« H20.06.06 八王子駅(その1) | トップページ | H20.06.10 八王子駅 »

2008年6月 7日 (土)

H20.06.06 八王子駅(その2)

 13時を回った頃の中央特快で八王子から東京まで乗り、乗るなり、OT基地の様子をチェックし、タキ43006(西上田)、43336(倉賀野)、43384(西上田)と外側の線に在線。東京駅の丸の内北口の丸善でエコーモデルのミニチュア展が行なわれているので見学し、『always三丁目の夕日』の作品をモデルにした建物のミニチュアやレトロな佇まいの街並が上手く出来ていて感服。この前後にはゴールデンウィークから運転開始した『夢の下町観光バス』専用車の都営バスをキャッチし、中型車幅のノンステップバスを改造したもので元々のタイプはマスターの地元・京王電鉄バスの八王子営業所や西東京バスの五日市営業所(こちらは八王子〜五日市の路線で見掛けます)に居るのと同じタイプでこちらを見慣れた事を思うと驚き一塩。また、3月に開業した日暮里舎人ライナー・江北駅行きの都営バスも発見。1時間程過ごしてから八重洲の地下街をぶらりと。旧大丸周辺を中心に工事の覆いが目立ち、イヤ迷いました。16時を回って改札に入り、南側のカフェで休憩し、17時を回ってから山手線の外回りで大崎へ。『スーパービュー踊り子』8号で到着した251系の回送やE217系の東京行きと見て進みます。

 貨車部会の例会も21時前に切り上げる事が多く、山手線に乗り換えると新宿21時半発の通勤快速に充分間に合います(部会の皆さん、意図的に合わせているのではありませんので悪しからず)。さて、新宿から乗った所2本前の快速が阿佐ヶ谷で急病人発生のため5分程足止めを喰らい、後続の立川行きは11番線に入線と珍しい光景も。遅れをそのまま引き摺りつつ八王子到着。

○2087列車…立川で先行して様子を伺い、牽引機は80列車の折返でEH200の901号機。タンク車9両と少々もの足りません。
△篠ノ井(坂城)
EH200−901
タキ1000-118 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-575 JOT/根岸
タキ1000-196 JOT[E]/郡山
タキ1000-795 JOT/根岸
タキ1000-759 JOT/根岸
タキ1000- 58  JOT[E]/郡山
タキ1000-281 JOT[E]/郡山 トケ
タキ1000-224 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-478 JOT/根岸 無

 この前後では中央線のE233系では久し振りのラッピングを見てT38編成が側面の上下を使い縦長にニューカレドニアのラッピングが貼られて年末のTBSテレビ・総合格闘技(T25編成)以来です。さて、いつもは人身事故と言うと高尾までは起こるのですが、今日は四方津で発生したため山線(高尾以遠)からの電車が大幅に遅れてしまい、下りは『かいじ』121号が豊田で抑止後、15分程遅れての到着。上りは『スーパーあずさ』36号が1時間遅れての到着となり、貨物列車もこの後の到着。

○2080列車…先の人身事故の影響で1時間10分程遅れての到着。定刻同様、すぐに出発。
←梶ヶ谷タ EF64 1016[冷房]+コキ104-658+104-2011+571+106-389(全検19-11-29広島車)+104-1075+2387+1518+295[福岡タ行き]+51110+51773+52097[梶ヶ谷タ行き]

○5462列車…こちらも1時間程遅れて到着するものの、ものの5分程で出発。2番線では東京行きの終電を待つお客さんが多い中、駆け足で見るものの、酔客多く危険を感じましたが、編成はタキ43000の青塗り、黒塗りと丁度半数ずつ。GW中にJOTから移籍した車は西上田常備を見たものの、倉賀野、宇都宮タ、南松本常備車と確認しました。5月中天気が芳しく無くこの辺の追跡が追い付かなく申し訳ございません。
△川崎貨物(浮島町)
EH200−2
タキ43611 OT/倉賀野●(旧JOT/郡山) 石油類)青地
タキ43381 OT/倉賀野
タキ43175 OT/郡山●(旧JOT/郡山)
タキ43449 OT/南松本●(旧JOT/根岸) 石油類)青地
タキ43010 OT/西上田
タキ43137 OT/倉賀野
タキ43008 OT/西上田
タキ43184 OT/倉賀野●(旧JOT/根岸) 石油類)青地
※●=黒塗り

○2081列車…こちらもタンク車が来ると思った所、EF65 1064の単機で到着。行き掛けの2080列車を見ておけば良かったかな?とちょっぴり後悔なり。

 今日は久し振りに日付跨ぎで5470列車や5467列車まで見ようと思った所、大番狂わせでヘトヘトになり、『中央ライナー』11号より前の高尾行きで帰宅の途に付きました。

 例によってE233系の後半新製車を中心に運用状況をまとめてみました。
・クハE233-24×10(八トタT24編成):65T運用(八王子→東京で乗車)
・クハE233-34×10(八トタT34編成):09T運用
・クハE233-38×10(八トタT38編成/ニューカレドニアラッピング):23T運用
・クハE233-39×10(八トタT39編成):31T運用
・クハE233-40×10(八トタT40編成):83T運用(八王子→西八王子で乗車)
・クハE233-41×10(八トタT41編成):63T運用
・クハE233-42×10(八トタT42編成):19T運用
 ついでに京浜東北線のE233系も確認した範囲でまとめてみました。
・クハE233-1012×10(宮ウラ112編成):15B運用
・クハE233-1013×10(宮ウラ113編成):37B運用
・クハE233-1016×10(宮ウラ116編成/新製H20-5新津):61A運用

|

« H20.06.06 八王子駅(その1) | トップページ | H20.06.10 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H20.06.06 八王子駅(その2):

« H20.06.06 八王子駅(その1) | トップページ | H20.06.10 八王子駅 »