« H20.08.13 八王子駅 | トップページ | H20.08.22 高崎周辺(その1) »

2008年8月19日 (火)

H20.08.19 八王子駅

 お盆休みも終わりお勤めの皆さんも大方が通常モードになったと思われますが、いつも通り親の講座の日で空いた午前中を使って色々と調査しました。

 出掛ける前、日曜日に銀座の天賞堂で買ったTNカプラーの密着連結器をシェルフに置いた鉄コレの伊豆箱根→大井川鐡道1000系に付けて同じメーカーだけあって見事バッチリなり。来月の例会申し込みの帰りに2箱くらい買って午後も西武451系だけ交換しようと思っています。

 西八王子から115系の立川行きに乗るとボックスがまるまる空いていたので早速ゲットするも間際に乗って来るおっさんが邪魔臭いこと。この4分後に快速電車が来るのでこれまで待てないのかとこの頃は間が持てない人が多い事。八王子駅でも下りの甲府方面が来ると最近は中高年の登山客が多いのでしょうか乗車位置にちゃんと並んで下さいと必ずアナウンスされて乗客のマナーが低下したのか大月まで4ドア電車の快速電車がそのまま行く様になって混乱するのか原因がよくわかりません。ともあれ、正しい位置に余裕もって並んでいれば問題ないのですが最近は10時を過ぎてもお客さんの数がガクンと落ちないので気になります。

○5270列車…普段の半数の長さで最後尾だけタキ43000の連結。牽引のEF210を見ると色に艶があったので出来立てかなと思ったら今年度新製機トップの142号機でした。
△根岸
EF210−142
タキ1000-223 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-583 JOT/根岸 無
タキ1000-560 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-579 JOT/根岸
タキ1000-161 JOT[E]/郡山 無
タキ1000- 29 JOT[E]/郡山
タキ43106   JOT/根岸 トケ

○85列車…お盆休み明けの影響も手伝って積んでいたのは先頭の3個だけ。コキ104の後期車とコキ106のパターンがこの頃多い様です。
←竜王 EH200-10+コキ104-1436(全検20-5-21川崎車)+106-640+104+2480+2801

 5270列車のEF210を見た後は201系も参上。この後は8090列車の通過を待つと空振り。京王プラザホテルのスターバックスで一休みするとオバちゃんの団体が多くいつもはそこそこ空いているこの時間帯でもテーブルが満杯。中にはカップが空になっても空こうとしないオバサン達もいてマスター自身が株主で本国のアメリカで大リストラが報じられて日本にも波及したらこう言うお客さんは目の敵にしますね。優先席は譲らない、本屋の万引き、子供料金で乗る大人とイヤな人種が増えました。誰でも良い事をしていれば必ず報われますが、今は報われない方の方が多いのだろうと感じております。

(おまけ)17日(日曜日)の午後、銀座へ出掛け、時々乗る南大通り経由のバスに乗るといつもは10分前後で着く所、市民会館で行なわれたお笑いライブの影響でしょうか駐車場の出入り渋滞にハマって倍の20分で到着。いつも終始ガラガラの乗り具合も市民会館の催しと重なって満員となりました。1・2番線へ向かうと丁度、明日の5482列車で浜五井へ返送されるオイルターミナルのタンク車の列を見付け、黒塗りのタキ43000は43512番は車窓越しからチラッと程度の確認でしたが現車の存在をキャッチ。もう1両、43575番は10年前のOT→JOT移籍の際に八王子常備から移したものの、今春の移籍でカムバック。他はOT倉賀野→JOT浜五井が多く、この様な移動車を見掛けたのは嬉しいものです。
△蘇我(浜五井)
タキ43017   OT/郡山
タキ1000-461 OT/宇都宮タ■
タキ43575   OT/八王子●[旧JOT/根岸] 青無
タキ43512   OT/西上田●[旧JOT/倉賀野] 青無
タキ43411   OT/郡山
タキ1000-457 OT/宇都宮タ■ 無
タキ43136   OT/郡山
 この他、OT基地にタキ43123(OT/倉賀野)、43129(OT/郡山)と在線。

|

« H20.08.13 八王子駅 | トップページ | H20.08.22 高崎周辺(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/42214855

この記事へのトラックバック一覧です: H20.08.19 八王子駅:

« H20.08.13 八王子駅 | トップページ | H20.08.22 高崎周辺(その1) »