« H20.07.29 千葉周辺(その1) | トップページ | H20.07.31 八王子駅 »

2008年7月30日 (水)

H20.07.29 千葉周辺(その2)

 千葉駅で一休みをしてE217系の機器改修車が来るかなと待ち構えても7〜10番線とやや奥の方へ行ってしまい、房総方面の3〜6番線に来ないのが残念です。丁度、到着した電車が先に入線した編成を増結する作業を見てデジカメに収めて昨日、歯医者さんに出掛けて歯石を取ったので私と衛生士さんのやり取りとこの作業の手際は似ているかな?と思ったりもしました。

 千葉から15時30分発の木更津行き(193M、クモハ211-3042×5/千マリ503編成)で蘇我へ向かいます。最初は中程に座って出発まで余裕があったので運転台のカブリツキヘ移動。編成番号が500番台の通り、二丁パンタの編成なのでこの真下にあたります。午前中は海水浴が多かったものの、午後はお買い物帰りが多くベビーカー片手のママさんも。蘇我で降りるマスターも気にしたものの、なるべくでしたらドアのそばは置かない方が良いですよ。駅のバリアフリー化でこの様なお客さんが増えて近年邪魔臭くなって感じ取れ、昔だったら絶対300円程度の手荷物運賃を取っていたのですが、時折駆け込み乗車のトラブルが生じた為に乗車啓蒙のポスターが貼られたのも伺えます。

 蘇我での調査も一段落ついてお待ちかねの2080列車とご対面。地元ではよく見るものの、京葉線を通って蘇我に顔を出すブルーサンダーは初顔合わせ。最初は発着1番線(上り電車の1番線の1線海側)に入線かなと思ったら3番線の入線と1番線の211系が停車中でスッキリ撮れないのが残念でしたが、部会報に載せる写真には211系のツーショットでごまかすか。

○2080列車…この所10両編成が多かったものの、今日は12両編成で到着。四日市からの移動車で91番は初顔合わせですが、前にマイカーで移動した際に確認しております。首都圏では81〜90番が平成12年夏に塩浜→根岸と移動したのでそれ以来です。

EH200−15→KD55 105
タキ1000-173 JOT/郡山 石油類)グレー
タキ1000-170 JOT/郡山
タキ1000-137 JOT/郡山
タキ1000-367 JOT/郡山
タキ1000-348 JOT/郡山 無
タキ1000-626 JOT/根岸 無
タキ1000- 91 JOT/郡山 全検16-10-21名古屋車、自重17.2t 無
タキ1000- 65 JOT/郡山 無
タキ1000-359 JOT/郡山
タキ1000-355 JOT/郡山
タキ1000-817 JOT/浜五井 新製19-10-9日車、自重17.2t
タキ1000-821 JOT/浜五井 新製19-10-9日車、自重17.2t

 ここまで終わるとDilaにあるベッカーズでアイスコーヒー(レギュラー=ドトールのM、スターバックスのトールサイズ相当)、クロワッサンサンドのベーコンエッグで一休み。良くマスターは遠征に出ると昼の駅弁は1,000円前後を目安にしておりますが、昼の駅弁とこれと合わせると正確には+αとなります。この後はコンテナ列車だけで内陸部行きなら薄地のスラックスを履く所、今日は普通の厚さで出動となりました。

○4098列車…いつもの通りの顔触れで住友化学/JOTのUHコンテナではUH20BのトップやUH20A-89は専用種別の板を外して左下の隅にタンクコンテナの様な格好で記入されています。
△越谷タ
KD60 3→EF65 1048[JRF色]
コキ104-1369 ↑京葉久保田→名タ 全検20-6-18川崎車 UH20B-419a
コキ104- 918 ↓ 全検20-1-31名古屋車 UH20B-1b,236a,69a
コキ104-1079 京葉久保田→名南貨 全検20-4-10広島車 UH20A-74c,UH20B-348b,245b
コキ104-5032 京葉久保田発 IPCU030034
コキ104-1292 ↑玉前発[空車]
コキ104-1919
コキ104-1928 ↓ 全検19-9-15輪西派
コキ104-1625 ↑京葉久保田発 海ナタ 全検15-10-11名古屋車 UH20B-387b,UH20A-89c
コキ106- 13 [空車]全検19-8-14川崎車(グレー塗装)
コキ104- 636 [空車]
コキ104-2037 ↓ IPCU190051
コキ104- 241 ↑千葉貨物発
コキ 51788  JOT UR×5
コキ251486  JOT UR×5
コキ 51654  ↓ [空車]
※名タ=名古屋タ、名南貨=名古屋南貨物
※住友化学UH20A/UH20Bの専用種別=a:ポリエチレン、b:ポリプロピレン、c:ポリエチレン・ポリプロピレン

○1092列車…こちらも編成が変わりなく今日見た列車は全て新鋭のKD60牽引といつも見慣れたDD13の払い下げに全然お目に掛かれなかったのが残念でした。蘇我以遠は5482〜5973列車を牽引した新鶴見のEF65が担当。
△新小岩操(隅田川)
KD60 2→EF65 1085[JRF色、冷房]
コキ50717 ↑宮城野行き
コキ52461
コキ52655 ↓ 千葉製粉UT20A-5027積載
コキ200-67 新潟タ行き 全検19-4-18川崎車 JOTU330180[0],JOTU671199[0]
コキ106-925 京葉久保田→八戸貨物 [空車]
コキ200-70 京葉久保田発 全検18-12-6川崎車[空車]
コキ106- 529
コキ106- 243 全検15-11-1広島車(グレー塗装) 宇部/センコーUH20A-480,472
コキ104-2703
コキ104-2432 ↑玉前発
コキ104-2368 ↓ [空車]

 ここまで終わると今回の遠征もほぼ終わり、17時32分発の千葉行き(290M、クハ111-1505×6/千マリS64編成)に乗車。総武快速・横須賀線用のお下がりでリニューアルを施した生え抜きです。今日は殆ど撮り鉄に遭遇せずこの様な事は久々。蘇我へ行くにはこれからJEFのホーム戦を外した方が無難です。時々京王線で味の素スタジアムでのFC東京戦があると準特急の臨時停車、観戦帰りの臨時運転と行なわれるのでこう言う日は混雑する事が目に見えています。

 千葉駅での乗換の間にいつも通りKIOSKで銚子電鉄のぬれ煎餅を探すとちゃんとスペースが用意されて10枚入りを選びました。この頃はおつまみ用にマヨネーズ付きのタイプも売り出されてこちらはビールのアテ向けと言った商品です。一時は更新資金の調達で大騒ぎになったのでしょうか少し醤油の香りが以前程漂わなくなったのが残念です。

 千葉から9番線始発で17時59分発の横須賀行き(1718F、クハE217-2019×4+35×11/横フナY119編成+Y35編成)で東京まで乗り、千葉を出ると熟睡モードで錦糸町まで進むと中央線快速電車の東京駅でポイント故障が発生し、ダイヤが大幅に乱れているとの事で錦糸町にて慌てて下車。

 錦糸町で乗り換え、緩行電車の三鷹方面を一本待って18時35分発の三鷹行き(1813B、クハE231-42×10/八ミツ42編成)で御茶ノ水へ。高尾行きが2本続いてLEDの案内表示には時刻が表示せず御茶ノ水18時46分(定刻は33分発)の高尾行き(1809H、クハE233-56×10/八トタH56編成)に乗車。さすがにトラブルがあると特別快速、通勤快速は無理だろうと快速しか選択肢が無いので苦痛度が高くなります。西荻窪で何とか座れて国分寺は『あずさ31号』と豊田行きの通勤快速のダブル待避でここでも定刻より15〜20分遅れ。警察官が飛んで前の方で何だかトラブルがあったご様子。先行の豊田行き通勤快速が定刻で東京18時35分発のダイヤに当たり、先のポイント故障の影響で青梅線直通を中止して豊田行きに変更したもの。高尾まで乗るつもりで乗車すると20分遅れて20時5分着。本来のダイヤから2本ずれて20時12分発の東京行き(2052T/高尾から53T運用)で西八王子へ。降りた所で東の空が稲妻が光ってこりゃ落雷が来るなと思い、この1時間程後に田端で落雷事故が発生し、ダイヤは大混乱。良い時に帰宅しました。

 千葉ローカルの211系の様子は次の通りです。案内表示で10両編成が出てダブル組成で来るだろうと思ったらピン運用が多いです。
・クモハ211-3042×5(千マリ503編成):1335M〜1338M〜1439M/179M〜178M〜193M(千葉→蘇我間で乗車)〜196M
・クモハ211-3043×5(千マリ504編成):245M〜256M〜255M〜266M〜267M〜278M
・クモハ211-3046×5(千マリ506編成):1641M〜1640M(蘇我→千葉間で乗車)
・クモハ211-3053×5(千マリ405編成):437M(千葉→東千葉間で乗車)
・クモハ211-3062×5(千マリ408編成):440M(東千葉→千葉間で乗車)

|

« H20.07.29 千葉周辺(その1) | トップページ | H20.07.31 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H20.07.29 千葉周辺(その2):

« H20.07.29 千葉周辺(その1) | トップページ | H20.07.31 八王子駅 »