« H20.02.01 八王子駅(その2) | トップページ | H20.02.05 八王子駅 »

2008年2月 3日 (日)

H20.02.03 八王子駅

 今月号の『車掌車』や来年度の要項や資料を郵送会員の会員さんへ送るために国分寺のF氏宅へ出掛けた前後に見ました。雪が降る節分の日となり、青梅マラソンは中止となりましたが、こちらの作業は降雪決行です。場所が同じ中央線の沿線と言う事も幸いして金曜日の例会にはご都合悪くお見えになれませんでしたが、降雪でも伺いますと伝えた次第です。

 降っていなければ10時前に自宅を出発して竜王行きの2089列車や八王子発の根岸行き返送2本(ウィークデーと同じメニューですが、5270列車の出発が20分程繰り上がります)でも見て出掛けようと思いましたが、自宅出発は11時を少し回ってから。ラジオでも中央線の快速電車が30分程遅れている事が伝えられたので余裕を見て。11時19分発の快速電車(通常は大月始発の中央特快ですが、午前中は快速運転)で八王子まで乗り、3番線に根岸行きの8272列車の列が拝めるかな?と思って降りると在線が無く、入換動車色のDE10 1136も1番線の東側で鎮座ましますと言った状況です。『スーパーあずさ』15号も11時半過ぎの出発が遅れて11時50分頃の出発。空いている頃を見計らって3・4番線の『あじさい』で温玉たぬきつねそばでの昼食。この間、マクドナルドのメガマックに代表されるデカ盛りブームに便乗してメガたぬきつねそばが登場しましたが、これのそばの普通盛りで大きめの油揚げが目を引き、『スーパーあずさ』15号を待つお客さんを横目に温々した店内で舌鼓を打ち、未撮影だったE233系のT24編成が到着したのでホームの後方から撮影。

 12時を回ってから中央特快の運転が再開して立川まで201系に乗車。隣の3番線には『あずさ』塗色のクハ189-14×6(八トタM50編成)と対面し、この並びもウン年前は当たり前に見られたものでそろそろ歴史の域に足を踏み入れるのでは?と思い、OT基地構内にはJOTタキ38094、OTタキ43113、1000-389と在線。豊田で『あずさ』12号の待避を行い、立川で30分弱、編成調査や撮影と楽しみ、201系もそろそろ現役最期の雪景色でカメラ片手のファンも目立ちます。土日は余り出ないのですが葬式鉄もゾロゾロと出て来るのでは?4番線で『かいじ』108号を待避する快速で国立へ向かいます。

 国立の北口では部会仲間のK氏と待ち合わせ、坂の上にあるF氏宅へ徒歩で向かい、ダイニングの床にサイドから開く厚紙の封筒に3人で手分けして収納。挟み込む書類も漏れが無いか再度チェックして両面テープで封をします。封筒の角が当たって左手の指を一部分切るハプニングもありましたが、剥がした両面テープを使って仮止め。ものの1時間程で作業終了。今回はクロネコメール便を使って送る事にしてヤマト運輸のセールスドライバー氏が参上すると問合せ用のバーコードシールを宛名の上に貼り付け、再びダイニングで貼り付け作業を行い、一個ずつハンディーでバーコードを読み込ませ、これがオンラインで追跡が出来る事を思うと何時到着するか分かりますのでご感想もお聞かせ下さい。作業終了後は紅茶を頂きながら秘蔵の写真を拝見し、昭和60年前後に撮影された貨車(主にタンク車)の写真や形式別にデータ化したカードと見せて頂いて15時15分頃には失礼して国立駅まで歩くと丁度1番線を2459列車(隅田川→北長野)が通過してK氏に「武蔵野線の短絡線から来た所ですよ」と教えてあげて本来ならこの後は豊田行きの筈が降雪でダイヤが乱れたのでしょうか3分の時間調整で本来なら中央特快のダイヤを繋げて高尾まで延長していた事が帰宅後に判明しました。

○2459列車…私が後を追う格好でやって来てEF64 47+EF64 51[共にJRF色]の牽引。コキ50000オンリーの中で唯一、南松本行きの3両目(全体の10両目)にコキ104-374が連結されておりました。

○2088列車…根岸へ返送するタキ1000も見られるだろうと思ったら珍しくコキ104オンリーの編成で来ました。
←梶ヶ谷タ EH200-4+コキ104-1654+1509+2161+1401(空車、全検19-7-28川崎車)

 中央線の運用状況を私の見たまま状況でまとめてみました。青梅線との直通が中止した為に実際と異なる事がございますのでこの点、ご容赦下さい。
・クハE233-4×10(八トタT4編成):45T運用(〜1144T)=西八王子→八王子で乗車
・クハE233-9×10(八トタT9編成):79T運用(豊田まで1479T)→19T運用(豊田から1519Tのダイヤ)=国立→八王子で乗車
・クハE233-10×10(八トタT10編成):65T運用
・クハE233-11×10(八トタT11編成):33T運用
・クハE233-13×10(八トタT13編成):75T運用
・クハE233-17×10(八トタT17編成):19T運用
・クハE233-23×10(八トタT23編成):45T運用(1445T〜)
・クハE233-24×10(八トタT24編成):77T運用
・クハE233-26×10(八トタT26編成):25T運用(〜1124T)→11T運用(1111T〜1310T)
・クハE233-31×10(八トタT31編成):41T運用
・クハE233-35×10(八トタT35編成):23T運用(〜青梅線1222T)→79T運用(青梅線1279T〜)
・クハE233-38×10(八トタT38編成):23T運用(豊田発1222T〜)
・クハE233-44×10(八トタH44編成):67T運用
・クハE233-49×10(八トタH49編成):49T運用(〜1449T)
・クハE233-50×10(八トタH50編成):27T運用
・クハE233-51×10(八トタH51編成):81T運用
・クハE233-54×10(八トタH54編成):71T運用
・クハE233-56×10(八トタH56編成):29T運用=立川→国立で乗車
・クハ201-128×10(八トタH7編成):43T運用=八王子→立川で乗車
・クハ201-115×10(八トタH5編成):75T運用(1175T)→11T運用(1510T)
・クハ201-16×6+80×4(八トタ60編成+4編成):17デ運用
※他にも27H運用で201系の運用がありました

 一通り終わると京王プラザホテルのスターバックスで一休みして信金のATMに立ち寄り、懐具合を軽くして京王八王子駅のSCで先頃復刻した『私有貨車図鑑』の復刻版を漁ると棚には並んでおらず、書○グランデもびっくりと言う程京王8000系の表紙に彩られた『とれいん』の先月号が鉄道雑誌の平積みで2列、平台に一列と圧倒。コーヒーのペーパーフィルターや4月例会の申込の帰りに薄手のクリアホルダーを見たらB5版しかなかったので暫く待ったらA4版も入るだろうと思ったら予想的中。2冊買い込み、バスターミナルから甲州街道経由の京王電鉄バスに乗ると昨年末登場したヨドバシカメラの新しいラッピング車のえんじ地(C20001)に初めて乗りました。

|

« H20.02.01 八王子駅(その2) | トップページ | H20.02.05 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H20.02.03 八王子駅:

« H20.02.01 八王子駅(その2) | トップページ | H20.02.05 八王子駅 »