« H20.02.03 八王子駅 | トップページ | H20.02.08 八王子駅 »

2008年2月 5日 (火)

H20.02.05 八王子駅

 今日は親の講座がある日なので午前中の空いた時間を使っての編成調査です。日曜日の雪も少し残る地面を見ながら出掛け、受験シーズンらしく西八王子の駅前には法政大行きのバスが何台もスタンバイ。先頃着工した八王子駅南口の再開発に合わせて大学行きバスを集約する噂が出ているのでこの光景も後2〜3年で見納めです。本来なら京王相模原線が開業した頃に橋本から京王のバスが伸ばすのだろうと思ったら、神奈中と何かがあった様子で実現出来ませんでしたが、近くの相原でも良いのに西八王子からのアクセスも地域や地元を無視した(実際、行き帰りの大学生が駅前の店舗に金を落とす事は見られませんが………)引き方でこんな列が出来るならはちバス(八王子市のコミュニティバス)みたいな路線でも良いから作れと思った事があります。
 西八王子から115系の立川行きに乗るとボックス席が空いたので久し振りにノンビリと。この電車の到着間際でも駆け出すお客さんが居るのでE233系や201系の電車が来るまで待てないのか神経を疑いますね。ホームの上に案内表示(且つ詳しい乗り継ぎ)が欲しい所です。最近は八王子駅でも大きく「中央特快は国立、西国分寺は通過」と書かれている事を思うと案内に不慣れな乗客が増えた影響かもしれません(欧米の人に言わせると日本人の行動に付いて罵られそうですが)。

○5270列車…編成の中程に1日の8272列車で見たナンバーが連結されて同じかなと思ったら全く異なる顔触れで配置が気になっていた新車のタキ1000-851が見付けて嬉しくなりました。
△根岸
EF64 1005[更新色]+EF64 1033[更新色、冷房]
タキ1000-268 JOT/郡山 無
タキ1000-611 JOT/根岸 無
タキ1000-478 JOT/根岸
タキ1000-223 JOT[Er]/郡山 無
タキ1000-230 JOT[Er]/郡山 無
タキ1000-484 JOT[Er]/根岸
タキ1000-492 JOT[Er]/根岸
タキ43545   JOT/郡山 トケ
タキ1000-251 JOT/郡山
タキ1000-237 JOT[Er]/郡山
タキ1000-851 JOT/根岸 新製19-11-9川重、自重17.2t
タキ1000-587 JOT/根岸 全検19-9-27川崎車、自重17.1t
タキ1000-474 JOT[Er]/根岸

○2089列車…普段はEH200牽引の所、高崎線辺りでダイヤが乱れの影響でしょうか久々にEF64がリリーフ。前がちから撮ると逆光気味なのが惜しい所です。
△竜王
EF64 64[JRF色]+EF64 49[JRF色]
コキ104-1514
コキ106- 681
コキ104-1927 全検19-7-31川崎車
コキ104-2033
タキ1000-790 JOT/根岸 ↑根岸発
タキ1000-291 JOT/郡山
タキ1000-463 JOT[Er]/根岸
タキ1000-436 JOT/根岸 無
タキ1000-630 JOT/根岸 無
タキ1000-620 JOT/根岸 ↓ 無

○8272列車…タキ1000オンリーの編成で撮影したいナンバーが見当たらなかったので根岸にいるH10新製車で唯一エネオスマークが貼られていない430番だけ。
△根岸
EH200−3
タキ1000-606 JOT/根岸 無
タキ1000-430 JOT/根岸 無
タキ1000-227 JOT[Er]/郡山 無
タキ1000-612 JOT/根岸 無
タキ1000-564 JOT/根岸 全検19-7-10川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-512 JOT[Er]/根岸 無
タキ1000-482 JOT[Er]/根岸 無
タキ1000-572 JOT/根岸 全検19-4-11川崎車、自重16.9t
タキ1000-248 JOT/郡山
タキ1000-796 JOT/根岸
タキ1000-601 JOT/根岸 全検19-9-26川崎車、自重17.1t
タキ1000- 22 JOT[Er]/郡山
タキ1000- 64 JOT[Er]/郡山
タキ1000-798 JOT/根岸

 一通り終わると京王プラザホテルのスターバックスで一休みして(空いていたものの、リストに手を加える事が無くただ一杯頂いただけです)、待ち合わせてからNOWの9階にある『パパミラノ』で昼食を取り、南側のカウンター席に案内されて見晴らしが良く行き交うE233系やE257系の姿を見てこの間には竜王→根岸の2080列車がEH200牽引で到着し、タキ1000は2089列車で着いた分が中心なので編成も普段より多少長くなっています。地下へ行く途中のフロアを見ると所々リニューアル工事が進められ、そごうと言うと平成12年の経営破綻(私自身、張本人とも言えるオーナー経営者のやり方が嫌いでお店自体も嫌いになった経緯があります。中にはこのとばっちりを受けて倒産した地方私鉄もありました)でマイナスイメージが付いてしまいましたが、西武百貫店と経営統合、7&iグループ入りで持ち直した感があったものの、もう数年リニューアルが早かったら立川の伊勢丹と競り合えたのですが、過去最大で思い切って行なっているので期待感が高い様です。

 私が見た範囲での中央線快速電車の運用状況をまとめてみました。先週辺りは私が乗る日に限ってダイヤが乱れておりましたが、今日はこの時期にしては珍しく10時頃の下り電車が遅れていませんでした。
・クハE233-5×10(八トタT5編成):37T運用
・クハE233-8×10(八トタT8編成):71T運用
・クハE233-12×10(八トタT12編成):53T運用
・クハE233-13×10(八トタT13編成):03T運用
・クハE233-19×10(八トタT19編成):75T運用
・クハE233-29×10(八トタT29編成):43T運用
・クハE233-30×10(八トタT30編成):31T運用
・クハE233-34×10(八トタT34編成):49T運用
・クハE233-36×10(八トタT36編成):27T運用
・クハE233-39×10(八トタT39編成):15T運用
・クハE233-43×10(八トタH43編成):63T運用
・クハE233-45×10(八トタH45編成):25H運用
・クハE233-47×10(八トタH47編成):27H運用
・クハE233-48×10(八トタH48編成):15H運用
・クハ201-99×10(八トタH2編成):17H運用
・クハ201-115×10(八トタH5編成):59T運用

|

« H20.02.03 八王子駅 | トップページ | H20.02.08 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H20.02.05 八王子駅:

« H20.02.03 八王子駅 | トップページ | H20.02.08 八王子駅 »