« H20.03.13 八王子駅 | トップページ | H20.03.17 八王子駅 »

2008年3月16日 (日)

H20.03.16 八王子駅

 昨日はJRのダイヤ改正が実施され、中央線では快速電車の201系やEF64(貨物所属の0番代)、『中央ライナー』でも183・189系と長年見慣れた車両が勇退し、マスターにとっては時代の変わり目に差し掛かって来た事を痛感します。貨物列車も車扱がだいぶ削減されて化成品のタンク車やワム等を混ぜて連結したタイプの列車が全くと言っていい程姿を消し、夜行列車の廃止が今回のダイヤ改正では大きな話題となり、特に急行『銀河』は盛り上がりが激しく、テレビや新聞で大きく取り上げられました。新しい所ではメトロの千代田線と直通する小田急ロマンスカーのMSEとこちらも前評判が高く、このブログをご覧になられている皆さんでも行かれた事と思われます。

 さて、日曜日は寝坊助のマスター。9時に部会のF氏から電話を頂き、原稿のCDを預かっているので引き取って欲しいとのお話で慌てて着替えて飛び出し、休日ダイヤの中央線は間引く事が多く、国道に出て京王八王子行きの路線バス(ヨドバシカメラのラッピング入り)に飛び乗り、八王子駅へ。同じ中央線沿線で且つ多摩地区在住同士。断れまへんな。

 改札に入ると先ず、根岸行き5270列車が入線していたので気にしながら後方をチェック、『ビューやまなし』号が止まる前後までは後半分をみて同じ3・4番線の高尾方へ足を赴き、F氏と合流。CDの引き取りや印刷部数の相談諸々と簡単に済ませて10数分で終了。こちらも5270列車の続きを前半分、EF210の入線をデジカメに収めて(いつもG7はM3モードにセットするも大きめのM2モードに設定した事を帰宅後に判明)、85列車の編成調査を軽く済ませて用事も一件落着。

○5270列車…先頭だけタキ43000が入った他はタキ1000の編成。ダイヤ改正後の初仕事となり、今日の牽引機は昨年新製された新鶴見の134号機で今年度のEF210の新車は岡山の他に新鶴見や吹田にも配置され、吹田はどちらかと言うとEF66やEF200の予備で置かれた様子です。
△根岸
EF210−134
タキ43487   JOT/根岸 トケ、石油類)青地
タキ1000-490 JOT[Er]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-153 JOT/郡山 無
タキ1000-357 JOT/郡山 全検19-3-22川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-482 JOT[Er]/根岸 無
タキ1000-605 JOT/根岸 無
タキ1000-219 JOT[Er]/郡山 無
タキ1000-686 JOT/根岸 無
タキ1000-152 JOT[Er]/郡山 無(←旧トケ)
タキ1000-576 JOT/根岸 全検19-10-17川崎車、自重17.0t
タキ1000- 68  JOT/郡山
タキ1000-771 JOT/根岸
タキ1000- 71  JOT[Er]/郡山
タキ1000-802 JOT/根岸
タキ1000-215 JOT[Er]/郡山
タキ1000-833 JOT/根岸 新製19-11-9日車、自重17.2t

○85列車…14日までの2089列車で今まではタキ1000を前日のうちに3076列車で送られたものを統合し、ダイヤ自体2453列車→5487列車→2089列車と梶ヶ谷タ発が続いたものの、根岸発に変更。今日はコキ104・106ばかりの為、梶ヶ谷タ発で運転と言うのも一目瞭然。
←竜王 EH200-11+コキ104-2522+1847+106-376(全検16-4-15川崎車)+104-2245

 さて、ダイヤ改正後はE233系の運行が多くなる事から全列車から下半期に新製された編成を中心にご紹介します。もちろん、201系の編成も随時掲載致します。
・クハE233-41×10(八トタT41編成):65T運用

 取引が終わり、10時20分発の高尾行き(977T、クハE233-18×10/八トタT18編成=昨秋、てんやのラッピングが貼られた編成です)にてご帰還。最初、高尾まで往復しても悪くありませんでしたが、西八王子で降り、前に会員仲間と一緒に近場を撮り歩いた際、この頃合いの電車は不思議と西八王子の下車が少ない(変に高尾方面が間引かれないと)ので意外な発見をした事があります。

|

« H20.03.13 八王子駅 | トップページ | H20.03.17 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H20.03.16 八王子駅:

« H20.03.13 八王子駅 | トップページ | H20.03.17 八王子駅 »