« H20.05.15 八王子駅(その1) | トップページ | H20.05.23 八王子駅 »

2008年5月15日 (木)

H20.05.15 八王子駅(その2)

 八王子から12時10分発の中央特快で三鷹まで乗り、車窓越しからオイルターミナルの基地に在線するタンク車を確認するとタキ1000-675[OT/宇都宮タ■]の1両のみと寂しい状況です。例年、ゴールデンウィークが終わるとオイルの輸送が一段落して列車の長さも短くなりますが、今年は暫定税率と原油高の影響でしょうか編成の短さも一際目立ちます。

 三鷹で快速電車に乗り換えて吉祥寺から井の頭線の急行電車(12時48分発)に乗換。自前のPASMOはここでオートチャージ。3000系の3727Fに乗り、今年から1000系の置換えが再開されて来年度中までには京王の全車をVVVF車になり、40余年に及んだ3000系の歴史にピリオドが打たれます。現在は北陸鉄道に譲渡された第一陣が鉄道友の会のローレル賞を受賞した事があり、マスター自身は入会13年ですが、貨車部会&JR電車部会のF氏、貨車部会&埼玉サークル幹事を務めるK氏、昨秋逝去されたシニア会員のH氏辺りが入られた頃の受賞車だなと歴史を感じさせます。

 渋谷から山手線の内回りで大崎へ。横須賀線の人身事故の影響でしょうかやや遅れている様子らしく目黒で暫く時間調整。運行番号も40分前のダイヤで『東京時刻表』片手での参上は正解。

 ゲートシティーの南部労政会館で8月例会の本予約を済ませ、普段は第1金曜日ですが、初めて日曜日の午後の実施となり、8月10日の午後1時から行ないます。この後はスターバックスで一休みがてら部会の皆さん宛へメールを送り、ローソンからブルーリボン賞の葉書を投函。湘南新宿ライン&りんかい・埼京線側の6番線から貨物線の外回りに向けて回送するクハ209-76×10を発見。廃車候補かな?と思いきや、東京総合車両センターを出場して東大宮経由で南浦和の車庫への回送と言った様子です。目黒まで山手線の外回りに乗り、こちらも運行番号から50分程遅れて滅茶苦茶ですね。

 目黒からメトロ南北線に乗り換えて鉄道友の会の本部がある市ヶ谷へ向かい、東急目黒線の直通運転開始時に登場した東急3000系(3002×6)の鳩ヶ谷行きで向かいました。乗る事15分、白金高輪から溜池山王、永田町、四ッ谷と駅名を見て進み、今日は久し振りに暑くなって来たのかスーツ姿も些か暑く感じさせます。

 市ヶ谷は靖国通り沿いの九段側の出口を目指して出る事にして鉄道友の会の本部ではRailfan(会報、RF)のファイルを頂く為で以前は本部総会の度に2冊(=4年分)頂戴したのですが、近年は一杯になった所で買うスタイルになったのでこの頃は交通費の節減も相まって都区内に出る用事に合わせて掛け持ちしています。本当はマスターの地元でもある多摩地区にも地域サークルがあっても嬉しいのですがとシニア会員のK氏相手の雑談でも良く出て来ます。封筒も旧本部の住所が入った大判のものでRFの綴じ込みを済ませたら何か資料を仕舞い込んで家宝にしたいと思っております。

 市ヶ谷から緩行電車の三鷹行き(1405C、クハE231-29×10/八ミツ29編成)で四ッ谷まで乗り、丁度、中央特快に間に合い、新宿で座れると早速荷物の整理。阿佐ヶ谷辺りで先に乗った緩行電車を追い抜き、国分寺で待避するE233系のトップ編成とご対面。立川では5277列車(安善→拝島のジェット燃料列車)が南武線ホーム南側から青梅線への短絡線を走る所を霞めてEH200とタキ35000のコンビネーションは新鮮でNゲージでもセットが売り出されるのでこの組成も再現出来ます。因みに今日の連結ナンバーはタキ35892・35833・35835・35834・36028・36027・35788・35821・35638※・35587※・35378・35894※・35889※・36035(逆サイドに座ってメモしたので間違えていたらすみませんです)。中央線の列車でタキ35000と言うと平成11年3月まで篠ノ井に所在したエッソ油槽所行きの5461/5460列車が思い出深く、下りの5461列車は15時前後八王子駅に機関車を付け替えて30分程停車し、ホーム伝いに編成をメモして旧所有者の跡をクッキリ覗かせてマスターの私有貨車研究の醍醐味を覚えた列車でもあります。日によって後方が定位置のタキ25000やモービルのタキ45000(S42新製の45043・45050やエッソ→NRSの45512[=大半がタキ46000に改造]が良く入りました)の長野行きや旧3471列車から移行したホキ2200も南松本まで前にぶら下がり、平成8年の秋からタキ1000が入る様になってから驚いてしまいました。豊田の車両センターでは『あずさ』色のクハ189-14×6(M50編成)の先頭には山梨DCのキャラクターが運転台サイドの真下に大きくラッピング。

○2459列車…先月8日以来の編成確認となり、EF64の原型機の頃はいつも撮り鉄がタムロしておりましたが、1000番代に変わって高尾方に目を向けるとすっかり姿を消してしまい近年のファンの偏狭さが垣間見えます。コキ50000中心に北長野行きの前4両はコキ100系の4両ユニット車が入り、コキ101・100の105・106番とすっかり2459/2458列車の専属です。コキ50000も少しずつコキ106、コキ107の置換えが始まる様になって今年度中の検査切れ車の期日も書き出しました。
←北長野 EF64 1002[更新色・冷房]+コキ101-105+100-105+106+101-106+52421○(全検19-8-17川崎車)+51565+50904○[北長野行き]+53176○+50398○+50325○+53333+50941+52841(全検20-3-28川崎車)[南松本行き、○=空車]

 最初は2459列車を見て改札を出ようと思いましたが、後で到着する82列車を待つ事にして、後続の高尾行きで市ヶ谷で見掛けたE233系のT1編成が到着して外から思わずローレル賞のプレートを覗き込み嬉しいものです。2番線を通過する列車を待つと甲府方面からのお座敷電車・ニューなのはなで丁度、5年前の今日は東北新幹線のグリーン車往復割引を使って仙台へタキ1000の取材に出掛け、このニューなのはなが同じ日にやって来て仙台の車両センターで昼寝している様子を見た事があります。当日は数日前の様な陽気で時雨れてお天気が良ければ岩沼へ行きたかったのですが、近い所で仙石線に乗って苦竹で103系や205系の撮影や仙台駅の『青葉城恋歌』の発車メロディーに聴き惚れて楽しみました。

○82列車…本来は到着する83列車からタキ1000が6両来るかなと思いきや、昨今の流通事情から80列車一本に絞り、下りの85列車同様、コキ104だけの寂しい編成となりました。
←梶ヶ谷タ EH200-16+コキ104-749+2826+2668+34

 またまたE233系の後半落成車、201系とまとめてみました。
・クハE233-1×10(八トタT1編成):55T運用→市ヶ谷で帰りの電車に待つ間に通過しましたが、後で八王子駅に到着し(1455T)、ドア越しからローレル賞のプレートを覗き込みました
・クハE233-21×10(八トタT21編成):85T運用
・クハE233-31×10(八トタT31編成):17T運用
・クハE233-34×10(八トタT34編成):51T運用
・クハE233-35×10(八トタT35編成):05T運用
・クハE233-36×10(八トタT36編成):57T運用
・クハE233-42×10(八トタT42編成):31T運用
・クハ201-115×10(八トタH5編成):65T運用

 一通り見終えて行き掛けに下見したNOWの成城石井に立ち寄り、京王プラザホテルのスターバックスで一休みしてこの所コーヒージェリーフラペチーノが続いたので久し振りに抹茶フラペチーノを頂き、京王八王子のショッピングセンターで小物程度のお買い物をして前に長崎屋の3フロアに品揃えに自信がある本屋さんがあったと思ったら3月にトンヅラしてしまい、中途半端になっていた『大物車のすべて』の残り2冊を買い、近々行なわれる貨車部会の見学会の予備知識を吸収する為の勉強用に調達したもので私の事務所も運営に軌道が乗っていれば経費として計上出来るのですが今の所は何とかやり繰りして頑張っております。

|

« H20.05.15 八王子駅(その1) | トップページ | H20.05.23 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H20.05.15 八王子駅(その2):

« H20.05.15 八王子駅(その1) | トップページ | H20.05.23 八王子駅 »