間(八高線と合流する手前)でお座敷電車の『せせらぎ』に擦れ違います。

○4070列車…ここ常備のタキ1000(それも青一色のみオンリー)ばかりの顔触れでこちらも普段は20両来る所、7両編成と短め。待っているとカメラ付き携帯片手で機関車に向ける小学生がいきなり走って来て何処かの趣味団体の入会資格ではありませんが、携帯を持つのはある程度の年齢にしないといけませんね。これに使う金があったら本か安いデジカメを買い与えた方が肝要です(私から言わせるとこの年代から携帯を持たせると未来の犯罪者は確実です)。
△川崎貨物(浮島町)
EF65 1050[JRF色]
タキ1000-449 OT/倉賀野■ 石油類)黒地
タキ1000-648 OT/倉賀野■ 無
タキ1000-456 OT/倉賀野■ 無
タキ1000-450 OT/倉賀野■ 無黒
タキ1000-443 OT/倉賀野■
タキ1000-454 OT/倉賀野■ 無
タキ1000-445 OT/倉賀野■ 無

 本来であれば12時12分発の電車で高崎へ行く所、短編成が幸い(?)して一本次に当たる11時51分発の高崎行き(3600E、クハE231-8508×10/横コツK-8編成)で高崎へ向かいます。新幹線をくぐった所で大宮方面へ回送するEF64 1001+EF65 501と擦れ違い、腹ぺこを気にしなければそのまま倉賀野の2番線で撮れたかな?思わぬご対面も車窓から。

 続きはこちらです。

|

« H20.08.19 八王子駅 | トップページ | H20.08.22 高崎周辺(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H20.08.22 高崎周辺(その1):

« H20.08.19 八王子駅 | トップページ | H20.08.22 高崎周辺(その2) »