« H20.07.03 大宮周辺 | トップページ | H20.07.08 八王子駅 »

2008年7月 4日 (金)

H20.07.03 八王子駅

 帰りは先日の鉄道博物館行きと同様のコースになり、西国分寺の付くと2番線に到着した八王子行きは201系の担当で一足遅くアウトとなりましたが、すぐと後で到着した上りのH52編成はローレル賞のヘッドマークを掲げた編成です。一本待って次の大月行きで八王子へと向かいます。

 八王子に着くと到着まで30分程あるのでこの間に出入りする電車の編成をチェックしつつ過ごします。E233系の後期落成車の様子も8月一杯までご紹介致します。

○5463列車…オールタキ43000の顔触れで黒塗りも2両連結。43445番を余ったコマ(前述通り余裕が大ありで)で大きいサイズで撮りました。
△篠ノ井(西上田)
EH200−10
タキ43119 OT/倉賀野 無
タキ43175 OT/郡山●[旧JOT/郡山]
タキ43144 OT/西上田 石油類)黒地
タキ43445 OT/倉賀野●[旧JOT/根岸]
タキ43031 OT/倉賀野 全検16-10-13川崎車(21-12-31切)*
タキ43166 OT/西上田
タキ43396 OT/南松本
タキ43336 OT/倉賀野
*タキ43031の休車:H20.4熊タ派/79日

 ここまで終わると京王プラザホテルのスターバックスで一休みして一杯だけながら昨日はラジオのニュースを聞いていたら本国・アメリカで大規模なリストラが報じられて日本でもいずれ波及するのでは?とこちらも少々不安になりました。それからヨドバシカメラにて『鉄コレ』第7弾を漁ると懐具合の寂しさから5箱有る中4箱頂き、成果は南海電車のモハ1521形、西武451系のクモハ451、伊豆箱根(駿豆線)から大井川鐵道に譲渡された1000系はペアでゲット。伊豆箱根鉄道は西武グループだけあって601系や701系に似た車体が一目で分かり、後期は701系と全くそっくりの風貌ながら初期はおでこの方向幕や戸袋窓が無く、車のグレードで言う低廉グレードを思わせます。

|

« H20.07.03 大宮周辺 | トップページ | H20.07.08 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/41732118

この記事へのトラックバック一覧です: H20.07.03 八王子駅:

« H20.07.03 大宮周辺 | トップページ | H20.07.08 八王子駅 »