« H20.03.26 京浜地区(根岸駅その2) | トップページ | H20.04.01 八王子駅 »

2008年3月27日 (木)

H20.03.26 八王子駅

 寂しくなった鶴見線の沿線とハイテクロコが闊歩する根岸駅の様子と同じ京浜エリアながら対照的な風情を漂いつつ今回の遠征も終わり、八王子駅で降りる際に丁度、西上田行きの5463列車が止まっていましたので見ました。3月ダイヤ改正前までは深夜の運転で臨時スジに譲っておりましたが、塩尻大門まで元のダイヤに復帰。昨年までは定期2本で運転した所、一本に統合されて西上田行きだけでもタキ43000が10両入って以前に比べてスッキリした印象です。

△篠ノ井(西上田)
EH200−3
タキ1000-122 JOT/郡山 ↑根岸→長野 A重
タキ43616   JOT/根岸 ↓ 全検19-5-15郡山車、自重16.0t A重、石油類)青地
タキ43256 OT/郡山
タキ43109 OT/西上田
タキ43006 OT/西上田
タキ43129 OT/郡山 無
タキ43020 OT/南松本
タキ43268 OT/倉賀野
タキ43266 OT/西上田
タキ43016 OT/郡山
タキ43171 OT/南松本 全検19-4-10川崎車、自重16.0t
タキ43399 OT/郡山

 改札口を出て京王プラザホテルのスターバックスで一休みしてこの後はいつも、京王八王子駅のショッピングセンターへ足が赴きますが、京王のパスポートカードのポイントが年度でカウントされる為に今から貯めると数日で失効してしまい、このままヨドバシカメラでBトレインショーティーをチェック。この間201系のセットが出たなと思ったら沿線らしく早々品切れで仕方なくりんかい線の70-000系を買い、これも埼京線で普段見られる事や八高線の209系3100番代の種車(実は今回の高崎行きの行きはこの電車でした)とJRの電車と違和感無く活躍しています。

|

« H20.03.26 京浜地区(根岸駅その2) | トップページ | H20.04.01 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H20.03.26 八王子駅:

« H20.03.26 京浜地区(根岸駅その2) | トップページ | H20.04.01 八王子駅 »