« H20.02.05 八王子駅 | トップページ | H20.02.11 八王子駅(その1) »

2008年2月 8日 (金)

H20.02.08 八王子駅

 八王子駅の近くへの用事ついでに色々と見ました。

○5270列車…八王子駅に着くと2089列車、東急6000系の甲種輸送と遮られてハードルが高いなと5番線から見ると先週1日の8273〜8272列車に連結したナンバーが前に続くものの、タキ1000ばかり9両の短い編成です。
△根岸
EF64 1027[更新色]+EF64 1009[更新色、冷房]
タキ1000-506 JOT/根岸 無
タキ1000-297 JOT/郡山 無
タキ1000-604 JOT/根岸 無
タキ1000-571 JOT/根岸 全検19-4-24川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-509 JOT[Er]/根岸
タキ1000-600 JOT/根岸 全検19-9-21川崎車、自重17.1t
タキ1000-692 JOT/根岸
タキ1000-267 JOT[Er]/郡山
タキ1000- 52 JOT/郡山

○2089列車…火曜日と同じくEF64重連の牽引で東急6000系と掛け持ちのカメラ片手のファンが目立ち、いつもは6両連結のタキ1000が倍近い11両の連結に。
△竜王
EF64 49[JRF色]+EF64 64[JRF色]
コキ104-2803
コキ104-2517
コキ104-2753
コキ104- 78
タキ1000-779 JOT/根岸   ↑根岸発
タキ1000-360 JOT[Er]/郡山
タキ1000-847 JOT/根岸 新製19-11-2川重、自重17.2t
タキ1000-497 JOT[Er]/根岸
タキ1000-505 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-219 JOT[Er]/郡山 無
タキ1000-498 JOT[Er]/根岸 無
タキ1000-846 JOT/根岸 新製19-11-2川重、自重17.2t
タキ1000-565 JOT/根岸 全検19-7-20川崎車、自重17.1t
タキ1000- 61 JOT[Er]/郡山
タキ1000- 29 JOT[Er]/郡山 ↓

 東急6000系の甲種輸送や朝の電車の遅れ(『スーパーあずさ』11号の次に来る快速まで10分遅れで10時47分発の高尾行きから定刻に回復)とあたふたしましたが、どうも今年に入ってからダイヤがマトモに動いた日の方が少ない感がします。東急6000系の様子について今日は(←長津田)DE10 1554+6402+6502+6602(→)+(←)6102+6202+6302と連結して5270列車を見た際に6302の窓側には玄関マットの絨毯が掲げられていました。

○8272列車…オールタキ1000の編成で東急6000系の甲種輸送を牽いたEF65・1000番代の無動力回送もこの列車に連結。
△根岸
EH200−9+EF65 1092[JRF色、冷房]
タキ1000- 27 JOT[Er]/郡山
タキ1000-568 JOT/根岸 全検19-6-1川崎車、自重16.8t
タキ1000-195 JOT[Er]/郡山
タキ1000-567 JOT/根岸 全検19-7-14川崎車、自重16.9t
タキ1000-623 JOT/根岸 無
タキ1000-794 JOT/根岸
タキ1000-833 JOT/根岸 新製19-11-9日車、自重17.2t
タキ1000-499 JOT/根岸
タキ1000-477 JOT/根岸
タキ1000-763 JOT/根岸
タキ1000-354 JOT/郡山
タキ1000-769 JOT/根岸
タキ1000-788 JOT/根岸

 いつも通り中央線快速電車の運用状況をまとめて10時過ぎの中央特快で今月新製されたばかりのE233系T40編成と早速ご対面。置き換えもあと一息と言った所です。10時台の前半までは遅れておりましたが、11時前になるとすっかり回復し、運用が変わって点も判明した所から整理しました。
・クハE233-1×10(八トタT1編成):15T運用
・クハE233-2×10(八トタT2編成):43T運用
・クハE233-7×10(八トタT7編成):03T運用
・クハE233-15×10(八トタT15編成):63T運用
・クハE233-20×10(八トタT20編成):71T運用(〜871T)→59T運用(1058T〜)
・クハE233-21×10(八トタT21編成):59T運用(〜959T)→19T運用(1018T〜/通常は豊田10:38発ですが高尾→豊田間を延長)
・クハE233-22×10(八トタT22編成):49T運用
・クハE233-24×10(八トタT24編成):75T運用
・クハE233-25×10(八トタT25編成):31T運用(〜831T)→71T運用(1070T〜)
・クハE233-30×10(八トタT30編成):27T運用
・クハE233-33×10(八トタT33編成):65T運用
・クハE233-35×10(八トタT35編成):45T運用(〜845T)→37T運用(837Tの高尾以遠〜)
・クハE233-37×10(八トタT37編成):53T運用→帰りはこの編成に乗車
・クハE233-40×10(八トタT40編成/新製:H20-2新津):37T運用(〜837T/高尾打ち切り)→25H運用(1024H〜)
・クハE233-46×10(八トタH46編成):25H運用(〜825H)→31T運用(1030T〜)
・クハE233-49×10(八トタH49編成):27H運用
・クハE233-56×10(八トタH56編成):15H運用
・クハ201-128×10(八トタH7編成):17H運用

|

« H20.02.05 八王子駅 | トップページ | H20.02.11 八王子駅(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H20.02.08 八王子駅:

« H20.02.05 八王子駅 | トップページ | H20.02.11 八王子駅(その1) »