« H20.04.04 八王子駅(その2) | トップページ | H20.04.17 八王子駅 »

2008年4月 9日 (水)

H20.04.09 八王子駅

 部会のWさんから近々、貨物駅の見学会を行なう話が持ち込まれてお誘いを受けて午後、飯田橋にあるJR貨物の本社へ訪問しました。

 行きはいつも西八王子から電車に乗る所、区画整理が終わり、この間の日曜日に八王子駅南口まで直通する路線バスが走る様になったのでこれに乗りました。前に書いた通り平日5本、土休3本と一番良いのが西八王子駅12時10分頃の便で拙宅からは5分程歩いた所にある盲学校前から乗り、駅からは空気乗車ながらここからは3人乗って来て開業4日目で早速、お得意さんになったお父さんやら今までは甲州街道まで出ていたお母さんと乗車。バスの路線図を実際見ると国道16号と西八王子駅の間は縦はそこそこ充実しても横は疎らでコミュニティバス(はちバスがムーバス[武蔵野市のコミュニティバス]みたいに狭い範囲をこまめに走るスタイルだったらすぐ出来ていたのですが………)が走っても悪く無いかなと沿線の町内会、バス会社が消極的だったのではと思われます。たまにマイカーのお迎えで八王子駅の南口に来る事もあるのでそう時間が掛からず、バスに乗ると時刻表に載った時刻通りで見ると5分程で着くと思ったらその通り。

 八王子駅の南口は再開発が進められて路線バスは西八王子方面がこの南大通り経由の路線と法政大行きの区間便に当たる路線、北野街道(京王高尾線の南側を走る道路)経由のめじろ台行き、野猿街道から京王相模原線の南大沢駅や片倉台、みなみ野駅、元々神奈中一本だった国道16号を走る唯一の京王バスの路線である多摩美大行きのノンストップ便とあり、迎え撃つ神奈中はスクールカラーにラッピングした専用車を橋本駅から運行して対抗しています。

 乗る電車まで少し時間があったので丁度、8272列車が3番線に停車しているのを見てこの所東急電車の甲種輸送が少しずつ行なわれているのでしょうかEF65の無動回送が見られました。タキ1000ばかりの11両編成。69番にエコレールマークが貼られて初顔合わせ。極め付けは260〜262の3連番連結。
△根岸
EH200−7+EF65 1086[JRF色、赤プレート/無動回送]
タキ1000-423 JOT[Er]/根岸 無(←トケ)
タキ1000-148 JOT[Er]/郡山 無
タキ1000-627 JOT/根岸
タキ1000-502 JOT[Er]/根岸
タキ1000-465 JOT[Er]/根岸 無
タキ1000-262 JOT/郡山 無
タキ1000-260 JOT[Er]/郡山 無黒
タキ1000-261 JOT/郡山
タキ1000- 69 JOT[Er]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-352 JOT/郡山
タキ1000-756 JOT/根岸

 中央特快(八王子12時38分発)で四ッ谷乗換で飯田橋へ。待ち合わせは13時半で丁度間に合います。飯田橋駅は以前、日曜サークルの例会が実施された東京都の青少年センターが外堀を埋めたビルの上にあり、ある程度の会員歴の方にとっては懐かしいのではと思われますが、こちらは反対のスロープの方でこちらが目指すJR貨物の本社は水道橋寄りで目白通りのガードが出口で改札口の前にはホテルメトロポリタンエドモンド直営のパン屋さんにちょっとした喫茶コーナーのあるお店を見付けて飯田橋に来た事を実感。JR貨物の本社は10年程前まで飯田町の紙流通センターがあって各地から紙を積んだワム80000が到着した事でご存知の方も多いのではと思われます。国鉄時代は八王子から新宿まで貨物列車を牽いた八王子の電気機関車(EF15、EF13、後年はEF60)がこの紙輸送列車や初狩からの砕石輸送を牽く為新宿から飯田町まで往復する運用も数多く存在しました。1階のロビーで貨車部会のWさんが居られたので早速事前の打ち合わせをして隅っこにあるPRコーナーを覗いて民営化からこれまでの歴史や近年の機関車や貨車のHOゲージの模型、Nゲージのスーパーレールカーゴやコンテナ列車と一般の通勤電車の長さを比較、貨車やコンテナのパネル写真、国交省や鉄道の日等で頂いた賞状、もちろん、鉄道友の会のブルーリボン賞(M250系)、ローレル賞(EF200、コキ71)の受賞楯や賞状とあり、この会長さんお二方も気が付くと今や他界されて寂しいものです。窓際のテーブルで面会する相手の広報室長さん(ハンサムな方で同行した貨車部会の方と同姓で混乱しますね)とあれこれお話してこの間仲間内で出した写真集を手土産に私との顔繋ぎ、見学会(北関東某駅が有力候補)で希望の駅を何箇所か出し、さすがに近年はJR貨物さんもギリギリの人員で回している様で平日、少人数が望ましいとの事で昨年6月に実施されたM250系の撮影会もそんな状況で実施されて鉄道友の会の思惑と合致しない面も多少ございます。後は現車関係の資料も頂ければと我々にとっては御の字ですが………。

 40分程で用事が片付き、飯田橋駅のホームで通過する中央線の快速電車を撮影して過ごし、四ッ谷まで緩行電車、この先は八王子まで中央特快と行きたい所、直後の特快が青梅行き(四ッ谷15時02分発)なので立川乗換で八王子へ。オイルターミナルの基地には奥にタキ43000、タキ1000を含めて5〜6両、本線側には倉賀野常備のタキ43119が止まっておりました。八王子ではこの後、始発の小淵沢行き(551M、←クモハ115-305×3[リニューアル]+310×3/八トタM2編成+M7編成)はお昼頃高尾に着いた536Mから回送された編成がそのまま担当。

○2459列車…3月のダイヤ改正からEF64の0番代から高崎の1000番代に置き換わり、ダイヤ改正前の編成内容から上越線の列車を思わせるコキ50000+100系の混結と思っていたら元来のコキ50000オンリーと拍子抜け。駄洒落もまだ当面通用出来ます。
←北長野 EF64 1019[冷房]+コキ51650+51630+53309+52167+52659(全検19-12-26名古屋車)+50096+52551[北長野行き]+50266+52298+51600+52513+252297+52528[南松本行き]

 中央線快速電車で気になる編成をピックアップしました。
・クハE233-1×10(八トタT1編成):51T運用
・クハE233-31×10(八トタT31編成):31T運用
・クハE233-36×10(八トタT36編成):71T運用
・クハE233-42×10(八トタT42編成):83T運用
・クハ201-115×10(八トタH5編成):29T運用

 帰りは京王プラザホテルのスターバックスで一休みした後、京王八王子駅のショッピングセンターによって入手が後手に回った『東京時刻表』等を買ってこちらは先月30日に開業した日暮里・舎人ライナーや横浜市営地下鉄グリーンライン、JR関連は勿論、東急大井町線の急行運転開始や小田急はMSE(地下鉄直通のロマンスカー)の運転開始と小田原を挿んだエリアの見直しと見るべき点もあるので帰ってから突き合わせが楽しみです。

|

« H20.04.04 八王子駅(その2) | トップページ | H20.04.17 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H20.04.09 八王子駅:

« H20.04.04 八王子駅(その2) | トップページ | H20.04.17 八王子駅 »